2017年12月03日

せっかくなのでコーティングも

●H24.4 AZワゴン ヘッドライトUVハードコート、テクニカルグラスコートT

前にデントリペアを施工させて頂いたオーナー様からの次なるリクエストはヘッドライトの曇りとボディーのダメージのリフレッシュです。

DSC05000.JPG

当初ボディーはコーティングなしのテクニカルディテールで艶の復活のみのリクエストでしたが・・・
どうせでしたらコーティングまでどうですか?ってお勧めしました!!
綺麗になればそれを維持するためのコーティングは重要ですよと!!

azワゴンH前171203.JPG

ヘッドライトは古いハードコートを全削り新しいハードコート(UVハードコート)を形成させます。
ですので耐久力は新品並みです。ヘッドライトコートとは別物ですよ!!

azワゴンH後171203.JPG

ボディーの傷ダメージはご自身でも頑張ってタッチアップして・・・・ましたが
azタッチアップ前171203.JPG

ちょっと塗りすぎみたいで・・・除去してやり直すことに・・・・
azタッチアップ後171203.JPG

除去後磨いてみると・・・あれ無くなりました・・・タッチアップではなく磨きで解決です!!

azルーフ前171203.JPG

azルーフ後171203.JPG

azピラー前171203.JPG

azピラー後171203.JPG

azボンネット後171203.JPG

ケミカル&ツールで細部まで汚れを除去適切な磨きにより塗装本来の艶をよみがえらせ
グラスコートTでコーティング

DSC05039.JPG

DSC05040.JPG

DSC05037.JPG

DSC05035.JPG

DSC05041.JPG

DSC05036.JPG

DSC05038.JPG

ご近所さんなのでちょくちょく寄って下さいね。

2017年11月17日

タイプR

●H29.10 シビックタイプR テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelA、ウインドウポリッユ&コート、ホイールクリーニング&コート

岐阜県のオーナー様からのご依頼は
英国から海を渡ってきた5代目ホンダ シビックタイプRのコーティング施工です。
新車ですがコーティング前の下地作りは艶を最大限引き出す為の磨きを行うLevelAを選択して頂きました。

細かく見ると・・・
例えば艶のある黒い樹脂部分が
タイプRリアピラー前171117.JPG

デポジット(シミ)がすでに付着しています・・・・これは普通の洗車ではすでに落ちない状態です。
まあよく見ても普通には気付きにくい付着状態ですが・・・・
このままコーティングするわけにはいきませんので綺麗に除去します。

タイプRリアピラー後171117.JPG

同じ樹脂部分でもすでに結構な拭き傷が付いている部分もありまして・・・

タイプRピラー前171117.JPG

でも磨きも出来ますので綺麗にリセットしてコーティングします。

タイプRピラー後171117.JPG

新車のボディーも海を渡ってくるからでしょうか・・・異物が・・・鉄粉が・・・わりと付いていました。

タイプR鉄粉171117.JPG

因みに鉄粉をそのままに磨きを行っても取れませんので・・・トラップねんどで除去します。

タイプR粘度171117.JPG

粘度に付着した様子を見ると・・・意外と汚れていたのが分かりますね。

ホイールも・・・・艶ありの黒ですから色々わかります。

タイプRホイール前171117.JPG

汚れシミは完全リセットしてからコーティングいたします。

タイプRホイール後171117.JPG

因みにタイプRは20インチのホイールです・・・デカっ!!

DSC04944.JPG

御引き渡しは土曜日の予定でしたが・・・・明日の天気は雨・・・という事で仕事帰りの本日夜御引き渡しとなりました。

DSC04949.JPG

DSC04943.JPG

DSC04942.JPG

DSC04939.JPG

DSC04945.JPG

DSC04947.JPG

DSC04946.JPG

DSC04948.JPG

DSC04938.JPG

飛びっきりのスポーツカーを飛びっきりな休日にドライブするとか・・・
それ以外はご自宅のガレージに居るそうで・・・明日からの雨も安心ですね!!

2017年11月03日

求める美観は

●H21/12 BMWアルピナD3 テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelB

DSC04749.JPG

磨きコーティングの仕事をしてていつも思う事があります。
どこまで綺麗にすれば良いのだろうか?
どこまで磨き込み傷を消すことが出来るだろうか?
物理的に出来ない事、物理的に出来るけどリスクが高い事、物理的に出来るけどお預かりしてそれをやりきる時間が無い事・・・・・・・

今回のアルピナで悩んだのは・・・クレーター痕が小さいのですが割と深く完全除去するためにはペーパー掛けから行う必要があります・・・・ただそれは綺麗な塗装部分を削ってまでクレーター痕を消すことになりますのでちょっともったいないんですね。
それとアルピナラインのピンスト・・・正直その周りは磨けません完璧に磨くためには一旦剥す必要があります・・・これも現実的ではないですよね。
それでもやっぱり求める美観は高いはず・・・だって普通に見れば綺麗ですからそれをもっと綺麗にしたいわけですからね!!

アルピナグリル前171103.JPG

日頃お手入れしにくい場所はこういう時こそしっかりやらさせて頂きます。

アルピナグリル後171103.JPG

白は鉄粉、ブレーキダストなどのこびり付きが目立ちます。
アルピナマーク前171103.JPG

最終的には鉄粉一個一個を取る感覚で作業します。

アルピナマーク後171103.JPG

そして雨シミね・・・
アルピナシミ前171103.JPG

この程度は問題なく綺麗になります

アルピナシミ後171103.JPG

そしてアルピナライン
アルピナライン前171103.JPG

ラインの間にある洗車傷・・・深めの物は完全除去は出来ませんが見た目良く見えるようにね!!

