2019年05月20日

下地の段階

●2019/4 スイフトスポーツ ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤ テクニカルディテールLevelA)、ホイールコーティング

新車のコーティングをご依頼いただきました。
下地処理はテクニカルディテールlevelAこれを磨きの段階ごとに見てみましょう!!

これが新車スイフトのイエローの塗装肌です。
DSC09202@.JPG

テクニカルディテールlevelAはスペシャルコンパウンドでファーストポリッシュ致します。つまり新車を軽く磨きます。・・・・するとこんな感じ!!
DSC09203A.JPG

少しボケた塗装肌がきりっとしますね!!

その次はグレイジングコートでさらなる艶出しを行います。
これは磨くというよりもフッ素樹脂を埋める感じです!!
DSC09204B.JPG

新車以上の艶になってますよね!!

これを透明なガラス被膜で覆いプラスダイヤで4ナノサイズのダイヤモンド配合のコーティング剤をトップコートに定着させ強烈な撥水皮膜を形成させます。

DSC09215C.JPG

コーティングにここまで必要かどうかの議論はあるかもしれませんがまじめに考えればここまでしたくなるというのが素直な思いです。
※他にももっと手軽なコーティングもございますもっと性能を重視したコーティングもございます。
コーティングの持つ性能性格をよく理解しご自分に合った施工内容、コーティングを選ぶことが重要ですね!!

ソリッドカラーの黄色と言えばスイフトスポーツ、スイフトスポーツと言えば黄色!!

DSC09220.JPG

DSC09219.JPG

DSC09222.JPG

DSC09217.JPG

DSC09223.JPG

2019年04月21日

花粉シミは・・・

●2019/2 ノート ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤ・テクニカルディテールLevelA)、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート

新車のコーティンのご依頼で入庫いただきました。
以前もデントリペア等ご利用のオーナー様です・・・ありがとうございます。

さてお車の状態は新車なのでサクサクと・・・・と行きたいところでしたが・・・この時期でよくある新車にもかかわらず付いてる付いてる沢山付いてる

ノート花粉シミ190418.JPG

何が付いてるかと言うと・・・この時期人間様も悩ます「花粉」です。
納車前から付いていたのか納車後付いたのかはわかりませんが・・・この時期はこうして花粉の付着で悩まされますね!!

一旦塗装面にくっ付くと花粉のシミは取れません・・・じゃあどうやってとるのか?
ほっておくと春の間はくっ付いたままですが夏場に向けて気温の上昇とともに自然と取れます。
まずいのは慌ててコンパウンドなどで磨くと逆に塗装からはがれなくなります・・・もしそうなったらかなり深く磨きこまないと取れませんのでご注意を!!!

今回は・・・花粉が取れるまで待つわけにいきませんし、かといって磨くのは時間もかかるし新車の塗装が薄くなります・・・じゃどうするか?

DSC08982.JPG

そうです強制的に温めます!!ドライヤーでは役不足、ヒートがんであぶります!!
ただこれも注意しないとやみくもに熱をかけるとバンパーなどの樹脂部分は塗装が溶けたり、変形したり、ボディーなどスチール部分は塗装が焦げたりします。
そもそも花粉は60℃位の温度で消滅しますのでそのくらいの温度管理をしながらシミを退治していきます!!

ノートシミ比較190418.JPG

左半分が花粉が消滅してます、右半分がまだ花粉シミが付いた状態です。

花粉シミはこんなところまで・・・
ノート樹脂シミ190814.JPG

先ほどもお話ししたように樹脂部分を温めすぎると変形する恐れがありますので慎重にね!!

すべてのシミを除去できたところでようやくテクニカルディテールLevelAの磨きができます・・・
DSC08995.JPG

コーティングはボディー、窓ガラス、ホイールすべて完成!!

DSC08997.JPG

DSC08996.JPG

DSC08999.JPG

DSC09002.JPG

コーティングは花粉付着の防止にもなります!!

DSC09001.JPG

2019年04月12日

雨ジミ、シミ、シミ

●2018/7 ミニ5dr ボディーコーティング(テクニカルグラスコートUlevelA)ウインドウポリッシュ&コート

新古車 ミニ5drのコーティングの施工でご入庫いただきました。

DSC08912.JPG

新古車って何でしょうね?定義がよくわかりませんが・・・
我々ディティーリングをする側からすると・・・オーナーの手にわたってない経年車
このケースは、登録は昨年の7月ですからオーナー様が所有されるまでは8ケ月とちょっと
つまりそれまでは人の手によって維持されてると・・・

さあそれでは見てみましょうか!!

DSC08913.JPG

意外と鉄粉付いてます・・・・

ピアノブラックのピラーは
ミニピラーシミ前190412.JPG

傷とシミが・・・・と言うことは

そしてモールなどのメタル部分は・・・・・
ミニモールシミ前190412.JPG

シミ・・・シミ・・・シミ・・・

ミニメッキシミ前190412.JPG

ゴム部分も、樹脂部分も

ミニゴムシミ前190412.JPG

シミシミシミシミ・・・・

窓ガラスも・・・
ミニガラスシミ前190412.JPG

シミだらけ・・・・

ボディーももちろん
ミニボディーシミ前190412.JPG

シミ!付いてます!!
ってせっかく新車気分で購入したお車ですからね・・・きっちりリセットしてコーティングしますよ!!

