2016年08月31日

チャンピオンシップホワイトの輝きを取り戻せ

●シビックタイプR デントリペア・タッチアップ・テクニカルグラスコートU+ダイアモンドコート・ウインドウポリッシュ&コート・ヘッドライトポリッシュ&コート・ホイールコート 途中経過ご報告

お車は中古で購入後すぐに当店い御入庫頂きました。
作業の方は外装全部のリペア&テクニカルディテールとコーティング
チャンピオンシップホワイトの表面も艶を失い・・・・
もう新車で買えないんですが新車の様に輝かせたいという強い思いで当店をお選び頂いてます!!

DSC01209.JPG

ほとんど艶がありません・・・・

DSC01208.JPG

チャンピオンシップホワイトはソリッドクリアーなしのホワイトカラーです。

DSC01196.JPG

DSC01197.JPG

DSC01199.JPG

ヘコミを直して全ての汚れを落とすのに2日掛かりました・・・・・汗!!

DSC01212.JPG

本日からボディーのテクニカルポリッシュ作業を開始していますよオーナー様!!
綺麗になったところをちら見せです。

2016年08月27日

新車でも・・・

●シトロエンC4 ウインドウポリッシュ&コート

ウインドウポリッシュ&コートを御依頼頂いたと言うか困り果てて御依頼頂いたというか・・・
シトロエンC4は新車ご購入からまだ数か月ガラスにウロコが付いていてどうにも取れないと・・・
デ〇ーラ〇でご相談(クレーム)もこれで勘弁して下さい?と簡易撥水を・・・・問題可決とはならなかったようです。・・・と言うのも納車前からなのか納車後からなのかウロコが付いた時期が?と言うことですね!

C4ウインドウ前160827.JPG

因みにこれが施工前のフロントガラスの状態です。
磨いて感じたことです、これだけは言えます・・・・ウロコの張り付きは割と頑固でした数か月で付いたものとは到底思えません・・・・海を渡る前かな?

C4ウインドウ後160827.JPG

まあ当店で撥水加工するなら下地の磨きはきっちりやりますのでウロコの張り付き云々は関係ないですのでそんなに気にすることはないですよ!!

シトロエンC4 160827.JPG

新車もある意味〇〇〇です(笑・・・・特に輸入車はね!!

2016年08月20日

あの頃の輝きを

●ユーノスロードスターNA8 デントリペア、タッチアップ、リフレッシュ&テクニカルグラスコートU

賞味期限は切れたボディーですが《 オーナー様すいません(笑 》最終手段の全塗装は今後の楽しみにとっておいて現状の荒れ果てたボディーを可能な限り再塗装することなく輝きを取り戻そうと!!

na8入庫時160820.JPG

前回の記事ではヘコミの修復をデントリペアで直したところまでご紹介しましたので続いては傷などのタッチアップをご覧いただきましょう。

na8タッチアップ前160820.JPG

タッチアップした箇所は・・・ほぼすべてのパネルです(笑・・・何もしないよりはタッチアップで目立たなくすると言うのが本来の目的ですよ!傷が無くなるわけではないのですが・・・・

na8タッチアップ後160820.JPG

目立たなくなったかな?

外装パーツは可能な限り外して蓄積した汚れをお掃除して磨いてコーティング
外装以外も・・・例えばドアを開けた内側とかトランク開けた内側、ボンネット開けたこの部分とか

na8わ前160820.JPG

やり始めるときりがないです。

na8わ後160820.JPG

na8ウインカー前160820.JPG

テクニカルポリッシュはレンズも磨けます、よって当然磨きます・・・もちろんコーティングもしますよ!!

na8ウインカー後160820.JPG

na8ボンネット前160820.JPG

ウオッシャーノズルは取り外すと爪が折れる可能性大ですがそのリスクを説明して(もし折れたら新品交換で費用は追加と言うことです)外して磨いてコーティングします。

na8ボンネット後160820.JPG

カウルトップもコーティングしてます。綺麗になりましたね!!

詳細にご紹介するときりがないのでこの辺にしときます。
全体的にはおそらくオーナー様が思った以上に綺麗に仕上がってると思うのですが・・・・・

DSC01141.JPG

DSC01142.JPG

DSC01147.JPG

DSC01146.JPG

DSC01143.JPG

そして完成・・・ただどうしてもどうしようもなかった部分が・・・・・

na8後ろ前160820.JPG

左側のテールレンズ・・・なぜか真っ白・・・でもオーナー様がヤフオクで「1,500円で手に入れました」と言うことで御引き渡し前にそれをお持ち頂きさらに磨いてコーティングして交換を

na8後ろ後160820.JPG

後姿もこれでばっちりです。

DSC01152.JPG

少し年は取りましたがあの頃の輝きを取り戻せましたね、これからもよろしくお願いいたします。

2016年08月16日

維持できる喜び

●ユーノスロードスターNA8 デントリペア、タッチアップ、リフレッシュ&テクニカルグラスコートU

私のお盆休みも終わり、ガレージではかなりくたびれたネオグリーンのユーノスロードスターをリフレシュシュ中です!!

