2017年08月05日

黒い宝石

●2014 ベンツSL350 デントリペア、テクニカルグラスコートUプラスダイヤLevelB、メタルモールポリッシュ&コート、ウインドウポリッシュ&コート

2014モデルSL350のブラックボディーのリフレッシュ&コートのご依頼で御入庫頂きました。

DSC04042.JPG

只今コーティング作業は数カ月待ちで大変ご迷惑をおかけしています。
お待ち頂いているオーナー様キッチリ作業させていただきますので今しばらくお待ちくださいませ。
※デントリペア作業はほぼ待ち期間なく対応させて頂いています!!

SL350のオーナー様も1カ月以上お待ち頂きましたが・・・せかされることもなくじっくりやって下さい・・・なんて・・・そう言われると良い意味でプレッシャーが掛かります(汗

御入庫頂いて見つけてしまったヘコミです。
SL350ヘコミ前170805.JPG

気付かれていなかった御様子ですが・・・親切にお教えして・・・リペアさせて頂きました!!

SL350ヘコミ後170805.JPG

モールは・・・
SL350モールシミ前170805.JPG

ボディーコーティングの延長線上で作業できない為別メニューとなり専用の磨き&コートとなります。
シミが付きやすいパーツだけに必修作業です。

SL350モールシミ後170805.JPG

いつも洗車機を使用しているという事でボディーは洗車傷と細部の汚れ、雨染みの乾燥シミがあります。
すごく目立つわけではないですがブラックカラーですのでシビアに見えるのですよね・・・これブラックカラーの宿命ですな!!

SL350B前170805.JPG

SL350G前170805.JPG

SL350傷シミ前170805.JPG

という事で全てテクニカルディテールでリフレッシュ&コート

SL350B後170805.JPG

SL350G後170805.JPG

SL350傷シミ後170805.JPG

可能な限り汚れを落とし可能な限り塗装の傷シミを磨き込み美しい!と思える美観を復活!!
当店が目指すテクニカルディテールとコーティングは1台1台のダメージを見極め余裕をもって完成させますので少しお預かりする期間も長めです。
御入庫までの待ち期間も長い、御入庫してからの作業期間も長め・・・それでもご依頼頂けるオーナー様に感謝です。

DSC04104.JPG

DSC04105.JPG

DSC04106.JPG

DSC04108.JPG

DSC04109.JPG

DSC04107.JPG

DSC04110.JPG

DSC04102.JPG

黒い宝石の様です!!

2017年07月27日

オーロラマーク

●新車CX-5 テクニカルグラスコートUプラスダイヤLevelA、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールコート

岐阜県のオーナー様より新車のCX-5のボディーコーティングで御入庫頂きました。
コーティングはテクニカルグラスコートUプラスダイヤです。HPではご紹介していない裏メニューですが今や8割方このプラスダイヤをお選び頂いています。ありがとうございます。

さて作業を進めましょう・・・・あれ?
洗車して気づきましたが・・・・磨かれています・・・・新車ですが?

CX-5磨き前170727.JPG

写真に撮るのは難しいですが上の写真で判るでしょうか?『オーロラマーク』が・・・・
仕上げの磨きが粗いとそのバフ目が残りオーロラの様に見える現象です。
つまりきちんと磨けてないのですね・・・・
磨いてあるのはボンネットとルーフ・・・新車ですがどの工程で磨くのでしょうか?
ひょっとしたらディーラーで納車前に磨くのでしょうか・・・・不明です?
どちらにしても新車ですのでバフ目はだめですよね!!
と言っても気が付くレベルではないですが・・・・

いずれにせよキッチリ磨き直してコーティングしますのでご安心を!!

CX-5磨き後170727.JPG

バフ目も消え綺麗な赤の輝きがさらに艶やかに光り輝きます!!

コーティングは樹脂部分ナンバープレートなど全て、オプションで窓ガラスとアルミホイールまでコーティング!!

DSC04023.JPG

DSC04024.JPG

CX-5完成170727 .JPG

2017年07月22日

お待たせいたしました。

●2007年ジャガーSタイプ 鈑金塗装、メタルモール・ワイパーアーム新品交換、タッチアップ、テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelC、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート

先月、末からお預かりして鈑金塗装〜リフレッシュ〜コーティングの作業がようやく完成した2007年ジャガーSタイプ!!
オーナー様は当店の信者?もうこれで何台目でしょうか(笑
信頼して頂いているだけにその作業に気合も入ります!!

購入して間もないのですが10年経過しています・・・・納車前にサービスで?コーティングはして頂いているようです。
でも当店で徹底的にリフレッシュしてコーティングし直さないと気が済まないとか・・・・

という事で作業内容を紹介させて頂きますね。

先ずは鈑金塗装です。
ジャガー鈑金前170721.JPG

本来は・・・この鈑金塗装の作業は予定にはありませんでしたが・・・不運にもこうなったのですが
幸運にもこの場所はパテの大盛りだったことが発覚!!なのでキッチリパテを取り除きスッキリ鈑金そして塗装(鈑金塗装はアッソガラージュ齋藤さんにお願いしています)http://www.asso-garage.com/

ジャガー鈑金後170721.JPG

鈑金塗装から戻った後の作業は全て当店で行います!

ジャガーSタッチ前170721.JPG

フロント周りを中心にこの様なチッピングのタッチアップを行います。

ジャガーSタッチ後170721.JPG

このお車の最大の汚点は・・・10年分の汚れの蓄積・・・・特に隙間ね・・・ここをリフレッシュすることで見違えるように美しくなります。

ジャガー隙間前170721.JPG

バンパーとフェンダーの隙間です。

ジャガー隙間後170721.JPG

ジャガー大マーカー前170721.JPG

こんな隙間は・・・・

ジャガーマーカー前170721.JPG

外してお掃除して・・・

ジャガーマーカー後170721.JPG

新品みたいに・・・

ジャガー大マーカー後170721.JPG

リフレッシュされます。

ジャガードアノブ前170721.JPG

ドアノブも気分よく触りたいでしょうから・・・

ジャガードアノブ後170721.JPG

ジャガーエンブレム前170721.JPG

エンブレム周りがこれではジャガーの価値なしですからね・・・

ジャガーエンブレム後170721.JPG

そして樹脂等のダメージはクリーニングとコーティングでここまで回復します。
もちろん細部の汚れはキッチリ落してね!!