ミニピラーシミ後190412.JPG

ミニモールシミ後190412.JPG

ミニメッキシミ後190412.JPG

ミニゴムシミ後190412.JPG

ミニガラスシミ後190412.JPG

ミニボデイーシミ後190412.JPG

リセット出来たところでコーティングを!!

DSC08938.JPG

DSC08939.JPG

DSC08940.JPG

DSC08941.JPG

これからは思う存分お手入れを楽しんでくださいませ!!

DSC08945.JPG

DSC08944.JPG

DSC08943.JPG

DSC08942.JPG

車は汚れてて当たり前、その汚れをどこまでリセットするのか!
車は汚れてしまいます、それをどのレベルで維持するのか・・・・
困ったときはいつでもご相談くださいませ!!

2019年04月01日

洗車を楽しくするために!

●2018/3 メルセデスベンツC200 ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤ、テクニカルディテールLevelC)、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート

お車をお乗り換えで2度目(2台目)のコーティングをご依頼いただきました!!
前のお車でコーティング施工後の洗車が楽しくて・・・今度も当店のコーティングをご用命いただきありがとうございます。

DSC08776.JPG

お車はベンツでは珍しいかな?鮮やかなブルーカラーでかっこいいですね!!
新車からまだ1年しか経ってないですが・・・徹底的に綺麗にしますね、お選びいただいたコーティングは今回は前のお車からステップアップしてさらに撥水力が強力なプラスダイヤを施工させて頂くことに、
オプションは窓ガラスとアルミホイールもコーティングさせて頂くことに!!

窓ガラスはこんな感じです・・・
ベンツガラス前190329.JPG

どうやら前オーナーさんはお手入れが行き届いてなかったようですね・・・・

ベンツガラス後190329.JPG

綺麗にリセット!

ベンツフロントカウル前190329.JPG

フロントカウルはエンジンルーム側まで・・・つながっています。もちろん全部シミ汚れを落としてコーティングしています。ワイパーアームもコーティングしてます!!

ベンツフロントカウル後190329.JPG

グリルも・・・
DSC08790.JPG

左がシミが付いて白ぼけた状態、右側半分だけクリーニング&コーティングした状態です。

ボディーパネルはこんな状態でした・・・
ベンツシミ前190331.JPG

取れないシミが少々ついてましたが・・・・

復活!!
ベンツシミ後190331.JPG

ホイールもリセット&コーティング!!
DSC08811.JPG

DSC08809.JPG

DSC08810.JPG

DSC08813.JPG

DSC08812.JPG

DSC08816.JPG

DSC08814.JPG

DSC08815.JPG

DSC08818.JPG

これで洗車がまた楽しくできますね!

DSC08819.JPG

2019年03月18日

ソリッドカラー

●2019/2 VWポロGTI ボディーコーティング(テクニカルグラスコートUlevelA)ウインドウコーティング、ホイールコーティング

2台目のお車も当店でコーティング施工させて頂きました!!
誠にありがとうございます。

お車はポロGTIの新車です!カラーはソリッドのホワイト!!
国産車と言えばソリッドのホワイトは今では商用車くらい?ほとんどパールカラーになってますね!!
ヨーロッパ車の多くは今でもソリッドのホワイトカラーは健在ですね・・・・なぜでしょうか?

パールやメタリックなど混ぜ物が入っている色は多少汚れても洗車傷が多少増えても意外と目立たなくカモフラージュしてくれますしそれそのものがキラキラしますから綺麗に見えますよね・・・
それに対してソリッドカラーは混ぜ物が入ってないので常にきれいにしていないと汚れも傷も目立ってしまいますよね!!でも綺麗にしていればやはり色そのものの美しさがストレートに感じることができますよね!!

個人的な意見ですが・・・美しい色がたどり着くところはやはりソリッドカラーかなと思います!!
シンプルな美しさに魅了されるのね!!

ポロ前190317.JPG

新車ですがわずかにシミが付着しています・・・コーティングはコーティングする前に下地を作る必要があります。
下地を作るとは汚れ異物はきっちり落とし納車までに付いた洗車傷もわずかですがきっちり磨く、当店ではその工程の次グレイジングコートで艶を最大限引き出しコーティングを塗布します。

ポロ後190317.JPG

そして塗装部分も樹脂部分もすべてコーテイングいたします。
コーティングはテクニカルグラスコートUです。
オプションのリクエストで窓ガラス、アルミホイールも専用のコーティングをさせて頂きました。

ポログリル190317.JPG

DSC08692.JPG

DSC08690.JPG

DSC08694.JPG

DSC08691.JPG

2019年03月11日

いつもありがとうございます

●2019/2 VWシャラン ボディーコーティング(テクニカルグラスコートULevelA)、ホイールコーティング

いつもありがとうございます。
オーナー様のご家族のお車を含めてこれで何台目でしょうか?全部おまかせ頂いています!!

ご依頼頂いたボディーコーティングは社用車ですね!新車に御乗換えのシャランです。

それでは早速洗車から・・・・

DSC08659.JPG

新車のダメージをチェックすると・・・少しですが鉄粉が付着してました(紫色の点々がそうです)
磨きは行いますがその前に溶かして落します。他にも納車までには雨染みなどが付着してましね!!

