2019年05月20日

コーティングとプロテクションフィルム施工

●2018/12 ロードスターRF ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤ テクニカルディテールLevelA)ウインドウポリッシュ&コート、ホイールコート、ヘッドライト及びピアノブラック部のプロテクションフィルム施工)

新車から5か月経過してるロードスターRFです。・・・・状態はほぼ新車です。
それのコーティングとプロテクションフィルムの施工をご依頼いただきました。

ボディーはセラミックメタリックと言うグレーとホワイトの微妙なメタリックカラーですね。
DSC09198.JPG

軽くファーストポリッシュすることで曇りが無くなり美しさが増します。

DSC09227.JPG

そしてプロテクションフィルム施工を当店指定の匠にお願いしました。
DSC09228.JPG

これすでに貼った状態です。

DSC09230.JPG

もちろんよく見たらフィルムの境目はわかりますが言われなければわからないレベルです!!

今回プロテクションフィルムを施工したのはヘッドライトだけではなくここにも
DSC09199.JPG

グロスブラックの樹脂部分です・・・・ここ傷が超目立ちますし非常にデリケートなのですぐに傷つきます。
DSC09195.JPG

DSC09196.JPG

コーティングしても傷つくのです。そこで傷に強いプロテクションフィルムを貼ろうということになりました!!

DSC09206.JPG

施工後の状態です。
DSC09226.JPG

DSC09224.JPG

DSC09225.JPG

これでこれ以上傷が増える心配から解放されましたね!!

コーティングはホイールそして窓ガラスまで行いました。
DSC09231.JPG

DSC09235.JPG

DSC09233.JPG

DSC09236.JPG

下地の段階

●2019/4 スイフトスポーツ ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤ テクニカルディテールLevelA)、ホイールコーティング

新車のコーティングをご依頼いただきました。
下地処理はテクニカルディテールlevelAこれを磨きの段階ごとに見てみましょう!!

これが新車スイフトのイエローの塗装肌です。
DSC09202@.JPG

テクニカルディテールlevelAはスペシャルコンパウンドでファーストポリッシュ致します。つまり新車を軽く磨きます。・・・・するとこんな感じ!!
DSC09203A.JPG

少しボケた塗装肌がきりっとしますね!!

その次はグレイジングコートでさらなる艶出しを行います。
これは磨くというよりもフッ素樹脂を埋める感じです!!
DSC09204B.JPG

新車以上の艶になってますよね!!

これを透明なガラス被膜で覆いプラスダイヤで4ナノサイズのダイヤモンド配合のコーティング剤をトップコートに定着させ強烈な撥水皮膜を形成させます。

DSC09215C.JPG

コーティングにここまで必要かどうかの議論はあるかもしれませんがまじめに考えればここまでしたくなるというのが素直な思いです。
※他にももっと手軽なコーティングもございますもっと性能を重視したコーティングもございます。
コーティングの持つ性能性格をよく理解しご自分に合った施工内容、コーティングを選ぶことが重要ですね!!

ソリッドカラーの黄色と言えばスイフトスポーツ、スイフトスポーツと言えば黄色!!

DSC09220.JPG

DSC09219.JPG

DSC09222.JPG

DSC09217.JPG

DSC09223.JPG

2019年05月18日

ヘッドライトを守る

新品のヘッドライトを劣化から守る方法・・・・・・?
考えられる一番の最良の手段は・・・・
コーティング・・・・・いやいや
そもそもヘッドライトは新品時にハードコートで守られています!!
これはコーティングの数倍いや数十倍耐久力がありますですのでその上に施工するコーティングはわずかな効果しか期待できません
ご存知のように新品のヘッドライトはハードコートで劣化を抑えているものの紫外線の影響などで少しずつ劣化し曇ったり黄ばんだり或いは細かいひび割れを起こしてきます。
メーカーにもよりますが早いものは2年後あたりからこの症状が出て気になるくらいになったころにはハードコートそのものは役に立たないほど劣化してしまってます。
少し黄ばんだ程度であれば軽く磨けば綺麗にはなりますがそもそもハードコートの役割が終わっていればすぐにまた黄ばんだり曇ったりします。コーティングをしておけば少しはその分持ちますがやはり3か月前後で曇り始めてしまいます。
現代の車はデザイン性能が良くなる一方でこのような劣化で悩んだり苦労したりしていませんか

当店ではそのようなダメージを負ったヘッドライトをリペアさせて頂くサービスも行っていますが
やはり新品の状態が一番良いのは間違いありません

新品のヘッドライトをそのまま維持できる唯一の方法は「プロテクションフィルム」で守る・・・
そこに行きつきました!!

