2016年08月25日

デントリペアは特殊技術

デントリペアはボディーに出来たヘコミを鈑金塗装なしでへこみそのものを元に戻す特殊技術です!
と言うとさぞかし特殊な機械を使って直しているんじゃないか?とお思いの方もいるかと思いますが、実はその作業はいたって単純、へこみ裏に鉄の棒を突っ込んでグリグリと押し出して直すのです。
と言うことで想像して下さい!!

<施工前>
黒施工前160825.JPG

再塗装されているパネルでさらに磨き込まれていてツルツルの肌おまけに深めに凹んでますので
こいつをグリグリ裏から戻すのは・・・・想像して下さい・・・特殊な技術があってこそのデントリペアです。

<施工後>
黒施工後160825.JPG

面から樹脂ポンチで叩きながら裏から押し上げながらヘコミを元の位置に戻す単純な技術で直せました!!

<施工前>
白施工前160825.JPG

想像して下さいプレスラインが凹んでいます・・・・これを鉄の棒で裏からグリグリ・・・
ヘコミを直すだけではなくてプレスラインを元通りビシッと引き直します!!

<施工後>
白施工後160825.JPG

磨いても消えない傷こそ残ってしまいますが凹んでるだけなら、腕一本で直せるデントリペアが有効です!!
但し特殊技術を持ち合わせ、施工環境を整えたお店選びも大切ですよ!!

2016年08月22日

デントリペアを選択

●ロードスターND 左ドア デントリペア

ディーラーさんの見積りではドア一枚塗って7万円?でもね・・・ソウルレッドは色を合わせるのがね・・・心配!!
私の判断は・・・これならデントリペアで凹みを直して傷ついて下地が見える傷部分は最低限目立たぬように色を埋めて!
さあどうします?

<施工前>
nd施工前160822.JPG

オーナー様も「デントリペア」を選択して頂きました、金額的なメリットも大きいですが(ディーラー見積りの1/3以下です)
ドア一枚塗るのはもったいないですからね!!

<施工後>
nd施工後160822.JPG

ヘコミが直れば傷が残ってもその印象はずいぶん違います。

nd映り込み160822.JPG

本当にわずかな傷なのですが下地が白く見える為、赤く染めました!!
これなら目立たないかな?・・・と思いますが!

ヘコミを直して傷を目立たなくして・・・・オリジナルのソウルレッドはそのまま生きてます!!

ND160822.JPG

この後もドレスアップを色々考えているとか!コーティングも興味あるようで少しお話を・・・その時はよろしくお願いいたします。

2016年08月20日

あの頃の輝きを

●ユーノスロードスターNA8 デントリペア、タッチアップ、リフレッシュ&テクニカルグラスコートU

賞味期限は切れたボディーですが《 オーナー様すいません(笑 》最終手段の全塗装は今後の楽しみにとっておいて現状の荒れ果てたボディーを可能な限り再塗装することなく輝きを取り戻そうと!!

na8入庫時160820.JPG

前回の記事ではヘコミの修復をデントリペアで直したところまでご紹介しましたので続いては傷などのタッチアップをご覧いただきましょう。

na8タッチアップ前160820.JPG

タッチアップした箇所は・・・ほぼすべてのパネルです(笑・・・何もしないよりはタッチアップで目立たなくすると言うのが本来の目的ですよ!傷が無くなるわけではないのですが・・・・

na8タッチアップ後160820.JPG

目立たなくなったかな?

外装パーツは可能な限り外して蓄積した汚れをお掃除して磨いてコーティング
外装以外も・・・例えばドアを開けた内側とかトランク開けた内側、ボンネット開けたこの部分とか

na8わ前160820.JPG

やり始めるときりがないです。

na8わ後160820.JPG

na8ウインカー前160820.JPG

テクニカルポリッシュはレンズも磨けます、よって当然磨きます・・・もちろんコーティングもしますよ!!

na8ウインカー後160820.JPG

na8ボンネット前160820.JPG

ウオッシャーノズルは取り外すと爪が折れる可能性大ですがそのリスクを説明して(もし折れたら新品交換で費用は追加と言うことです)外して磨いてコーティングします。

na8ボンネット後160820.JPG

カウルトップもコーティングしてます。綺麗になりましたね!!

