2017年01月03日

スポーツカーよ美しくあれ

●フェアレディーZ33 デントリペア・タッチアップ・ヘッドライトポリッシュ&コート・ホイールクリーニング&コート・テクニカルグラスコートU+ダイヤモンドコート(裏メニュー)LevelC

スポーツカーは美しくないといけません・・・せっかくならね!!
目立ちますからいろんな意味で!!

DSC02325.JPG

ご依頼頂いたのは実家は名古屋ですがお住まいは広島、年末年始のお休みを利用してリフレッシュ&コーティングを御依頼ご来店頂きました。以前もデントリペアをご利用頂き誠にありがたい限りです!!

御引き渡しは大晦日に・・・確か3日にドライブをされると言っていましたね!楽しまれたかな!!

さあそれではご入庫頂いてから美観を取り戻した全貌をご覧いただきましょう。

先ずはヘコミのデントリペア修理から

僅かなんですが3ヶ所ヘコミが・・・
DSC02245.JPG

かなり透かして見ないと気が付かないレベルですがオーナー様は積極的ですのでこちらも気合が入ります。
DSC02246.JPG

3ヶ所綺麗にリフレッシュ!!

コーティングは窓ガラスを除いて(窓ガラスはすでに撥水加工していますので)ヘッドライト・ホイール・ボディーに施工します。ですのでその前に徹底的にクリーニング&ポリッシュにてダメージを除去、ボディーの方は、表面もドア内の内側まで最高の美観を取り戻すためLevelCのテクニカルディテールを行い・・・その上でヘッドライト、ホイールは専用ガラスコーティングをボディー全体にはグラスコートUに裏メニューのダイアモンドコートを上塗り施工しました。
ダイアモンドコートとは・・・ウソ偽りなくダイアモンドの粒子が散りばめられたコート剤です。
効果としては撥水がまさにハスの葉の様にパラパラと・・・ボディーから水滴が流れ落ちるその撥水力が格段とUPしてます。
つまりビジュアル面の美しさに加え耐久力が格段にアップするという・・・ただその耐久力は未だ試験中なので今のところ裏メニューなんです。ちなみに当店の代車(R1)に半分塗り分けて実験中です!!

施工前⇒施工後をご覧ください!!
Z33ボンネット前161230.JPG

ボディーには雨染みが結構ついているもんです。

Z33ボンネット後161230.JPG

Z33モール前161230.JPG

ルーフはモールの際に黒ずみが・・・8年分の蓄積ですね!

Z33モール後161230.JPG

Z33ミラー前161230.JPG

ミラーの樹脂部分白けています、際も黒ずみで・・・

Z33ミラー後161230.JPG

Z33フロント前161230.JPG

バンパーは飛び石で塗装が欠けている部分はタッチアップ処理で目立たなくして・・・
※(必要な方は準備して下さいね無料で行います)

Z33フロント後161230.JPG

Z33サイドマーカー前161230.JPG

サイドマーカーは一旦取り外してポリッシュ!

Z33サイドマーカー後161230.JPG

Z33スポイラー前161230.JPG

とにかく細部まで綺麗にする・・・・

Z33スポイラー後161230.JPG

Z33ドアノブ前161230.JPG

お見せしてるのはほんの一部・・・

Z33ドアノブ後161230.JPG


表だけではありません
Z33ステップ前161230.JPG

8年も経つと簡単に取れないのよ・・・・何とかなったけど(ほっ

Z33ステップ後161230.JPG

Z33トランク前161230.JPG

こんな所は普段ケアーできませんからね・・・手も入りにくいし

Z33トランク後161230.JPG

Z33ドアヒンジ前161230.JPG

ドアを開けた時ここが綺麗だと嬉しいでしょ!!

Z33ドアヒンジ後161230.JPG

他にもこんな所や
DSC02378.JPG

こんな所も
DSC02368.JPG

そして20インチホイールは表も裏も
DSC02365.JPG

ヘッドライトも
DSC02366.JPG

エンブレム周りも
DSC02369.JPG

何処から見ても美しい!!
DSC02375.JPG

それがスポーツカーと言うもんです。
DSC02376.JPG

DSC02374.JPG

DSC02371.JPG

DSC02382.JPG

DSC02336.JPG

DSC02337.JPG

DSC02338.JPG

スポーツカーは美しくないといけません、それが宿命です!!

2016年12月17日

塗装の侵食

●クラウン210 テクニカルグラスコートT+ダイヤモンドコート・ウインドウポリッシュ&コート

ご相談を受けたのは・・・
クラウンB染み前161217.JPG

これ、ガラスの周りの塗装部分に出来た傷・・・・これ磨いて取れませんか?と
でもこれ良く見ると・・・塗装が侵食しています?

ここもそうです・・・・ガラス周りがほとんど筋状に浸食痕が・・・
クラウンT前161217.JPG

塗装の侵食とは・・・そう塗装が侵されて陥没していく症状です。
程度が酷くなると磨きで消すことが出来なくなるので要注意です。
でこのガラスの周りに出来た浸食痕はいったいなぜなのでしょうか?
・・・・ガラス撥水剤を付着したままにしたためです。・・・・実はありがちな事なんです。
今回は塗り込み時に付いたままで侵食してしまって目立っていましたがボディーカラーが淡色系だったりすると気が付いてなくこうなってるケースって多いのかもしれません。
他によくあるケースとしては塗ってる最中にボディーにポタポタと気が付かずこぼして・・・それがシミになってしまい侵食するケース・・・

ご依頼は他店でこれは無理と言われたため・・・・以前デントリペアできれいに直してくれたので磨きもきっと綺麗に出来るのではないかと・・・・頼って声を掛けて頂きました。ありがとうございます!!