そして最近流行のピアノブラックの樹脂・・・ピラー部分です。
シャラン前190309.JPG

・・・・んんんここはデリケートです。国産車を含めこの素材は新車でも洗車傷が付いてますね!!
ここもコーティングしますので磨いて綺麗にします。

シャラン後190309.JPG

ボディー以外はホイールも表裏共に専用コーテイングを施工させて頂きました。

DSC08665.JPG

DSC08662.JPG

DSC08664.JPG

DSC08666.JPG

お手入れ好きなオーナー様で、コーティングをベースにオーナー様自身でオーバーコートを定期的に行いながらお手入れされているとの事ですので
ベースコートに最適なテクニカルグラスコートグラスコートUをお選びいただきました。

DSC08663.JPG

2019年03月02日

新車も下地は大事でしょ

●H31/2 C-HR ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTLevelA)

ご紹介で当店をお勧め頂いたお車はC-HR・・・・新車ですよ!!

新車のコーティングとは・・・・?
これから綺麗さを維持するためのベースのコーティングとなるわけですが・・・・新車が納車されるまでには少しばかりダメージが付いてしまう他、塗装のくすみが多少あります。
新車のままをコーティングされる方はテクニカルディテール(下地)Level@で良いでしょう・・・価格的には一番安価です!!
それに対し新車時の一番輝く状態に仕上げるにはテクニカルディテールLevelAがお勧めです!!
ファーストポリッシュ作業で新車時の少し曇った塗装面を透明感ある艶に仕上げます。
Level@が良いかLevelAが良いかのオーナー様のご希望に沿って仕上げます!!

今回はファーストポリッシュを行うLevelAという事で・・・・
では新車の状態を見て見ましょう!

ルーフは茶メタのカラーですが若干雨ジミのダメージが見受けられます。
C-HRルーフ前190302.JPG

テクニカルディテールLevel@でもAでもこの様な雨染みを除去します!!

C-HRルーフ後190302.JPG

樹脂部分も・・・・
C-HR樹脂前190302.JPG

普通の洗車だけだと落ちないシミが出来てますがご心配なく

C-HR樹脂後190302.JPG

シミを落して樹脂部分すべてにコーティングいたします。

そして塗装のくもりは・・・・
C-HR磨き前190302.JPG

トヨタ車は塗装の品質も良く塗装のくもりは僅かですね・・・・・
それでもテクニカルディテールLevelAで行うファーストポリッシュを行う事でちょうどすりガラス越しに見る塗装面が透明感を取り戻したガラス越しに見える艶へと生まれ変わります!!

C-HR磨き後190302.JPG

下地を適切に行えばその後塗布するコーティング剤も最大限の効果を発揮するという事ですよ!!

DSC08589.JPG

DSC08591.JPG

コーティングする事のみが重要と考えるのではなくどのレベルで綺麗にするのか、綺麗にしたならコーティングで出来るだけダメージを最小限にしたいが正しいと思いますよ!!
そしてコーティング後はこれをベースにオーナー様自身のケアーも大切です!!

因みにオーナー様は女子!旦那さんもそうですが周りには車綺麗好き男子がいらっしゃるようなので安心ですね?

DSC08590.JPG

2019年02月26日

2回目のコーティング

●H27/6 インプレッサスポーツ ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelB)

新車の時に当店でコーティングして頂いて何度かメンテナンスも御依頼頂きながらこれまで美観を維持されてきたお車です。
お車は綺麗に維持されていますよね!!

DSC08543.JPG

これは今回ご入庫時の状態ですよ・・・いい感じでしょ!!
それを今回今までのコーティングから少しバージョンアップしたコーティングを再施工致します。

一番傷んでいるボンネットはこんな感じです。
DSC08544.JPG

スバルの塗装は柔らかいので黒い色だとどうしても洗車傷、雨ジミが目立ってきてますよね!
それでも日頃のケアー&メンテナンスが行き届いてますのでしっかり塗装は守れていますし、汚れの付着も僅かです。

・・・・一通り全体のテクニカルディテール(下地処理)をLevelBで整え、今回はグラスコートTプラスダイヤコーティングで仕上げました。

DSC08546.JPG

プラスダイヤは超撥水でボディーの水滴が滑り落ちます。

DSC08548.JPG

DSC08547.JPG

これでまた新車気分で洗車を楽しんで下さいませ!!

DSC08549.JPG

2019年02月02日

新車のコーティング

●H31/1フィットハイブリッド ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤ)

4年前?にもコーティングを施行頂いたオーナー様、この度新車に御乗換えという事でまたまたコーティングのご依頼です。ありがとうございます!!
お車はパールホワイトカラーのフィットハイブリッド・・・・では作業開始です!!

新車ですがいきなりコーティングとはいきませんよ先ずはテクニカルディテールでコーティング前の下地作りからです。作業LevelはAですので軽くポリッシュ、そして艶出しのグレイジングコートで輝かせます。

先ずは洗車から・・・・なるほど・・・

【テクニカルディテールLevelA】
DSC08421.JPG

少〜しですが鉄粉が乗ってます・・・まあこれくらいは良くある事です。新車でもね!
がこの鉄粉除去をおこたると・・・もしそのまま磨くと逆に塗装にダメージを与えかねません
なのでしっかり落としてやりましょう!!