DSC01060.JPG

正直・・・・ご相談を受けた時には・・・塗り替えた方が良いんじゃないかと・・・とはいってもオールペイントとなると一ケタ多い予算が必要ですからね!

オーナー様からのご要望は現状で出来るだけ綺麗に磨いてコーティングをと!
後ヘコミが数カ所あるのでそれも直して・・・・・・・・・傷みダメージはかなり進行していますし物理的に残ってしまうダメージもかなり多そうですがそれもこの先長く維持するための第一ステップです。
お金をかけてオールペイントすることは綺麗にはなりますが何もかも封印されるようで少し寂しさを感じますが、くたびれてもそれにこだわり手を加え綺麗にすることには維持できる喜びを感じられますからね!!
・・・・じゃ出来るだけ頑張ってみますかね!!

ヘコミは・・・・
na8施工前160816.JPG

これは左ドアのヘコミです
na8施工後160816.JPG

これは右のドアのヘコミですが傷もありタッチアップされています・・・
na8ドア施工前160816.JPG

タッチアップは一旦除去しヘコミを直し・・・少し磨いてみると
na8ドア施工後160816.JPG

これならこのままもう少し磨けば・・・それが一番目立たないかな・・・タッチアップは必要ないね(笑!!

ヘコミがすべて無くなったらパーツを出来るだけバラシて汚れの除去を・・・
DSC01084.JPG

見えない部分ですが私もスッキリします!!
DSC01085.JPG

これはテールレンズの部分ですがちょうど際の部分の艶が仕上がりを引き立てます!!

DSC01111.JPG

問題はこのボンネットそしてバンパーの艶・・・の無さ・・・・
今では珍しいというかほとんどないクリアーの無いソリッドカラー・・・磨くとこうなります。
DSC01131.JPG

半分だけ磨いてみました・・・・・
na8半分160816.JPG

おおっ甦ります・・・・オーナー様ご対面を楽しみにして下さいませ!!

2016年08月13日

甦った黒に感動!!

●V36スカイライン デントリペア・タッチアップ・テクニカルグラスコートU・ヘッドライトポリッシュ&コート

本日御引き渡しとなりましたV36スカイラインのリフレッシュをご紹介します。

中古で購入されたお車ですが・・・塗装の劣化に加え飛び石傷そしてヘコミ・・・手入れが行き届いていないため細部の汚れ等が目立った状態ですが・・・とはいっても普通は販売時にもう少し綺麗にして売るべきじゃないですかねえ・・・そうすれば私の出る幕もないのにね(笑

先ずはヘコミをデントリペアで修理
スカイライン施工前160813.JPG

トランクのヘコミです・・・黒なので余計目立ちます。
スカイライン施行後160813.JPG

これはドアのヘコミ
スカイライン横施工前160813.JPG

他にもあと2ケ所合計4か所のヘコミをデントリペアしました。
スカイライン横施工後160813.JPG

この後行うボディーコーティングとセットならデントリペアは半額です!!もちろん本業ですので私自身が作業するので行える半額サービスですし仕上がり重視は当たり前です!!決して外注作業ではありませんので!!
コーティングした後に凹んだって場合もトータルで面倒見れるのが当店の売りですよ!!

ヘコミが直ったところでいよいよコーティング前のテクニカルディテール作業です。
ただ塗装面を磨くだけの作業と違い、樹脂パーツなども含め細部まで徹底的に汚れを落とし・・・全体の外観の美観を復活させダメージのある塗装面の磨きを行い綺麗な塗装面を復活させます。
その後テクニカルグレイジングで最高の艶をプラスこれがテクニカルディテールディテールです。
同時にですが今回は飛び石傷が多かったためタッチアップ作業も行いました。

※タッチアップ作業はタッチアップペンを事前にお持ち頂ければサービスで行います。

テクニカルディテールで最適な艶を手に入れたボディーを樹脂、レンズ、ワイパーブレード、トップカウル、ナンバープレート等々丸ごとガラスコーティング(グラスコートU)します。

スカイライン汚れ前160813.JPG

スカイライン汚れ後160813.JPG

スカイラインライト前160813.JPG

スカイラインライト後160813.JPG

スカイラインエンブレム前160813.JPG

スカイラインエンブレム後160813.JPG

スカイラインミラー前160813.JPG

スカイラインミラー後160813.JPG

スカイラインボンネット前10813.JPG

スカイラインボンネット後160813.JPG

DSC01104.JPG

DSC01105.JPG

DSC01098.JPG

スカイライン完成160813.JPG

甦った黒、オーナー様も感動!!・・・・して頂けたと思うよ!!!