ボディー全体も雨染み、傷などのダメージが進行していましたので、

クラウンAボンネット前161217.JPG

磨き&コーティングまでそしてガラスの撥水加工も取り切れていなかったウロコを

クラウンガラス前161217.JPG

再度磨き直して再撥水加工をさせて頂きました。

施工後はこんな感じです!!
クラウンB染み後161217.JPG

クラウンT後161217.JPG

クラウンAボンネット後161217.JPG

クラウンガラス後161217.JPG

それにしてもソリッドのブラックは大変だ・・・全部見えるもんね(はぁ〜)
それでも何とかやり切りました(ふぅ〜)

DSC02173.JPG

DSC02179.JPG

DSC02181.JPG

DSC02182.JPG

DSC02185.JPG

DSC02183.JPG

DSC02187.JPG

DSC02188.JPG

黒は日頃のお手入れとメンテナンスが最も大事です。また頼って下さいませ!!

DSC02177.JPG

2016年12月10日

磨きは単純じゃないね!

●2007 V36スカイライン テクニカルグラスコートUSP LevelB

いや参った・・・全然磨けない・・・
この年式の塗装に苦戦、苦労、疲労・・・・

とにかく磨けない?・・・磨くとコンパウンドが食いついて磨けない!!
ついでにコーティングがしみこむしみこむ・・・仕上がらない・・・・(苦笑

でも想定内・・・なので塗装に合わせてコンパウンドを選択、
コーティングもそれに合わせてグラスコートUのスペシャルバージョンで!!

施工の手間は少し掛かりましたが価格はそのまま!!
因みに当店の代車でもあるスバルR1も同じような塗装の状態で磨きにくいのです(笑

これが苦戦した状態の塗装面です・・・ダメージも結構あるね。
V36RD前161210.JPG

でもご覧の様に・・・ピカピカです!!
V36RD後161210.JPG

こんな所も抜かりなく綺麗にね!築いてくれるかな?
V36スケール161210.JPG

上半分が未処理、下半分が処理済ね!!

という事で完成です!!
DSC02139.JPG

DSC02144.JPG

DSC02143.JPG

DSC02142.JPG

DSC02141.JPG

DSC02145.JPG

DSC02137.JPG

DSC02136.JPG

V36完成161210.JPG

磨きは単純じゃないね!!

2016年11月30日

細部の汚れと深めの傷

●マークXジオ テクニカルディテールLevelC+ガラス系コート

車の状態を見るとその方の維持の仕方、条件等が分かる場合があります。

マークXジオ入庫161130.JPG

お車は新車から8年経過しているマークXジオです。艶感はなかなか良い状態ですが、洗車傷が多く全体的に深い傷も多数ある反面、雨染みなどはほとんど見受けられませんでした。
これはやはり雨の影響を受けにくい環境だったこととほこりなどが載った状態で汚れを拭いていたことが想像できます・・・・違うかな?
そして細部は・・・やはりお手入れが行き届かない部分に水分が残り汚れと共に黒ずんで溜まった状態が繰り返され8年経過した状態です。
その施工前後をご紹介しますね、

ルーフモール部
ジオルーフ前161130.JPG

ジオルーフ後161130.JPG

リアバンパーの反射板
ジオマーカー@前161130.JPG

ジオマーカー@後161130.JPG

ドアノブ
ジオのぶ前161130.JPG

ジオのぶ後161130.JPG

リアガーニッシュ周り
ジオガーニッシュ前161130.JPG

ジオガーニッシュ後161130.JPG

モール周り
ジオr前161130.JPG

ジオr後161130.JPG

これらの汚れは普段洗車せずにボディー表面を拭いて仕上げていた為でしょうか隙間の汚れが残ったまま雨にぬれ乾いて固まり・・・さらに汚れが溜まり・・・濡れて乾き固まりを繰り返して固まり・・・みたいな感じですね。
ですので定期的に高圧の水の勢いで汚れを飛ばすように汚れを落とし尚且つカーシャンプーを使用してしっかり汚れを落とし水で綺麗にシャンプーを洗い流して水滴が残らない様にしっかり拭き上げる!!
これが出来ればもっと高い美観で維持できたのではと思います。

これで輪郭はスッキリしましたが問題はボディー全体の洗車傷・・・・
ジオボンネット前161130.JPG

通常の磨きだと浅い傷が全部磨けたところからは磨き剤(コンパウンド)もスリップし磨けなくなります。
それ以上は大半の綺麗な塗装をわざわざ削り込んで傷の深い部分まで磨かなければいけませんが・・・それはもったいない話です・・・もったいないというのは大半の綺麗なクリアー層が著しく薄くなるという意味合いです。

ジオボンネット後161130.JPG

ですので残った傷と甦った艶との比較をしながらこれで良いかなと言う所で仕上げます。

これはそもそも磨きのリクエストがあった傷です。
ジオ傷A前161130.JPG

右側のパネルにフェンダーからクオーターまでこの傷が・・・・写真のクオーター部分が一番酷い箇所です。
この場合、磨いても残る部分が多いのですが傷そのものに艶が出るように磨ければ普段の目線だとわからないレベルになるかなと!!

ジオ傷A後161130.JPG

ペーパーでもう少し削って磨けば傷はもっと減りますが塗膜が・・・・心配です。
塗装肌もテカテカになりますし・・・このあたりが適正な状態だと思いますが・・・・。

テクニカルディテール作業も一通り完成し今回はガラスコーティングは施工せず。何時でも簡単にオーナー様自身が施工可能なガラス系のコート剤で仕上げました。効果は半年〜1年ですが3〜4ヶ月毎に再施工することで1年以上良い状態をキープすることは可能です。

言い忘れてましたが新車〜所有されていたのはお父様でそのお車を営業車として登録し直して今回のリフレッシュに当店をご利用されたという事です。

DSC02052.JPG

DSC02055.JPG

DSC02056.JPG

DSC02050.JPG

DSC02051.JPG

DSC02049.JPG

マークXジオ完成161130.JPG

車に詳しくない人が見たら新車と見間違うほどになったかな?
綺麗になった車で明日から営業頑張って下さい、ご用命ありがとうございました!!

