2018年06月22日

甦るか?

●2007/9 BMW320i テクニカルグラスコートUプラスダイヤLevelD、ヘッドライトハードコートリペア、メタルモールポリッシュ&コート、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート、タッチアップ他

前回デントリペアをご利用頂いてからの今回は全体のリフレッシュ&コーティングをご用命いただきました。
ありがとうございます。

320入庫180622.JPG

お車はH19年式・・・車は新しい方が良いななんて言わせませんよ・・・で2週間頑張って・・・・

先ずはヘッドライト
320HR前180622.JPG

傷んだハードコートは粗目のサンディングから全てそぎ落とし

320HR粗目180622.JPG

番手を上げて♯1500番で仕上げます。
320HR細目180622.JPG

新しいハードコートは最近新しく導入した「ドリームコート」を・・・この仕上がり透明感は絶品です!!
耐久力はこれまで同様2年〜3年〜・・・と長持ちしますので安心です!!
320HR後180622.JPG

そしてホイール・・・
320ホイール前180622.JPG

ビフォアー、アフターは一瞬ですが・・・・地味に大変です。
320ホイール後180622.JPG

ここは地味に大変以上の大変・・・
320モール前180622.JPG

ちょっとシミがすごすぎて・・・・復活するかな?
320モール後180622.JPG

窓ガラスをぐるりと一周するこのモールはBMWにお乗りの方ならわかるはず・・・普通には取れませんよね。
今回もここまでシミが深くなるとクレーター状になっていますし磨けば磨くほど角の方から被膜が薄くなり下地のアルミが露出します。
320三角コーナー前180622.JPG

・・・・何とか「おっいいね」ってくらいには回復しました・・・「ホッ」

320三角コーナー後180622.JPG

シミの勢いは塗装面もですが、窓ガラスにも・・・ここを見ると残念感が伝わりやすいですね

320ガラス前180622.JPG

窓ガラス、ボディーを同時にリフレッシュする事をお勧めいたしますよ!

320ゴム前180622.JPG

ゴムの部分も注目下さい
320ゴム後180622.JPG

320ガラス後180622.JPG

では塗装面です・・・その前に部品の汚れも見逃さず
320グリル前180622.JPG

クリーニング&コーティングするのが当店の標準です。
320グリル後180622.JPG

では塗装面です。
これはボンネット
320B前180622.JPG

オーナー様が一番気になっていたダメージかな?
他店でもご相談されたりしたそうですが・・・・当店に白羽の矢が・・・・汗汗

色々悩みながらどこまで削るか・・・はい磨くではなく削るです。
うちより磨きのうまいお店は沢山あろうかと思いますが・・・私なりにこんな感じで仕上げました

320B後180622.JPG

クレーター状のシミの凹が少し残っていますがこれで良しとして下さいませ

トランクは
320トランク前180622.JPG

これで良しとしましょう
320トランク後180622.JPG

拡大すると
320シミ前180622.JPG

こうなります
320シミ後180622.JPG

削って磨ききって塗装膜が薄くなっても綺麗さを追求するのか、多少残して良しとするかこの仕上りが当店のテクニカルディテールです・・・・お粗末です。

コーティングはグラスコートUプラスダイヤです。最高の超撥水膜を形成しその後の手入れが楽しくなりますよ!!

DSC06711.JPG

DSC06705.JPG

DSC06712.JPG

DSC06706.JPG

DSC06713.JPG

DSC06710.JPG

DSC06704.JPG

本日梅雨の晴れ間にお引き渡し完了です・・・今後ともよろしくお願いいたします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183609030

この記事へのトラックバック