2018年05月01日

水道水が原因です

●H23.10ミライース タッチアップ、サンバイザー取外し、ウインドウポリッシュ&コート、ミラーポリッシュ、テクニカルグラスコートT

このお車程度が良いですよ〜と購入され納車されたものの・・・・???

ミラ入庫180430.JPG

何だこのシミは・・・・という事でご相談を!!

窓ガラスはウロコだらけ・・・
ミラガラス前180430.JPG

サイドミラーもご覧の様に・・・
ミラミラー前180430.JPG

当然ボディーも・・・・
ミラピラー前180430.JPG

ミラルーフリア前180430.JPG

この状態で納車され・・・オーナー様からするとうそでしょ?と、くるまやさんからしてみると簡単に落せないし中古だししょうがないでしょと(思われたかどうかは知りませんが)、これ以上綺麗にするには専門業者に依頼して仕上げるしかありません・・・つまり経費が掛かる!!経費を掛けると車両価格が跳ね上がり・・・・・
それくらい悩ましい雨シミのダメージが全体に及んでいるのです。

でここまで雨染みが付いてしまうと正直綺麗に除去できるお店は限られます・・・・その作業はパネル毎に徹底的に洗浄〜磨きを細部まで徹底的に行えるお店だけです!!

綺麗に除去できなければその後のコーティングも・・・・・・・・・・

オーナー様は少しでも綺麗になればなんて控えめにご相談して頂いたのですが
せっかく購入したお車ですので徹底的に綺麗にしてコーティングしましょう!!

ミラガラス後180430.JPG

ミラミラー後180430.JPG

ミラピラー後180430.JPG

ミラルーフリア後180430.JPG

雨ジミの原因はこの状態から推測すると・・・洗車時の水道水が主の原因でしょう!!
水道水はシミの原因になるカルシュウムなどを含んでいるのですが急速にその水道水を乾かすと水と分離しボディーに残ってしまい通常の洗車だと取れなくなります。
夏場の直射日光下で水道水をそのまま乾かして付いたシミはそれだけで次の洗車でも落とせなくなるほど張り付きますので注意が必要ですよ!!
因みにこれはコーティングしてある車でも同様でもちろん当店のコーティングでも例外なく付きます。
万が一洗車しても残るシミがあるようであれば専用のリムーバーで早めにメンテナンス(落しましょう)しましょう。
詳しい情報はこちら⇒http://www.dr-garage.com/maintenance.html

サンバイザーは撤去!!
ミラサンバイザー前180430.JPG

剥すと両面テープが残ります
ミラサンバイザー中180430.JPG

磨いて綺麗に、若干シミなどの影響が残りますが・・・スッキリ!!
ミラサンバイザー後180430.JPG

飛び石はフロント周りに少し・・・・黒いボディーですのでコーティング後目立ちますのでタッチアップします。
ミラタッチアップ前180430.JPG

タッチペンを御準備頂ければサービス致します(5カ所程度まで無料です)

ミラタッチアップ後180430.JPG

シミ以外のダメージは・・・洗車傷
ミラボンネット前180430.JPG

雑な洗車、雑巾がけを繰り返すと深く傷が入ります。
深く入ると通常のポリッシュだと消しきれませんのでご注意を!!
ミラボンネット後180430.JPG

コーティングは樹脂部分も標準で行います。
ミラドア前180430.JPG

ミラカウル前180430.JPG

コーティングしてもだめならあきらめるか部品交換しましょう!!
ミラドア後180430.JPG

ミラカウル後180430.JPG

お車の程度は車屋さんが言う通り良い状態でまんざら嘘ではありませんでした。ダメージが蓄積されていただけです(笑

DSC06295.JPG

DSC06294.JPG

DSC06299.JPG

DSC06298.JPG

綺麗にしてコーティングしたからこれで終わりではありません!
これから綺麗に維持していくのは新しいオーナー様自身です!!
バックアップはもちろん私が!!あまりお世話になりすぎるとお金が掛かりますので適度にね(笑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183131257

この記事へのトラックバック