2016年08月07日

当店のボディーコーティング

●ミニ クロスオーバー テクニカルグラスコートULevelB タッチアップ

以前バックドアのヘコミをデントリペアでご利用頂いたオーナー様のミニクロスオーバー
今回はデントリペアではなくボディーコーティングのご依頼です。ありがとうございます。
新車からまだ約1年ですのでここら辺でコーティングをと言うことかな!

クロスオーバー入庫160806.JPG

ところで皆さんボディーコーティングって何だと思いますか?
価格だけで調べてみると2万円前後から高いものは30万円を超えるものまで・・・・
多くの方は5万円前後から10円前後の費用で施工されている方が多いのではないでしょうか!!
そのボディーコーティングの効果ですがコーティングすることで日頃の洗車が楽になり汚れが付きにくく美観を長期間保ってくれる効果があるのはご存じだと思いますがズバリその価格差はその作業に掛かる時間に比例しています。・・・と言いたいところですが実はそうでもなかったりします。

非常に価格に反映させにくい作業としてはその下地処理・・・新車であればある程度その作業も予測しやすいですし作業時間に大きく違いは出ませんが(例外はありますが)経年車となれば・・・いったいどこまで綺麗に下地処理をしないといけないのやら・・・・ダメージの度合いによっては除去しきれないシミ傷も多数ありますからね・・・このあたりが難しい所かな!!
そして日頃ケアーの行き届かない細部ね、例えばミラーの付け根あたりの水垢、エンブレム周り、ドアモールの隙間パネルとパネルの隙間・・・・ドアを開けた内側・・・ここを綺麗にするかしないかで美観に差が出ますからね。
後はコーティングをどこまで施工するか・・・表パネルの塗装部分だけか・・・ピラー、モールなどの樹脂部分までかそれともグリル、ワイパー、カウルトップ・・・ナンバープレート・・・・レンズ・・・
ここは施工されるお店で確認したいところですね!!

当店のボディーコーテイングは先ず下地処理は可能な限り細部まで汚れを除去し適切な磨き込みで塗装の美しさを最大限引き出しますが決して磨き過ぎる事のないような特殊なポリッシングです!!
そして物理的に除去できない飛び石などの傷はタッチアップ作業まで行いますので施工ご依頼の際は同色のタッチペンをお持ちくださいませ。
使用するコーティング剤は基本1種類(2種類ありますがお勧めするのはテクニカルグラスコートUですから)です。これは自分で使用してみて良いなと思ってるからです・・・ただそれだけです。
もちろんコーティングは上記のすべてのパーツも含め丸ごと施工致します。
他を批判するわけではないですが何種類もメニューにあるお店の意図が私にはわからないんですね?
まあ量販店であればいろんなお客様に合わせて多くのメニュー・・つまり選べる価格帯を持つというのは致し方ないのかな・・・?
皆様には色々なお店、コーティング(施工内容、品揃え、価格)がある中で当店のが良いなと思えば選んで頂ければよいかなと思ってます。

さて当店をお選び頂いたクロスオーバーのオナー様に喜んで頂かなくてはね・・・と言うことで完成です!!

DSC01025.JPG

DSC01026.JPG

DSC01022.JPG

DSC01023.JPG

DSC01027.JPG

良く見るコーティングの「半額表示」・・・・正直インチキです(笑・・・言い過ぎですか?

2016年07月30日

テクニカルディテール

●レクサスGS450h テクニカルグラスコートULevelB、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート、ヘッドライトポリッシュ&コート

2台目のお車コーティングのご用命です。ありがとうございます!!
前回は新車でしたが今回は中古車です・・・から徹底的に汚れを除去して磨いてコーティングです。

当たり前ですが経年車となるとこれまでにコーティングを定期的にされていたとしても・・・ボディーへのダメージは積み重なっているものです。・・・特にこのレクサスは細部ね!
ですので細部までケミカルとツールを駆使して徹底的にクリーニング&磨きを行います。
当店では塗装面はもちろんですが樹脂パーツ、ゴム類、金属パーツを本来の綺麗な状態に戻すことを「テクニカルデイテール」と呼んでいます。

450hドアノブ前160730.JPG

450hドアノブ後160730.JPG

450hミラー前160730.JPG

450hミラー後160730.JPG

テクニカルディテールで甦った艶をガラスコーティングすることでより甦った艶をさらに輝かせ同時に圧倒的な膜厚と硬度そして滑らかに整った表面は汚れを寄せ付けません。
日頃の洗車も圧倒的に楽で快適です!!

DSC00944.JPG

DSC00945.JPG

DSC00950.JPG

DSC00951.JPG

DSC00954.JPG

DSC00959.JPG

DSC00955.JPG

DSC00958.JPG

DSC00960.JPG

450h完成160730.JPG

この美しさ、新車に負けません!!