ジャガーS窓前170721.JPG

部品は一切交換していません・・・クリーニング&コートにより仕上げています。

ジャガーS窓後170721.JPG

ジャガーグリル前170721.JPG

これもクリーニング&コートで復活!!

ジャガーグリル後170721.JPG

リフレッシュは表だけではありませんよ(作業Level、ご要望にもよります)

ジャガーボンネット裏前170721.JPG

これ運転席から見えるボンネット裏・・・汚れが見えます(笑・・・気になっていたと!

ジャガーボンネット裏後170721.JPG

これで見える景色は新車気分です。

ボンネットを開けて気になるここも
ジャガーライト前170721.JPG

クリーニング・・・そしてここまでコーティングはしておきます!!
ジャガーライト後170721.JPG

見えないところですがお掃除しておきましょう
ジャガー汚れ前170721.JPG

ドロドロですから(笑
ジャガー汚れ後170721.JPG

お車の美観を決定づけるアルミモールは・・・腐食が酷く思い切って新品交換!!
ワイパーアームも塗装が剥げ剥げでしたので新品交換!!
DSC03993.JPG

DSC03999.JPG

ボディーはそもそも納車時にコーティングしていると言ってましたよね!!
ジャガーS磨き前170721.JPG

中古車は通常下取り或いは買取されたときオークションに出す為に小奇麗に磨かれます。
そしてオークションから買った車を次のオーナー様の為に販売店さんは小奇麗に磨き直します。
そして購入されるオーナー様からのリクエストでコーティングしたり、お店のサービスでコーティングされて新しいオーナー様のもとへ!!

それでも満足いかないから当店で磨き直し(笑
ジャガー磨き後170721.JPG

当店で満足いかなかったら・・・・

DSC03994.JPG

DSC03991.JPG

DSC03996.JPG

Y様お待たせいたしました。今後ともよろしくお願いいたします。

2017年07月17日

厳しい目

●2015ポルシェ マカン テクニカルグラスコートUプラスダイヤLevelB、ホイールクリーニング&コート、ウインドウコート

綺麗に維持されているポルシェマカンは浜松からお越しのオーナー様からのコーティングのご依頼です。
・・・普通ならまだ綺麗なので新たなコーティングはまだ先送りにしても良い感じ!!それくらい綺麗に見える状態ですが・・・わずかながら見えるダメージが気になりこのタイミングでコーティングの再施工となりました。

ダメージの例としては・・・
マカンB前170715.JPG

フロントガラス寄りのボンネット部分に目立つ雨染みが・・・!

マカンB後170715.JPG

何せ綺麗で黒なのでわずかな雨染みもはっきり目立ちます・・・・
逆にわずかな雨染みですがキッチリ磨いて消さないとオーナー様の期待に応えたとは言えませんので神経を使いますね(笑

目立つ傷は・・・・リアクオーターの線傷
マカンRF前170715.JPG

完璧に消すにはペーパー掛け処理を行って磨けば消えるかもしれませんが
塗装肌が著しく無くなりかえって全体のバランスが崩れそこだけテカテカニなります。クリアー層が薄くなるのももったいないですから目立たなくなる程度の磨きで処理しました。

マカンRF後170715.JPG

全体的な洗車傷等は
マカンF前170715.JPG

テクニカルポリッシュ&グレイジングコートで最適化

マカンF後171715.JPG

僅かなダメージの状態から最適な状態に仕上げる・・・・実はこれが一番ハードルの高い磨き作業だな〜とつくづく感じましたね。

DSC03918.JPG

同時にアルミホイールと窓ガラスのコーティングもセットで作業完了!!

DSC03919.JPG

DSC03922.JPG

DSC03924.JPG

DSC03927.JPG

DSC03929.JPG

DSC03928.JPG

DSC03923.JPG

DSC03930.JPG

DSC03925.JPG

DSC03921.JPG

御引き渡し後・・・・オーナー様よりお電話が・・・ボンネットに気になる小キズなのかシミなのか・・・
注意深く作業を進め仕上げたつもりですが・・・見落としかもしれません・・・
後日キッチリ対応させて頂きますのでよろしくお願いいたします。

DSC03920.JPG

2017年07月13日

違いにこだわる

●GP5フィット テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelA、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールコーティング

以前もご利用頂いたことのあるオーナー様から新車のコーティングのご依頼です。
納車時にタイミングを合わせての御入庫頂きました!!

フィットB前170713.JPG

新車ですがテクニカルポリッシュ⇒テクニカルグレイジングで磨き⇒艶出しを行い最高の艶を引き出す作業『LevelA』を選択頂きました。
上の写真は入庫時です下の位写真が施工後です・・・

フィットB後170713.JPG

私が撮った写真ではこれが限界・・・・もう少しアップにして見て見ましょう

施工前
フィット前170713.JPG

施行後
フィット後170713.JPG

ちょっとピントがいまいちですが・・・写真中央のライト周りの映り込みが施工後はよりはっきりしていますよね。
実施に見て頂くと劇的に違いが感じられますよ!!

コーティングはウインドウガラス、アルミホイールも施工させて頂きました。

DSC03900.JPG

DSC03897.JPG

DSC03899.JPG

DSC03902.JPG

2017年07月05日

シルバーが輝く

●H23.11アクセラ デントリペア、タッチアップ、テクニカルグラスコートUプラスダイヤ、ウインドウポリッシュ&コート

H23年式のシルバーカラーのアクセラです。お車は1年前にご購入されたとか!

