2016年09月25日

プレスラインのヘコミ

●RAV4 左フロントドア プレスラインのデントリペア

プレスラインが凹んでも大丈夫、デントリペアで復活です!!
もちろんヘコミの程度によりますが・・・・

<施工前>
ラブ4施工前160925.JPG

RAV4のプレスラインが潰れていますがこれはデントリペアで十分復活できるでしょう!!
プレスラインのデントリペアはヘコミを裏から押して出すことももちろん重要ですがそれ以上に凹みの周りが膨らんで歪んでいます・・・・その見極めを行いながら膨らんだ歪を叩いて元に戻すことが作業を行う上で最も重要となります。

<施工後>
ラブ4施工後160925.JPG

そしてプレスラインをキッチリ元の様に一直線に直せれば・・・・完全復活となります!!
施工前の写真にはヘコミとは関係なく横筋上に傷がありましたがついでにもう一つの得意技としてるポリッシング(磨き)で消しておきました!!

ラブ4 160925.JPG

黒はヘコミも傷も目立つからね・・・・もしもの時はまたご相談くださいませ!!

横筋のヘコミ

●フォード エクスプローラー タイタニアム 右フェンダーのデントリペア

ご相談を受けたヘコミは フロントフェンダーに自転車が当たって横筋に出来たヘコミです。
お持ち頂く前は白く傷ついた状態でしたが致命的な傷は負ってなかったということでデントリペアを進めらて当店にご来店頂きました。

<施工前>
フォード施工前160924.JPG

横に擦って出来たヘコミはそのヘコミの深い部分に傷を負っていたりして鉄板も伸びてるケースがあり施工可能かその仕上りはどの程度かはお見せ頂かないとお答えするのが難しいのですが・・・
今回は比較的軽傷で残る傷(筋状のヘコミ)も最小限で直せるかなと言うことでデントリペアでの修復となりました。

写真は上から見下ろして撮ってますが施工時は下から見上げるようにして直してます・・・・

<施工後>
フォード施工後16924.JPG

若干強くこすった筋状の部分は薄く残っていますが・・・言わなければわからない位、いや言ってもわからない位には仕上がりました!!

塗るよりはデントリペアで・・・今回デントリペア初体験と言うことです。
運良くデントリペアを体験できたのはラッキーだったかもしれませんね!!

フォード160924.JPG

今度はない様にと祈りつつ次回割引が行える会員カードをお渡ししてそれではまたよろしくお願いいたしますってちょっと変ですがそんな会話も成立するデントリペアです。

2016年09月24日

大丈夫直りますよ!!

●デイズ 左リアドアプレスラインのデントリペア

デントリペア初体験・・・そんなオーナー様も当然多くいらっしゃいます。
デイズのオーナー様もデントリペアは初めてと・・・
まだまだ綺麗に乗りたいのでデントリペアで何とかきれいに直したいと!!

<施工前>
デイズA施工前160924.JPG

遠くからでもはっきりわかるヘコミですね・・・・
近づいて見るとこんな感じ
ディズ施工前160924.JPG

プレスラインのヘコミです・・・・でも場所がいい・・・ここで言ういいとは、施工性が良いと言う事です。
デントリペアは同じヘコミでも場所によっては非常に直しにくい場所もあるわけで今回はそういう意味でラッキーと言うことです!!

<施工後>
デイズ施工後160924.JPG

そう言うことで凹みはあっという間になかったことに!!
デイズA施工後160924.JPG

それにしても綺麗に維持されているお車ですね・・・コーティングはされてないという事!
新車から2年経過してるのかな?
車を綺麗にするのはお店でコーティングする事だけじゃないという証明ですね!!
・・・・一応当店ではコーティングしてますが(笑

デイズ160924.JPG

こんな所から

●パサートバリアント 左Fフェンダーのデントリペア

フェンダーに出来たエクボです。
小さくてもしっかりエクボ状に凹んでいるので目立ちますね!

