2016年12月17日

塗装の侵食

●クラウン210 テクニカルグラスコートT+ダイヤモンドコート・ウインドウポリッシュ&コート

ご相談を受けたのは・・・
クラウンB染み前161217.JPG

これ、ガラスの周りの塗装部分に出来た傷・・・・これ磨いて取れませんか?と
でもこれ良く見ると・・・塗装が侵食しています?

ここもそうです・・・・ガラス周りがほとんど筋状に浸食痕が・・・
クラウンT前161217.JPG

塗装の侵食とは・・・そう塗装が侵されて陥没していく症状です。
程度が酷くなると磨きで消すことが出来なくなるので要注意です。
でこのガラスの周りに出来た浸食痕はいったいなぜなのでしょうか?
・・・・ガラス撥水剤を付着したままにしたためです。・・・・実はありがちな事なんです。
今回は塗り込み時に付いたままで侵食してしまって目立っていましたがボディーカラーが淡色系だったりすると気が付いてなくこうなってるケースって多いのかもしれません。
他によくあるケースとしては塗ってる最中にボディーにポタポタと気が付かずこぼして・・・それがシミになってしまい侵食するケース・・・

ご依頼は他店でこれは無理と言われたため・・・・以前デントリペアできれいに直してくれたので磨きもきっと綺麗に出来るのではないかと・・・・頼って声を掛けて頂きました。ありがとうございます!!

ボディー全体も雨染み、傷などのダメージが進行していましたので、

クラウンAボンネット前161217.JPG

磨き&コーティングまでそしてガラスの撥水加工も取り切れていなかったウロコを

クラウンガラス前161217.JPG

再度磨き直して再撥水加工をさせて頂きました。

施工後はこんな感じです!!
クラウンB染み後161217.JPG

クラウンT後161217.JPG

クラウンAボンネット後161217.JPG

クラウンガラス後161217.JPG

それにしてもソリッドのブラックは大変だ・・・全部見えるもんね(はぁ〜)
それでも何とかやり切りました(ふぅ〜)

DSC02173.JPG

DSC02179.JPG

DSC02181.JPG

DSC02182.JPG

DSC02185.JPG

DSC02183.JPG

DSC02187.JPG

DSC02188.JPG

黒は日頃のお手入れとメンテナンスが最も大事です。また頼って下さいませ!!

DSC02177.JPG

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178076982

この記事へのトラックバック