アルピナライン後171103.JPG

DSC04787.JPG

DSC04792.JPG

DSC04789.JPG

DSC04788.JPG

当店のボディーコーティングはレンズ、グリル、ワイパーブレード、カウルトップ、バイザー、ナンバープレートなど窓ガラスとタイヤホイール以外は全て施工致します。

DSC04793.JPG

DSC04794.JPG

DSC04790.JPG

DSC04795.JPG

2017年10月30日

黒に打ちのめされる

●H26.2 ランドクルーザープラド デントリペア、ウインドウポリッシュ&コート、ヘッドライトコート、テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelB

以前もデントリペアをご利用頂いたオーナー様、今回はボディーコーティングを・・・と!!
その前に新たな凹みが一ヶ所

プラド施工前171029.JPG

こんな所からツールアクセス出来たので
DSC04668.JPG

サクサクっと修復完了
プラド施行後171029.JPG

続いて窓ガラスのウロコ取りと撥水加工
プラドガラス前171030.JPG

ウロコ完全除去!!そしてフッ素撥水加工!!・・・綺麗です。
プラドガラス後171030.JPG

お次は・・・汚れを徹底的に落しましょう
プラド裏前171029.JPG

DSC04731.JPG

タイヤハウスの汚れもね
プラドタイヤハウス前171029.JPG

一旦取り外しましょう
DSC04676.JPG

DSC04677.JPG

スッキリ
DSC04730.JPG

スケールも徹底除去・・・特に裏側ね!
プラド下前171029.JPG

プラド下後171029.JPG

細かい所も
プラドエンブレム前171029.JPG

プラドエンブレム後171029.JPG

樹脂部分も全てクリーニング&コーティング
プラドステップ前171029.JPG

プラドステップ後171029.JPG

ボディーの磨きは・・・・ソリッドのブラックはね・・・・もう当分いいです(笑
プラドボンネット前171029.JPG

予想以上に苦戦・・・実は何時も苦戦・・・・何とか磨き&コーティング完了!!
プラドボンネット後171029.JPG

ヘッドライトはハードコートのメンテナンスコート
DSC04727.JPG

サイドミラーにもウロコが少しありましたので研磨で除去
DSC04738.JPG

ボディーコーティングは『テクニカルグラスコートTプラスダイヤ』です。
圧倒的な超撥水で洗車を超楽しくさせてくれます!!

DSC04728.JPG

DSC04729.JPG

DSC04735.JPG

DSC04737.JPG

DSC04739.JPG

DSC04733.JPG

DSC04736.JPG

DSC04732.JPG

御引き渡しは台風一過の本日・・・・お待たせいたしました。

DSC04741.JPG

2017年10月22日

雨染みの原因

●H27.3 ミニ5ドア トランク鈑金塗装、タッチアップ、ウインドウポリッシュ&コート、テクニカルグラスコートUプラスダイヤLevelB

新車から2年半雨染みに悩まされているミニのボディーコーティングと窓ガラスのコーティング等のご依頼を頂きました。
又いたずらによるトランクの傷を付けられたとの事でコーティング前に鈑金塗装も同時にお受けいたしました。
鈑金塗装の方は私が最も信頼するアッソガラージュの齋藤氏に委託します。その仕上りはオリジナルの状態に限りなく近づけて仕上がってきますのでほんと頼りになります。

DSC04631.JPG

エンブレムのあたりに横線上に釘でひっかいたような傷でしたがもうその存在もなく周のオリジナル塗装との違和感もまったくありませんね!!

※きちんと鈑金塗装で直したいと言う方はご相談くださいね。

そして雨染みの状態・・・・窓ガラスは・・・

ミニガラス前171021.JPG

新車から2年半にしてはウロコ付き過ぎじゃないの?
あっさり取れるかと思ったら結構な重研磨が必要でしたが・・・・・

ミニガラス後171021.JPG

隅々までウロコを除去してフッ素撥水コートして完成・・・・綺麗です!!

ボディーの方は・・・・もっと深刻な状態です。
何せまんべんなく雨染みが付いてます、ヘッドライトにも樹脂部分にも・・・ドアを開けた内側も・・・
これはもしやと思い御引き渡しの時に聞いてみようと!

ミニB前171021.JPG

ボンネットとルーフの上面はその水滴跡・・・クレーター状の輪ジミが無数に・・・・2年半でこの状態はやはり何かあります。

ミニB後171021.JPG

まだ新しいお車なので今回の作業で塗装を削ってまですべて消すよりもポリッシングで最適な状態に仕上げました。

ルーフはソリッドの黒なのでクレーターも深く成長しています・・・・
ミニルーフ前171021.JPG

これ以上深くクレーターが出来ない様にこれまでのケアー方法を改める必要もありそうです。

ミニルーフ後171021.JPG

コーティングは塗装部分も含めこの様な樹脂部分まで標準で行います。

ミニ樹脂コート比較171021.JPG

向かって右側が樹脂部分のコーティングをしたところです。

DSC04626.JPG

DSC04627.JPG

DSC04628.JPG

DSC04629.JPG

DSC04634.JPG

DSC04632.JPG

御引き渡し前に雨染みの原因を探ってみました・・・
オーナー様は洗車好き・・・ちょっとやり過ぎな感じは受けましたがここまでの雨染みが付くようなことはないでしょう・・・・でも・・・なるほど・・・どうやらオーナー様がお住まいの地域は井戸水を利用して水がが引き込まれているようです。で現在その地域ではその老朽化でそれを廃止し一般的な水道に切り替える予定だとか・・・
的中です。間違いありません・・・・洗車で使用していた水が井戸水ならシミも出来やすいでしょう。
という事で水道水に切り替わるまではお車の洗車は洗車場などをご利用頂いた方が良いかと!!