2016年11月26日

ジープ新車黒

●ジープ ラングラ― テクニカルグラスコートTLevel@・ウインドウポリッシュ&コート

毎年この時期に車のリフレッシュ&コーティングをさせて頂いているオーナー様から今回は新車に乗り換えられて・・・のコーティングのご依頼です。

お車はジープラングラ―、オーナー様のお気に入りのカラーは黒ですので今度も黒・・・・・
コーティングの内容はLevel@・・・これは新車の状態がベスト或いはこの状態をコーティングすればよいと考えた時にお選びいただく作業内容です。
具体的には下地処理としてのコンパウンドの磨きはしません・・・ですので納車までに入ったダメージで洗車等で付いた傷はそのまま残ります。
ですが下地処理としてテクニカルグレイジングで傷のギラツキを抑える加工を行い深い艶を上げていきます。

必要にして最小限の下地処理ですが日常的に使用しながら日頃のケアー(洗車)を簡単にするには十分な作業内容です。

DSC01953.JPG

って言うか見て下さい・・・この車、磨く部分は少ないですが、まともに磨けそうな車じゃありません

DSC01955.JPG

コーティングはボディーの1/3程度を占める黒い樹脂もすべてコーティングしています!!

DSC01957.JPG

毎年ありがとうございます。・・・来年も早めの御予約を(笑

2016年11月24日

どこまで磨く?磨き手次第!!

●アウディーA6クアトロ テクニカルグラスコートTLevelB

ご相談頂いていたA6クアトロ・・・・磨き&コーティングなんですが御入庫頂くまで見ていません
入庫は購入に合わせてすぐです。

DSC01847.JPG

1年落ちなのでまだかなり良い艶ですね・・・・がこの黒をオーナー様の納得する仕上がりにするには
ハードルが高そうです(汗

DSC01850.JPG

意外と汚れが積み重なっています・・・・

アウディーシミ前161124.JPG

シミも・・・結構ついています・・・・

アウディー傷前161124.JPG

傷の数は少ないですが割と深めの傷多数です・・・・

アウディーテール前161124.JPG

テールレンズも無数のスクラッチヘアー・・・・

事前に見てなくてよかったです。事前に見てたら入庫するまで憂うつですから(笑

順を追って先ほどのダメージを最適化した写真をお見せしますね。
アウディーシミ後161124.JPG

エンブレム周りはこれ以上傷が付かない様に汚れのみを除去します。

アウディーテール後161124.JPG

テールレンズの傷って認識するほどのダメージではないですがこうして綺麗に磨かれるとなんだかいい感じです!!

アウディー傷後161124.JPG

浅めの傷、しっかりついた傷はきっちり磨き消しますが・・・追ってはいけない傷は適度に残します。
と言っても磨きは磨き手次第です・・・・私の磨きがどうかは・・・?です。

DSC01883.JPG

コーティングは「テクニカルグラスコートT」

DSC01886.JPG

DSC01880.JPG

どうやらコーティング後は過保護に守られるみたいですよ!!

DSC01862.JPG

当店のガレージからオーナー様のガレージへ・・・・本日御引き渡しさせて頂きました。
ありがとうございます。

2016年11月19日

タイプRユーロ リペア&リフレッシュ&コーティング

●シビックタイプRユーロ デントリペア・タッチアップ・ウィンドウポリッシュ&コート・ヘッドライトポリッシュ&コート・テクニカルグラスコートT+ダイヤモンドコート

作業を進めていたシビックタイプRユーロのリペア&リフレッシュ&コーティングとようやく完成!!

苦戦していたウインドウガラスのウロコも綺麗に除去され撥水加工を

<施工前>
DSC01769.JPG

DSC01772.JPG

DSC01798.JPG

ガラスだけではなくその周りの汚れを徹底除去、ゴム、樹脂パネル、ブレードもコーティングしますので見違えるように綺麗でしょ!!

<施工後>
シビックSW後161119.JPG

シビックw施工後161119.JPG

シビックRw施工後161119.JPG

何年も乗っているお車ですから・・・・こんな傷もありますよね
シビックタッチアップ前161119.JPG

当店ではタッチアップペイントをお持ち頂ければコーティング時にサービスで施工します!!

シビックタッチアップ後161119.JPG

是非お持ちくださいませ!!

シビックLF前161119.JPG

チャンピオンシップホワイトはソリッドですから一見ダメージが少なく感じますが

シビックLF後161119.JPG

結構傷んでいるものです。でもこれで新車時を思わす輝きを取り戻せました!!

DSC01829.JPG

DSC01831.JPG

DSC01830.JPG

DSC01832.JPG

DSC01825.JPG

細部まで綺麗に!!

DSC01805.JPG

ここはオーナー様のリクエストで新品交換してコーティング!!
※当店は部品の取り寄せ交換も可能です。

DSC01823.JPG

そして本日は御引き渡しの日、空はあいにくの雨模様・・・でもお約束した日ですから・・・・何せ長野県からですし大変です。
明日は天気も回復しそうなので早速洗車が出来ますね!楽しんで下さい!!

2016年11月16日

タイプRユーロ リペア&リフレッシュ

●シビックタイプRユーロ デントリペア・タッチアップ・ヘッドライトポリッシュ&コート・ウインドウポリッシュ&コート・テクニカルグラスコートT+ダイヤモンドコート

長野県よりご来店・・・ええ長野県のオーナー様からご依頼頂いたのはシビックタイプRユーロのリペア&リフレッシュ&コーティングです。
遠方ですが当店をお選びいただき誠にありがとうございます・・・先週末からお預かりして作業を進めています。

<入庫時>
シビックR入庫161116.JPG

新車から7年が経過しているボディーですが・・・綺麗に見えますが・・・
先ずはヘコミが2ヶ所ありますのでそちらをデントリペアで直して・・・

<施工前>
シビックRへこみ施工前161116.JPG

写真のヘコミを含め2ヶ所共にあっさりなかったことに!!

<施工後>
シビックRへこみ施行後161116.JPG

そしてヘッドライト
DSC01775.JPG

結構傷んでいますね・・・ですので傷んだハードコートを全部削り落としてハードコートの再施工をします。

DSC01799.JPG

新しいハードコートをUVランプで固めて完成です!!

