2020年10月20日

コーティング&プロテクションフィルム

●2020/9 マツダ3 ボディーコーティング(テクニカれうグラスコートUプラスダイヤ テクニカルディテールLevelA)ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート、プロテクションフィルム施工(ヘッドライト、ピラー、リアバンパー上部)

前回当店のコーティングを施工頂き・・・・すごく良かったからと、今回マツダ3の新車にお乗り換えで
リピートして頂けました。
それと今回はヘッドライトなどプロテクションフィルムの施工も同時に・・・これは外注にて腕の良い職人さんに頼んでます。

先ずはそのプロテクションフィルムの施工からご紹介

DSC02682.JPG

ヘッドライトは数年後の劣化を完全に守れます、新車時は特にお勧めですよ!!

DSC02683.JPG

最近流行りのピアノブラックの樹脂ピラー・・・傷つきやすくその傷が目立つのね
プロテクションフィルムを貼ることでそれを防ぐと同時に、触ったときの指紋も着かなくなります。

その気になればボディー丸ごとガラスにも貼れるとか・・・・100万位の費用が必要らしいですが・・・そんなオーナーさんもいらっしゃるとか・・・・・・・・・・・・・・・

貼った後はこんな感じでほぼわかりません
DSC02702.JPG

DSC02700.JPG

DSC02699.JPG

そしてこの部分
DSC02709.JPG

荷物の出し入れで傷つけやすい部分ですよね!!

プロテクションフィルムの耐久性は軽く5年以上10年程度は持つとか
フィルム自体が傷を吸収するので綺麗なままです。素材の劣化もほぼほぼ100%守れる優れものです。
デメリットをあえて上げると、フィルムの周りが汚れることで貼ってるとわかりやすくなることかな・・・
掃除をちゃんとすれば問題ないと思いますが

コーテイングはボディー、窓ガラス、ホイールと丸っと全部!!

DSC02706.JPG

DSC02704.JPG

DSC02705.JPG

DSC02703.JPG

DSC02707.JPG

末永くマツダ3をお楽しみくださいませ!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188045536

この記事へのトラックバック