DSC04633.JPG

今回施工させて頂いたテクニカルグラスコートUプラスダイヤは雨染みなども付きにくい性能を持ち合わせていますが無敵ではありませんこれまでのコーティングに比較して良いかもしれませんがやはり少しづつその性能も落ちてきます。それ以上に美観を維持するためにはやはり正しいケアーを続ける必要もあり、ダメージがある場合はメンテナンスも必要です。
ですのでそのようなことでお悩みがあれば遠慮なくご連絡くださいませ。

2017年09月30日

ようやく納車

●H29/5 レクサスRX200t テクニカルグラスコートUプラスダイヤLevelA ウインドウポリッシュ&コート

わけあって新車納車後・・・4ヶ月経って念願の?当店でのコーティング作業を終えようやく本日御引き渡し!!
晴れて本当の意味で本日納車となりました!!

で、新車〜4ヶ月が経ってしまいましたがご安心を、その分のダメージは今回の作業で全てリセット以上の仕上がりにしたつもりです。

因みにボンネットは・・・
レクサスRXボンネット前170930.JPG

こんな感じが・・・・

レクサスRXボンネット後170930.JPG

こんな感じに!!

ピラーの樹脂部分は・・・・
レクサスRXピラー前170930.JPG

少し雨ジミが付いていましたが・・・スッキリ!!

レクサスRXピラー後170930.JPG

コーティングは塗装部分はもちろんですがグリル、樹脂部分、レンズ、ナンバープレートなど全部、
オプションで窓ガラスもフッ素撥水加工でコーティング!!

そしてオーナー様をお出迎え!!

DSC04438.JPG

DSC04441.JPG

DSC04437.JPG

DSC04439.JPG

DSC04443.JPG

色々ありましたが今日が記念日にして下さい・・・・ね!!

DSC04442.JPG

2017年09月24日

スクラッチシールドも雨シミ汚れには勝てず

●H27/2 Xトレイル テクニカルグラスコートUプラスダイヤ、ルーフウインドウポリッシュ&コート

新車から2年が経過したXトレイルです。
塗装はスクラッチシールドで小傷も自己修復できる優れものしかもコーティングをしてありますので・・・・
普通であればまだまだこのままでも良いような感じもしますが・・・・
傷はほとんど入ってないのですが・・・雨シミ汚れが蓄積し・・・

ボンネットは・・・
Xトレイルボンネット前170924.JPG

シミが沢山付いていますね・・・・

ルーフのガラスも・・・
Xトレイルルーフガラス前170924.JPG

少しウロコが付いてますね・・・

細部も・・・
Xトレイルエンブレム前170924.JPG

黒ずみが・・・

実は以前デントリペアをご利用頂いた時にいっそのことボディー丸ごとコーティングし直して綺麗にするかって流れになり・・・

ボンネット
Xトレイルボンネット後170924.JPG

ルーフのガラス
Xトレイルルーフガラス後170924.JPG

エンブレム
Xトレイルエンブレム後170924.JPG

等々・・・リフレッシュ&コーティング完了!!

DSC04413.JPG

DSC04412.JPG

DSC04408.JPG

DSC04409.JPG

DSC04410.JPG

DSC04406.JPG

DSC04411.JPG

綺麗になりましね!!

2017年09月09日

新たにリフレッユ&コーティング

●H25/1 トヨタ86 テクニカルグラスコートU、ヘッドライトUVハードコート

前回「デントリペア」ご利用のオーナー様から今回は「ボディーコーティングとヘッドライトのコーティング」のご依頼を頂きました。
お車は新車時にコーティングをされてから4年半・・・ですかね?

<入庫時>
86入庫A170909.JPG

これまでそのコーティングを維持しながら・・・・このタイミングで新たにリフレッシュ&コートとなりました。

一番劣化が激しいのは・・・ヘッドライト
86ヘッドライト前170909.JPG

新車時のハードコートは見事に劣化して曇っています・・・
ですので磨いてコーティングするのではなくレンズ全体を削ってハードコートそのものを塗り直します。
・・・・がバンパーにめり込むレンズを削り込むには・・・そのままではやりにくいので

86バンパー外し170909.JPG

一旦外して作業しました!!
DSC04311.JPG

今回施工させて頂いた「UVハードコート」は新品並みの3年〜5年耐久が期待できます!!
因みに良く聞く「ヘッドライト専用ガラスコート」の耐久力は1年位かな!!

ボディーの状態は特に上面が・・・雨染みによる浸食が進んでいて塗装面が凹凹しています。
86ボンネット前170909.JPG

出来るだけフラットな面を目指しつつ塗膜も磨き過ぎない様にと・・・美観を取り戻します。
86ボンネット後170909.JPG

細かい所では・・・例えば
86保護シール前170909.JPG

プロテクターシールの周りが汚れを丁寧に落とし
86保護シール後170909.JPG

コーティングは「テクニカルグラスコートU」を
DSC04309.JPG

DSC04312.JPG

DSC04310.JPG

DSC04314.JPG

DSC04315.JPG

<完成>
86入庫後完成170909.JPG

必要なケアー剤もご購入頂きましたし、お手入れ好きなオーナー様ですので、ますますお手入れが楽しめますね!!