そして・・・・思った以上に大変でした・・・ガラスのウロコ除去・・・
DSC01769.JPG

DSC01798.JPG

DSC01772.JPG

全てのガラスのウロコ除去をするのに悪戦苦闘・・・・・

DSC01777.JPG

カウルトップ際のスケールもゴリゴリでしたので・・・外しました!!
ついでにここの汚れもお掃除しときましたよ!!

結局ガラスのウロコを全部除去して撥水加工するまで丸1日・・・・・オーナー様安心して下さいウロコは綺麗さっぱりツルツル透明なガラスに復活しています!!

現在はボディーの磨きを・・・週末のご対面お楽しみに!!

2016年11月12日

2年半ぶりの再施工

●アイ デントリペア・テクニカルグラスコートT+ダイヤモンドコート

前回施工は2年半前・・・これまで何台も何回もご利用頂いてるオーナー様からの三菱アイのボディーコーティング再施工のご依頼です。

アイ入庫161112.JPG

ご覧の様に水ハジキはバッチリケアーされていて良くはじいてますね!!

アイルーフ前161112.JPG

ですのでまだこのままでも十分?かもしれませんが・・・ボディーへのダメージは少なからず進んでいます・・・・何せ青空駐車ですので・・・・という事でこのタイミングです。

※コーティング後のメンテナンス、再施工のタイミングは当店では特に決めていません、と言うか決める必要もないと考えます。お車の保管、使用状況、日頃の洗車の頻度、その仕方はみな違いますし、ボディーカラーによってもダメージの付き方、気にし方は変わりますそして何より人によって感じ方は人それぞれです。
なので私的にはオーナー様自身がメンテナンスしたいな〜再施工したいな〜と思った時期で良いのかなと!!

この2年半で凹みは一ヶ所・・・当然そのヘコミは直してテクニカルディテール&コーティングと仕上げてまいります。

今回お選び頂いたコーティングは「テクニカルグラスコートT+ダイヤモンドコート」現在お試しの裏メニューです!

<入庫時>
ルーフ部
アイ天井前161112.JPG

ルーフフロントの樹脂部分
アイフロント前161112.JPG

リアゲート上面の樹脂部分
アイリアスポ前161112.JPG

と特に上面の部分は辛いですね・・・・ダメージが一番進行している部分です。

<コーティング施工後>アイ天井後161112.JPG

アイフロント後161112.JPG

アイリアスポ後161112.JPG

深いダメージは残りますが最適な状態に仕上がりました!!

アイ2161112.JPG

アイ3161112.JPG

アイ6161112.JPG

2年半前同様変わらない美観を2年半後再復活・・・・もう新しい車はいらない?
今回のコーティングはより強力な撥水力とシミの張り付き予防が期待できます・・・なので次は3年後?に再施工かな?
M様いつもありがとうございます。

2016年11月09日

まだまだ乗りますから

●2010VWポロ ルーフデントリペア・タッチアップ・テクニカルグラスコートTLevelB

まだまだ乗るからと・・・気になるルーフのへこみ直しとボディーのコーティングを御依頼頂きました。

ポロ入庫161109.JPG

5年経過していますが綺麗に維持されていますね!!

では先ずはルーフ先端部のヘコミをデントリペアで復活させましょう!

<施工前>
ポロA施工前161109.JPG

何が当たったのでしょうか?どんぐり?走行中に音がしたような・・・・そんな記憶もあるそうですが・・・
衝撃点に傷がありますがこれならデントリペアが最適かと思います!!

<施工後>
ポロA施工後161109.JPG

衝撃点の傷がこうして見ればわかりますが一旦目を離すと探すのに苦労しますって言うかわかりませんよ!!

他にはご自身で施工されていたタッチアップ部分を再度やり直してさらに目立たなくさせて頂きました。

コーティングは「テクニカルグラスコートT」当店でお値打ちな方のガラスコーティングです。
新車時にディーラーさんでコーティングされ5年経過して上の写真の状態の様に綺麗に保たれていますので「テクニカルグラスコートT」でも5年は持つかな?
・・・・まあコーティングで何年持つなんて言い方は誤解を招きますのでもう一言付け加えておきますと
どんなコーティングも何もしないよりは断然お手入れが楽になります、汚れが付きにくくなりますコーティングのランクが上がるとさらにその性能が上がる!だからこそその綺麗な状態を維持するために常に正しいお手入れを継続する・・・・そうすることで長期に渡り美観が保てると!!

<コーティング前>
若干、傷とシミがあります。
ポロ傷シミ前161109.JPG

ピラー部分の樹脂は洗車傷が目立ちます。
ポロピラー前161109.JPG

<コーティング後>
汚れを落として綺麗に磨いてグラスコートを施工して・・・・新車時の・・・いやそれ以上の感動を!!
ポロ傷シミ後161109.JPG

ポロピラー後161109.JPG

DSC01726.JPG

DSC01730.JPG

DSC01729.JPG

DSC01735.JPG

DSC01734.JPG

DSC01724.JPG

とっても気に入って頂けたようで、完成後、御引き渡し時には入れ替えでもう一台のお車のデントリペアもご利用頂きました!ありがとうございました!!

2016年11月02日

新車は新車以上に

●シャトル テクニカルグラスコートT+ダイヤモンドコートLevelA・ウインドウポリッシュ&コート・ホイールクリーニング&コート

新車のコーティングです。ボディーも窓ガラスもホイールも全部!!
ええっとこのブログを見て頂いている皆さんに知っておいて頂きたいので新車の状態をより詳しくご紹介させていただきます。

先ずは窓ガラス、
シャトルウインドウ前161030.JPG

ほとんどの場合水拭きするとこんな感じです。もちろんこの状態でも特に違和感を感じることはないでしょうがガラスをコーティングすることで劇的にお手入れも楽になり雨の日の視界も抜群になります。
当店はさらにこだわり美観と耐久力を高次元で手に入れる為の作業を進めます!!