<施工前>
パサート施工前160924.JPG

デントリペアの施工はへこみ裏にいかにしてデントツールを送り込むか!
その為に数あるツールの中でこれだと思うものを選んで・・・・

今回はこんな場所から入れて・・・
パサートアクセス160924.JPG

分かるかな?ちょうど写真のど真ん中フェンダー裏に通ずる隙間があるのが・・・・

<施工後>
パサート施工後160924.JPG

この隙間を利用してツールをへこみ裏まで届かせテコの原理で押し出して・・・・・・・施工完了!!

パサート映り込み160924.JPG

何も無かったかのように仕上がればオナー様の笑顔を頂きます・・・ありがとうございました!!

パサート160924.JPG

作業が短時間で終わると・・・作業後のオーナー様とのお話が長くなりますが(笑

2016年09月20日

デントリペアがベストかな

●フォレスター 右フロントフェンダーのデントリペア

台風接近の中ご来店頂いたのはフォレスターをお乗りのオーナー様です。
〇ィー〇ー様の判断はこれはデントリペアは無理、塗装が割れますよ!だから鈑金塗装で〇〇万円!だって
・・・ちょっと勝手に判断しないで下さいよと言いたいですね!

<施工前>
フォレスター施工前160920.JPG

ヘコミは右側のフロントフェンダーに小さいのですが刺さったようなヘコミです。
なるほど傷を伴っていますのでそれはデントリペアではそのまま残ってしまいそうです。
ですので〇ィー〇ーさんの判断もまったく間違いではないのですが・・・・
新車ですのでこれでフェンダー全部が塗り替えと言うのもね・・・・

オーナー様はデントリペア初体験と言うことですので詳しくデントリペアのメリット、デメリットを説明させて頂いても見積させて頂き・・・・施工時間は数十分で可能な事をお伝えして・・・・そのまま作業を

<施工後>
フォレスター施工後160920.JPG

ヘコミは綺麗さっぱり数十分でなくなりました!!
ライトを当てていますので残った傷がはっきりわかりますが・・・塗装の剥がれている部分はタッチアップをさせて頂きましたのでパッと見はわからないレベルです!!

フォレスター160920.JPG

正直デントリペアの仕上がりの不安もあったのでは?と思いますが・・・デントリペアがベストだったと思って頂けたみたいです。新車の塗装も守れたしね!!

2016年09月18日

新車に負けない美しさ

●レクサスGS350 デントリペア、タッチアップ、テクニカルグラスコートULevelC、メタルパーツポリッシュ、ウインドウポリッシュ&コート、ヘッドライトポリッシュ&コート

中古購入後、御入庫頂いたレクサスGSはH18年式です。
オーナー様は当店のブログを見て作業の依頼を決められたとか・・・・ああ手を抜けない・・・じゃなくて頑張りましょう(笑

先ずはへこみ直しから

<施工前>
レクサスGS施工前160910.JPG

左フロントフェンダーが凹んでいます。縁も内側に曲がっています・・・デントりぺでは難しい作業ですが私なら何とかできそうなので(少しだけ自己主張してみました)・・・もちろん私では何ともならないヘコミもありますが・・・と落ちも付けておきましょう(笑

<施工後>
レクサスGS施工後160910.JPG

縁の曲りがどうしても少し残っていますが・・・これは私では何ともならないのですが・・・

レクサスGS映り込み160910.JPG

映り込みではまずわからないかと思います。

続いて・・・モールのシミ跡
レクサスGSモール前160910.JPG

ボディーの塗装部分が綺麗でもここがこんな状態だと・・・とても残念です。
格安コーティングとか、安さを提案するコーティングだと間違いなくこのままシミが残ってしまう可能性大です。

レクサスGSモール後160910.JPG

なぜかと言うとこの部分だけ別メニューで磨きますからね!!

当店ではウインドウガラスのクリーニング及びコーティングはボデーをコーティングする前に施工します。
もっと詳しく説明するとガラスとモールの際あたりの美観にもこだわりますのでここも重点的にクリーニングします。ですのでウインドウガラスのコーティングはボディーコーティングとのセットで同時進行が断然お勧めです。
ボディーコーティングだけだと窓ガラスとの境界線にあるゴムモールなどは手を付けられませんしボディーコーティング後にウインドウガラスのクリーニング&コートとなるとせっかく綺麗になったボディーにマスキングとかしなければならないですし・・・・と言うことです。

<施工前>
レクサスBS前160917.JPG

レクサスガラス前160917.JPG

<施工後>
レクサスBS後160917.JPG

レクサスガラス後160917.JPG

これでスッキリ、窓ガラスには超耐久のフッ素撥水加工を施しますので雨の日も安心安全で洗車後の拭き取りもスパッとスッキリです!!