2017年08月30日

気持ちよく乗る為に

●H26/3 ラパンショコラ テクニカルグラスコートTプラスダイヤ、ウインドウポリッシュ&コート、タッチアップ

只今コーティングの作業は11月初旬まで予約でいっぱいです。ご予約まで至っていないオーナー様からのご相談、御見積も重なり大変ご迷惑をお掛けしています。
作業を外注に出して早く作業を片付けて儲けに走る、或いは仕事の負担を減らし楽に儲ける・・・
残念ながら・・・・そんな気はさらさらありませんので気長に待ってく下さいませ(すいません)

デントリペアの依頼にはお待たせせず随時、受け付&作業ていますのでご安心を!!

当店のスタンスは

@他店ではマネのできないハイクオリティーなデントリペア作業が最優先 
A平日の空いた時間を利用して徹底的に美観にこだわるテクニカルデイテール&コーティングを行う
B量販店の様な時間を優先した合理的な作業は行わず、個々の状態に合わせ細部にこだわる

などなどプライベート的な作業の取り組みです・・・なのでお預かりする期間も1週間程度が標準で長めです。

おかげさまでコーティングをご利用頂くオーナー様の7割は濃い目のリピーターさん達です。
ヘコミにもこだわるくらいですから車そのものの美観にもこだわる人たちばかりですね!!
もう私のハードルも上がりっぱなしで・・・常に初心者的な追い詰められた状態だったりして(笑

と言うことで・・・これまでにもコーティング、デントリペアなどご利用頂いているオーナー様からのご依頼です。
お車は高年式のラパンショコラ、奥様が乗られるそうです。

状態は・・・3年分の少し荒っぽい手入れの様子と水垢がこびり付いた状態、それと樹脂の劣化・・・そんな感じです。・・・・ああ中古で購入した状態ですよ!!

ボンネットはこんな感じでした・・・・が
ラパン傷前170830.JPG

新車以上の状態の艶が磨きとコーティングで甦ります!
ラパン傷後170830.JPG

窓ガラスと周りのゴムそしてボディーパネルの塗装面・・・
ラパンガラス前170830.JPG

ボディーコーティングとウインドウポリッシュ&コートを同時にご依頼頂く事で際の際まで綺麗にリフレッシュ出来ます!
※特に中古車はお勧めです。
ラパンガラス後170830.JPG

樹脂は3年で何もしなければこれくらいは劣化するのか・・・
劣化しにくい樹脂を使用してるお車もありますが・・・そこはお車、メーカーにより色々(笑
ラパン樹脂前170830 .JPG

当店では樹脂部分もボディーコーティングの標準作業です。
ラパン樹脂後170830.JPG

ここもね
ラパングリル前170830.JPG

顔が・・・口が引き締まります。
ラパングリル後170830.JPG

中古を買っても新車気分でね!気持ちよく乗りたいですもんね!!
DSC04269.JPG

DSC04268.JPG

DSC04270.JPG

DSC04271.JPG

DSC04265.JPG

DSC04264.JPG

2017年08月29日

リフレッシュ&コート

●H24ミニクラブマン テクニカルグラスコートTプラスダイヤ、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート、タッチアップ

当店を何度かご利用頂いているオーナー様からのリフレッシュ&コーティングのご依頼です。

先ず今回はボディー、ガラス等に貼ってある古くなり劣化したステーカー類から剥していきます。
DSC04213.JPG

ドアガードも剥します。・・・そしてボンネットのこのラインも劣化しているので剥します。
DSC04210.JPG

入庫時
クラブマン入庫170827.JPG

全体的には綺麗に見えますが・・・

クラブマンb前170827.JPG

クラブマンシミ前170827.JPG

特に上面が・・側面も雨染み等で荒れています。

クラブマン窓前170827.JPG

樹脂は劣化しガラスにはウロコが・・・そしてワイパー傷も結構ついています。

クラブマン樹脂前170827.JPG

フェンダーの樹脂部分もしましま模様に・・・

窓ガラスもボディーも徹底的にテクニカルディテールでリフレッシュそしてすべてコーティングを!!

施行後です。
クラブマンb後170827.JPG

クラブマンシミ後170827.JPG

クラブマン窓後170827.JPG

クラブマン樹脂後170827.JPG

ホイールもブレーキダストをクリーニング後ハンドポリッシュで艶を出し専用コーティングを施工しました。
DSC04238.JPG

DSC04244.JPG

DSC04239.JPG

DSC04241.JPG

DSC04240.JPG

DSC04242.JPG

DSC04243.JPG

飛び石傷などはタッチアップをして完成です!!

2017年08月05日

黒い宝石

●2014 ベンツSL350 デントリペア、テクニカルグラスコートUプラスダイヤLevelB、メタルモールポリッシュ&コート、ウインドウポリッシュ&コート

2014モデルSL350のブラックボディーのリフレッシュ&コートのご依頼で御入庫頂きました。

DSC04042.JPG

只今コーティング作業は数カ月待ちで大変ご迷惑をおかけしています。
お待ち頂いているオーナー様キッチリ作業させていただきますので今しばらくお待ちくださいませ。
※デントリペア作業はほぼ待ち期間なく対応させて頂いています!!