DSC09208.JPG

新車或いは綺麗なヘッドライトを劣化だけではなく飛び石などの被害からも守れます。

DSC09209.JPG

まったくそのままのヘッドライトの綺麗さを保存できるプロテクションフィルムを
当店でお願いしている匠はXPELのアルティメイトプラスを使用されているとのことです。
耐久力が高くフィルム自体の透明度も長期にわたり維持できるとのことです。
ざっくり5年間フィルムの美観も保てヘッドライトの劣化はなし!!

DSC09213.JPG

何年か後に愛車を買い替えるときもヘッドライトが痛んでいると査定にも響くでしょう
高価なヘッドライトだと片側だけでも30万以上します。
新車で今購入されようとしてる方・・・もしヘッドライト単品を買ったら幾らするか聞いてみてください
もし片側10万以上するなら新しい綺麗なうちにプロテクションフィルムで守るのが一番だと思います。

当店の正式メニューではありませんが新車のコーティングの依頼でご入庫いただいたオーナー様にはご紹介させて頂いています。

作業のご依頼を頂ければ当店へ出張頂き当店ガレージにて施工頂いてます。
ご興味のある方はご相談くださいませ!!

2019年05月16日

家のファミリーカーのリフレッシュテクニカルディテール&コーティング編

はいはい前回の続き・・・テクニカルディテール&コーティングのご紹介です。
2年落ちのゴルフトゥーラン前オーナーさんはお手入れが不得意だったのか下手くそだったのかはさておき
まあ見てくださいまし・・・・

DSC09019.JPG

これルーフレール欧州車のほとんどはアルミ製

DSC09017.JPG

ここはドアモール、これもアルミ製・・・所有されているオーナー様ならきれいに保つのが大変なのはご存知かと・・・2年でこの有様です。リサイクルの関係でアルミ素材を使用してるということですが・・・国産車のほとんどはメッキ素材なのでこうはならないのですがね・・・

そして窓ガラス・・・
DSC09009.JPG

フロントガラスもサイドガラスリアガラス・・・うろこがビッシリ!

DSC09010.JPG

これは正直普通に管理してれば2年でこうはならないよね・・・雨だけではこうはなりません
水道水をぶっかけてそのまま太陽光で乾くを繰り返すとこうなるかな?
つまり洗車に無頓着だったことがうかがえます。

その証に・・・・ボディーもシミがビッシリ
DSC09007.JPG

DSC09008.JPG

そして最近はやりのピアノブラックの樹脂パネル・・・
DSC09027.JPG

ここは拭き傷がビッシリ普通の梨地のつや消しならケーも楽ですがピアノブラックはこうして傷だらけになります。見た目の高級感を出すためには艶ありでしょうが正直私は反対です、高級感なんてどうでもいい・・・言い過ぎですか(笑

と言うことでこの傷を見ると洗車で水を乾かしてシミを作る一方で汚れが目立つときに洗車せずに雑巾がけしてる様子がうかがえますね。

これらのダメージは当然中古車販売ディーラーさんでは「コーティング」の提案もしていただけるのですが・・・・その作業内容はお店によっても色々です。
もし金額が3万〜5万程度ならこの汚れた上にポリッシャーを走らせて撥水剤ぶちまけて終わりです。
新車並みにそれ以上輝きを取り戻したいのであれば少々お高くても信頼おけそうな専門店にご相談するのが良いかと思います。もちろん販売店がその様な取り組みをされているのなら同時にお願いするのは良いと思いますよ。

それにしてもひどくダメージのある車を選んだものだ(笑
ここまでダメージがあるとは思ってなかったんですよね・・・自分でできるとはいえ想定外の作業で合間の作業は大変で・・・・手を抜くところは手を抜いて・・・言い方が悪いよね後でできるところは後回しにしてね!

2年程度のダメージであれば意外と楽勝なんですが10年経過したダメージのような感じでね・・・
どうでもいいことですが下取りに出した13年落ちのゴルフトゥーランの方が綺麗で2年落ちの汚い車を納車されたその納車式はほんと寂しかったな・・・・・・・・・と言う思いを払拭すべくすべてのダメージといやな記憶を消し去り
コーティングはテクニカルグラスコートTプラスダイヤ、ルーフレール及びモールコーティング、ウインドウコーティングを丸っと施工!!