詳細にご紹介するときりがないのでこの辺にしときます。
全体的にはおそらくオーナー様が思った以上に綺麗に仕上がってると思うのですが・・・・・

DSC01141.JPG

DSC01142.JPG

DSC01147.JPG

DSC01146.JPG

DSC01143.JPG

そして完成・・・ただどうしてもどうしようもなかった部分が・・・・・

na8後ろ前160820.JPG

左側のテールレンズ・・・なぜか真っ白・・・でもオーナー様がヤフオクで「1,500円で手に入れました」と言うことで御引き渡し前にそれをお持ち頂きさらに磨いてコーティングして交換を

na8後ろ後160820.JPG

後姿もこれでばっちりです。

DSC01152.JPG

少し年は取りましたがあの頃の輝きを取り戻せましたね、これからもよろしくお願いいたします。

2016年08月16日

維持できる喜び

●ユーノスロードスターNA8 デントリペア、タッチアップ、リフレッシュ&テクニカルグラスコートU

私のお盆休みも終わり、ガレージではかなりくたびれたネオグリーンのユーノスロードスターをリフレシュシュ中です!!

DSC01060.JPG

正直・・・・ご相談を受けた時には・・・塗り替えた方が良いんじゃないかと・・・とはいってもオールペイントとなると一ケタ多い予算が必要ですからね!

オーナー様からのご要望は現状で出来るだけ綺麗に磨いてコーティングをと!
後ヘコミが数カ所あるのでそれも直して・・・・・・・・・傷みダメージはかなり進行していますし物理的に残ってしまうダメージもかなり多そうですがそれもこの先長く維持するための第一ステップです。
お金をかけてオールペイントすることは綺麗にはなりますが何もかも封印されるようで少し寂しさを感じますが、くたびれてもそれにこだわり手を加え綺麗にすることには維持できる喜びを感じられますからね!!
・・・・じゃ出来るだけ頑張ってみますかね!!

ヘコミは・・・・
na8施工前160816.JPG

これは左ドアのヘコミです
na8施工後160816.JPG

これは右のドアのヘコミですが傷もありタッチアップされています・・・
na8ドア施工前160816.JPG

タッチアップは一旦除去しヘコミを直し・・・少し磨いてみると
na8ドア施工後160816.JPG

これならこのままもう少し磨けば・・・それが一番目立たないかな・・・タッチアップは必要ないね(笑!!

ヘコミがすべて無くなったらパーツを出来るだけバラシて汚れの除去を・・・
DSC01084.JPG

見えない部分ですが私もスッキリします!!
DSC01085.JPG

これはテールレンズの部分ですがちょうど際の部分の艶が仕上がりを引き立てます!!

DSC01111.JPG

問題はこのボンネットそしてバンパーの艶・・・の無さ・・・・
今では珍しいというかほとんどないクリアーの無いソリッドカラー・・・磨くとこうなります。
DSC01131.JPG

半分だけ磨いてみました・・・・・
na8半分160816.JPG

おおっ甦ります・・・・オーナー様ご対面を楽しみにして下さいませ!!

2016年08月13日

お休みのお知らせ

8月14・15日の2日間、お盆休みを頂きます。
16日より通常営業いたします。

DSC_1821.JPG

posted by DR-G at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

甦った黒に感動!!

●V36スカイライン デントリペア・タッチアップ・テクニカルグラスコートU・ヘッドライトポリッシュ&コート

本日御引き渡しとなりましたV36スカイラインのリフレッシュをご紹介します。

中古で購入されたお車ですが・・・塗装の劣化に加え飛び石傷そしてヘコミ・・・手入れが行き届いていないため細部の汚れ等が目立った状態ですが・・・とはいっても普通は販売時にもう少し綺麗にして売るべきじゃないですかねえ・・・そうすれば私の出る幕もないのにね(笑

先ずはヘコミをデントリペアで修理
スカイライン施工前160813.JPG

トランクのヘコミです・・・黒なので余計目立ちます。
スカイライン施行後160813.JPG

これはドアのヘコミ
スカイライン横施工前160813.JPG

他にもあと2ケ所合計4か所のヘコミをデントリペアしました。
スカイライン横施工後160813.JPG

この後行うボディーコーティングとセットならデントリペアは半額です!!もちろん本業ですので私自身が作業するので行える半額サービスですし仕上がり重視は当たり前です!!決して外注作業ではありませんので!!
コーティングした後に凹んだって場合もトータルで面倒見れるのが当店の売りですよ!!