アクセラ入庫170705.JPG

程度も良く綺麗ですがパネルの隙間、ガラスの際、樹脂の劣化・・・そしてちょっとした凹み、目立たないんですがボディー全体の洗車傷、塗装の欠けなどをリペア&テクニカルディテールにてリフレッシュ後コーティングを施工させて頂くことに!!

ヘコミは右リアクオーターにあります。
アクセラヘコミ前170705.JPG

施行はこんな感じでテールレンズ側からツールを入れて
アクセラアクセス170705.JPG

はい完了
アクセラヘコミ後170705.JPG

グリルは・・・
アクセラグリル前170705.JPG

樹脂部分は劣化化が進むと白けてきますが・・・クリーニング後樹脂用ガラスコーティングで引き締まります。

アクセラグリル後170705.JPG

ガラスの際も古さを感じさせる部分ですが
アクセラガラス際前170705.JPG

際のスケールも除去・・・樹脂部分もコーティングで新車の風合い
アクセラガラス際後170705.JPG

ボディーの傷はテクニカルポリッシュで飛び石傷はタッチアップで綺麗に整えた後

アクセラボンネット前170705.JPG

テクニカルグラスコートUプラスダイヤで(HPではご紹介していない裏メニューです)
アクセラボンネット後170705.JPG

これで塗装の保護と汚れを寄せ付けない攻撃的な撥水効果で美観を維持します。
そしてこれからの定期的な洗車は非常に快適に楽しく短時間で楽しめますよ!!

DSC03859.JPG

↑はヘコミをデントリペアで直したクオーターパネルです・・・美しい!!

DSC03860.JPG

いろんな意味で目立たない地味なシルバーカラーですが・・・いやいや美しい!!

DSC03861.JPG

DSC03866.JPG

DSC03864.JPG

DSC03862.JPG

DSC03867.JPG

梅雨真っ只中、本日は快晴・・・・実にタイミングの良い御引き渡しになりました!!

DSC03863.JPG

2017年06月18日

ボディーだけでは終わらない

●レクサスGS350 テクニカルグラスコートTLevelB、タッチアップ

H24年式のレクサスGS350のオーナー様からのボディーコーティングの施工を御依頼頂きました。
小傷もありましたので同時にタッチアップも・・・・5年分のダメージを除去、補修して新たなコーティング、テクニカルグラスコートTを施工させて頂きました!!

特に上面はダメージが蓄積されています。
GS350B前170618.JPG

キッチリ各工程を順序良くこなしコーティングする事で完成度の高い美観を得られます!!
GS350B後170618.JPG

ボディーコーティングは塗装面だけではありません
GS350レンズ前170618.JPG

テールレンズもこの様に洗車傷が増えてなんとなくぼけた感じです・・・
普通はここは磨かないのかな?・・・良くわかりませんが当店は普通に磨きます(磨けます)

GS350レンズ後170618.JPG

磨いた後にコーティング・・・・新車時の艶を取り戻します。

こんな所も美観に大いに影響します。
GS350バイザー前170618.JPG

サンバイザーと金属モールそしてピラー部分の艶ありの樹脂部分
ここも磨いてコーティング
GS350バイザー後170618.JPG

そのほか細かなパーツもすべクリーニング又は磨きでリフレッシュ後コーティングする事でその仕上りの美観は段違いで美しいのです!!

DSC03776.JPG

DSC03772.JPG

DSC03771.JPG

DSC03775.JPG

DSC03773.JPG

DSC03778.JPG

DSC03774.JPG

DSC03777.JPG

コーティングは塗装面は当然ですが樹脂レンズすべてをコーティング・・・ナンバープレートもね!
ボディーコーティングだけに終わらないボディーコーティングです!!

2017年06月10日

新車は新車以上に

●プリウス テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelA、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールコート

新車のボディーコーティングで御入庫は南区のオーナー様、お車は『プリウス』です。

プリウス入庫170610.JPG

前日が納車日だったという事です。
新車は綺麗なのでコーティングはコーティング剤を塗って完成・・・・んなわけないですよ!
ボンネットをよく見ると・・・・

プリウスシミ前170610.JPG

シミが付いていますよね・・・・これくらいは新車でも付いているのが当たり前です。
なのでこのままコーティン剤を塗ると・・・仕上がりがいまいちなのは想像できますよね(笑
因みに写真の状態は綺麗に洗車した後です・・・それでも落ちないシミが付いていたと!

新車でも納車までには少なからずダメージがあるという事ね・・・なのでせっせと下地処理して一番綺麗な状態にしてコーティングするのは当店の当たり前です!!

プリウスシミ後170610.JPG

樹脂部分も・・・
プリウスグリル前170610.JPG

洗車後、或いは水滴が乾いて出来た跡もきちんとクリーニングしてコーティング

プリウスグリル後170610.JPG

当店の標準作業ですよ!!

今回サイドウインドウは撥水加工してありましたがそこも含め全面撥水コートを・・・・そのサイドウインドを再施工して気が付いたのですが・・・施工の処理が甘すぎですよ(残念
最近ディーラーさんでのコーティングの施工の甘さが問題になっていますよ・・・
当店の作業が完璧かと言えばそんなことはないんですが(笑
結構悩みながら頑張ってます!!

DSC03740.JPG

ホイールも同時にコーティング

DSC03738.JPG

DSC03736.JPG

DSC03737.JPG

DSC03735.JPG

DSC03739.JPG

DSC03742.JPG

新車以上の輝きになったプリウスでした!!

2017年06月03日

新車以上の輝き

●メルセデスベンツC200 テクニカルグラスコートT、ウインドウポリッシュ&コート、メタルモール・ルーフレールポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート、タッチアップ

新車から3年が経過したお車です、以前も当店をご利用頂いていましたが今回はすべてのリフレッシュとコーティングのご依頼です・・・作業内容も濃くなりそうだったので2週間のお預かりで作業を進めました!!