シャトルウインドウ中161030.JPG

そのまま撥水剤を塗り込めば簡単にガラスを撥水させることは出来ますがこうして綺麗な下地を作ることで余分な油膜などを完全除去しその後の撥水剤の定着率を高めます。

シャトルウインドウ後161030.JPG

撥水剤は高耐久のフッ素を加工します。耐久性は抜群です。ワイパーの使用頻度と管理の差で耐久年数は異なりますがフロントウインドウで1〜2年以上でその間に重ね塗りをすればしばらくの間再施工は必要ありません。
サイドもリアも全部施工しましたがこちらはさらに倍以上の2〜4年以上持ちますね。
※当店で使用している代車等の車両はフロントガラスで3年以上(途中重ね塗りあり)サイドガラスは重ね塗りなしで3年以上撥水し続け、うろこ状のシミもほとんど付着していません
※但し管理状況に応じてこれまで1年以内にウロコが多数付着して撥水も無くなっている車両はございます。

次はボディーの下地処理
シャトルB前161030.JPG

通常コーティングに下地処理は必ず必要です。
なぜなら新車と言えどもコーティングを塗り込む際、余分な汚れ、油分は除去しておかないとムラになったり余計な傷を付けたりしますからね、それ以上にコーティングの効果が得られないかもしれません。

当店では下地の作業レベルをLevel@とAで選択していただきます。
Level@ではテクニカルウオッシュで余分な汚れをケミカル剤でキッチリ除去しテクニカルグレイジングで新車の塗装の艶をさらに上げる為のフッ素加工を施しコーティング施工の準備を致します。
ただLevel@では微細な傷・・・これは納車までにわずかに付いたスクラッチヘアーと呼ばれる洗車傷等は残ってしまいますし、塗装そのもののクリアーボケ?・・・これは超高級車を除いて新車のボディーは磨かれていないためクリアー塗装のくすみが若干あり透明感にかけるんですね!!
ですのでLevelAではLevel@の作業にテクニカルポリッシュの磨きを追加することで最高の艶を最高の透明感の下地処理となるわけです。
Level@とAの選択としましたが・・・当然私からの提案はLevelAとなります(笑
場合によっては新車と言えどもこれはLevel@ではコーティングに相応しくないケースもありますそんな場合は強制的にLevelAの提案となります!!

シャトルB後161030.JPG

今回はオーナー様にLevelAを選択して頂きました!!

もう少しアップして見て見ましょう
<新車時洗車後の状態>
シャトルb施工前161030.JPG

<下地処理LevelA後の状態>
シャトルb施工後161030.JPG

分かるかな?左側が新車時の状態、右側が下地処理LevelA後の状態です。
この差は現車を見て頂くと良くわかります・・・・写真では・・・これが今の私の限界です(笑
DSC01620.JPG

その後いよいよコーティングを施します。
今回はテクニカルグラスコートT+ダイヤモンドコートです。
ホームページ上では載せていない今当店でお試しの裏メニューです。
まだ短い期間ですがその効果が非常にあります・・・・今後に期待と言うことで裏メニューです。
またせっかく新品のホイールなのでホイールも専用のガラスコーティングをさせて頂きました。

DSC01649.JPG

DSC01652.JPG

DSC01650.JPG

DSC01648.JPG

久々にガレージの外で記念撮影

DSC01623.JPG

新車が新車以上になって、素晴らしい秋空・・・・ドライブが楽しみですね!!

2016年11月01日

これはお勧めかも

●キャスト テクニカルグラスコートT+ダイヤモンドコートLevelA・ウインドウポリッシュ&コート

お車は新車、当店ご利用4台目の新車のボディーコーティングを施工させていただきました。
前にも少しご紹介させていたぢていますが・・・ホームページにも載せていない裏メニューのコーティング
実際これまで興味のあるオーナー様には施工させていただいています。
そして当店で保有しているスバルR1(代車)にもその違いを検証するために半分ずつに分けてその経過を観察しています。

現在の私の印象は・・・これは良いんじゃないお勧めかも!って感じです。
詳しい報告はまた今度と言うことで、キャストにもそんな今後お勧めになるかもしてないコーティングを施工させて致しました!!

新車ボディーコーティングの下地処理はLevelAで、Level@でも良いのですが私的にはLevelAがお勧めなので・・・Level@とAの違いは使用する磨き艶出しの工程が1工程か2工程かの違いがあります。
まれに新車でもかなりダメージを負ってる場合は問答無用でLevelAを強要いたします(笑
濃色車ソリッドカラーもわずかなダメージも見えてしまいますからLevelAがお勧めですね。

新車下地処理Level@
キャストB前161030.JPG

下地処理としてはパールホワイトですしこれで十分と言えば十分です。

新車下地処理LevelA
キャストB後161030.JPG

作業してる私からすればこの違いは感動します。
どうせすぐに汚れるし傷つくしね・・・・コーティングは美観よりも手軽にお手入れできるかとお考えの方には必要ない作業かもしれません・・・。

このお車キャストの特徴は・・・・ルーフがカーボン調のシートが張られてると言う事
これって耐久性はどうなんですか?・・・・・

と言うこともあって裏メニューのテクニカルグラスコートTにさらにダイヤモンドコートを重ね塗り
DSC01641.JPG

ボディー全体もダイヤモンドコートを重ね塗りして完成です。
DSC01639.JPG

DSC01640.JPG

DSC01638.JPG

2016年10月23日

こだわり専門

●レガシーBR9 デントリペア、タッチアップ、ヘッドライトポリッシュ&コート、テクニカルグラスコートULevelC、ウインドウポリッシュ&コート

前回デントリペアで凹みをすべて直して・・・ボディーも全体的に傷んでるのでこだわりのリフレッシュを行いましたよ!!

先ずはヘッドライトから、H23年12月登録でこの状態です・・・・紫外線浴びすぎかな?!
レガシーHR前161023.JPG

こうなるとすべて削り取って・・・表面整えて・・・仕上げは専用のガラスコーティングでも持ちませんので
UVハードコートの厚い膜を塗り込みます!!

レガシーHR後161023.JPG

耐久性はヘッドライト用のガラスコート剤とは比べ物にならないほどの耐久力を発揮致します!!

DSC01595.JPG

レンズの透明度もありますので新品の様に!これなら交換よりははるかに安上がりです!!