いよいよボディーのテクニカルディテールを行いコーティングを施します。
まずは徹底的に乗っかったダメージを除去するわけですがポイントは、すみ、スミ、隅!
のスケール除去、そしてパネル表面の鉄粉などの異物除去!・・・これを行わずにいきなりポリッシャーでウイーンと磨くと・・・・いまいちの仕上がりどころか鉄粉が焼付いて塗装面がさらにプチプチになります!!
・・・・これは格安コーティングでよく見かける仕上がりですね!!
新車でも花粉が張り付いている状態でいきなり磨くとシミが塗装になじんで・・・ええっていう仕上りになるのでご注意を!!
それくらい綺麗さを求めるコーティンは手が込んだ仕事をしますので・・・

<施工前>
レクサスう前160917.JPG

レクサスGSサイドマーカー前160917.JPG

レクサスレンズ前160917.JPG

レクサスGSボンネット前160917.JPG

<施工後>
レクサスう後160917.JPG

レクサスgsGSマーカー後160917.JPG

レクサスレンズ後160917.JPG

レクサスGSボンネット後160917.JPG

それとグリルなどの複雑な樹脂パーツ・・・・まず普通のボディーコーティングで施工されることはないパーツ・・・・正直面倒な作業ですが・・・・車の顔ですからね、当店は普通にクリーニングしてコーティングします。

<施工前>
レクサスg前160917.JPG

レクサスエンブレム前160917.JPG

<施工後>
レクサスg後160917.JPG

レクサスエンブレム後160917.JPG

如何ですか?新車に負けない美観を取り戻せたかな?

テールレンズも磨いてコーティングを

DSC01345.JPG

ヘッドライトも磨いてコーティングを

DSC01354.JPG

ピラーも磨いてコーティングを

DSC01351.JPG

エンブレム周りもキリッと美しく

DSC01352.JPG

DSC01347.JPG

DSC01356.JPG

よく言われることがあります。
ブログを見てると忙しそうで・・・と
仕上りを見て・・・やはり頼んでよかった!!繁盛してるでしょうと!!

でも実はそうでもないですデントリペアにしてもボディーコーティングにしてもお店を選択するのはお客様ですから!!うちを選んでほしいのでブログは欠かせません
かっこよく言うと各オーナー様の身になってお手伝いしたいという思いからです!!
なので当店を選ぶ価値はあるかなと・・・自分で言ってしまった(笑

本当に繁盛していればおそらくブログとか定期的にアップすることはないでしょう・・・
でも繁盛するとおそらく楽な仕事へと選り好みするのかな?

2016年09月17日

飛び石で凹む塗装もかける

●ミニ ボンネット先端の飛び石によるヘコミ傷をデントリペアとタッチアップで修復

飛び石でボンネットも凹むんですね?・・・・当然ながら塗装もかけたりして・・・

<施工前>
ミニ施工前160917.JPG

ボンネット先端と言うかヘッドライトとグリルの間に出来た飛び石による傷とヘコミです。
先ずはヘコミをデントリペアで元に戻して・・・ですがツールが届くか?
・・・・届きましたね!!

<施工後>
ミニ施工後160917.JPG

ヘコミは直りましたのでお次は傷をタッチアップで埋めます。
※当店ではヘコミについてる傷もタッチアップをあらかじめ準備頂ければその作業を代行させて頂いてます。

<タッチアップ前>
ミニ傷施工前160917.JPG

<タッチアップ後>
ミニ傷施工後160917.JPG

タッチアップもカラーによってはイマイチの仕上がりもありますからまったくわからなくなるなんて思わないで下さいね・・・・今回は80点くらいの出来上がりかな!!

離れて見ると
ミニ映り込み160917.JPG

これなら気にならないかな!

ミニクーパ160917.JPG

ここまで離れると全くわからないかね!!