DSC03654.JPG

その中で大変な作業の一つだったのは・・・・
C200ルーフレール前170531.JPG

このルーフレールとモールの腐食
C200モール前170531.JPG

磨いて綺麗にする作業の中では最も骨の折れる作業・・・・辛抱強くないと仕上げが甘くなる傾向かな
釣り好きの方にはこの作業向いてるような・・・私は釣りは苦手ですが(笑・・・・

C200ルーフレール後170531.JPG

c200モール後170531.JPG

でも勝ち負けの勝負事は負けず嫌いです・・・ギャンブルはしませんが生活そのものがギャンブルです(笑
なんだかんだ言って気分が乗らないとやりたくない作業ですがオーナー様からの熱意が伝わると燃えるタイプです。・・・・結果は良好!私のやる気スイッチが入ってたという事です(笑

基本的に上手に管理されてきているお車ですので私が触る部分は細かい所が中心です。
つまり日頃手を掛けにくい部分にこそ全体のディテールの美しさを左右するポイントがあると

例えばこんな所・・・
C200ドアノブ前170531.JPG

綺麗になれば気が付かなくても綺麗に感じるはずです。
C200ドアノブ後170531.JPG

こんな所も車が古くなるにつれ汚れて取れなくなるのも当たり前・・・そして取るのも大変
だから取らない、だから今一歩の仕上がりと思わない様に・・・・
C200ガラス前170531.JPG

ね、違いわかる?
c200ガラス後170531.JPG

分からない人はこれ以上興味を持つ必要はありません・・・わかる人は興味を持ちましょう

c200傷前170531.JPG

シルバーの輝きに興味がある人はマニアです。

c200傷後170531.JPG

黒い部分は黒く
DSC03676.JPG

DSC03679.JPG

DSC03681.JPG

DSC03677.JPG

DSC03680.JPG

DSC03675.JPG

DSC03682.JPG

DSC03684.JPG

DSC03683.JPG

主張しないカラーシルバーが際立つ時は周りの景色の融合ですね、私の愛車もシルバー歴が続いてます!!

DSC03664.JPG

DSC03665.JPG

新車時より新車以上の輝きで御引き渡しさせて頂きました!!

2017年05月20日

輝き復活

●2008年パサート テクニカルグラスコートUプラスダイヤ、ヘッドライトポリッシュ&UVハードコート、タッチアップ

3年ぶりのご依頼となりましたパサートのオーナー様、前回はデントリペア、アルミモールの磨き&コーティングでお世話になりました。
今回のご依頼はボディーのリフレッシュとコーティング
前回3年前に施工させて頂いたアルミモール部分は新たな腐食もなく綺麗なままです・・・いいね!!

ヘッドライトは・・・・
パサートライト前170520.JPG

・・・さすがに9年が経過してるので・・・表層割れが・・・・
国産車のヘッドライトが黄ばんだり曇ったりするのに対し欧州車はこの様にクモの巣状にひび割れてきます。
ですので耐水ペーパーなどで根こそぎ削り落として・・・この作業がほんといや・・・とにかくしっかり削り落とさないとひび割れが残ってしまいます・・・・

パサートライト後170520.JPG

綺麗になったところでUVハードコートを再施工・・・当店ではヘッドライトの症状に合わせヘッドライト用グラスコーティングとUVハードコートを使い分けています。
今回のケースはオリジナルのハードコートをすべて削り落としていますので同様のUVハードコートを厚塗りします。
因みに軽度のくすみ程度であれば表面の艶を出して(オリジナルのハードコートを残して)ヘッドライト用グラスコーティングを施工致します。

テールレンズは・・・洗車傷がいっぱい(笑
パサートテールレンズ前170520.JPG

こちらは磨いて傷を出来るだけ消しグラスコーティングで仕上げます!!

パサートテールレンズ後170520.JPG

塗装の状態はこちらも洗車傷がいっ〜ぱい・・・やばいです。
パサートフェンダー前170520.JPG

パサートB前170520.JPG

深い洗車傷も多数ありましたが可能な限り磨いて消しましたが多少残し気味での仕上がりです(汗
洗車で無造作に雑巾がけなどをすると深く傷が入り磨いても残るというか磨き消せないというか磨き過ぎるのはもったいないというか・・・なので日頃の洗車も丁寧にね!!

パサートフェンダー後170520.JPG

パサートB後170520.JPG

1週間のお預かりで進めてきたリフレッシュ&コーティングも完了!!

DSC03598.JPG

DSC03600.JPG

DSC03604.JPG

DSC03594.JPG

DSC03597.JPG

DSC03596.JPG

本日御引き渡し・・・今後ともよろしくお願いいたします!!

DSC03587.JPG

2017年04月30日

コーティングがすごい?

●フリード+ テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelA

コーティングの役割を履き違えるとせっかくのコーテイングも台無しです。
もし新車を買ってコーティングしようかな〜なんて思ってる方、コーテイングが車の美観を維持するために絶対に必要なものなんて決めつけなくても大丈夫ですよ。

車を維持するためにはガソリンスタンドなどの洗車機を活用したり、ご自分でワックスをかけたりいろいろ方法はあります。

大切なのはご自身の身の丈に合ったケアー方法の中でコーティングをうまく活用して日々のお手入れを楽しく出来れば一番と私は考えます。

コーティングも簡単系の数万円程度のお手軽なものから20万円を超える超高級コーティングまである中で
何を選んでよいのかわからないまま安価なものに手を出したり逆に高価なものを無理して施工して失敗したり・・・進められるがままに施工してケアーをおこたったり・・・

安価なものも高価なものもそれなりにメリットデメリットがありますのでご自身に合っているものを選びましょう!!