そしてガラスとその細部と樹脂部分・・・ワイパーアーム
レガシーFG前161023.JPG

ウロコなし細部のスケールなし黒い樹脂、ワイパーアームは黒々と・・・
レガシーFG後161023.JPG

こういう所が綺麗にリフレッシュされると新車と見間違えるほどの美しさになりますね!!

塗装面は・・・白いカラーはダメージがわかり難いカラーですが・・・
レガシーB前161023.JPG

いや〜結構傷んでましたね・・・鉄粉も相当乗ってましたが(笑

予め鉄粉除去を行いテクニカルポリッシュで最小限の磨きで最適な艶を取り戻します!!
レガシーB後161023.JPG

コーティングはグラスコートUで、塗装面だけではなく、グリル、樹脂部分、レンズとすべてです。

DSC01597.JPG

DSC01596.JPG

DSC01602.JPG

DSC01599.JPG

御引き渡しは本日となりました。ありがとうございます!!

DSC01594.JPG

2016年10月14日

新車でも

●メルセデスベンツV220d テクニカルグラスコートULevelA、ホイールクリーニング&コート、ウインドウポリッシュ&コート

当店コーティングご利用が3回目(3台目)・・・・毎度ありがとうございます!!
今回も新車にコーティングのご用命です!

お車はベンツVクラス・・・とデカいです(汗
でも黒でなくてよかったっと言いたいところですが当店では黒いから価格アップとか、白いから楽できる?とかは一切ないです。
磨きを合理的に進めると・・・・磨けてない・・・磨けないと・・・特に黒い車はそうなります。
仕上げを合理的に進めると・・・あっ汚れが取れていない・・・と・・・特に白い車はそうなります。

黒い車も白い車も赤い車もメタリックの車も汚れをキッチリ取って傷を綺麗に磨く、基本的にカラーは関係ありませんからね!見え方が違うだけですからね!!

V220前161014.JPG

海を渡ってくる輸入車も新車と言えど・・・当店に辿り着くころにはそれなりのダメージがあります。
ボディーカラーは白なので若干のすり傷はあるもののまずわかりません・・・でも上の写真の様にこびり付いた鉄粉、ダスト等の小さな異物は多数ついていて、見ればわかります「これでも新車?」って感じで(汗

V220後161014.JPG

ソリッドホワイトは磨くとき傷は見えにくく見落としやすいですし、黒い異物は取れそうでなかなか落ちないし・・・・しかも車はデカいし・・・・

DSC01563.JPG

デカい分時間は掛かりますが・・・・体力、集中力は養われます(笑

DSC01562.JPG

いつものようにホイールもウインドウガラスもコーティングさせて頂きましたので洗車は楽なはずです!!

DSC01564.JPG

当然新車以上の艶に仕上がっていますよ!!

DSC01558.JPG

2016年10月08日

コーティングの再施工

●コペン デントリペア、タッチアップ、エンブレム及びワイパーアームの新品交換、テクニカルグラスコートUプラスダイヤLevelB

当店でコーティングして頂いて・・・・3年
その間ケアー&メンテナンスはご自身で行ってこられましたが・・・と言ってもご自身で出来るお手入れは洗車のみ、しかも青空駐車で、汚れ傷も目立つソリッドカラー!

<入庫時>
それなりにダメージは負っていますが当店で洗車をしてみるとまだ綺麗?
コペン入庫161007.JPG

でもまだまだ乗り続けるからと言うことでボディーリフレッシュ&コーティングの再施工を御依頼頂きました!!

今回新たに試している「プラスダイヤ」と呼ばして頂いているダイヤモンドコートを通常のテクニカルグラスコートUを施工した後にトップコートとして施工させて頂くご依頼も!!

リフレッシュは劣化したパーツの新品交換を・・・・
コペンワイパー前161007.JPG

新品のパーツ類はオーナー様自身で準備頂きましたが・・・純正部品であれば当店からも注文できます!

コペンワイパー後161007.JPG

エンブレムは新品交換ついでにその周りもしっかり磨いて・・・・
エンブレムD前161007.JPG

エンブレムC前161007.JPG

貼り付けるときは元の位置に貼ります・・・・が位置が分からなくなるのでその位置を記録しておきます。
エンブレムD後161007.JPG

エンブレムC後161007.JPG

スッキリしましたね!!

そしてタッチアップ
コペンタッチアップ前161007.JPG

これは事前に準備頂ければコーティング作業と同時にサービス致します。
経年車をお乗りの方でコーティングのご依頼をされる場合はぜひご準備してお持ちください!!

コペンタッチアップ後161007.JPG

そして・・・あれあれ・・・ヘコミもありますね・・・・最初私も気が付かなかったのですが、もちろんオーナー様も気付いてなかったのですが・・・・
コペンへこみ施工前161002.JPG

当然直します・・・デントリペアで!!
コペンへこみ施工後161002.JPG

仕上げは「テクニカルデイテール」で最適な艶を復活そして「グラスコートU」そして今回期待を込めて?「プラスダイヤ」

コペンB161007.JPG

コペンC161007.JPG

コペンE161007.JPG

コペン@161007.JPG

・・・3年後が楽しみです!・・・・でも今後はちょくちょくメンテナンスの依頼が入るかも?

2016年10月07日

ご紹介

●50プリウス テクニカルグラスコートULevelA、ウインドウポリッシュ&コート

当店をご利用頂いた方から紹介してもらったというオーナ様からボディーコーティングのご依頼を頂きました!!
数あるお店の中でお勧め頂きそしてご依頼頂きましてありがとうございます。
お選びいただくにはそれなりの期待があるでしょうから施工するこちら側としても程良い緊張感でやりがいを最も感じる受け方です・・・・ありがとうございます。

そのお車は・・・新車(登録8月)の新型プリウスで黒・・・・・
新車ですので下地作業レベル(テクニカルデイテール)はLevel@かAで選べますが、迷わずLevelAをお勧めします!!・・・Level@かAでは当然価格はAが上です。打ち合わせで決めさせて頂くのですがお勧めはLevelAです(笑

《施工前状態》
50プリウス筋前161007.JPG

これはドアミラーから水が垂れてそのまま乾いて出来た雨筋ですが・・・すでに洗車では取れなくなってしまっています・・・・新車〜1ヶ月程度ですが・・・。

50プリウスドア前161007.JPG

これは塗装面の傷・・・ほんのちょっとで普通は気にならないレベルですが・・・新車〜1ヶ月程度です!