SL350のオーナー様も1カ月以上お待ち頂きましたが・・・せかされることもなくじっくりやって下さい・・・なんて・・・そう言われると良い意味でプレッシャーが掛かります(汗

御入庫頂いて見つけてしまったヘコミです。
SL350ヘコミ前170805.JPG

気付かれていなかった御様子ですが・・・親切にお教えして・・・リペアさせて頂きました!!

SL350ヘコミ後170805.JPG

モールは・・・
SL350モールシミ前170805.JPG

ボディーコーティングの延長線上で作業できない為別メニューとなり専用の磨き&コートとなります。
シミが付きやすいパーツだけに必修作業です。

SL350モールシミ後170805.JPG

いつも洗車機を使用しているという事でボディーは洗車傷と細部の汚れ、雨染みの乾燥シミがあります。
すごく目立つわけではないですがブラックカラーですのでシビアに見えるのですよね・・・これブラックカラーの宿命ですな!!

SL350B前170805.JPG

SL350G前170805.JPG

SL350傷シミ前170805.JPG

という事で全てテクニカルディテールでリフレッシュ&コート

SL350B後170805.JPG

SL350G後170805.JPG

SL350傷シミ後170805.JPG

可能な限り汚れを落とし可能な限り塗装の傷シミを磨き込み美しい!と思える美観を復活!!
当店が目指すテクニカルディテールとコーティングは1台1台のダメージを見極め余裕をもって完成させますので少しお預かりする期間も長めです。
御入庫までの待ち期間も長い、御入庫してからの作業期間も長め・・・それでもご依頼頂けるオーナー様に感謝です。

DSC04104.JPG

DSC04105.JPG

DSC04106.JPG

DSC04108.JPG

DSC04109.JPG

DSC04107.JPG

DSC04110.JPG

DSC04102.JPG

黒い宝石の様です!!

2017年07月27日

オーロラマーク

●新車CX-5 テクニカルグラスコートUプラスダイヤLevelA、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールコート

岐阜県のオーナー様より新車のCX-5のボディーコーティングで御入庫頂きました。
コーティングはテクニカルグラスコートUプラスダイヤです。HPではご紹介していない裏メニューですが今や8割方このプラスダイヤをお選び頂いています。ありがとうございます。

さて作業を進めましょう・・・・あれ?
洗車して気づきましたが・・・・磨かれています・・・・新車ですが?

CX-5磨き前170727.JPG

写真に撮るのは難しいですが上の写真で判るでしょうか?『オーロラマーク』が・・・・
仕上げの磨きが粗いとそのバフ目が残りオーロラの様に見える現象です。
つまりきちんと磨けてないのですね・・・・
磨いてあるのはボンネットとルーフ・・・新車ですがどの工程で磨くのでしょうか?
ひょっとしたらディーラーで納車前に磨くのでしょうか・・・・不明です?
どちらにしても新車ですのでバフ目はだめですよね!!
と言っても気が付くレベルではないですが・・・・

いずれにせよキッチリ磨き直してコーティングしますのでご安心を!!

CX-5磨き後170727.JPG

バフ目も消え綺麗な赤の輝きがさらに艶やかに光り輝きます!!

コーティングは樹脂部分ナンバープレートなど全て、オプションで窓ガラスとアルミホイールまでコーティング!!

DSC04023.JPG

DSC04024.JPG

CX-5完成170727 .JPG

2017年07月22日

お待たせいたしました。

●2007年ジャガーSタイプ 鈑金塗装、メタルモール・ワイパーアーム新品交換、タッチアップ、テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelC、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート

先月、末からお預かりして鈑金塗装〜リフレッシュ〜コーティングの作業がようやく完成した2007年ジャガーSタイプ!!
オーナー様は当店の信者?もうこれで何台目でしょうか(笑
信頼して頂いているだけにその作業に気合も入ります!!

購入して間もないのですが10年経過しています・・・・納車前にサービスで?コーティングはして頂いているようです。
でも当店で徹底的にリフレッシュしてコーティングし直さないと気が済まないとか・・・・

という事で作業内容を紹介させて頂きますね。

先ずは鈑金塗装です。
ジャガー鈑金前170721.JPG

本来は・・・この鈑金塗装の作業は予定にはありませんでしたが・・・不運にもこうなったのですが
幸運にもこの場所はパテの大盛りだったことが発覚!!なのでキッチリパテを取り除きスッキリ鈑金そして塗装(鈑金塗装はアッソガラージュ齋藤さんにお願いしています)http://www.asso-garage.com/

ジャガー鈑金後170721.JPG

鈑金塗装から戻った後の作業は全て当店で行います!

ジャガーSタッチ前170721.JPG

フロント周りを中心にこの様なチッピングのタッチアップを行います。

ジャガーSタッチ後170721.JPG

このお車の最大の汚点は・・・10年分の汚れの蓄積・・・・特に隙間ね・・・ここをリフレッシュすることで見違えるように美しくなります。

ジャガー隙間前170721.JPG

バンパーとフェンダーの隙間です。

ジャガー隙間後170721.JPG

ジャガー大マーカー前170721.JPG

こんな隙間は・・・・

ジャガーマーカー前170721.JPG

外してお掃除して・・・

ジャガーマーカー後170721.JPG

新品みたいに・・・

ジャガー大マーカー後170721.JPG

リフレッシュされます。

ジャガードアノブ前170721.JPG

ドアノブも気分よく触りたいでしょうから・・・

ジャガードアノブ後170721.JPG

ジャガーエンブレム前170721.JPG

エンブレム周りがこれではジャガーの価値なしですからね・・・

ジャガーエンブレム後170721.JPG

そして樹脂等のダメージはクリーニングとコーティングでここまで回復します。
もちろん細部の汚れはキッチリ落してね!!