テクニカルウオッシュで汚れが落ちたならばいよいよポリッシュです。

フィット前190202.JPG

と言っても新車、闇雲に深く磨くのはNGです。
軽〜く優しくファーストポリッシュすることで

フィット後190202.JPG

変わるよね!!これぞ新車の特権・・・新車なのに新車以上!!!

もっと拡大して見て見ましょう
フィット磨き前190202.JPG

これが・・・こうなるんですねテクニカルデイテールLevelAでは

フィット磨き後190202.JPG

【コーティング】
コーティングはグラスコートTプラスダイヤ・・・当店一番に気です!!
超撥水と言ってもワックスの撥水とはちょっと違います。
水滴がパネルに残らない滑り落ちる感じの撥水ですので結果的に汚れにくいと!!これは私も検証実験しましたので本当に素晴らしい因みにトップコートに塗るダイヤモンドコートはイメージではなくて本物のダイヤモンドが4ナノサイズで散りばめられちょうどハスの葉の様にトゲになって滑り落ちるんですね!!!
と言っても触ってもわからないもちろん見てもわからないのでご安心を

またコーティングは樹脂部分、レンズ、ワイパーアーム、ナンバープレートなど外装パーツは窓ガラスを除いて全て標準で専用コーティングしています。

DSC08434.JPG

見えない所でひと手間かけてるんです・・・価格以上に良い仕事してるつもりです(笑

さあ完成です。

DSC08436.JPG

DSC08435.JPG

DSC08433.JPG

DSC08437.JPG

最後に一言・・・新車にコーティングをする必要があるのか・・・て言うか車にコーティングが必要か?

んんんん?これは私の意見ですよ・・・必要か必要でないかではなくて先ずご自身の車をどのように維持するのかその上で何を使って或いは何を利用してケアーするのか?
例えば洗車機で定期的にケアーするのがベストであればそれでよいでしょう撥水加工などもありますからね!
ガソリンスタンドで手洗い洗車&撥水加工でも良いでしょう
当然自前で洗車&評判のよさげなコーティングも良いでしょう。
プロが行うコーティングも低価格なものを数か月おき或いは1年おきに施工して頂くのも良いでしょう
ただ・・・もっと綺麗に維持したいとなるとその施工手順方法そして使用するコーティング剤が必要になります。もちろん知識テクニックそして作業できる環境があればご自身で行う事も出来ます。
知識も技術もレベルの高い職人に任せたいとなると・・・・当店かな・・・うそうそよそでもきっと腕の良い人はいますが・・・

ただここで忘れてはいけないのは綺麗を維持する中で自分にとって最高のコーティングを施工してもらったならば・・・それで安心をしてはいけません・・・車の綺麗さを維持するうえで日頃のケアーは大切です。
日頃のケアーがある中でコーティングがその綺麗さをさらに高い次元でキープしてくれてる。
そう考えてコーティング選びもお店選びもしていただければと思います。
いざとなったら施工して頂いたお店を大いに頼ることをお勧めいたしますよ!!!

様はコーティングが必要かどうかはオーナー様自身が決めればよいのです。

2018年12月23日

隅から隅までリフレッシュ

●H24/7 メルセデスベンツC250クーペ テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelC、メタルモールポリッシュ&コート、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート

約2年前かな・・・デントリペアの施工をさせた頂いたオーナー様から今回リフレッシュ&コーティングのご依頼を頂きました。

窓ガラスはウロコが蓄積、黒い樹脂部分は艶を失いスケール&傷が目立ちます。
Cクーペルーフ前181222.JPG

アルミ製のモールは白い染みで美観を損ね・・・モールとパネルの隙間は汚れが蓄積
Cクーペモール前181222.JPG

塗装パネルの面は比較的綺麗さをキープされていますが隙間隙間は6年分の汚れがビッシリ
Cクーペ隙間前181222.JPG

トランクなど扉の裏は・・・・
Cクーペトランク前181222.JPG

これらを全てリフレッシュ
Cクーペルーフ後181222.JPG

Cクーペモール後181222.JPG

Cクーペ隙間後181222.JPG

Cクーペトランク後181222.JPG

素材ごとにクリーニング&ポリッシュにて隅々までリフレッシュいたします。

ドアノブ周り、ドアステップ周りは傷除けの保護シートが張ってありましたが周りの汚れが残る為

Cクーペドアハンドル前181222.JPG

今回すべて剥してクリーニング・・・そもそもお車を大切に扱うのであれば保護シートは必要なしという事ですね

Cクーペドアハンドル後181222.JPG

必要であればまた貼ればいいのでね!!

でなぜか艶が無くなっているフロントバンパーの一部分
Cクーペ傷前181222.JPG

詳しくはお聞きしませんでしたが・・・擦った感じで艶消し状態ですね。

Cクーペ傷後181222.JPG

傷は深追いせず艶感が正常に戻ったところで良しとしましょう!!