コーティングの役割は長期間に渡りボディーを傷汚れから守り続けてくれます。
施工価格の差は合理的な短時間作業で行える安価なものと徹底的に美観にこだわり性能にこだわったものは高価になります。・・・・安いからダメ高価だから良いと決めつけてはだめです。

コーティング選びのポイントはご自身が楽しくケアーできるかですよ!!
それが出来ていないなら失敗です・・・
もし楽しくケアーできていないとしたらプロに任せた施工であればプロに問い合わせて解決するのが一番です。

前置きが長くなりました・・・・・
ご紹介するのはフリード+へ『テクニカルグラスコートTプラスダイヤ』の施工例です。
新車から2カ月経過していますので少しばかり雨染み等が付着していました・・・

フリード染み前170430.JPG

当店のコーティングは格安ではありませんのでコーティングまでの下地工程は念入りにもちろん雨染みはすべて除去してコーティングします。

フリード染み後170430.JPG

右パネルが磨いたパネル左側が新車のすっぴん状態
DSC03387.JPG

この違いに興味が無ければ普通に出来るだけ合理的に進めて安く上げる方法がお勧めです。

フリードのオーナー様はもちろん美観は重要とお考えです!!

DSC03417.JPG

DSC03409.JPG

DSC03416.JPG

DSC03413.JPG

フリード入庫後170430.JPG

フリードオーナー様、楽しいケアーが出来ればよいですね!もしお困りになられたらまたお声掛け下さいませ・・・・って2時間後またいらっしゃいました(笑・・・・良い感じです!!

2017年04月29日

マシングレー

●ロードスターRF テクニカルグラスコートUプラスダイアLevelA

豊田市からボディーコーティンングのご依頼で作業をさせて頂いていた新車のロードスターRF
これまでも当店をご利用頂いていたオーナー様でRX8からの乗り換えです。
ロードスターRFは当店では初めてしかも新色の『マシングレー』かなりこだわった塗装の様です!!

オーナー様も美観にはこだわってコーティングは当店のトップグレード『テクニカルグラスコートUプラスダイヤ』施工Levelは磨きで最高の艶を引き出すLevelAです。

今回ちょっと気になった部分は・・・・

フロントバンパーのシミ・・・
RFバンパーシミ前170429.JPG

小さなシミですがキッチリ磨かないと消えないほどのダメージです・・・普通には気が付かないレベルかもしれません・・・・がキッチリ磨きます・・・そしてコーティング!!

綺麗になりました!!
RFバンパーシミ後170429.JPG

このお車こんな所に汚れが溜まりそうですよ・・・・
RFリアガラス前170429.JPG

時々綺麗に拭いてあげて下さいね!
RFリアガラス後170429.JPG

そして作業も完成し本日御引き渡しとなりました!!
DSC03399.JPG

DSC03397.JPG

DSC03396.JPG

DSC03394.JPG

DSC03395.JPG

DSC03379.JPG

最後に私のNAとツーショット!!

DSC03380.JPG

・・・・・・・・・・・いいね!!

2017年04月23日

輝かせることもドレスアップ

●パサート ボディーコーティング テクニカルグラスコートTプラスダイヤ、メタルモールポリッシュ&コート、ウインドウポリッシュ&コート

入庫時
パサート入庫170422.JPG

低くワイドに決まってるVWパサートです。
御依頼頂いた作業はボディーコーティング!!
5月14日(日)に開催されるオートファッションインプ主催のイベントにユーザーカーとしてエントリーが決まっているらしく・・・・めったにないチャンス?とばかりに美観を極めようと!!

以前もヘッドライトのリペア&コートでご利用頂いているオーナー様で迷うことなく?私をご指名頂きましてありがとうございます!!・・・・そうなると私も迷うことなく?全能力技術を発揮させていた来ますよ(笑

さて先ずはボディー&ウインドウガラスを細かくチェック・・・・

定期的に洗車は行われていた様なので綺麗に維持してるぞ的なオーナーとしてのお手入れ感はあると思いますが・・・・・・・・・・

パサートトランク前170422.JPG

黒の宿命でしょうかシミと傷と溜まりに溜まって塗装へのダメージそしてガラスのダメージ・・・それなりに・・・・

そしてこれはドイツ車の宿命・・・メタルモールの白い腐食(斑点模様)
パサートモールA前170422.JPG

しょうがないよね新車から6年が経過しようとしているのですからね!

という事で頑張った結果が・・・
パサートトランク後170422.JPG

ガラスも綺麗ボディーも綺麗〜に復活!!

パサートモールA後170422.JPG

メタルモールも新品同様に復活・・・交換ではなく磨いて磨いて磨いて復活ですぞ!!

ボンネットはこの状態から・・・
パサートシミ前170422.JPG

パサート傷前170422.JPG

染みを落して落してそして磨いて磨いてもひとつ磨いて

パサートシミ後170422.JPG

パサート傷後170422.JPG

ああ疲れた・・・・でガラスもモールもボディーも・・・ついでにグリルもレンズもナンバープレートも全〜部専用コーティング!!
ボディーはテクニカルグラスコートTプラスダイヤ
※プラスダイヤはHPには載っていない裏メニューです。

そしてようやく完成

DSC03338.JPG

DSC03344.JPG

DSC03337.JPG

DSC03336.JPG

DSC03342.JPG

DSC03340.JPG

DSC03335.JPG

DSC03339.JPG

コーティングは究極のドレスアップ!!

DSC03334.JPG

今後のメンテナンスご相談、施工も是非お任せくださいませ!!