ジャガーS窓前170721.JPG

部品は一切交換していません・・・クリーニング&コートにより仕上げています。

ジャガーS窓後170721.JPG

ジャガーグリル前170721.JPG

これもクリーニング&コートで復活!!

ジャガーグリル後170721.JPG

リフレッシュは表だけではありませんよ(作業Level、ご要望にもよります)

ジャガーボンネット裏前170721.JPG

これ運転席から見えるボンネット裏・・・汚れが見えます(笑・・・気になっていたと!

ジャガーボンネット裏後170721.JPG

これで見える景色は新車気分です。

ボンネットを開けて気になるここも
ジャガーライト前170721.JPG

クリーニング・・・そしてここまでコーティングはしておきます!!
ジャガーライト後170721.JPG

見えないところですがお掃除しておきましょう
ジャガー汚れ前170721.JPG

ドロドロですから(笑
ジャガー汚れ後170721.JPG

お車の美観を決定づけるアルミモールは・・・腐食が酷く思い切って新品交換!!
ワイパーアームも塗装が剥げ剥げでしたので新品交換!!
DSC03993.JPG

DSC03999.JPG

ボディーはそもそも納車時にコーティングしていると言ってましたよね!!
ジャガーS磨き前170721.JPG

中古車は通常下取り或いは買取されたときオークションに出す為に小奇麗に磨かれます。
そしてオークションから買った車を次のオーナー様の為に販売店さんは小奇麗に磨き直します。
そして購入されるオーナー様からのリクエストでコーティングしたり、お店のサービスでコーティングされて新しいオーナー様のもとへ!!

それでも満足いかないから当店で磨き直し(笑
ジャガー磨き後170721.JPG

当店で満足いかなかったら・・・・

DSC03994.JPG

DSC03991.JPG

DSC03996.JPG

Y様お待たせいたしました。今後ともよろしくお願いいたします。

2017年07月17日

厳しい目

●2015ポルシェ マカン テクニカルグラスコートUプラスダイヤLevelB、ホイールクリーニング&コート、ウインドウコート

綺麗に維持されているポルシェマカンは浜松からお越しのオーナー様からのコーティングのご依頼です。
・・・普通ならまだ綺麗なので新たなコーティングはまだ先送りにしても良い感じ!!それくらい綺麗に見える状態ですが・・・わずかながら見えるダメージが気になりこのタイミングでコーティングの再施工となりました。

ダメージの例としては・・・
マカンB前170715.JPG

フロントガラス寄りのボンネット部分に目立つ雨染みが・・・!

マカンB後170715.JPG

何せ綺麗で黒なのでわずかな雨染みもはっきり目立ちます・・・・
逆にわずかな雨染みですがキッチリ磨いて消さないとオーナー様の期待に応えたとは言えませんので神経を使いますね(笑

目立つ傷は・・・・リアクオーターの線傷
マカンRF前170715.JPG

完璧に消すにはペーパー掛け処理を行って磨けば消えるかもしれませんが
塗装肌が著しく無くなりかえって全体のバランスが崩れそこだけテカテカニなります。クリアー層が薄くなるのももったいないですから目立たなくなる程度の磨きで処理しました。

マカンRF後170715.JPG

全体的な洗車傷等は
マカンF前170715.JPG

テクニカルポリッシュ&グレイジングコートで最適化

マカンF後171715.JPG

僅かなダメージの状態から最適な状態に仕上げる・・・・実はこれが一番ハードルの高い磨き作業だな〜とつくづく感じましたね。

DSC03918.JPG

同時にアルミホイールと窓ガラスのコーティングもセットで作業完了!!

DSC03919.JPG

DSC03922.JPG

DSC03924.JPG

DSC03927.JPG

DSC03929.JPG

DSC03928.JPG

DSC03923.JPG

DSC03930.JPG

DSC03925.JPG

DSC03921.JPG

御引き渡し後・・・・オーナー様よりお電話が・・・ボンネットに気になる小キズなのかシミなのか・・・
注意深く作業を進め仕上げたつもりですが・・・見落としかもしれません・・・
後日キッチリ対応させて頂きますのでよろしくお願いいたします。

DSC03920.JPG

2017年07月13日

違いにこだわる

●GP5フィット テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelA、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールコーティング

以前もご利用頂いたことのあるオーナー様から新車のコーティングのご依頼です。
納車時にタイミングを合わせての御入庫頂きました!!

フィットB前170713.JPG

新車ですがテクニカルポリッシュ⇒テクニカルグレイジングで磨き⇒艶出しを行い最高の艶を引き出す作業『LevelA』を選択頂きました。
上の写真は入庫時です下の位写真が施工後です・・・

フィットB後170713.JPG

私が撮った写真ではこれが限界・・・・もう少しアップにして見て見ましょう

施工前
フィット前170713.JPG

施行後
フィット後170713.JPG

ちょっとピントがいまいちですが・・・写真中央のライト周りの映り込みが施工後はよりはっきりしていますよね。
実施に見て頂くと劇的に違いが感じられますよ!!