クリーニングはこんなパーツも
Cクーペナンバー前181222.JPG

日頃ナンバープレートは個人情報ですのでいつも写真では隠していますのでわからないでしょうが
ここもボディーコーティング作業の中でも重要な部分です、白と緑の色を落とすことなく汚れを一掃し
コーティングしています。

Cクーペナンバー後181222.JPG

そしてこんな部品もね
Cクーペワイパー前181222.JPG

艶消しのワイパーアームは雨染みで汚れてますよね、その下のカウルは艶消しの樹脂・・・ここも白ボケてますよね

Cクーペワイパー後181222.JPG

クリーニングとコーティングで新品同様になりました。もちろんボディーコーティングの標準作業です。

これクリーニング後の樹脂用コーティングをしたものと元の劣化した状態の比較です。
Cクーペ樹脂比較181222.JPG

左が未施工右が施行後です。

塗装部分はピンホール状のシミ痕が・・・目立ちはしないのですが劣化がやや進行しています。
Cクーペボンネット前181222.JPG

テクニカルウオッシュ⇒キッチリテクニカルポリッシュ⇒テクニカルグレイジング⇒を経てグラスコートTプラスダイヤをコーティング

Cクーペボンネット後181222.JPG

DSC08136.JPG

ホイールも専用コートを

DSC08135.JPG

グリルもコーティング

ボディー全部をフルリフレッシュ&コーティング
DSC08139.JPG

新車気分・・・いやそれ以上の状態をお楽しみくださいませ!!

Cクーペ入庫後181222.JPG

2018年12月11日

4年後の再施工

●H18/11 BMW M5 テクニカルグラスコートUプラスダイヤLevelB、ホイールクリーニング&コート

当店で4年前にコーティングさせて頂いたH18年式のM5です。

M5入庫181209.JPG

まだまだ綺麗ですね!!・・・でも4年も経ったから再施工をと・・・

ボディーの塗装面は・・・
M5ボンネット前181209.JPG

僅かにシミと洗車傷が・・・と言ってもまだまだ綺麗

拡大して見ると
M5拡大シミ前181209.JPG

正直普通に見ても綺麗です・・・でも一番綺麗な姿を見ているオーナー様からしてみると少し痛んでるのが分かるのですね・・・ほぼほぼこれならダメージはコーティングの部分でとどまっていますのでこれまでのケアー&メンテナンスは非常に高いレベルで出来ていたという事です!!

ここは・・・ダメージが少し目立ってますね
M5ピラー前181209.JPG

ピラーの部分です、窓の周りのモールもですがこの様にシミが浸食しています。
実はこのパーツ普通の車は大抵樹脂なのですが、M5は黒アルマイト処理されたアルミ素材です。
なのでこの様にシミが浸食した場合は専用の磨き剤で磨く必要があります。

ホイールは・・・前回コーティングはしていません・・・洗車で落ち切らない汚れで悩まされていると
M5ホイール前181209.JPG

ボディー、ピラー、ホイール・・・すべてリフレッシュして再コーティングさせて頂きました。
M5ボンネット後181209.JPG

M5拡大シミ後181209.JPG

M5ピラー後181209.JPG

M5ホイール後181209.JPG

ボディーの方のコーティングは今回は前回のテクニカルグラスコートUからバージョンアップをという事で
テクニカルグラスコートUプラスダイヤを施工させて頂きました。

DSC07968.JPG

DSC07969.JPG

DSC07970.JPG

DSC07971.JPG

DSC07972.JPG

DSC07973.JPG

DSC07977.JPG

DSC07976.JPG

DSC07980.JPG

DSC07981.JPG

DSC07984.JPG

DSC07978.JPG

M5入庫後181209.JPG

オーナー様はM5も含めこれまで3台のお車のコーティングを施工させて頂いてます。
またコーティング以外もデントリペア、タッチアップ、鈑金塗装等トータルでメンテナンスまでご利用頂いてます・・・・いつもご利用頂き有難うございます。
それにしても12年経過しているお車とは思えない状態の良さですね!!

2018年11月23日

テクニカルディテール

●H29/12 クラブマン テクニカルグラスコートULevelB+パーツ脱着

車を買った・・・コーティングしよう・・・高い、安い、綺麗、そうでもない?
一体コーティングって何が違うの?何を選べばいいの?何処で施工するのがいいの?

普通車でコーティングと名乗るその作業は価格は15,000円から高いものは200,000円以上まであります。
洗車ついでに撥水加工もコーティング・・・磨き上げて何回も重ね塗りするのもコーティング
価格の差の目安は施工工程に掛かる時間と使用するコート剤及びケミカル剤の費用で決まります。
手際よく短時間で綺麗に仕上がるお店が価格を安く提案してるのが嬉しいですが・・・そこはあまり期待しない方が良いと思いますよ!!

コーティングとは・・・もっと簡単に考えましょうか!
そもそも車を綺麗にして次回から汚れにくくするのがコーティング!!
ですので汚れたら洗車しますよね・・・傷が気になったら磨くと少し傷が目立たなくなりますよね
満足いくレベルまで塗装が綺麗になったら性能が高そうなコーティングを塗り込んで丁寧に拭き取る
・・・・・そうです誰でもやろうと思えばできますよね。
ただね美観にこだわると下地の作業は大変だと思いませんか?って言うかここを気にするか気にしないかで
仕上りが変わるんですね・・・それとせっかく綺麗にしたお車を環境の整ってない場所でコーティングを塗り込むと・・せっかく磨き上げた綺麗な塗装に傷が入ったりムラが出来たり・・・なので施工環境もテクニックも大事ですよ!!
そんなことを思いながらご自分に合ったコーティングそしてお店を見つけて下さいね!!

