2017年10月22日

生まれ変わったロードスター

●H11.2 NB8ロードスター デントリペア、タッチアップ、ヘッドライトUVハードコート、テクニカルディテールLevelC&グラスコートTプラスダイヤ

先週御引き渡し予定だったNBロードスターですが雨にため今週に延期・・・・・でしたが雨続き・・・
そして台風も接近
でも生まれ変わったこの美貌は誰もが笑顔になれるはずです・・・・台風が去った後はきっと眩しい輝きでオーナー様を笑顔にすることでしょう!!
という事で雨の降りしきる本日御引き渡しです。
それでは前回までご紹介した続きを比較写真でご覧くださいませ・・・

入庫時です。
DSC04523.JPG

ヘコミは全部で25か所
DSC04531.JPG

全てデントリペアで修復完了!!

例 デントリペア施工前
nb左R前171011.JPG

例 デントリペア施行後
nb左R後171011.JPG

残った傷は後でもっと目立たなくなるように磨きます。

ヘッドライトのくもりは
ロードスターヘッドライト左前171021.JPG

根こそぎダメージ部分をそぎ落としハードコートを厚塗りします。
これで保護性能は新品のハードコートを上回る性能です。今後の紫外線の当たり方にもよりますが平均最高値としては5年程度の耐久持続性です。

ロードスターヘッドライト左後171021.JPG

テクニカルウオッシュでたまった汚れは洗い流します。
ロードスターえ汚れ前171021.JPG

ついでに艶出しも
ロードスターえ汚れ後171021.JPG

これももう必要なし
ロードスターアンテナ前171021.JPG

ただ結構手こずります・・・
ロードスターアンテナ中171021.JPG

磨いてコーティングすると
ロードスターアンテナ後171021.JPG

ドアを開けた時ガッカリしない様に
ロードスタードア汚れ前171021.JPG

日頃出来ない所こそお任せください
ロードスタードア汚れ後171021.JPG

でもこんな所は日頃出来ると思うので
ロードスタートランク汚れ前171021.JPG

時々頑張ってお掃除してね(笑
ロードスタートランク汚れ後171021.JPG

汚れを根こそぎ落としテクニカルポリッシュ・・・そしてコーティング
今回はかなりハードな磨きとなりますのでコーティングの役割も大事です。
『テクニカルグラスコートTプラスダイヤ』グラスコートを施工した後ダイヤモンドコートの2重コートです。
※HPにはまだ載せていない裏メニューです。

前回もご紹介した劣化した塗装は・・・・
ロードスターボンネット小前171021.JPG

クレーター状に陥没した状態です・・・・写真は汚れをすべて落とし(デポジット、鉄粉等)た塗装の現状です。

少し拡大して見ましょう
ロードスターボンネット前171021.JPG

さらに拡大して見ましょう
ロードスターボンネット大前171021.JPG

これの輝きを取り戻す為には・・・・磨く前に削る
ロードスターボンネット大中171021.JPG

3000番のペーパーでクリアーの生きている部分を削り出します・・・・リスクは削りすぎるとクリアーが無くなります・・・ちなみに膜厚計でもわかりません・・・頼りは表面の塗装肌・・・・削るにつれて肌が無くなります・・・・猛烈に緊張する作業です・・・・高層ビルからビルに綱渡りする感覚かな?

ロードスター削り171021.JPG

綱を渡りきると見えてくるこの光景
ロードスターボンネット小後171021.JPG

拡大して見ましょう
ロードスターボンネット後171021.JPG

さらに拡大
ロードスターボンネット大後171021.JPG

僅かにクレーターの深い部分が残ってますが・・・・このレベルで良しとしましょう・・・悪い意味で妥協です、もっと言うとこれ以上削る勇気はありません・・・・
良い意味ではオリジナルのクリアーが残せまだ磨ける余地がある事かな・・・そう思いたいだけかも・・・

もちろん外して磨きたい箇所はこの様に
ロードスターB前171021.JPG

外して仕上げます。
ロードスターB後171021.JPG

部品はすでに18年が経過・・・それなりに傷んでいますが残すことでオリジナルであることの証となります。
ロードスターエンブレム後171021.JPG

ここも何回扉を開け閉めしたのでしょうか・・・
ロードスタードアハンドル前171021.JPG

綺麗になればドアハンドルを触るときも優しくなるでしょう
ロードスタードアハンドル後171021.JPG

よくドアハンドル周辺に保護シールを張って傷つかない様にしたのを見ますが傷つかない様にしっかり優しく扱うことが出来れば保護シールは不要ですしそんなオーナーはかっこいいと思いますね。

当店の磨き&コーティングでのタッチアップは標準作業です。(新車は不要です)
ロードスタータッチアップ前171021.JPG

但しタッチペンはオーナー様の方で準備して下さいね!!
ロードスタータッチアップ後171021.JPG

マフラーもオリジナルのまま
ロードスターマフラー前171021.JPG

輝きを取り戻します
ロードスターマフラー後171021.JPG

限られた時間での美観復活のお手伝いです。この先はオーナー様自身でこれ以上にもこれ以下にもなるわけで・・・・手を加えるにつれ御引き渡しをするのが惜しくなったりします(笑
でもその時が来たようです。

DSC04656.JPG

DSC04663.JPG

DSC04654.JPG

DSC04659.JPG

DSC04660.JPG

DSC04662.JPG

DSC04661.JPG

DSC04658.JPG

御引き渡しの10月21日土曜日は雨・・・・・

DSC04637.JPG

雨の日はその水滴がロードスターの上で喜び踊り転げ落ちます。

DSC04638.JPG

オーナー様・・・何かあれば遠慮なく頼って下さいませ。
この記事へのコメント
凹みが25ヵ所で良かったですね(^^;
Posted by NBおじさん at 2017年10月24日 12:30
たった25か所でした!!
Posted by DR-G at 2017年10月24日 22:56
素晴らしい!次は私の番です。
日曜日夕方に入れますのでどうぞよろしくお願いします(^-^)v
Posted by D3@nakai at 2017年10月26日 16:10
お待ちしていま〜す。
Posted by DR-G at 2017年10月27日 20:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181346302

この記事へのトラックバック