2018年04月01日

結果オーライ!

●コペルボニート クオーターのデントリペアと磨き&コーティング再施工

2年と8か月前に当店でコーティングして頂いたお車です。
その間当店でのメンテナンスもなくこれまで綺麗な状態をキープされていましたが・・・・

如何です綺麗でしょ!!
コペルボニート180401.JPG

ただ今回クオーターに傷とヘコミそしてそれに伴う歪が・・・・

<施工前>
上から見て
コペルボニート施工前180401.JPG

横から見ると
コペルボニート歪前180401.JPG

これ右側のクオーターなんですが・・・コペルボニートと言うこのお車、私も詳しくは知らないのですが
日産マーチK11がベースのレプリカモデルです。
英国の旧車好きならご存知かと思うのですが「バンデンプラプリンセス」がモチーフになってるようです。
そのマーチのフェンダーにかぶせるように取りつけてあるパネル部分が凹まされてしまったようで・・・・
まったくツールアクセスが出来そうにありません・・・・
しかも元のパネルと新たなパネルがちょうど重なり合う部分でパテが入っている可能性も大です。
塗装の密着も未知数です・・・・歪も不自然に入っていますし・・・
あらゆるリスクを想定して一応お受けしましたが万が一塗装が割れたりはがれたりすると意味がないので
作業は超慎重に進めます・・・最悪デントリペアでは何もできない可能性もあります。

結局ツールアクセスは何処からも無理、穴あけも2重構造ですから無理、テールレンズも特殊なリベットで固定され強力に接着されている様な感じでバラシも無理・・・八方ふさがり

かなり緊張しますが最後の手段はプーリング・・・引っ張り作業ね!
でも塗装の密着、パテの影響、裏側のパネルの影響・・・心配事ばかりです。

それでも塗装に影響ない程度に引っ張ってみると・・・意外とパネルが動きます。
塗装もしっかり密着してる感じです。パテの影響もなさそう、裏側のパネルの影響もなさそう・・・

<施工後>
上から
コペルボニート施工後180401.JPG

傷部分はこれ以上責められませんので残ってますがいい感じで凹みは出ました。

横から
コペルボニート歪後180401.JPG

縦の歪もこれなら気にならないでしょう!!

触って分かったのですがこれ凄く良い塗装ですよ!!

コペルボニート映り込み180401.JPG

磨きも行いコーテイングも同じものを再施工しましたし塗り直すよりはいいと思いますよ
もし我慢できなければ・・・その時期が来れば塗装し直しましょう(笑

不安だらけのリペア&磨き&コーティングでしたが結果オーライでした!!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182864968

この記事へのトラックバック