諦めないで・・・

●エルグランド 左スライドドアのデントリペア(プーリング)

これはデントリペア無理ですねと断られ・・・塗装はスクラッチシールドと言うことでディーラーでの鈑金塗装の御見積は18万?円
それでもあきらめず当店にご相談頂きまして・・・なるほどね、出来ればお断りしたくなるようなヘコミとその場所・・・とほほ。

<施工前>
エルグランド施工前160917.JPG

原因は自転車がぶつかって出来たとヘコミだと・・・
ですのでご覧の様に強くえぐられ引きずって・・・・しかもドアの下の方・・・そしてスライドドア・・・とほほ。

でも頑張ってみました・・・オナー様のデントリペアにかける熱意が感じられたので・・・デントリペアで満足頂ければ結果的に鈑金塗装の予算の1/6で済みますし、再塗装でなんだか色の違いの違和感なんて心配もいりませんしね!!

<施工後>
エルグランド施工後160917.JPG

施工方法は裏からの押し出す方法ではなく表からのプーリングで対応しましたが・・・・どうでしょうか?
若干盛り上がり気味の仕上がりですがお見積もり時にお伝えした以上の出来ばいかな!!

エルグランド160917.JPG

この様な難易度の高い施工はオーナー様のデントリペアに掛ける熱意で私のスイッチも入ります!!
「直るの?直んないの?いくらかかるの?」なんて言われるとスイッチは入ることもなく即座に断っていたかもね(笑

2016年09月12日

ABCD集結

9月10日土曜日午後10時、カープの優勝を見届け黒田と新井の涙で抱き合う姿に感激しながら・・・就寝
9月11日日曜日午前2時半・・・・早くも目覚める・・・・

DSC01306.JPG

午前4時、名古屋の仲間と共に出発・・・・

午前5時半、長良川SAで他の仲間と合流・・・
DSC01309.JPG

そして午前6時半・・・・渋滞?
DSC01312.JPG

いいえ開場前の待ち状態・・・・場所は岐阜県の「ホワイトピア高鷲」今日は(9月11日)ロードスターのA・B・C・Dが集結する日なのです。開場までのこの待ち時間が意外と楽しいね!!

DSC01310.JPG

天気の方は・・・・私こう見えて晴れ男です・・・・去年は大雨でしたが(笑

DSC01314.JPG

すごいでしょ・・・全部ロードスター
同じデント仲間に同じロドスタに乗ってる方がいまして・・・岐阜を中心に活動されている方です!
その方にもお会いできロドスタの話とデントの話と・・・

一体何台集まったのでしょうか・・・恐らく過去最高台数だと思われます。
なぜなら・・・これまで使ってなかった離れの駐車場まで停まっていましたからね。

DSC01317.JPG

参加した皆さんスタッフさんお疲れ様でした。・・・・11日午後9時・・・・就寝。

DSC01318.JPG

LevelA

●アウディーA3 テクニカルグラスコートULevelA、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート

新車のアウディーA3を納車当日にお持ち頂きボディーコーティングを施行頂きました。
オーナー様は当店2回目のご利用です。ありがとうございます。

さてそのボディーコーティングは「テクニカルグラスコートU」を作業レベル「LevelA」で施工させて頂きました。

新車ですので作業レベルは「Level@」も選択可能ですがお勧めは「LevelA」です?
であれば「Level@」の設定は必要ないのでは?・・・・コーティング作業を始めたころは最低限の下地処理として設定していましたが・・・どうやら最近は私の願望が・・・いやいやおすすめがすんなり受け入れられている・・・最終的にはオーナー様に「Level@」か「LevelA」を選択頂きますが、私の圧力により「LevelA」になる傾向です。圧力?・・・・(笑

これが入庫時の状態です・・・・
アウディーA3前160910.JPG

これが「LevelA」作業後の状態です!!
アウディーA3後160910.JPG

んんんんこの写真で判断できるかな?
パールホワイトなのではっきり言ってLevel@とAの差は比べない限りわからないかもしれませんが
実車を見て比べればはっきり違いが分かります。
Level@は艶が増した感じに
LevelAは艶がスッキリ増した感じです。

DSC01286.JPG

DSC01283.JPG

DSC01282.JPG

車が綺麗っていいですね!!