2018年07月17日

コーティングの下地はキッチリね

●H16.1 クラウン デントリペアルーフ複数、塗装ミスト除去及びテクニカルディテール&グラスコートTプラスダイヤLevelD、ウインドウコート、タッチアップ

先日ルーフの目立つところだけデントリペアさせて頂いたのですが

クラウンデント前180708.JPG

そのクラウンは購入したばかりでお値打ちに?コーティングを済ませてあったのでしばらく1年位はこの状態でよいう事だったのですが・・・・数日後
ご自身が洗車をして・・・なんか変?

ボディーがザラザラ・・・・メッキ部分が黒い粒多数・・・

DSC06833.JPG

分かるかな?これフェンダーミラーのメッキの部分です黒い粒粒がありますよね・・・

クラウンリア前180718.JPG

これトランクですがボディーが黒なのでわかり難いですが黒い粒粒が・・・

はいこれ塗装ミストですな!・・・・全体を観察すると・・・・ナンバープレート以外全体に及んでいます。
つまり購入前からの物しかもコーティングしてますがその時除去できてないのね・・・

という事で本格的なコーティングは1年先の予定でしたが今やることに!!

先ずはすべての凹みをデントリペアで綺麗に復活
クラウンデント後180708.JPG

そして塗装ミスト除去
クラウンリア後180718.JPG

先ほどのトランクの部分です・・・ツルツルに!!

それ以上に厄介だったのは
クラウンミラー前180714.JPG

隙間と言う隙間にはワックスカスと溜まりに溜まったスケールそしてその上からのコーティング
・・・・・・取り除くのが大変

コーティングで綺麗に見えるパネルも
クラウン傷前180714.JPG

ブラックの宿命か・・・・と言うよりも磨けてません

という事で一生懸命頑張りました・・・・想定外に時間も掛かりました
オーナー様は当店でコーティングは3回目ここで綺麗に出来ませんでしたでは・・・
期待を裏切らないように、困難なダメージを回復させるには十分な「私のモチベーション」になります。

クラウン傷後180714.JPG

クラウンミラー後180714.JPG

DSC06883.JPG

DSC06887.JPG

DSC06881.JPG

DSC06882.JPG

DSC06884.JPG

DSC06880.JPG

14年が経過したクラウンですが・・・内装はピカピカです。
塗装も何とオリジナル・・・ですので色々ダメージは蓄積していたのですが極上のオリジナルを保ってた貴重なお車なのです。

DSC06885.JPG

最後に一言コーティングは下地処理で決まります。下地処理が甘くてもコーティングすればコーティング
下地処理がきっち出来ればコーティングはもっと綺麗です。ただその分お高くはなりますが・・・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183930087

この記事へのトラックバック