2018年12月23日

隅から隅までリフレッシュ

●H24/7 メルセデスベンツC250クーペ テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelC、メタルモールポリッシュ&コート、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート

約2年前かな・・・デントリペアの施工をさせた頂いたオーナー様から今回リフレッシュ&コーティングのご依頼を頂きました。

窓ガラスはウロコが蓄積、黒い樹脂部分は艶を失いスケール&傷が目立ちます。
Cクーペルーフ前181222.JPG

アルミ製のモールは白い染みで美観を損ね・・・モールとパネルの隙間は汚れが蓄積
Cクーペモール前181222.JPG

塗装パネルの面は比較的綺麗さをキープされていますが隙間隙間は6年分の汚れがビッシリ
Cクーペ隙間前181222.JPG

トランクなど扉の裏は・・・・
Cクーペトランク前181222.JPG

これらを全てリフレッシュ
Cクーペルーフ後181222.JPG

Cクーペモール後181222.JPG

Cクーペ隙間後181222.JPG

Cクーペトランク後181222.JPG

素材ごとにクリーニング&ポリッシュにて隅々までリフレッシュいたします。

ドアノブ周り、ドアステップ周りは傷除けの保護シートが張ってありましたが周りの汚れが残る為

Cクーペドアハンドル前181222.JPG

今回すべて剥してクリーニング・・・そもそもお車を大切に扱うのであれば保護シートは必要なしという事ですね

Cクーペドアハンドル後181222.JPG

必要であればまた貼ればいいのでね!!

でなぜか艶が無くなっているフロントバンパーの一部分
Cクーペ傷前181222.JPG

詳しくはお聞きしませんでしたが・・・擦った感じで艶消し状態ですね。

Cクーペ傷後181222.JPG

傷は深追いせず艶感が正常に戻ったところで良しとしましょう!!

クリーニングはこんなパーツも
Cクーペナンバー前181222.JPG

日頃ナンバープレートは個人情報ですのでいつも写真では隠していますのでわからないでしょうが
ここもボディーコーティング作業の中でも重要な部分です、白と緑の色を落とすことなく汚れを一掃し
コーティングしています。

Cクーペナンバー後181222.JPG

そしてこんな部品もね
Cクーペワイパー前181222.JPG

艶消しのワイパーアームは雨染みで汚れてますよね、その下のカウルは艶消しの樹脂・・・ここも白ボケてますよね

Cクーペワイパー後181222.JPG

クリーニングとコーティングで新品同様になりました。もちろんボディーコーティングの標準作業です。

これクリーニング後の樹脂用コーティングをしたものと元の劣化した状態の比較です。
Cクーペ樹脂比較181222.JPG

左が未施工右が施行後です。

塗装部分はピンホール状のシミ痕が・・・目立ちはしないのですが劣化がやや進行しています。
Cクーペボンネット前181222.JPG

テクニカルウオッシュ⇒キッチリテクニカルポリッシュ⇒テクニカルグレイジング⇒を経てグラスコートTプラスダイヤをコーティング

Cクーペボンネット後181222.JPG

DSC08136.JPG

ホイールも専用コートを

DSC08135.JPG

グリルもコーティング

ボディー全部をフルリフレッシュ&コーティング
DSC08139.JPG

新車気分・・・いやそれ以上の状態をお楽しみくださいませ!!

Cクーペ入庫後181222.JPG

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185250770

この記事へのトラックバック