2020年02月15日

チンクちゃんリフレッシュラッピング編

仕事の合間にチンクちゃんのリフレッシュも少しづつ進んでますよ・・・

ぼろ隠しをするためのラッピング・・・本来の用途とはちょっとずれているのですが再塗装をする前の悪あがきとでも言いましょうか?
本来劣化した部分の塗装を再塗装すると・・・最低でもボンネット、ルーフ、左フェンダー、左ドア、トランクを除いてすべて塗り直さねければなりません・・・ただ微妙に退色してるパネル、これまで再塗装されたパネルそして今回再塗装したパネルこれらが微妙に色の違いが出るのは避けられそうにもありません当然、費用の方もばかになりませんし
そもそもそこまで費用の捻出は・・・今回はできません・・・予算的にも掛かりすぎだしね
そこでドレスアップもかねて劣化している部分をラッピングで隠す!!そう言う事です。
言っときますがラッピングって専門施工業者に頼むと塗装並みの費用が掛かるらしい・・・です。
コンパクト系のフルラッピングで40万位とか・・・ボンネット一枚で4万〜らしいです。

ただDIYで頑張って貼ってる方もいらっしゃるようで因みにボンネット1枚貼るのであればラッピングシートは1万円くらいつまり作業工賃が3万+αくらいかかる計算ですね・・・納得です。

仕事としてどうなのか?そこも今回検証したいんですよね・・・そんなことでラッピング初挑戦です!!

DSC01169.JPG

先ずはシートをあらかじめ貼りたい場所にあてて少し大きめに型取りします。

DSC01170.JPG

すべての型取りをしたら、先ずは簡単そうな場所から貼っていきましょうか・・・・

ボディーのカットラインを決めそこにナイフレステープと言う糸を仕込みます
DSC01171.JPG

そしてシートを貼り付け・・・
いとも簡単にシート表面は貼り込みできました・・・ここまでは誰でも出来そうですよ!!
がしかし・・・ここからがテクニックと経験がものを言いそうです。

DSC01172.JPG

私は・・・・ナイフレステープでの切込みを・・・わお・・・失敗しました。
動画では簡単そうにやってましたが・・・見るとやるの違いを痛感・・・・
しょうがないのでもう一度チャレンジ・・・・何とか成功です。

DSC01173.JPG

結構頭の中でシュミレーションして貼ったのですが綺麗に貼るため見せるためのテクニックは巻き込んだ見えない部分にこそありそうです、ボンネットであれば折り返した見えない部分・・・しわしわになりやすいですかね、そして裏側だからと言って張り込んでカッターナイフを入れると間違いなく塗装まで切ってしまいます。時間がたつともし鉄板まで達していたら錆が出るかも・・・剥がしたときにはもちろんその傷はわかりますし
動画でもこのようなカットシーンを見ましたがそれはダメかなと・・・見えない場所であってもカッターの刃で絶対に塗装面を切らないような方法を手際よくできれば商売になるかもね!!

とは言ったものの・・・・ピラー〜クオーターにかけての大物が控えてますここははめ殺しの窓周りをどう処理するか・・・・もし失敗すると・・・予備のシートはありましぇん・・・さてどうなることやらこうご期待!!
posted by DR-G at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ガレージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187164046

この記事へのトラックバック