2021年09月23日

補修と磨きコーティングの関係

●BMW650i デントリペア、タッチアップ、ホイールクリーニング&コーティング、ウインドウポリッシュ&コート、テクニカルディテールLevelC、テクニカルグラスコートTプラスダイヤ

650入庫210920.JPG

さてさて丸ごとリペア&リフレッシュそしてコーティング・・・どこからご紹介しましょうか・・・

先ずはデントリペアから
650デント前210920.JPG

そもそもデントリペアのご依頼は作業の打ち合わせでは最後についでにと言うことでした・・・
ボディー丸ごと綺麗にするのであれば凹みも直しとこうって感じで

650デント後210920.JPG

でそもそものご相談と言うかご依頼はこれ・・・

650タッチアップ前210920.JPG

飛び石等による塗装欠けのタッチアップ作業
ボンネットに数か所あります・・・で私が気になったのは・・・タッチアップの作業そのものは問題ないのですがその前にボンネット全体も雨染み小傷が・・・・もっと言うとボディー全体にそれなりのダメージが
・・・で話を聞くとコーティングする前に飛び石傷をタッチアップしてほしかったと

・・・なるほどねそう言う事ですね。

タッチアップって筆で傷部分に塗って目立たなくする作業なんですね、こだわって出来るだけ綺麗に仕上げてもその後の磨きコーティングで剥がれたり窪みにコンパウンドがめり込んで目立ったりと
せっかくタッチアップで仕上げたところが台無しになる場合も考えられます。
ですので磨きコーティングまで考えてるのであればそのタイミングでタッチアップと磨きコーティングを行うのがベストですよと!!

そんなアドバイスから・・・・当店で全部お任せいただく事になりました。

650タッチアップ後210920.JPG

塗装欠けの一部分をご紹介させて頂いてますが全体で大小十数か所
この様にボディーのダメージと一緒にタッチアップすることで仕上がりが良くなります。
※写真は磨きコーティングまで終えた完成後です。

と言うことで他の同時作業のご紹介です。ビフォアーアフターでご覧下さいませ

カウルトップ
650カウルトップ前210920.JPG

650カウルトップ後210920.JPG

フロントガラスのスケール除去
650フロントガラス前210920.JPG

650フロントガラス後210920.JPG

サンルーフのウロコ除去&フッ素コート
650サンルーフ前210920.JPG

650サンルーフ後210920.JPG

樹脂ピラーの傷研磨&コーティング
650ピラー前210920.JPG

650ピラー後210920.JPG

ボディーのスケール除去&研磨&コーティング
650トランク前210920.JPG

650トランク後210920.JPG

ホイールもクリーニング&コーティング
DSC04904.JPG

フルのリフレッシュ&コーティングの完成です!!

DSC04905.JPG

DSC04906.JPG

DSC04907.JPG

DSC04908.JPG

DSC04909.JPG

DSC04910.JPG

DSC04911.JPG

DSC04915.JPG

DSC04914.JPG

DSC04916.JPG

DSC04912.JPG

綺麗にリフレッシュされた650iまた洗車お手入れを楽しんでくださいませ・・・でまた傷んだら遠慮なくご相談を!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189016013

この記事へのトラックバック