《施工後の状態》
50プリウス筋後161007.JPG

50プリウスドア後161007.JPG

一番塗装面が良いと思う状態でコーティングする・・・・ですのでLevelAがお勧めです。

DSC01501.JPG

DSC01504.JPG

DSC01505.JPG

DSC01499.JPG

困ったときは遠慮なくまたご相談くださいませ・・・それが維持するための重要なポイントかもしれません!!

2016年09月27日

全部おまかせ!!

●インサイト デントリペア、タッチアップ、テクニカルグラスコートULevelB、ウインドウポリッシュ&コート、ヘッドライトポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート

幸田町からお越しのオーダー様、毎回デントリペア、コーティングなどご依頼頂いていましてありがとうございます。
今回はご両親がお乗りになられるお車のコーティング作業などのご依頼を頂きました。
・・・・ええっとこれで4台目かな・・・作業内容はいつもほぼお任せ、私のやりたい放題です(笑
いつもそうなんですが購入されるお車の外装は少しくたびれた状態です・・・・それをピカピカにリフレッシュしてコーティングする・・・これがオーナー様のルーティーンなんですね。
これって結構施工前後のギャップが楽しめますし車を安く買って外装に予算を掛けて新車以上の綺麗さに仕上げるってのも私自身が提案したい車の購入方法ですからね。
肝心なのは内装とエンジンなどの機関がしっかり整備されているかですね!!

DSC01386.JPG

これ入庫時の状態です。シルバーなので傷んだ状態もさほど気になりません、内装は綺麗ですね!!

先ずはヘコミをチェク・・・2ヶ所ありました
1ヶ所は左クオーターのピラーに近い部分が凸状に?なんでだろう?
<施工前>
DSC01382.JPG

なんでだろうと思いながら叩いて叩いて・・・・・裏から押して修正・・・・また叩いてを繰り返し完成です。

<施工後>
DSC01383.JPG

でもなんで凹んだろうか?・・・まあ直ったのでいいか。 もう1ヶ所はフェンダー、これも無事なかったことに。他には飛び石傷などはタッチアップで補修して・・・

ガラス窓とその周辺は・・・・ケアーが行き届いてないのでウロコスケールが・・・樹脂も白ボケています。
インサイトカウルトップ前160927.JPG

インサイトリアドア前160927.JPG

インサイトリア前160927.JPG

モールの際なども黒ずみが・・・
インサイトルーフ前160927.JPG

塗装面は・・・スリガラス状態・・・でもシルバーなので良くわからない・・・そんなことありませんほらね
インサイトボンネット前160927.JPG

それではリフレッシュそしてコーティング後の状態です・・
インサイトカウルトップ後160927.JPG

インサイトリアドア後160927.JPG

インサイトリア後160927.JPG

インサイトルーフ後160927.JPG

インサイトボンネット後160927.JPG

・・綺麗でしょ!!中古車はこの際をどこまでリフレッシュできるかですね、面だけ磨いてコーティングしてもいまいちかな、そもそも汚れ落としは中途半端で磨かなくてコーティングしてもコーティングですからね、そんなコーティングでは残念なことになりますので、しっかり綺麗にしてしっかり磨いて艶を戻してそしてコーティングしましょう!!

DSC01438.JPG

DSC01443.JPG

DSC01444.JPG

DSC01439.JPG

しかもコーティングは樹脂部分などウインドウも含めてホイールも全部です!!

DSC01445.JPG

DSC01442.JPG

DSC01437.JPG

新車以上のインサイトの完成です。

2016年09月18日

新車に負けない美しさ

●レクサスGS350 デントリペア、タッチアップ、テクニカルグラスコートULevelC、メタルパーツポリッシュ、ウインドウポリッシュ&コート、ヘッドライトポリッシュ&コート

中古購入後、御入庫頂いたレクサスGSはH18年式です。
オーナー様は当店のブログを見て作業の依頼を決められたとか・・・・ああ手を抜けない・・・じゃなくて頑張りましょう(笑

先ずはへこみ直しから

<施工前>
レクサスGS施工前160910.JPG

左フロントフェンダーが凹んでいます。縁も内側に曲がっています・・・デントりぺでは難しい作業ですが私なら何とかできそうなので(少しだけ自己主張してみました)・・・もちろん私では何ともならないヘコミもありますが・・・と落ちも付けておきましょう(笑

<施工後>
レクサスGS施工後160910.JPG

縁の曲りがどうしても少し残っていますが・・・これは私では何ともならないのですが・・・

レクサスGS映り込み160910.JPG

映り込みではまずわからないかと思います。

続いて・・・モールのシミ跡
レクサスGSモール前160910.JPG

ボディーの塗装部分が綺麗でもここがこんな状態だと・・・とても残念です。
格安コーティングとか、安さを提案するコーティングだと間違いなくこのままシミが残ってしまう可能性大です。

レクサスGSモール後160910.JPG

なぜかと言うとこの部分だけ別メニューで磨きますからね!!

当店ではウインドウガラスのクリーニング及びコーティングはボデーをコーティングする前に施工します。
もっと詳しく説明するとガラスとモールの際あたりの美観にもこだわりますのでここも重点的にクリーニングします。ですのでウインドウガラスのコーティングはボディーコーティングとのセットで同時進行が断然お勧めです。
ボディーコーティングだけだと窓ガラスとの境界線にあるゴムモールなどは手を付けられませんしボディーコーティング後にウインドウガラスのクリーニング&コートとなるとせっかく綺麗になったボディーにマスキングとかしなければならないですし・・・・と言うことです。

<施工前>
レクサスBS前160917.JPG

レクサスガラス前160917.JPG

<施工後>
レクサスBS後160917.JPG

レクサスガラス後160917.JPG

これでスッキリ、窓ガラスには超耐久のフッ素撥水加工を施しますので雨の日も安心安全で洗車後の拭き取りもスパッとスッキリです!!