前置きが長かったですが・・・クラブマンの納車後・・・コーティングのやり直しです(笑

DSC07846.JPG

エンブレムもワイパーノズルもモールも一旦取外し・・・モールはオーナーさん自身でサクサクっと外されましたよ!!

で問題のコーティングの仕上がりは・・・・・・・・・
クラブマンB施工前181123.JPG

コーティングが問題ではなく下地作業が不完全なんですねこれ・・・

クラブマンピラー施工前181123.JPG

ここはピラー部分で樹脂ですが・・・手つかずですね

お車はディーラーの試乗車だったらしいです・・・コーティングして納車?だったらしいです。
オーナー様は当店で乗換前のお車をコーティングさせて頂いてますので悩んだ挙句当店で再施工となりました!!

当店のコーティングの前処理は『テクニカルディテール』を徹底して行います。
テクニカルディテールとはケミカル剤とテクニックを駆使して徹底的に細部の汚れまで落とし塗装本来の艶を磨き過ぎず磨き残し無いように最適な輝きを引き出します。
一パネル毎に注意深く作業を進めると違いは歴然・・・もちろんここを求めなければこのままでも十分綺麗だと思いますが・・・・
ただ納車後の仕上がりに満足いく作業内容で無かったのでね・・・・・

綺麗になりましたね!!
クラブマンB施工後181123.JPG

クラブマンピラー施工後181123.JPG

如何ですか?

DSC07864.JPG

DSC07865.JPG

DSC07863.JPG

DSC07866.JPG

DSC07868.JPG

DSC07869.JPG

DSC07871.JPG

DSC07870.JPG

当店の作業内容を実際見ていただければ費用は割安だと思いますよ・・・ただ簡易的な施工はしてませんので
高く見られがちですけど(笑・・・・そしてご依頼されるお客様も濃い内容ばかりですし・・・

2018年11月11日

996ポルシェのコーティング

●H15/10 ポルシェ911ターボ テクニカルグラスコートUプラスダイヤLevelC

前回デントリペア施工からの・・・コーティングの御予約でした・・・
何処でコーティングしようか考えていたところ当店でもコーティングしてるのって感じです(笑

DSC07719.JPG

リアウイングは一旦外して作業しました!!
DSC07732.JPG

こんな所の汚れも磨きも行いたいですからね。
ポルシェスケール前181110.JPG

リフレッシュ後
ポルシェスケール後181110.JPG

ブルーカラーはソリッドに見えますが、わずかにメタリックが入っています。
ポルシェ大サイド前181110.JPG

磨いて気が付きました(汗
ポルシェ大サイド後181110.JPG

ポルシェボンネット前181110.JPG

ご期待に応えられるよう美しさを磨きで引き出します。
ポルシェボンネット後181110.JPG

コーティングはテクニカルグラスコートUプラスダイヤ

完成です!!
DSC07750.JPG

DSC07754.JPG

DSC07755.JPG

DSC07749.JPG

DSC07756.JPG

DSC07757.JPG

DSC07760.JPG

DSC07761.JPG

DSC07759.JPG

いや〜美しい、かっこいい!!
今後も美しさをキープする為ご利用くださいませ!!

DSC07758.JPG

2018年10月22日

コーティングをするわけ

●H30/9 BMW X3 テクニカルグラスコートUプラスダイヤLevelA、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールコーティング、アルミモール・ルーフレール専用コート

当店でコーティングをご用命いただく方の半数は最初はデントリペアをご利用されてからって言う方が半数程度でしょうか、他はデントリペアとコーティングを一緒にとかですね・・・
今となっては車を買い替えたとか、買い足したとか・・・で新車も増えて来ていますね!!
そしてご紹介でっていうケースも・・・

X3のオーナー様は今回が2台目のご依頼です。ありがとうございます。

DSC07522.JPG

コーティングはボディーもガラスもアルミパーツもホイールもまるごと全部!!

DSC07513.JPG

コーティングにも性能の差はあります。
それ以上に作業手順も重要です。もちろんその作業の内容も重要です。

DSC07526.JPG

コーティングのメリットは洗車が楽になる楽しくなる!!だから綺麗が維持しやすいのですよ!!

DSC07524.JPG

コーティング後は正しいケアー(洗車)とダメージの気付きが重要です!!

DSC07527.JPG

ご自身で手に負えなくなったら施工店に相談するのが一番です!!

DSC07523.JPG

車を綺麗に維持するための一つの手段がコーティングなのですがうまく活用いただければと思います。

DSC07525.JPG

2018年10月15日

奥さんの新しい愛車を

●ジムニー シエラ テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelA、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールコーティング

当店の常連さんから・・・・ジムニーシエラ買ったんだけどコーティングお願いしま〜す。
と・・・えっ誰の?・・・奥さんの・・・・あららマニアックですね!!
今話題のジムニー、シエラは現在1年半?待ちだとか・・・
購入されたディーラーさんで第一号だそうです。

と言う事で当店でのコーティングは3台目になります。大変ありがたく感謝!!