2017年04月14日

黄色いサソリ

●アバルト595コンペティツィオーネ テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelA、ウインドウポリッシュ&コート

アバルト595コンペ〇〇〇オーネ・・・舌をかみそうで・・・かんでどうも発音できない・・・イタリア人にはなれないな〜ちなみに早口言葉も超不得意です・・・なのでアナウンサーにもなれません。
なのでこんな仕事しています(笑

オーナ様は当店コーティングを3回目3台目のご依頼という事で嬉しい限りです。

アバルト595入庫170414.JPG

事前に御予約頂き納車と同時に御入庫 イエローの595よりアグレッシブな外装と刺激的なカラーですがフェイスはおとぼけの丸顔丸目これが良いのよね!!
因みにこれまでのお車2台も丸目・・・オーナー様はきっと丸目好き!!
今はね、みんな怖い目つきの車が多いのでホッとするのよね丸目はね!!

さて新車のコーティング、ボディーと窓ガラスまるっと施工します。
ボディーは『テクニカルグラスコートTプラスダイヤ』下地施工LevelはAで、
窓ガラスは超耐久のフッ素撥水加工を

先ずは納車されたばかりの窓ガラス・・・・
アバルト595ガラス前170414.JPG

キッチリポリッシュして油膜など綺麗に落して・・・・下地を作ってからフッ素加工
アバルト595ガラス後170414.JPG

ボディーの方は新車ですが磨きます。下地Level@に比べLevelAの作業は磨きに差があります!!
Level@でも十分?LevelAの方が良い?・・・このあたりは各オーナー様のお考えと塗装の色、コンディションで選択して頂きます。

そもそもこんな付着物はLevel@であろうがLevelAであろうが
アバルトグリル前170414.JPG

キッチリ最適化します。
アバルトグリル後170414.JPG

ボディーコーティングは塗装部分はもちろんですが、樹脂部分、ナンバープレート、ワイパーブレードとすべて行います。

という事で完成です。
DSC03298.JPG

DSC03301.JPG

DSC03299.JPG

DSC03304.JPG

DSC03308.JPG

DSC03302.JPG

アバルト595完成170414.JPG

DSC03293.JPG

いつも御利用ありがとうございます。本日が本当の納車日でした!!

DSC03290.JPG

2017年04月01日

隙間が大事

●アウディーA3 テクニカルグラスコートTLevelB

ボディーコーティングを綺麗に仕上げるのに必要な事!
もちろん塗装を綺麗に磨いてコーティングする事も大事ですが・・・・
当店が一番こだわっている部分は・・・隙間!・・・・そう隙間の汚れ除去です!!
経過した年数を重ねれば重ねるほど・・・汚れは蓄積します!!
そうそれは普段ケアーし辛い隙間が特にね!!

入庫時
アウディー前170401.JPG

オーナー様は当店2回目(2台目)のコーティングのご依頼です。
お車はH26.1式のアウディーA3の程度上、このままでも十分綺麗・・・でもこれをコーティングするとなると
特に隙間に汚れが蓄積されている部分の除去をして隅々までコーティングしないといけませんからね!!
って部分が当店のこだわりです。

こんな所は当たり前
アウディーモールきわ前170401.JPG

違いが分かるかな?
アウディーモールきわ後170401.JPG

ここも良く溜まる黒ずみ
アウディーエンブレム前170401.JPG

新たな傷を付けない様に・・・汚れのみを除去
アウディーエンブレム後170401.JPG

見落としがちなここも
アウディーリア前170401.JPG

気が付いてくれるかな?
アウディーリア後170401.JPG

バンパーとフェンダーの隙間ね!
アウディー隙間前170401.JPG

残すと意外と目立つよ
アウディー隙間後170401.JPG

樹脂部分にもシミが付いて残念な美観
アウディーフィン前170401.JPG

でも大丈夫シミを除去してコーティング・・・当店の標準作業です!!
アウディーフィン後170401.JPG

ここもね
アウディーバンパー裏前170401.JPG

裏ですが
アウディーバンパー裏後170401.JPG

他にもお伝えしたいのですが・・・くどくなるので

で、出来上がったコーティング後は新車よりも新車な感じです!!

DSC03165.JPG

DSC03161.JPG

DSC03160.JPG

DSC03164.JPG

DSC03163.JPG

2017年03月24日

心配ご無用

●CX-3 テクニカルグラスコートU

新車ご購入から1ヶ月・・・当初はご自身でワックス等でケアーされる予定だったとの事ですが・・・
鳥糞のシミが取れなくて・・・まだ買ったばかりなのに・・・

CX-3染み前170324.JPG

よそでは・・・このシミは落せない・・・と・・・?
うちでは磨けない・・・と?新車を磨くのはリスクがある・・・と?

いやいやそんなことはないですよ・・・・まだ1ヶ月ですよシミも付いたばかりでしょ!!

心配ご無用です!!

という事でまだ新車ですしこれまでのダメージをスッキリ除去してコーティングする事に!
お選び頂いたのはテクニカルグラスコートU下地LevelはAで・・・!!

CX-3染み後170324.JPG

スッキリ気になっていた鳥糞のシミは無かったことに!

CX-3b前170324.JPG

上面のデポジットも付き始めています・・・洗車傷も・・・
CX-3b前170324.JPG

新車の場合下地LevelはAですべてスッキリしますし艶はさらにアップします。
CX-3b後170324.JPG

DSC03123.JPG

DSC03126.JPG

DSC03124.JPG

2017年03月18日

ロシア製を綺麗に

●ラーダニーバ テクニカルグラスコートULevelA ウインドウポリッシュ&コート ホイールコート

物好きなオーナーさんがロシア製4×4を購入(最大限の褒め言葉ですよ・・・笑 )
ラーダニーバですって?

ラーダニーバ入庫170318.JPG

当店にはこれで4台目コーティング施工のご依頼です『ありがとうございます』
ただすべて施工者泣かせのお車ばかり・・・・・・・・・・・・・まことにありがとうございます。

お車は新車です!!それではロシアの品質をビフォアーアフターでご覧くださいませ!!

先ずはボディー塗装面です
ラーダニーバ磨き前170318.JPG

白なので判り辛いですがわりと傷が付いていました。
ラーダニーバ磨き後170318.JPG
艶も曇りがあったりしましたが磨けば光るから問題なし!!

