2018年01月21日

デントツールは良く出来ています

●ゴルフヴァリアント 右クオーターのデントリペア

デントリペアを直す基本的な方法はご存知ですか?
ヘコミの裏に鉄またはステンレスの棒を届かせててこの原理で何度も繰り返し押し出すわけですが
未経験の方はまあ絶対できません
そして裏からてこの原理で押し出す?・・・これっていざやるとなると・・・やはり経験と言うか車の構造と言うか物理と言うか・・・基礎知識と想像力が必要になります。

<施工前>
ヴァリアント施工前180121.JPG

本日ご依頼頂いたこのケースはリアクオーターしかもリアドア後ろの狭い箇所・・・これアクセスがかなり不安です。・・・ですが場数を踏んでいますので想像力だけは色々湧くわけで、そしてワーゲン系は大抵穴が開いてる箇所がある・・・これ知識の部分ね

先ずはタイヤを外してライナーめくって・・・予想通り穴が(ゴムのカバーを外したところです)あります。

ヴァリアントアクセス180121.JPG

問題はこの穴からへこみ裏までツールが届くが・・・・いやすごい自分が・・・じゃなくてデントツールが!
何百種類以上の長さ、形、太さがある中でこれっていうツールが届くんです!!
いや〜良く出来ている。因みにデントツールのほとんどはアメリカ製
安物と言うか見よう見まねで国産のものもあるようですが私は買ったことはありません・・・ただの棒ではあるわけですが本場アメリカ製は実によく出来ています。

<施工後>
ヴァリアント施工後180121.JPG

このヘコミの大きさだと作業はタイヤ脱着の方に時間が掛かります。デントリペアはほんの数分・・・これがデントリペアです。
早く直ったからっと言って値引きはご勘弁くださいね、そもそも安いし、ここまで短時間で直せるには相当ここまで時間を掛けているわけですからね、よそのお店でも値引きはだめよ・・・気の短いデントマンだと切れるかも(笑 ・・・腕のいいデントマンほどね!!
因みに時間が掛かるケースももちろんありますその場合もデントリペアのお値段はヘコミの大きさですから割増はありませんのでご安心くださいませ!!

TVを見ながらお待ち頂いていたオーナー様出来上がりました・・・・えっもう出来たの!!

ヴァリアント180121.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182202266

この記事へのトラックバック