2017年12月23日

パテ埋め塗装は嫌だ

●ヴォクシー リアゲートヘコミのデントリペア

まだ新車なのにへこまされ・・・・某ディーラーに相談するも、「これはパテ埋めして塗装ですね」と
その費用の見積もりは8万円なり!!
ですと・・・・いやいやそれは無いでしょと調べた結果当店に辿り着いたとか。

残念ですが我々デントマンが頑張ってもディーラーにすらデントリペアは浸透してないのですね・・・
お客様第一で真剣に考えればそこに答えはあるはずなのですが・・・・

幸運にもヴォクシーのオーナー様は自力で当店に辿り着いて頂きましたのでバッチリ無かったことにして見せましょう!!

<施工前>
ヴォクシー施工前171223.JPG

ヘコミはこんな感じです。
上の方のヘコミは衝撃点が2ケ所大きさは3p未満、もう一つは写真にも写ってますが1p未満の小さなもの
傷はほとんどありませんので修復は声を大にして「デントリペア」が最適です。
このブログを見て頂いている方は聞き飽きているかもしれませんがデントリペアは塗装をすることなくへこみそのものを元に押し出し綺麗さっぱり無かったかのように修復する技術です。
単純な作業ですが繊細で個人の技術でその仕上りも左右されますが
第一線で頑張っているデントマンであれば物理的に修復困難なヘコミ以外は無かったように綺麗に元通りに戻すことが出来ます!

<施行後>
ヴォクシー施行後171223.JPG

作業をした私は最終的に仕上げた形の残像が残ってますのでどこを直したかこの写真を見れば思い出しますが時間が経つともうわからない位の仕上がりです。

因みにツールアクセスはここの戸ってのカバーを外した穴を利用しました。
ヴォクシーアクセス171223.JPG

もっと知って頂きたいだってこんなに幸せになれる修理方法があるのですからね、
これで施工費用は鈑金塗装の1/4で済みましたしね!!

ヴォクシー171223.JPG

もっと広まれ「デントリペア」・・・沢山のコメント下さいね!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181924280

この記事へのトラックバック