次はバンパー・・・すでにこういったバンパーは国産車では存在しませんが・・・
ラーダニーババンパー磨き前170318.JPG

艶が無いのが正しいのか?・・・磨いたら艶が出るので磨いてみました!!
ラーダニーババンパー磨き後170318.JPG

バンパーの奥を覗くと・・・あらあら
ラーダニーバアンダーコート前.JPG

アンダーコートでしょうか?ミスト状に飛び散っています・・・下周りの錆対策はバッチリそうですが新車でも汚れる事前提ですから多少の飛び散りは関係なさそうです(笑
でもコーティングの依頼ですから当然綺麗にしてからじゃないとコート出来ませんからね
ラーダニーバアンダーコート後170318.JPG

そしてサイド側を見ると・・・・あらあら
ラーダニーバプロテクターシート右前170318.JPG

汚れたシートを貼ってどうするの?しかも左側は黒塗装の上から貼ってます・・・
ラーダニーバプロテクターシート左前170318.JPG

仕方がないのでオーナー様に御相談して・・・剥すことに!!
そしてこの黒塗装・・・・これで良いやろみたいな・・・・・
ラーダニーバチッピング前170318.JPG

塗装ミストはドアの下1/3まで及んでいます・・・・もう笑うしかない・・・気にする方がナンセンス!!
ただこういう所まで新車からいきなり気を遣わせるこの車がいとおしくもなります。

アンダーラインをキッチリ出しミストはすべて除去!!
ラーダニーバチッピング後170318.JPG

ラーダニーバプロテクターシート左後170318.JPG

ドアの内側とかも・・・手が掛かりますな(笑
ラーダニーバドアヒンジ前170318.JPG

スッキリしましたね!!
ラーダニーバドアヒンジ後170318.JPG

マフラーはまあこんなもんかと思っていましたが・・・
ラーダニーバマフラー前170318.JPG

周りが綺麗になると・・・違和感が・・・・という事で磨きましょう(笑
ラーダニーバマフラー後170318.JPG

汚れ落とし磨き・・・最適になったところでようやくコーティング!!

DSC03072.JPG

DSC03076.JPG

DSC03073.JPG

DSC03082.JPG

DSC03074.JPG

ラーダニーバ完成170318.JPG

新車の品質はこんな方が良いよね楽しいわ!・・・国産車の品質が高すぎて面白くない・・・そんな考えになれれば立派なマニアです(笑

DSC03069.JPG

2017年03月11日

こだわり

●レガシーツーリングワゴンBRG デントリペア、タッチアップ、ウインドウポリッシュ&コート、テクニカルグラスコートUプラスダイヤ

新車から3年こだわりのリフレッシュメニューとコーティングで復活させましょうと

入庫時
レガシー入庫170311.JPG

まずはデントリペアを
レガシーヘコミ170311.JPG

鈑金塗装後の歪やら気になるヘコミやら・・・合計10か所以上・・・綺麗にコーティングできてもヘコミがそのまま残っては台無しですからね、全部きれいにデントリペアで直します!!

その中でこれが一番目立ってたヘコミです。
レガシー施工前170311.JPG

問題なく無かったことに・・・傷は後で磨きますので痕跡も跡形もなくなります。

レガシー施工後170311.JPG

他のヘコミもすべて綺麗に無くなり・・・続いてガラスのウロコ取りと撥水加工
レガシーカウル前170311.JPG

ガラスのウロコもそうですがモールなどとの際の部分に白く頑固なスケールもこびり付いています。
残ると美観を損ないますので際まできっちり除去して撥水加工を施します。

レガシーカウル後170311.JPG

ボディーは日頃お手入れが行き届かない所が一番汚れが溜まりますから、そんなところを出来るだけスッキリさせましょう

レガシースケール前170311.JPG

普通はあまり気にされないと思いますが・・・コーティングする時には気にして作業してますよ!!
レガシースケール後170311.JPG

こんな所も
レガシーバンパー前170311.JPG

他にもエンブレム周りとか・・・ドアハンドル周りとか・・・サイドステップの裏、バンパーの裏・・等々
レガシーバンパー後170311.JPG

塗装面の磨きは・・最低限の磨きで最高の艶を目指します。
レガシーAボンネット前170311.JPG

メタリックもイキイキしてますね!!
レガシーAボンネット後170311.JPG

コーティングは当店最高峰の「テクニカルグラスコートUプラスダイヤ」です。
プラスダイヤは裏メニュー興味のある人に施行頂いています。撥水性のが半端なく良いです!!

DSC02975.JPG

コーティングは塗装面はもちろんですがグリルもナンバープレートも行います。
もちろん綺麗に汚れを落としてね!!

DSC02982.JPG

カウルトップもワイパーブレードもコーティング・・・樹脂もレンズもね、なので仕上がりが違います!!

DSC02984.JPG

DSC02980.JPG

DSC02979.JPG

DSC02974.JPG

本日御引き渡しさせて頂きました!
ブラックボディーの美観の維持は他のカラーに比べ大変です・・・なので何時でも頼って下さいね!!

DSC02976.JPG

DSC02961.JPG

DSC02958.JPG

雲一つない青空です。・・・良いことありそう!!

DSC02959.JPG

2017年03月04日

綺麗にしてからじゃないとね!

●2012ポロ デントリペア、タッチアップ、テクニカルグラスコートULevelB、ウインドウポリッシュ&コート

中古を買ったなら徹底的に綺麗にリフレッシュしてコーティングしてとお考えならお任せください!!

入庫時
ポロ入庫時170304.JPG

ヘコミはデントリペア、傷はタッチアップ或いは鈑金塗装して・・・そしてボディーのダメージは細部まで汚れを除去してもちろんガラスのウロコ除去もそして塗装部分、樹脂部分、ウインドウガラスとすべてコーティング!!
中古と言えども綺麗にしてからじゃないと愛車との付き合いも始まりませんからね!!