DSC07493.JPG

樹脂部分までしっかりコーティングしてます。

DSC07492.JPG

DSC07491.JPG

DSC07490.JPG

DSC07489.JPG

なんか良いねこの車、小細工なしのこの形・・・コーティングをした後こんなこと言うと怒られそうですが
ぼろぼろにして乗るのもかっこいいかも(笑

DSC07486.JPG

2018年10月12日

デカい黒い新車

●H30/7 アルファード テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelA、ウインドウポリッユ&コート、ホイールコーティング

当店でのボディーコーティングはこれで4台目?でしたっけ・・・毎度ありがとうございます。
当店はボディーコーティングをそんなに多くの台数はこなしていませんがこうして何台もお願いされるオーナー様が他にも沢山いらっしゃいます。感謝、感謝、感謝です。
で今回は・・・国産車では一番面積が広い、デカいアルファードしかもアルファードの一番人気の・・・ソリッドのブラック、はいはい・・・202ね!!そういえば連続でアルファードのブラックがブログで紹介してますよね(笑
新車なのでコーティングは楽でしょう・・・・とんでもないです。

新車ですよ・・・・・
アルファードB施工前181012.JPG

如何よこれ・・・・新車?・・・・はいそうです!!
これソリッドのブラックなのでこんな感じでダメージは写り込みますが・・・これがメタリックが少しでも入っていると意外とわからない。
ライトを当てない普通の環境だとおそらく気にならないレベルです。(目の肥えた方は別ですが)

側面も・・・水滴跡が・・・・もう簡単に取れないレベルですよ
アルファードドア施工前181012.JPG

でもこれも普通の環境だと気が付かないレベルですよ!!

まあこんな感じっで新車の202ブラックは見える見えるダメージ丸見え・・でこれをリセットするのが実は大変
つまり下地作りが大変、しかもデカいでしょ・・・・
まあでもデカいからとか黒いからとか口では言いたい放題ですが
どんな条件でも私に出来る事は一生懸命頑張らせて頂きました!!

アルファードドア施工後181012.JPG

新車なので綺麗なのは当たり前⇒これユーザーさんは当然こう思うでしょう、でもご覧の様にダメージが見えましたよね・・・このお車が特別ではないんですね黒だからこうして写真でもはっきりわかるだけでどんなカラーも少なからず新車でもダメージがあるんですね
このギャップがユーザーさんが感じた時にクレームになるんですが、特にソリッドのブラックはその確率が高くなると!!

アルファードB施工後181012.JPG

綺麗になったかな?
結局磨いて綺麗な下地を作るのですが新車ですのであんまり磨きたくないでも磨かないとダメージが消せない
・・・行き着くところはきりのない世界・・・なぜかって磨きは細かい傷の置き換えですから

DSC07482.JPG

DSC07480.JPG

DSC07481.JPG

は〜い出来上がり、コーティングでお手入れは楽々・・・下地にこだわりコーティングしていますのでもちろん綺麗ですが、この後もお手入れメンテナンスでダメージは出来れば少なめでありたいですよね。
車の綺麗さの始まりです。・・・・まああまり神経質になりすぎるのも良くないのでまた綺麗にしたいと思ったらメンテナンスしましょう。

DSC07479.JPG

2018年09月15日

10年目のリフレッシュ

●H20/1 エリシオン デントリペア、タッチアップ、ヘッドライトハードコートリペア、テクニカルグラスコートTLevelB

エリシオン入庫180915.JPG

新車から10年維持してこられているエリシオンです!!
如何ですか・・・綺麗でしょ!
10年経過した車ですがコーティングをしたい・・・なんて言われると結構傷んでるかな〜と勝手な想像をしてしまいますが車をお見せ頂くと綺麗に維持されている事にびっくりです。

それでもやはり気になるダメージがという事で窓ガラスホイールを除いて当店で出来るリフレッシュメニューを施工させて頂くことに・・・・

ヘコミの方は・・・スライドドアガラスの上の部分が・・・
エリシオンヘコミ前180915.JPG

ここはツールアクセスできない部分なのでプーリング(引っ張り)で元に戻します。
エリシオンへこみ後180915.JPG

因みにデントリペアはコーティングと同時施行で通常の半額です!!
ヘコミはこの一ヶ所です。10年も経過すればヘコミももっとあるのですが優秀ですね!!

塗装の傷、欠けは・・・
エリシオンタッチアップ前180915.JPG

塗装は大げさなので・・・・タッチアップで目立たなくさせて頂きます・・・これはサービスで!!
他にも下周りを中心にひっかき傷がありましたのでサービスで・・・・
エリシオンタッチアップ後180915.JPG

ヘッドライトは少し曇が・・・これは仕方ないですね・・・
エリシオンヘッド前190918.JPG

ドリームコートでハードコートを一新・・・・ピカピカの新品感覚です。

エリシオンヘッド後180915.JPG

エリシオンドリームコート後180915.JPG


ボディーの方は・・・ダメージはほとんど目立たないのですが・・・よ〜く見ると
エリシオン傷前180915.JPG

まあこのレベルのダメージです・・・・シルバーだと目立たないのですが、黒だと気になるかな的な感じです。

エリシオン傷後180915.JPG

綺麗にリセット

良く目立つ傷は・・・
エリシオンピラー前180915.JPG

ピラーの樹脂部分・・・・ここは傷つきやすい、或いは少しでも傷つくと目立つ部分ですね
エリシオンピラー後180915.JPG

丁寧にケアーされているのでそれほど深い傷もなく綺麗にリセットされました!!

