2018年09月11日

ダメージをリセットして

●H27/12 VW パサート 5ケ所のデントリペア、タッチアップ、メタルモールポリッシュ&コート、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート、テクニカルグラスコートTプラスダイヤ

年式も新しく艶感は良いパサートをご購入されたオーナー様からリフレッシュとリペアそしてコーティングのご依頼を頂きました。

御入庫・・・・
パサート入庫180907.JPG

先ずはヘコミのデントリペアから作業を始めます。
ヘコミは全部で5ケ所・・・・どれも薄らしたヘコミですが黒カラーですのでそれなりに凹みとわかってしまいます。

これはトランクに出来たヘコミです。
パサートトランク前180907.JPG

綺麗に無くなりましたね
パサートトランク後180907.JPG

これはドアの下の方に出来たヘコミです。
パサートドア前180907.JPG

目立たない場所ですが気になります・・・・これはプーリング(引っ張り)で無くなりました。
パサートドア後180907.JPG

他の凹みも全て無くなりましたよ!!

お次は・・・欧州車の悩みの種・・・
パサートモール上前180907.JPG

ドアガラスの周りのアルミモールのウロコ
パサートモール下前180907.JPG

ここは水が乾くと少しずつシミになって・・・はっきり目立つようになると専用のメタルコンパウンドでもちょっとやそっとでは取れなくなりますので日頃から手入れしてないとこの様になってますね!

パサートモール下後180907.JPG

パサートモール上後180907.JPG

時間を掛けてキッチリ除去した後は専用のコーティング剤で保護します。

そして窓ガラスは
パサート窓前180907.JPG

年式は新しいのでそこまで酷い状態ではないですが・・・フロントガラスのこの部分には白くスケールが溜まってますね

パサート窓後18007.JPG

はいはい、綺麗になりましたよ!そして撥水もバッチリです!!

そしてホイール・・・ホイールは一旦外して裏側までクリーニングして
パサートホイール前180907.JPG

裏側まで専用のコーティングを施工
パサートホイール後180907.JPG

さあボディー全体です・・・・
パサートシミ前180907.JPG

一番気になったのはこの様なシミがボンネット、ルーフ、トランクに・・・・恐らく鳥の糞などの被害で・・・・・・状態は塗装にダメージを負い浸食しています。
磨き後も完全に除去できないシミもありますが出来るだけ復活させましたよ

パサートシミ後180907.JPG

上面に対し横面は・・・・傷傷傷・・・
パサートサイド傷前180907.JPG

結構深めのスクラッチヘアーですのでしっかり磨きます。
パサートサイド傷後180907.JPG

ドアハンドル部分も・・・
パサートFドアノブ前180907.JPG

爪傷傷傷・・・・をリセットします。
パサートFドアノブ後180907.JPG

隙間に溜まるスケールも
パサートフロント前180907.JPG

キッチリ落して・・・・スッキリするね!!
パサートフロント後180907.JPG

フロント周りは飛び石などによるチッピングがありますのでタッチアップをして目立たなくして・・・・

コーティングはテクニカルグラスコートTプラスダイヤを!!

DSC07281.JPG

DSC07283.JPG

ダメージをリセットしてコーティング これで新たなカーライフが始まりますね。

DSC07284.JPG

DSC07285.JPG

DSC07286.JPG

DSC07289.JPG

DSC07287.JPG

私のお仕事は一旦これでおしまいです。洗車は超楽々ですが、取れない汚れ雨シミ等で手に負えなくなる前に正しいお手入れで維持しましょうね!!

DSC07288.JPG

お困りの際はまたお声掛け下さいませ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184400593

この記事へのトラックバック