コーティングはウインドウガラス、アルミホイールも施工させて頂きました。

DSC03900.JPG

DSC03897.JPG

DSC03899.JPG

DSC03902.JPG

2017年07月05日

シルバーが輝く

●H23.11アクセラ デントリペア、タッチアップ、テクニカルグラスコートUプラスダイヤ、ウインドウポリッシュ&コート

H23年式のシルバーカラーのアクセラです。お車は1年前にご購入されたとか!

アクセラ入庫170705.JPG

程度も良く綺麗ですがパネルの隙間、ガラスの際、樹脂の劣化・・・そしてちょっとした凹み、目立たないんですがボディー全体の洗車傷、塗装の欠けなどをリペア&テクニカルディテールにてリフレッシュ後コーティングを施工させて頂くことに!!

ヘコミは右リアクオーターにあります。
アクセラヘコミ前170705.JPG

施行はこんな感じでテールレンズ側からツールを入れて
アクセラアクセス170705.JPG

はい完了
アクセラヘコミ後170705.JPG

グリルは・・・
アクセラグリル前170705.JPG

樹脂部分は劣化化が進むと白けてきますが・・・クリーニング後樹脂用ガラスコーティングで引き締まります。

アクセラグリル後170705.JPG

ガラスの際も古さを感じさせる部分ですが
アクセラガラス際前170705.JPG

際のスケールも除去・・・樹脂部分もコーティングで新車の風合い
アクセラガラス際後170705.JPG

ボディーの傷はテクニカルポリッシュで飛び石傷はタッチアップで綺麗に整えた後

アクセラボンネット前170705.JPG

テクニカルグラスコートUプラスダイヤで(HPではご紹介していない裏メニューです)
アクセラボンネット後170705.JPG

これで塗装の保護と汚れを寄せ付けない攻撃的な撥水効果で美観を維持します。
そしてこれからの定期的な洗車は非常に快適に楽しく短時間で楽しめますよ!!

DSC03859.JPG

↑はヘコミをデントリペアで直したクオーターパネルです・・・美しい!!

DSC03860.JPG

いろんな意味で目立たない地味なシルバーカラーですが・・・いやいや美しい!!

DSC03861.JPG

DSC03866.JPG

DSC03864.JPG

DSC03862.JPG

DSC03867.JPG

梅雨真っ只中、本日は快晴・・・・実にタイミングの良い御引き渡しになりました!!

DSC03863.JPG

2017年06月18日

ボディーだけでは終わらない

●レクサスGS350 テクニカルグラスコートTLevelB、タッチアップ

H24年式のレクサスGS350のオーナー様からのボディーコーティングの施工を御依頼頂きました。
小傷もありましたので同時にタッチアップも・・・・5年分のダメージを除去、補修して新たなコーティング、テクニカルグラスコートTを施工させて頂きました!!

特に上面はダメージが蓄積されています。
GS350B前170618.JPG

キッチリ各工程を順序良くこなしコーティングする事で完成度の高い美観を得られます!!
GS350B後170618.JPG

ボディーコーティングは塗装面だけではありません
GS350レンズ前170618.JPG

テールレンズもこの様に洗車傷が増えてなんとなくぼけた感じです・・・
普通はここは磨かないのかな?・・・良くわかりませんが当店は普通に磨きます(磨けます)

GS350レンズ後170618.JPG

磨いた後にコーティング・・・・新車時の艶を取り戻します。

こんな所も美観に大いに影響します。
GS350バイザー前170618.JPG

サンバイザーと金属モールそしてピラー部分の艶ありの樹脂部分
ここも磨いてコーティング
GS350バイザー後170618.JPG

そのほか細かなパーツもすべクリーニング又は磨きでリフレッシュ後コーティングする事でその仕上りの美観は段違いで美しいのです!!

DSC03776.JPG

DSC03772.JPG

DSC03771.JPG

DSC03775.JPG

DSC03773.JPG

DSC03778.JPG

DSC03774.JPG

DSC03777.JPG

コーティングは塗装面は当然ですが樹脂レンズすべてをコーティング・・・ナンバープレートもね!
ボディーコーティングだけに終わらないボディーコーティングです!!

2017年06月10日

新車は新車以上に

●プリウス テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelA、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールコート

新車のボディーコーティングで御入庫は南区のオーナー様、お車は『プリウス』です。

プリウス入庫170610.JPG

前日が納車日だったという事です。
新車は綺麗なのでコーティングはコーティング剤を塗って完成・・・・んなわけないですよ!
ボンネットをよく見ると・・・・

プリウスシミ前170610.JPG

シミが付いていますよね・・・・これくらいは新車でも付いているのが当たり前です。
なのでこのままコーティン剤を塗ると・・・仕上がりがいまいちなのは想像できますよね(笑
因みに写真の状態は綺麗に洗車した後です・・・それでも落ちないシミが付いていたと!

新車でも納車までには少なからずダメージがあるという事ね・・・なのでせっせと下地処理して一番綺麗な状態にしてコーティングするのは当店の当たり前です!!

プリウスシミ後170610.JPG

樹脂部分も・・・
プリウスグリル前170610.JPG

洗車後、或いは水滴が乾いて出来た跡もきちんとクリーニングしてコーティング

プリウスグリル後170610.JPG

当店の標準作業ですよ!!

今回サイドウインドウは撥水加工してありましたがそこも含め全面撥水コートを・・・・そのサイドウインドを再施工して気が付いたのですが・・・施工の処理が甘すぎですよ(残念
最近ディーラーさんでのコーティングの施工の甘さが問題になっていますよ・・・
当店の作業が完璧かと言えばそんなことはないんですが(笑
結構悩みながら頑張ってます!!