2016年07月26日

BP5復活劇 完成

●レガシーツーリングワゴンBP5復活劇 完成

鈑金塗装、デントリペア、部品交換、タッチアップ、テクニカルディテール、コーティングとすべての作業が終わり綺麗さを取り戻したレガシーBP5

それではご覧ください

レガシーモールきわ前160723.JPG

モールとモール際の汚れを除去しコーティング

レガシーモールきわ後160723.JPG

ルーフレールの溝に汚れも見逃しません
レガシールーフレール前160723.JPG

スッキリしました。
レガシールーフレール後160723.JPG

ガラスはウロコ、スケールをしっかり除去した後フッ素撥水コートを
ワイパー、カウルトップは汚れを除去後専用コーティングをします。
レガシーフロント前160723.JPG

見違えるように綺麗になりましたね。
レガシーフロント後160723.JPG

ピラー樹脂部分は磨けます。
レガシーピラー前160723.JPG

磨いて綺麗になったピラーはもちろんコーティングします。
レガシーピラー後160723.JPG

劣化が深刻なルーフスポイラーですが
レガシーダメージ前160723.JPG

テクニカルポリッシュ&テクニカルグレイジングでここまで回復・・・・もちろんコーティングも
レガシーダメージ後160723.JPG

テクニカルポリッシュ&テクニカルグレイジング
レガシースポイラー前160723.JPG

ダメージのある塗装表面の磨きを最小限に抑えながら艶を最大限引き出します。

レガシースポイラー後160723.JPG


DSC00880.JPG

DSC00883.JPG

DSC00881.JPG

ドアのプロテクターモール、ミラーカバーなどは新品交換で気分一新してます。
DSC00886.JPG

DSC00885.JPG

DSC00888.JPG

DSC00860.JPG

DSC00857.JPG

オーナー様はこのレガシーをなんと十数万で手に入れそして思う様に手を加え・・・今後もまだ手を加えるところがあるようです。
実はオーナー様は車もバイクも大好きな男前な女性オーナー様でした。

2016年07月23日

BP5復活劇 その3

●レガシーツーリングワゴンBP5復活劇その3

タッチアップ色々をご紹介します。
車も時間が経つと色々ダメージが増えてきますがその中でちょっとした傷・・・・どうします?
ボディーの美観を取り戻す為に鈑金塗装、デントリペアそして磨き&コーティングと進めているのですが・・・そう少しずつ食らった飛び石による塗装の欠け、当てられて出来た傷・・・・擦って出来た傷・・・・鈑金塗装するまでもないと言うか・・・鈑金塗装するにはお金が掛かるそんな時にとりあえず役に立つのがタッチアップですがそのサービスをさせて頂きました!!

<タッチアップ前>
レガシープレスライン前160723.JPG

ここはヘコミを直した後の残った傷ね・・・

<タッチアップ後>
レガシープレスライン後160723.JPG

当然ですが・・・ヘコミは無かったことになってますよ!!映り込みバッチリタッチアップ後の傷跡・・・これなら気にならないかと?
レガシー映り込み160723.JPG

<タッチアップ前>
レガシーキーシリンダー前160723.JPG

これはキーシリンダー周りの塗装はげ・・・

<タッチアップ後>
レガシーキーシリンダー後160723.JPG

<タッチアップ前>
レガシータッチアップ前160723.JPG

これはドアノブね!ん〜塗装のはげです・・・

<タッチアップ後>
レガシータッチアップ後160723.JPG

番外編・・・
<タッチアップ前>
レガシー傷前160723.JPG

これはね〜でもね目立たない場所ですからタッチアップと言うか刷毛塗りを・・・
その前にささくれを削ってパテで段差を埋めて・・・刷毛塗り!!

<タッチアップ後>
レガシー傷後160723.JPG

タッチアップはとりあえずの補修作業かもしれませんが傷を目立たなくさせる為には必要なアイテムですね・・・ボディーコーティングとセットであればタッチアップはサービスです。

ボディーコーティングも完成し本日御引き渡しも完了です。
出来上がの写真はまた後日・・・・おたのしみに!!

2016年07月18日

BP5復活劇 その2

●BP5レガシーツーリングワゴン 復活劇 その2

3連休も終わりましたね・・・って言うか3連休だったんだ(笑
お預かりして作業を進めているBP5レガシーツーリングワゴンの途中経過のご紹介です。

クオーターとバンパーの鈑金塗装が出来上がり続いて取り掛かったのは「デントリペア」
ヘコミの数は18箇所+α・・・+αとは他にもあったら直しますよと言う意味です(笑

<施工前>
レガシードアヘコミ施工前160718.JPG

ヘコミは大体こんな感じで大小色々・・・

<施工後>
レガシードアヘコミ施工後160718.JPG

傷が付いていたので試に磨いてみました・・・・これなら傷はほとんどわからないね!
磨きの本作業は後ほど行いますね!!

<施工前>
レガシーヘコミ施工前160718.JPG

デントリペアで一番時間が掛かったのはこれです・・・ドアの上部

レガシーアクセス160718.JPG

ガラスまで外してようやくアクセスできました!!