いよいよボディーのテクニカルディテールを行いコーティングを施します。
まずは徹底的に乗っかったダメージを除去するわけですがポイントは、すみ、スミ、隅!
のスケール除去、そしてパネル表面の鉄粉などの異物除去!・・・これを行わずにいきなりポリッシャーでウイーンと磨くと・・・・いまいちの仕上がりどころか鉄粉が焼付いて塗装面がさらにプチプチになります!!
・・・・これは格安コーティングでよく見かける仕上がりですね!!
新車でも花粉が張り付いている状態でいきなり磨くとシミが塗装になじんで・・・ええっていう仕上りになるのでご注意を!!
それくらい綺麗さを求めるコーティンは手が込んだ仕事をしますので・・・

<施工前>
レクサスう前160917.JPG

レクサスGSサイドマーカー前160917.JPG

レクサスレンズ前160917.JPG

レクサスGSボンネット前160917.JPG

<施工後>
レクサスう後160917.JPG

レクサスgsGSマーカー後160917.JPG

レクサスレンズ後160917.JPG

レクサスGSボンネット後160917.JPG

それとグリルなどの複雑な樹脂パーツ・・・・まず普通のボディーコーティングで施工されることはないパーツ・・・・正直面倒な作業ですが・・・・車の顔ですからね、当店は普通にクリーニングしてコーティングします。

<施工前>
レクサスg前160917.JPG

レクサスエンブレム前160917.JPG

<施工後>
レクサスg後160917.JPG

レクサスエンブレム後160917.JPG

如何ですか?新車に負けない美観を取り戻せたかな?

テールレンズも磨いてコーティングを

DSC01345.JPG

ヘッドライトも磨いてコーティングを

DSC01354.JPG

ピラーも磨いてコーティングを

DSC01351.JPG

エンブレム周りもキリッと美しく

DSC01352.JPG

DSC01347.JPG

DSC01356.JPG

よく言われることがあります。
ブログを見てると忙しそうで・・・と
仕上りを見て・・・やはり頼んでよかった!!繁盛してるでしょうと!!

でも実はそうでもないですデントリペアにしてもボディーコーティングにしてもお店を選択するのはお客様ですから!!うちを選んでほしいのでブログは欠かせません
かっこよく言うと各オーナー様の身になってお手伝いしたいという思いからです!!
なので当店を選ぶ価値はあるかなと・・・自分で言ってしまった(笑

本当に繁盛していればおそらくブログとか定期的にアップすることはないでしょう・・・
でも繁盛するとおそらく楽な仕事へと選り好みするのかな?

2016年09月12日

LevelA

●アウディーA3 テクニカルグラスコートULevelA、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート

新車のアウディーA3を納車当日にお持ち頂きボディーコーティングを施行頂きました。
オーナー様は当店2回目のご利用です。ありがとうございます。

さてそのボディーコーティングは「テクニカルグラスコートU」を作業レベル「LevelA」で施工させて頂きました。

新車ですので作業レベルは「Level@」も選択可能ですがお勧めは「LevelA」です?
であれば「Level@」の設定は必要ないのでは?・・・・コーティング作業を始めたころは最低限の下地処理として設定していましたが・・・どうやら最近は私の願望が・・・いやいやおすすめがすんなり受け入れられている・・・最終的にはオーナー様に「Level@」か「LevelA」を選択頂きますが、私の圧力により「LevelA」になる傾向です。圧力?・・・・(笑

これが入庫時の状態です・・・・
アウディーA3前160910.JPG

これが「LevelA」作業後の状態です!!
アウディーA3後160910.JPG

んんんんこの写真で判断できるかな?
パールホワイトなのではっきり言ってLevel@とAの差は比べない限りわからないかもしれませんが
実車を見て比べればはっきり違いが分かります。
Level@は艶が増した感じに
LevelAは艶がスッキリ増した感じです。

DSC01286.JPG

DSC01283.JPG

DSC01282.JPG

車が綺麗っていいですね!!

2016年09月03日

チャンピオンシップホワイトの輝きを取り戻せ

●シビックタイプR デントリペア・タッチアップ・テクニカルグラスコートU+ダイアモンドコート・ウインドウポリッシュ&コート・ヘッドライトポリッシュ&コート・ホイールコート

いや〜正直くたびれました今回のリフレッシュ&コーティング予定の作業が少し遅れ気味・・・台風接近と言うことで何とか本日中の御引き渡しをと思い早朝7時からの仕上げ作業・・・オーナー様はお隣の浜松市です。
何とか間に合い夕方御引き渡しさせて頂きました。

何に苦労したかと言いますと・・・汚れ取に2日間、磨きに2日間・・・これが予想の倍かかってしまったわけですが・・・読みがまかったというか・・・・

シビック隙間前160903.JPG

シビック隙間後160903.JPG

シビックルーフ前160903.JPG

シビックルーフ後160903.JPG

シビックルーフガラス前160903.JPG

シビックルーフガラス後160903.JPG

シビックドアノブ前160903.JPG

シビックドアノブ後160903.JPG

シビックテールレンズ前160903.JPG

シビックテールレンズ後160903.JPG

シビックグリル前160903.JPG

シビックグリル後160903.JPG

シビックカウルトップ前160903.JPG

シビックカウルトップ後160903.JPG

シビックウインカー前160903.JPG

シビックウインカー後160903.JPG

シビックボンネット前160903.JPG

シビックボンネット後160903.JPG

シビックフェンダー前160903.JPG

シビックフェンダー後160903.JPG

これはヘコミね・・・デントリペアで修復
シビック施工前160903.JPG

シビック施行後160903.JPG

ああ写真撮るのも疲れます(笑

DSC01239.JPG

DSC01241.JPG

DSC01243.JPG

DSC01237.JPG

シビック2完成160903.JPG

チャンピオンシップホワイトの輝きを取り戻せました!!