DSC03740.JPG

ホイールも同時にコーティング

DSC03738.JPG

DSC03736.JPG

DSC03737.JPG

DSC03735.JPG

DSC03739.JPG

DSC03742.JPG

新車以上の輝きになったプリウスでした!!

2017年06月03日

新車以上の輝き

●メルセデスベンツC200 テクニカルグラスコートT、ウインドウポリッシュ&コート、メタルモール・ルーフレールポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート、タッチアップ

新車から3年が経過したお車です、以前も当店をご利用頂いていましたが今回はすべてのリフレッシュとコーティングのご依頼です・・・作業内容も濃くなりそうだったので2週間のお預かりで作業を進めました!!

DSC03654.JPG

その中で大変な作業の一つだったのは・・・・
C200ルーフレール前170531.JPG

このルーフレールとモールの腐食
C200モール前170531.JPG

磨いて綺麗にする作業の中では最も骨の折れる作業・・・・辛抱強くないと仕上げが甘くなる傾向かな
釣り好きの方にはこの作業向いてるような・・・私は釣りは苦手ですが(笑・・・・

C200ルーフレール後170531.JPG

c200モール後170531.JPG

でも勝ち負けの勝負事は負けず嫌いです・・・ギャンブルはしませんが生活そのものがギャンブルです(笑
なんだかんだ言って気分が乗らないとやりたくない作業ですがオーナー様からの熱意が伝わると燃えるタイプです。・・・・結果は良好!私のやる気スイッチが入ってたという事です(笑

基本的に上手に管理されてきているお車ですので私が触る部分は細かい所が中心です。
つまり日頃手を掛けにくい部分にこそ全体のディテールの美しさを左右するポイントがあると

例えばこんな所・・・
C200ドアノブ前170531.JPG

綺麗になれば気が付かなくても綺麗に感じるはずです。
C200ドアノブ後170531.JPG

こんな所も車が古くなるにつれ汚れて取れなくなるのも当たり前・・・そして取るのも大変
だから取らない、だから今一歩の仕上がりと思わない様に・・・・
C200ガラス前170531.JPG

ね、違いわかる?
c200ガラス後170531.JPG

分からない人はこれ以上興味を持つ必要はありません・・・わかる人は興味を持ちましょう

c200傷前170531.JPG

シルバーの輝きに興味がある人はマニアです。

c200傷後170531.JPG

黒い部分は黒く
DSC03676.JPG

DSC03679.JPG

DSC03681.JPG

DSC03677.JPG

DSC03680.JPG

DSC03675.JPG

DSC03682.JPG

DSC03684.JPG

DSC03683.JPG

主張しないカラーシルバーが際立つ時は周りの景色の融合ですね、私の愛車もシルバー歴が続いてます!!

DSC03664.JPG

DSC03665.JPG

新車時より新車以上の輝きで御引き渡しさせて頂きました!!

2017年05月20日

輝き復活

●2008年パサート テクニカルグラスコートUプラスダイヤ、ヘッドライトポリッシュ&UVハードコート、タッチアップ

3年ぶりのご依頼となりましたパサートのオーナー様、前回はデントリペア、アルミモールの磨き&コーティングでお世話になりました。
今回のご依頼はボディーのリフレッシュとコーティング
前回3年前に施工させて頂いたアルミモール部分は新たな腐食もなく綺麗なままです・・・いいね!!

ヘッドライトは・・・・
パサートライト前170520.JPG

・・・さすがに9年が経過してるので・・・表層割れが・・・・
国産車のヘッドライトが黄ばんだり曇ったりするのに対し欧州車はこの様にクモの巣状にひび割れてきます。
ですので耐水ペーパーなどで根こそぎ削り落として・・・この作業がほんといや・・・とにかくしっかり削り落とさないとひび割れが残ってしまいます・・・・

パサートライト後170520.JPG

綺麗になったところでUVハードコートを再施工・・・当店ではヘッドライトの症状に合わせヘッドライト用グラスコーティングとUVハードコートを使い分けています。
今回のケースはオリジナルのハードコートをすべて削り落としていますので同様のUVハードコートを厚塗りします。
因みに軽度のくすみ程度であれば表面の艶を出して(オリジナルのハードコートを残して)ヘッドライト用グラスコーティングを施工致します。

テールレンズは・・・洗車傷がいっぱい(笑
パサートテールレンズ前170520.JPG

こちらは磨いて傷を出来るだけ消しグラスコーティングで仕上げます!!

パサートテールレンズ後170520.JPG

塗装の状態はこちらも洗車傷がいっ〜ぱい・・・やばいです。
パサートフェンダー前170520.JPG

パサートB前170520.JPG

深い洗車傷も多数ありましたが可能な限り磨いて消しましたが多少残し気味での仕上がりです(汗
洗車で無造作に雑巾がけなどをすると深く傷が入り磨いても残るというか磨き消せないというか磨き過ぎるのはもったいないというか・・・なので日頃の洗車も丁寧にね!!

パサートフェンダー後170520.JPG

パサートB後170520.JPG

1週間のお預かりで進めてきたリフレッシュ&コーティングも完了!!

DSC03598.JPG

DSC03600.JPG

DSC03604.JPG

DSC03594.JPG

DSC03597.JPG

DSC03596.JPG

本日御引き渡し・・・今後ともよろしくお願いいたします!!

DSC03587.JPG