<施工後>
レガシーヘコミ施工後160718.JPG

18ヶ所すべてへこみは直りましたよ!塗装が剥げているヘコミありましたが後ほど目立たない様にタッチアップする予定です。
あそうそう、ボンネット先端に3ヶ所薄らヘコミを見つけましたのでそれも直しました・・・あっ追加料金はいりませんよ、サービスしときます(笑

そしていよいよ「テクニカルディテール」「コーティング」へと作業は進みます。
先ずはケミカルを使用したテクニカルウオッシュで徹底的に付着した汚れ、異物の除去を行います。
特に今回はモールなどの新品交換も同時に行うため効率よくリフレッシュできます。

レガシーモール前160718.JPG

これドアのモールを外した状態です・・・・汚ったねぇ〜・・・当たり前ですが(笑

レガシーモール後160718 .JPG

これでスッキリ!!・・・磨きはこの後・・・もっと艶が出ますよ!!

レガシーミラー前160718.JPG

ドアの内張りも外してますので・・・ついでにサイドミラーも外してその付け根の汚れを除去

レガシーミラー後160718.JPG

この状態で後ほど磨きます・・・・普段は隅まで磨けませんが、これなら見えないところまで磨けます!!

レガシーハウス前160718.JPG

隅の隅まで汚れを除去

レガシーハウス後160718.JPG

他、窓ガラス、各パーツの細部のスケール汚れを完全除去・・・・すっぴんになったレガシーは磨き⇒コーティングへと・・・・M様、今週末には完成する予定です!!

2016年07月14日

BP5復活劇 その1

●BP5レガシーツーリングワゴン 復活劇 その1

先週からお預かりして作業を進めている「BP5レガシーツーリングワゴン」

DSC00807.JPG

当店が提案するすべての作業を駆使して輝きを取り戻す作業を進行中です・・・
すでにオーナー様の方ではヘッドライトを新品交換されていますね!
当店では「鈑金塗装」「デントリペア」「タッチアップ」「テクニカルディテール」「部品交換」「グラスコーティング」を行いますよ・・・・

先ずは「鈑金塗装」からです
DSC00725.JPG

左クオーターとリアバンパーが傷ついて大きく凹んでいます。お願いするのはいつもの「アッソガラージュ」さんhttp://www.asso-garage.com/
DSC00769.JPG

本来ならドアまでぼかし作業が必要ですがドアは塗らずに仕上げて頂きましたが、色合わせのテクニックにより違和感なく仕上がってますね、そして言わなければ塗った箇所も塗ったとは思わないほどの仕上がりですよ!!

さあここからは私の出番・・・ドアパンチなど些細なヘコミが・・・数えると18ヵ所・・・いやもっとあります。
DSC00723.JPG

DSC00726.JPG

DSC00724.JPG

黄色いテープがへこみの位置です・・・・これをデントリペアで直しますが・・・その前に

DSC00808.JPG

モールが傷ついています・・・・
DSC00809.JPG

4枚のドア全部・・・・なので全部新品交換と言うことで剥します・・・
DSC00811.JPG

デントリペアの後テクニカルディテールで綺麗にして新品を貼り付けます。
内張りもすべて外していますし、ついでに外しました・・・ミラー
DSC00810.JPG

実はミラーのカバー部分も傷が付いていましたので新品交換しました、ちなみに部品代は片側5,000円弱です。
これでミラーの取り付け部分もスッキリしますよ!!

と言うことで本日ご紹介はここまで・・・・オーナー様お楽しみに!!

4年ぶりの再施工

●V36スカイライン テクニカルグラスコートULevelB、ヘッドライトポリッシュ&コート

テクニカルグラスコートU(当時イージスグラスコート)を施工させて頂いて・・・・4年が経過
その間、洗車のみで維持されていたそうですが、あと2年くらいまだ乗るからと言うことで今回はテクニカルグラスコートTで再施工をさせて頂きました。

その前に・・・ヘッドライトの劣化が進んでいましたので・・・・
スカイラインヘッドライト前160714.JPG

全部削り落して新しいUVハードコートを再施工すると・・・
スカイラインヘッドライト後160714.JPG

透明感の戻った美しいヘッドライトに!!

ボディーの方は細部に汚れが溜まってますのですべてスッキリ除去
ボンネットの状態はこんな感じです・・・・まだまだ綺麗に見える?
スカイラインB施工前160714.JPG

再施工しましたので・・・もっと綺麗になりました!!
スカイラインB後160714.JPG

これであと2年は大丈夫!・・・いやもっと行けると思いますよ!!
DSC00793.JPG

DSC00801.JPG

DSC00795.JPG

スカイライン完成160714.JPG

本日御引き渡し・・・・もうすぐ梅雨明けかなあ?
DSC00802.JPG

2016年07月11日

まだまだ乗るよ

●ヴェルファイア テクニカルグラスコートULevelC、ヘッドライトポリッシュ&コート、ウインドウポリッシュ&コート、タッチアップ、ウインドウモール交換

新車から早8年が経過しているヴェルファイア、オーナー様は基本、車は乗り換えない主義だと!
ですので乗り続けているヴェルファイアをリフレッシュしようと・・・・当店にその依頼をして頂きました!!