それでは先ずはへこみ修理『デントリペア』からです。

ポロルーフヘコミ170304.JPG

こんなのがルーフ四つ角にあります。
確か買う前は無かったはずなのにな〜・・・・・・お店の対応も?だったとか・・・残念でなりません。

ライトを中てて見ると
ポロルーフ施工前170304.JPG

ヘコミとしては軽傷です・・・ただルーフなのでルーフライナー外してとなると作業も大がかりその費用も掛かりますので・・・今回はルーフライナーを外さずに表からの引っ張りで作業させて頂きました!!

ポロルーフ施工後170304.JPG

仕上りバッチリ、映り込みバッチリ!!4ヶ所すべて無かったことに!!!!

ポロルーフ映り込み170304.JPG

そしてもう一ヶ所は右クオーターのプレスラインのきつい一発しかも塗装が一部剥げて・・・
これは完全復活ならず・・・完璧に直すには傷も含めて鈑金塗装必要でしたが出来るところまでデントリペアで直し傷部分はタッチアップをさせて頂きました。

作業後の写真ですがこの写真だとほぼわかりません・・・・・・必要ならば鈑金塗装もしますね!!
DSC02925.JPG

さてほかのタッチアップはこんな感じ
ポロタッチアップ前170304.JPG

これボンネット先端に出来た飛び石による塗装の欠け・・・わっ錆が進行しています。
なのでその部分の錆をすべて落して・・・タッチアップ!

ポロタッチアップ後170304.JPG

写真だとほぼわかりませんが・・・実施は角度によってはタッチアップ後も見ればわかります。
タッチアップはあくまでも塗装するまでもない補修です。少しでも目立たなくなればOKとお考えください。

これはボンネットワイパー側の傷・・・恐らく立てたワイパーがボンネットに当たって削れた感じでしょう

ポロ傷前170304.JPG

・・・これも錆が出始めていますので綺麗に削り取ってからタッチアップします。

ポロ傷後170304.JPG

コーティング時などタッチペンを御準備ください必要であればサービス(施工範囲、数によりますが)で施工致しますよ!!

お次は細部のテクニカルディテール作業

ポロDM前170304.JPG

あまり気にする部分でもないというか・・・普段は気にしない部分と言うか・・・
でもせっかくコーティングするのであればこんな細かなところこそ今やらないで何時やるの?今でしょ!!
・・・このフレーズもう古い(笑

ポロDM後170304.JPG

グリル等の樹脂部分も・・・
ポログリル前170304.JPG

塗装面がいくら綺麗になっても樹脂部分が古ぼけたままだと・・・あり得ませんよねと私は考えます!!
結構面倒な作業ですからねでも当店は標準作業です割増追加料金なしですぞ!!

ポログリル後170304.JPG

そしてウインドウは・・・ウロコが付くとちょっとやそっとでは落とせませんしかもガラスの縁のウロコは落し辛いのですか
ポロガラス前170304.JPG

お任せください出来ることは何でもやります。
ポロガラス後170304.JPG

ウロコを落した後は超耐久のフッ素撥水加工を施します。

いよいよボディー塗装面のテクニカルディテールとグラスコートUの施工です。
シルバーカラーは汚れも傷も目立たない色だけに施工後の違いも漠然と見比べるとわからないかもしれません・・・てことはありません全然違いますすよ!!

ポロシミ前170304.JPG

決行シミが付いている状態です・・・・これがこうなります。

ポロシミ後170304.JPG

ボンネットルーフは傷が目立ってますね!
ポロボンネット前170304.JPG

磨きで綺麗さ復活そしてコーティング

ポロボンネット後170304.JPG

見違えるような輝きです!!

DSC02922.JPG

DSC02924.JPG

DSC02921.JPG

ポロ完成170304.JPG

お土産の「たい焼き」・・・美味しかったです!
これからもよろしくお願いいたします!!

2017年02月25日

コーティングの役割

●キャデラックATS テクニカルグラスコートU+ダイヤLevelB、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート、タッチアップ

3年落ちのキャデラックATSカラーはパールホワイトで状態は非常に良いんじゃないでしょうか!
購入後、先ずはコーティングをという事で御入庫!当店2回目(2台目)のご依頼となりました!!

コーティングはボディー、ガラス、ホイールと丸ごとご依頼
・・・・いきなりですがピカピカの完成状態です!!

見よこの水ハジキ状態!
DSC02852.JPG

ホイールの裏もハジキ抜群!
DSC02851.JPG

ステップの裏もご覧の様に気持ちよく弾いています!!
DSC02854.JPG

美観を最高の状態に作り上げそれをコーティング、
コーティングすることでこれから受けるであろうダメージを守る役割があります
コーティングすることで圧倒的に洗車等の作業が楽に出来ます、楽にできるというのはどういう事かと言うと汚れが付きにくくなるから手入れが楽になる、洗車後の水滴が楽に拭き上げできるなどです。
つまり楽になる分ダメージを残しにくい、不要な洗車傷が入りにくいなど多くの恩恵をもたらします。
ですがわずかながら残ってしまう汚れが日常の洗車では取れなくなり・・・やがてそのダメージが目立ち始め・・・・
そんな時は当店で推奨するメンテナンス方法を正しく施工して頂ければバッチリです!!
まあめんどくさいなとか自分では無理だなと思ったらまたそのメンテナンスを当店にお任せいただければ済む問題ですが(笑

DSC02861.JPG
グリルも隅々までコーティング(標準作業です)

DSC02863.JPG
ワイパーブレード、カウルトップもコーティング(標準作業)

DSC02865.JPG

隅々まで綺麗だと気持ちいいね!作業をさせて頂く私も大変ですが気持ちいいです(笑

DSC02864.JPG

DSC02862.JPG

DSC02843.JPG

DSC02841.JPG