仕上げのコーティングは、「テクニカルグラスコートU」を、日頃からご自身でメンテナンスされるにはお勧めのコーティングです。

DSC07321.JPG

DSC07322.JPG

DSC07320.JPG

DSC07323.JPG

DSC07324.JPG

御引き渡しの本日は雨でしたが・・・10年間綺麗に維持されているオーナー様ですのである意味安心
それにしてもここ当分雨続きで・・・・何時になったら秋らしい感じになるのでしょうか?

2018年08月22日

新車も磨く

●H30/3 スバルXV テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelA、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート

はいはい、またまた新車のコーティングです。
当店ではこれで3台目?の施工を御依頼となりました誠にありがとうございます。
で今回は新車ですね・・・・と言っても5カ月が経過してるのかな・・・

XV入庫180822.JPG

ボディーの状態は・・・・
XVシミ鉄粉前180822.JPG

シミが少々・・・鉄粉が・・・結構付いてますね・・・黒い点々がそうです。
ひょっとすると納車前から付いてるのかな?ボディー全体に付いていたにもかかわらずナンバープレートへの鉄粉付着はありませんでしたので(汗
まあ想定無いですよ・・・。

XVシミ鉄粉後180822.JPG

新車でもLevelAの作業は経年車同様、洗車から始まりスケール(シミ)除去、鉄粉除去そして新車時に行うファーストポリッシュ&テクニカルグレイジングで最高の艶に仕上げコーティングいたします。

窓ガラスは新車は洗車後拭いてもこんな感じです・・・・
DSC07149.JPG

ですのでオプションの窓ガラスもコーティングをそしてホイールまで御依頼頂きました!!

DSC07172.JPG

DSC07171.JPGDSC07171.JPG

DSC07169.JPG

DSC07168.JPG

で御引き渡し後・・・・次のお車のコーティングを御予約・・・・増車?新車です・・・汗!!
因みにXVは奥様がお乗りになられるとか・・・毎度ありがとうございま〜す。

2018年08月09日

車を愛してる

●H17/8 コペン テクニカルグラスコートUプラスダイヤLevelB、ヘッドライトハードコートリペアドリームコート、タッチアップ

本日御入庫と同時に御引き渡しを

DSC07119.JPG

御入庫頂いたのは新車のVW UP GTI 

で御引き渡しは・・・・・

DSC07108.JPG

コーティングを終えたダイハツコペンです。

両方同じオーナー様の愛車です。
そうコペンからUPに御乗換えです・・・・えっ?なぜ手放すコペンを?

コペンは今回当店で3回目のコーティング再施工です!!いつもありがとうございます。
で手放すコペンも次のオーナー様に気持ちよく乗って頂くためにと最後の最後まで愛情をこめてと・・・

DSC07105.JPG

ヘッドライトも少し傷みがあったので完全リフレッシュ・・・ハードコートを全て削り落として

DSC07113.JPG

新採用のドリームコートを施工致しました!!

DSC07104.JPG

ご覧の様に艶も撥水性も日頃のケアー&メンテナンスの方もオーナー様がしっかりお手入れされていますので十分綺麗なんですよ!!

まあでも・・・・
DSC07106.JPG

お嫁に出す前の晴れ姿を・・・って感じですかね!
当店で出来る事を惜しみなくそして私も愛情をこめてとびっきりの美しさに仕上げさせて頂きました。

DSC07112.JPG

傷部分はタッチアップまで
DSC07109.JPG

補修で出来るだけ目立たないようにね!
DSC07111.JPG

DSC07115.JPG

DSC07116.JPG

DSC07117.JPG

DSC07114.JPG

DSC07118.JPG

コペンは岡山県に旅立たれるそうです・・・・元気でね!!

DSC07107.JPG

さあ明日からは新しい相棒となるUPに魂込めてコーティングしますね!!お楽しみに!!

2018年07月27日

新車でも

●メルセデスベンツG350d テクニカルグラスコートUプラスダイヤ、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート

当店で2台目となるコーティングのご依頼を頂きました。お車は新車のG350dです!
因みに県外のオーナー様です。ありがとうございます!!

納車されて少しお待たせしましたが、さてお車の状態はと言うと・・・・新車でも

DSC06914.JPG

雨ジミ少々・・・スケールリムーバーで除去します。

DSC06991.JPG

DSC06912.JPG

鉄粉付着少々・・・これは除去剤と専用クロスで除去します。

これはオーバーグリス・・・
DSC06915.JPG

他にもこの様な防錆グリスがドアヒンジ周り、ドアの水抜き穴あたりに流れて付着していますので綺麗に除去します。

DSC06989.JPG

下地処理はキッチリ新車にファーストポリッシュ(LevelA)で純白の白さを最大限引き出します。
ただ磨きは・・・結構手間が掛かりますね色々ゴム類が沢山付いていますし出っ張りも多いし(笑

DSC06998.JPG

ボディーはサイドステップもリアタイヤのカバーも全部コーティング「グラスコートUプラスダイヤ」で
ボディー以外もホイール、窓ガラスもこれでタイヤ以外すべてコーティング

DSC06993.JPG

DSC06997.JPG

DSC06994.JPG

DSC06992.JPG

これで夏も冬も春も秋も山へ海へ川に・・・・次回のメンテナンスが怖いな〜と感じる今日この頃(笑