<入庫時>
ヴェルファイア入庫時160710.JPG

黒でミニバンLLサイズ8年経過の状態ですから・・・・気が重い・・・・。
いやいややりがいMAXです(笑

ヴェルファイアモール前160710.JPG

モールもこの状態・・・・ですので交換します。・・・カウルトップ(ワイパーの下の部分)も交換予定でしたが納期1カ月以上でしたので先ずは現状の物をクリーニングしてコーティングしてみました。

ヴェルファイアモール後160710.JPG

これなら現状で良いかもねあと数年は持ちそうです。・・そしてワイパーもガラスも綺麗になって見違えるように!

ヘッドライトは・・・
ヴェルファイアH前160710.JPG

劣化が進んでいますので・・・全部削って(オレンジのテープも剥しまします)
ヴェルファイアH中160710.JPG

UVハードコートの再施工を行いました、これで当分は新車気分を味わえます!!
ヴェルファイアH後160710.JPG

ボディーの方は飛び石傷、すり傷等もありましたので目立たない様にタッチアップをサービスで!!
パネルの隙間は・・・ご覧の様にスケールが8年分?
ヴェルファイアR前160710.JPG

パネルが綺麗に磨かれるとここが必ず目立ちますからね・・・って言うかここが汚れたままだと輪郭がシャキッとしないんですよ。
ヴェルファイアR後160710.JPG

シャキッとしたね!!

ヴェルファイアT前160710.JPG

ボディーのスクラッチヘアーは全て磨ききれないですが適切な磨きを行う事で新車に負けない輝きを取り戻せました。
ヴェルファイアT後160710.JPG

全てのコーティングが完了し・・・・これからまた8年以上のお付き合いが始まりますね。
DSC00757.JPG

DSC00758.JPG

DSC00759.JPG

ヴェルファイアH完成160710.JPG

DSC00752.JPG

DSC00756.JPG

DSC00754.JPG

あ〜それにしても疲れた・・・・当分LLクラスのミニバンは触りたくないわ(笑

2016年06月29日

いい意味で妥協できない

●コペン テクニカルグラスコートULevelB、ホイールクリーニング&コート、ウインドウポリッシュ&コート

新車から半年が経過した新型コペン、ボディー、ホイール、ウインドウすべてのコーティングを御依頼頂きました。
状態は・・・半年分のダメージですがこの頃がダメージの気になる頃ですね!
特に洗車時の拭き取り後に気になる雨染みはすでに通常のケアーでは落とせなくなっていますからね!!

DSC00696.JPG

まだまだ新車気分でいたいですから付着したダメージは一掃しさらに磨き込むことで新車以上の輝きを手に入れましょう・・・と言うことで作業レベルは「LevelB」です。

DSC00698.JPG

実は新車から半年のこの状態を綺麗にするのって結構大変だったりします。

DSC00693.JPG

いい意味で妥協できないんです・・・細かいところまで手を加えるのは新しくても古くても同じですが古い車はいい意味であきらめも必要ですから妥協する部分もあります、でもこのケースはまんべんなく少しダメージがある状態ですから・・・手を加えた分だけは綺麗になりますからね!!

DSC00695.JPG

オーナー様はNCロードスターからの乗り換えです。ロードスターではデントリペアのご利用も御座いましたが距離数も伸びて今度はコペンをと言うことです・・・やっぱりオープンカー好きなんですね!!

DSC00700.JPG

コペンはドア以外は樹脂製と言うことでデントリペアで修理と言うことは出来ませんがドアは鉄板ですか?
と言うことはドアパンチはこれまで通り気をつけて下さいませ。

2016年06月25日

シミ、シミ、シミ

●レヴォーグ テクニカルグラスコートU+ダイヤモンドコートLevelB、ウインドウポリッシュ&コート

新車から2年ガラスコーティングは施工済みのレヴォーグです。
・・・が雨染みが付いて美観を損ねています。
と言うことでご相談を頂きボディーと窓ガラス全体をリフレッシュ後、新たなコーティングを再施工させて頂きました。

窓ガラスは・・・こんな状態が
レヴォーグウインドウ前160625.JPG
スッキリ!!撥水加工は耐久力の高い純フッ素を加工します。
レヴォーグウインドウ後160625.JPG

サイドウインドウ、ピラーもシミだらけ・・・
レヴォーグサイド前160625.JPG

お任せください・・・綺麗にリフレッシュできました。
レヴォーグサイド後160625.JPG

サンバイザーも
レヴォーグサンバイザー前160625.JPG

サンバイザーのシミは表側だけではなく室内側から見た内側も・・・・
写真は室内側から見たシミです!!
レヴォーグサンバイザー後160625.JPG

レンズも・・・
レヴォーグライト前160625.JPG

レヴォーグテール前160625.JPG

ミラーも
レヴォーグミラー前160625.JPG

グリルも
レヴォーググリル前160625.JPG

全部シミが付いていましたが・・・・
すべて綺麗にリフレッシュ!!
レヴォーグライト後160625.JPG

レヴォーグテール後160625.JPG

レヴォーグミラー後160625.JPG

レヴォーググリル後160625.JPG

もちろんボディーにも・・・
レヴォーグボンネット前10625.JPG

コーティングはしていたということですが例外なくシミがビッシリ付いています。
ここまでまんべんなくシミが付いているということはそれなりの原因があります!!
ズバリ!洗車時の拭き取り前に急速に乾燥してしまった!水道水の水質に問題あり!でしょうか
雨が原因・・・それ以上に水道水をそのまま乾かすのは危険です!!