どうだ!!!!!これでようやく家のファミリーカーになりました!!!!!!!!!!!

DSC09033.JPG

DSC09035.JPG

DSC09031.JPG

DSC09032.JPG

DSC09029.JPG

DSC09030.JPG

んんここは割と適当に・・・このままではすぐにまた傷が増えます。なのでラッピングするかプロテクションフィルムを貼るか?それともこれで良しとするか(笑
DSC09028.JPG


納車時はこうだった・・・
DSC08962.JPG

それがこうなった・・・
DSC09043.JPG

納車時はこうだった・・・
DSC08961.JPG

それがこうなった・・・
DSC09044.JPG

新車は460万・・・2年落ちで込々260万走行距離12,000q・・・掛かったリフレッシュ&コーティング約25万位かな、参考までに!!

DSC09034.JPG

DSC09045.JPG

DSC09046.JPG

DSC09047.JPG

DSC09048.JPG

DSC09050.JPG

DSC09052.JPG

と言うことでリフレッシュされたゴルフトゥーランの仕上がり&これからの経過状態をご覧いただけます。
主にうちの奥さんが乗ってますので出払ってたらごめんなさいね!!

DSC09049.JPG
posted by DR-G at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | その他

2019年05月14日

家のファミリーカーのリフレッシュ

先月2年落ちのゴルフトゥーランに買い替たその状態はね・・・・

DSC08959.JPG

懲りずに現車も見ずにネット上で年式、走行距離、状態の評価で最安値だった車です・・・
車屋さんに期待してもしょうがないのでその状態は受け入れるしかないのです(笑

じゃあ見てみますか?

トランクにへこみがありました・・・これは事前に聞いてました。
DSC08990.JPG

これは問題なくデントリペアで直りました!!

DSC08992.JPG

このへこみは聞いてないな・・・・
DSC09072.JPG

運転席のサイドシル部分のへこみです・・・おそらくスマホか何か落として凹ませたんでしょうね?
この部分デントリペアで直すのは非常に難しいのですが・・・上の写真は何とかデントリペアで頑張って少しマシになったのですがやはりきれいに直らなかったのですね・・・と言うことで

隠しましょう・・・傷の保護にもなりますしね

DSC09073.JPG

ついでにリアドア側も

DSC09074.JPG

孫君がここをよじ登るのでこれで少し安心(笑

飛び石等の塗装の欠けは少ない状態ですが・・・・これは目立つぞ・・・涙
DSC08994.JPG

アップで見ると・・・
DSC08993.JPG

いや〜これ知ってたら買ってるかなぁ〜?でも買ったので塗り直す・・・・いやいやタッチアップで補修します。

DSC09038.JPG

どうよ!!

角度を変えて・・・
DSC09039.JPG

良しとしましょう!!

ボディー全体のリフレッシュはまた後日ご紹介しますね・・・
posted by DR-G at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年05月13日

よし!リフレッシュだ!!

●2011/8 BMW Z4 ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤ/テクニカルディテール施工LevelC)、ホイールクリーニング&コート、ウインドウポリッシュ&コート、タッチアップ

以前デントリペアをご利用頂いたオーナー様のBMW Z4をリフレッシュ&コーティングさせて頂くことに

DSC09145.JPG

さてその状態はと言うと・・・・

<リフレッシュ前>
Z4シミ前190513.JPG

Z4B前190513.JPG

Z4A前190513.JPG

Z4@前190513.JPG

傷とシミのクレーター痕が・・・・結構来てますな・・・・
一部の傷シミは残るもの(残したもの)もありますが美しさを取り戻しましたよ!!

<リフレッシュ後>
Z4シミ後190513.JPG

Z4B後190513.JPG

Z4A後190513.JPG

Z4@後190513.JPG

コーティングはボディーはグラスコートTプラスダイヤと窓ガラス、ホイールまでね!!

DSC09176.JPG

DSC09175.JPG

DSC09178.JPG

DSC09179.JPG

DSC09180.JPG

DSC09182.JPG

DSC09183.JPG

DSC09174.JPG

DSC09181.JPG

DSC09184.JPG

よし!リフレッシュ完了!!コーティングのケアーで困ったらいつでもご相談くださいませ。

新規のお客様

いずれも当店ご利用は初めてのオーナー様
しかも新車から初のへこみ・・・車の凹みもそうですが心の凹みも無かったことに出来ましたよ!!