ヘコミが直ったところでいよいよコーティング前のテクニカルディテール作業です。
ただ塗装面を磨くだけの作業と違い、樹脂パーツなども含め細部まで徹底的に汚れを落とし・・・全体の外観の美観を復活させダメージのある塗装面の磨きを行い綺麗な塗装面を復活させます。
その後テクニカルグレイジングで最高の艶をプラスこれがテクニカルディテールディテールです。
同時にですが今回は飛び石傷が多かったためタッチアップ作業も行いました。

※タッチアップ作業はタッチアップペンを事前にお持ち頂ければサービスで行います。

テクニカルディテールで最適な艶を手に入れたボディーを樹脂、レンズ、ワイパーブレード、トップカウル、ナンバープレート等々丸ごとガラスコーティング(グラスコートU)します。

スカイライン汚れ前160813.JPG

スカイライン汚れ後160813.JPG

スカイラインライト前160813.JPG

スカイラインライト後160813.JPG

スカイラインエンブレム前160813.JPG

スカイラインエンブレム後160813.JPG

スカイラインミラー前160813.JPG

スカイラインミラー後160813.JPG

スカイラインボンネット前10813.JPG

スカイラインボンネット後160813.JPG

DSC01104.JPG

DSC01105.JPG

DSC01098.JPG

スカイライン完成160813.JPG

甦った黒、オーナー様も感動!!・・・・して頂けたと思うよ!!!

2016年08月11日

お盆休みは

今日あたりからお盆休みでしょうか!
当店は14日と15日をお休みを頂きますがそれ以外は営業しています!!

DSC01064.JPG

それにしても暑いですね・・・そんな中ご来店多数とありがとうございます。
DSC01061.JPG

ガレージ内はエアコンで快適作業ですが・・・車を入れ替えると涼しいガレージ内も一気に熱気と入れ替わり・・・・の繰り返し・・・ああ電気代が・・・。

DSC01062.JPG

お預かりしていたスカイラインは・・・・かなり手ごわかったですが完成です!!
DSC01065.JPG

御引き渡しは土曜日です・・・喜んで頂けるかな!!

そして・・・・かわいそうなくらい傷んだお仲間が・・・・
DSC01060.JPG

何とか少しでも綺麗にならないかとオーナー様・・・・・しばらくお預かりして「垢すり」作業を(笑
・・・・出来るだけのことをして見ますね。・・・・御引き渡しは10日後かな?
posted by DR-G at 19:41| Comment(4) | TrackBack(0) | ガレージ

2016年08月08日

デントリペアとタッチアップ

●ランクルプラド 左フロントドア デントリペア&タッチアップ 

何が当たったのでしょうか?ドアに傷の付いたヘコミです。
当店ではヘコミに傷がある場合デントリペア後傷を消す為の磨きを行いますが・・・今回の傷は下地まで影響している可能性があります。
ですのでオーナー様には事前にタッチアップペンを準備してお持ち頂きました。

<施工前>
プラド施工前160807.JPG

先ずはヘコミをデントリペアで直します・・・・インパクトビームかな?ツールがギリギリ届いた感じでしたが問題なくリペア完了!!

<施工後>
プラド施工後160807.JPG

デントリペアの技術者としてはここまでが本来の役割なのですが・・・当店はここから先もお任せください。
本来は磨いて消える傷はポリッシャーを使用して適切な磨きで傷をけしバフ目も残さない綺麗な仕上がりとなるわけですが・・・これは下地が出ています。
ですので予定通りオーナー様に準備して頂いたタッチアップペンで目立たない様に補修します。
塗料が乾いたらポリッシャーで磨き完成です!!

<タッチアップ後>
プラドタッチアップ160807.JPG

へこみ部分のタッチアップはサービスですよ!!
ですので傷が気になるヘコミはタッチアップペンを御持参くださいませ。
ちなみにボディーコーティングの際もお持ち頂ければサービス致します!!