レヴォーグボンネット後160625.JPG

全てリフレッシュされコーティングはテクニカルグラスコートUにプラスしてダイアモンドコート(裏メニューです)を施工させて頂きました。

コーティングは美観を維持するための手助けをしてくれる優れものですが、美観を維持するのはオーナー様自身の日頃のケアー(洗車)が重要となります。
それでも条件によってはダメージは少しずつ付いてきますので・・・・定期的なメンテナンスを御依頼頂ければコーティングを長持ちさせることが出来ます!!

あっ車の写真を撮るのを忘れた・・・・。

2016年06月18日

こだわりますよ

●ミニ ジョンクーパワークス デントリペア テクニカルグラスコートULevelB ウインドウポリッシュ&コート ホイールクリーニング&コート ペイントタッチアップ

天白区からミニジョンクーパワークスのオーナー様からデントリペア&ボディーコーティングのご依頼頂きました。
当店をお選び頂いた理由は・・・・後で聞いた話ですがこだわってそうだから!!
はい、一応私なりにこだわっています(笑・・・こだわらないとただの作業になりますからね!!

と言うことで先ずはデントリペアからです。

<施工前>
ミニJCW施工前160618.JPG

これは右クオーターのヘコミ2発です。施工は内装をバラシて・・・結構バラシは大変です。

<施工後>
ミニJCW施工後160618.JPG

存在が消えましたね!!

そして・・・おせっかいですがこだわらせて頂いたのは
<施工前>
ミニJCW手直し前160618.JPG

これ・・・少し凹んでいますよね?これデントリペア施工後の状態です(当店ではありませんよ)
そう少しヘコミが残っている・・・と言うか仕上げが甘いというか・・・。
オーナー様的には気になってなかったのかもしれませんが磨いて綺麗にするとひょっとしたら残ったヘコミが気になるかも?
と思いオーナー様にはおせっかいだったかもしれませんがもっときれいに仕上げる為の再施工をお勧めしました。

仕上げが甘かった原因は・・・これ
ミニJCW原因@160618.JPG

パネルを制振する為のシートが張ってある上からの作業でその厚みで精密な仕上げが出来なかったのかもしれませんね・・・と言うことで

ミニJCW手直しA160618.JPG

めくって作業します・・・・すると

<施工後>
ミニJCW手直し後160618.JPG

これでもう気にならないでしょう!!
ちょっと気にしてシートをめくって作業するだけで精密な作業が出来るんですね。

ヘコミが直りましたのでいよいよボディー全体のテクニカルデイテールです。
あっその前にちょっとだけ宣伝を「愛知県でデントリペアが出来て磨き&コーティングが個人で全部できるのは私くらいです」・・・つまりよその磨き屋さんコーティング屋さんはデントリペアは外注です。
・・・何が言いたいかって・・・・一応当店(私)の自慢です(笑

それではウインドウガラスの状態です。
ミニJCWウインドウ前160618.JPG

小さなうろこが付いていますが・・・

ミニJCWウインドウ後160618.JPG

綺麗にリフレッシュ、その後フッ素撥水加工で撥水力は継続します。

これはピラー部分です・・・塗装面ではなく樹脂です。
ミニJCWピラー前160618.JPG

こういう所も磨けます・・・もちろんコーティングも致します。

ミニJCWホイール前160618.JPG

艶あり黒でメッシュタイプのホイールのクリーニングは・・・気を遣います。
ブレーキダストの汚れ固着もデリケートな艶あり黒ですから・・・気を遣うのです。
気を遣った分、綺麗になれば達成感もより感じますけど!!

ミニJCWホイール後160618.JPG

ボディーはこんな感じ
ミニJCWフェンダー前160618.JPG

一番傷が目立つ箇所です・・・・

ミニJCWフェンダー後160618.JPG

全ての傷を磨く事は出来ませんが綺麗になりましたね!!

ミニJCWボンネット前160618.JPG

これはボンネットね、細かくシミがダメージが・・・

ミニJCWボンネット後160618.JPG

最高の艶でお出迎えします!!