朝一はアウディーA4でお越しのオーナー様
アウディーA4 190512.JPG

ドアの端っこ付近のへこみですが何とか薄いツールが入りました。
アウディーA4前190512.JPG

ツールが入ったのが確認できてからはリペアそっちのけでオーナー様とおしゃべりばかり
リペア後も次の作業予定時刻までいっぱいまでお話ししながら・・・・
アウディーA4後190512.JPG

結局お昼ご飯は5分で済ませました・・・ああ私が長話を仕掛けたので自業自得です(笑

そしてお昼からご予約はスバルXVのオーナー様がご来店
XV190512.JPG

新車ですしかもコーティングもしてあります。
XV前190512.JPG

プレスラインが凹まされ少し縦下に長く歪んでますね・・・・こりゃ心も凹みますよね
XV1後90512.JPG

でも大丈夫へこみは無かったことにコーティングもサービスの範囲内で部分的にですが再施工させて頂きました。

そして赤いイクリプスのオーナー様がお見積もりでご来店
イクリプス前190512.JPG

車業界の方ですので自分の車は自分でいじるのは当たり前・・・そんな時に出来ちゃったへこみだそうで・・・・

凹みなおしは自分でできないと・・・・調べた結果この店がいいんじゃないかなと言うことでいらっしゃいました。

工具が入るか確認しながらお見積もり・・・・作業的にもすぐに開始できるタイミングでしたのでそのまま作業をご依頼いただけました。

イクリプス後190512.JPG

作業完了後・・・の状態を見て頂き満面の笑顔を頂きました!!

イクリプス190512.JPG

いやそれにしてもこの週末暑かったね!!

直したいへこみがあったらお電話くださいませ!!
posted by DR-G at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮戦記録

2019年05月11日

軽井沢より

●ボルボV40 右フロントドアのデントリペア

軽井沢よりご来店・・・・ええ今回で3回目!!
名古屋と軽井沢はお仕事でも行き来してるし知人も名古屋にいるのでと・・・
それでもわざわざ当店をお選びいただきありがとうございます。感謝です!!

で今回のへこみは

<施工前>
ボルボV40前190511.JPG

どうも最近傷ついたへこみの施工が多い気がしますが気のせいでしょうか?
傷部分はタッチアップされてますが綺麗に凹みを押しだすために一旦除去します。

<施工後>
ボルボV40後190511.JPG

ドアの下の方ですが水抜きの穴が利用できたので難なくへこみは無かったことに!!
残った傷はオーナー様自身でタッチアップを再度チャレンジされるとのことです。
出来るだけ細い筆で塗料を点す感じで小さく傷からはみ出ないようにするのがコツかな!!

ボルボV40 190511.JPG

2019年05月10日

飛び石で

●レクサスES300h 右フロントドアのデントリペア&タッチアップ

新車でまだ2ヶ月・・・?
でいきなり横っ腹に飛び石を食らったそうです・・・・超悔しい!!

<施工前>
レクサスES300h前190510.JPG

凹みもそうですが傷がね・・・・でもこれで再塗装はあり得ない
と言うことでへこみはデントリペアで傷はできるだけ目立たないようにタッチアップで補修させて頂きました。

<施工後>
レクサスES300h後190510.JPG

どうでしょうか?へこみは無くなり傷も少しは目立たなくなりました!!

傷がつかない凹まないボディーができればねえ・・・・そうなると私は新しい仕事を探しますがね!!

レクサスES300h190510.JPG

2019年05月08日

デントリペアですっきり

なが〜いゴールデンウイークも終わり頑張ってお仕事してますか?
あまりにも長かったのでいつものゴールデンウイークって感じではなかったですよね!!
私も2回お休みを頂き少しですがリフレッシュさせて頂きました。

GW明けもデントリペアのお問い合わせ、施工多数させて頂いてますのでご紹介をさせて頂きます。

新型のCR-Vです。
CR-V190508.JPG

CR-V前190508.JPG

CR-V後190508.JPG

新車でいきなりのへこみですが無かったことに!!

エスティマは
エスティマ190508.JPG

へこみと傷が付いてます。
エスティマ前190508.JPG

タッチペンをお持ちいただいてましたのでサービスいたしました。

エスティマ後190508.JPG

そしてCX-5
CX-5190508.JPG

コーティングしたばかりなのに凹んでた?
CX-5前190508.JPG

ツールはこの黒いフタをめくってアクセスを

CX-5後190508.JPG

へこみは無くなりコーティングはそのまま維持!!

どれもデントリペアが最適なへこみでした・・・ラッキー!!
posted by DR-G at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮戦記録