プラド160807.JPG

2016年08月07日

当店のボディーコーティング

●ミニ クロスオーバー テクニカルグラスコートULevelB タッチアップ

以前バックドアのヘコミをデントリペアでご利用頂いたオーナー様のミニクロスオーバー
今回はデントリペアではなくボディーコーティングのご依頼です。ありがとうございます。
新車からまだ約1年ですのでここら辺でコーティングをと言うことかな!

クロスオーバー入庫160806.JPG

ところで皆さんボディーコーティングって何だと思いますか?
価格だけで調べてみると2万円前後から高いものは30万円を超えるものまで・・・・
多くの方は5万円前後から10円前後の費用で施工されている方が多いのではないでしょうか!!
そのボディーコーティングの効果ですがコーティングすることで日頃の洗車が楽になり汚れが付きにくく美観を長期間保ってくれる効果があるのはご存じだと思いますがズバリその価格差はその作業に掛かる時間に比例しています。・・・と言いたいところですが実はそうでもなかったりします。

非常に価格に反映させにくい作業としてはその下地処理・・・新車であればある程度その作業も予測しやすいですし作業時間に大きく違いは出ませんが(例外はありますが)経年車となれば・・・いったいどこまで綺麗に下地処理をしないといけないのやら・・・・ダメージの度合いによっては除去しきれないシミ傷も多数ありますからね・・・このあたりが難しい所かな!!
そして日頃ケアーの行き届かない細部ね、例えばミラーの付け根あたりの水垢、エンブレム周り、ドアモールの隙間パネルとパネルの隙間・・・・ドアを開けた内側・・・ここを綺麗にするかしないかで美観に差が出ますからね。
後はコーティングをどこまで施工するか・・・表パネルの塗装部分だけか・・・ピラー、モールなどの樹脂部分までかそれともグリル、ワイパー、カウルトップ・・・ナンバープレート・・・・レンズ・・・
ここは施工されるお店で確認したいところですね!!

当店のボディーコーテイングは先ず下地処理は可能な限り細部まで汚れを除去し適切な磨き込みで塗装の美しさを最大限引き出しますが決して磨き過ぎる事のないような特殊なポリッシングです!!
そして物理的に除去できない飛び石などの傷はタッチアップ作業まで行いますので施工ご依頼の際は同色のタッチペンをお持ちくださいませ。
使用するコーティング剤は基本1種類(2種類ありますがお勧めするのはテクニカルグラスコートUですから)です。これは自分で使用してみて良いなと思ってるからです・・・ただそれだけです。
もちろんコーティングは上記のすべてのパーツも含め丸ごと施工致します。
他を批判するわけではないですが何種類もメニューにあるお店の意図が私にはわからないんですね?
まあ量販店であればいろんなお客様に合わせて多くのメニュー・・つまり選べる価格帯を持つというのは致し方ないのかな・・・?
皆様には色々なお店、コーティング(施工内容、品揃え、価格)がある中で当店のが良いなと思えば選んで頂ければよいかなと思ってます。

さて当店をお選び頂いたクロスオーバーのオナー様に喜んで頂かなくてはね・・・と言うことで完成です!!

DSC01025.JPG

DSC01026.JPG

DSC01022.JPG

DSC01023.JPG

DSC01027.JPG

良く見るコーティングの「半額表示」・・・・正直インチキです(笑・・・言い過ぎですか?

2016年08月06日

深いね!!

●ステージア 左フェンダーのデントリペア

深いヘコミですね!!

<施工前>
ステージア施工前160806.JPG

深すぎるヘコミはそのヘコミの中心が固く元に戻すことが出来ませんのでその中心を出来るだけ小さく残しながら仕上げて行きますが・・・今回はどうでしょうか?
触ってみると割とその中心は動いてくれましたので・・・小さく残すのではなく可能な限り無かった状態に仕上げました!!

<施工後>
ステージア施工後160806.JPG

まあフロントフェンダーなので作業性は抜群ですのでてこの原理をしっかり使え的確にヘコミの芯をつくことが出来ました。・・・・これ結構我々は気にするところなんです!!

ステージア160806.JPG

綺麗に無くなったお車を見てびっくりして頂けましたよ!!