DSC00613.JPG

DSC00615.JPG

DSC00614.JPG

DSC00623.JPG

御引き渡しは本日、梅雨の時期ですが降水確率0%の晴れです。
オーナー様もどうやら晴れ男見たいです。と言うか奥さんが晴れ女かな(笑

DSC00600.JPG

オーナー様お待たせいたしました!!今後も遠慮なくお手入れ等のご相談をして頂ければと思います。

DSC00603.JPG

芝生が結構伸びてきたね!!

2016年06月10日

小っちゃいスポーツカー

●ホンダS660 テクニカルグラスコートULevel@ソフトトップコート

小っちゃいスポーツカーのボディーコーティングのご依頼です。

S660@160610.JPG

ホンダS660パールホワイトの新車です!!
当店ご利用は今回が2回目ですね、ありがとうございます。

S660A160610.JPG

小っちゃいボディーですし新車なので・・・・でっかいミニバンの半分の労力で済みます!!

S660B160610.JPG

新車でしたが少し鉄粉が載っていました・・・・良くある話です。
一応言っときます・・・新車もダメージはあります!!
ですのでただコーティング剤を塗るだけではだめですね・・・ちゃんと下地処理して最低限の磨きをして艶を最大限引き出してコーティングの施工を行わないとね!!

S660E160610.JPG

今回のボディーコーティングは「テクニカルグラスコートULevel@」と「ソフトトップのフッ素コート」

S660F160610.JPG

梅雨に入りましたが本日は真夏の様な天気です・・・・御引き渡しの日ですからね!!

S660C160610.JPG

2016年05月29日

新車に乗り換え

●デミオ テクニカルグラスコートU・ウインドウポリッシュ&コート

数年前デントリペアをご利用頂いたオーナー様からのボディーコーティングのご依頼です。
お車は今回新車に乗り換えで・・・ディーラーさんにもコーティングはすすめられたとの事ですが・・・・今回は当店で施工をしたいと・・・ありがとうございます。

新車の場合その下地処理の作業レベルはLevel@〜Aで提案させて頂いてます。
LevelAの場合は 洗車⇒テクニカルポリッシュ⇒テクニカルグレイジング⇒コーティング
Level@の場合は 洗車⇒テクニカルグレイジング⇒コーティング  となります。
どちらを選んでもいいわけですが
選択ポイントはよりボディーの映り込みを綺麗に見せたい場合LevelAがお勧めです。
新車でもダメージが多いケースもありますのでそのような場合は必然的にLevelAがお勧めとなりますね!!

それとボディーコーティングと同時にお勧めしているのが「ウインドウポリッシュ&コート」

デミオガラス前160528.JPG

新車はほとんどがこんな感じで油膜が付いています。撥水もしなければ、拭き上げてもご覧の通り残念な状態です。
ほとんどの方はこの状態が新車ですので気にすることもなく・・・・気が付くころにはウロコだらけだったりして・・・・。

デミオガラス後160528.JPG

施工方法は油膜等をしっかり除去してフッ素撥水コートを加工します。
ガラスの透明度がアップしますし洗車時の拭き上げも楽々・・・もちろん雨の日のドライブも安全快適です。

ボディーはテクニカルグラスコートULevelAで仕上げてます。
上記にも書いたように塗装の艶、映り込みを最大限表現します。

これが・・・
デミオボンネット前160528.JPG

こうね!
デミオボンネット後160528.JPG

肉眼で見る方がもっと感動します!!

DSC00175.JPG

DSC00181.JPG

DSC00176.JPG

DSC00179.JPG

DSC00174.JPG

日頃のケアーメンテナンス・・・お気軽にお問い合わせくださいませ。

DSC00164.JPG

2016年05月24日

やり直し

●ベンツE63AMGステーションワゴン テクニカルグラスコートULevelC・メタルモール/ルーフレールポリッシュ&コート・ウインドウポリッシュ&コート

5年落ちのE63AMG、3ヶ月前に同時にボディーガラスコーティングを施工された状態と言うことですが・・・
イマイチの仕上がり?

e63amg入庫160524.JPG

上の写真が入庫時の状態ですが、もっと綺麗にならないものかと・・・・
・・・・十分綺麗に見えますよね。
実際、塗装面の艶はあります!・・・・ただパーツごと、その細部に目をやると手を入れられてない箇所は5年分の汚れ、ダメージが蓄積している感じですね!!

ですので少しもったいない気もしますが下地からキッチリコーティングの再施工を致します。

これはルーフのガラス面です。
e63ガラス前160524.JPG

ウロコが完全にとり切れていませんでしたので施工し直しです。
e63ガラス後160524.JPG

ボディーも黒なので塗装部分と見間違うほど綺麗です。

そしてルーフレールとドアモール アルミ独特の腐食が進んでる様態です。
e63レール前160524.JPG

e63モール前160524.JPG

ボディが綺麗でもここがこうだとすべて台なしですからね
e63レール後160524.JPG

アルミモールだけではなくその上のゴム部分も綺麗になっているのわかります・・・これが「DR-G」品質です!!
e63モール後160524.JPG

そして細部は
e63ミラー前160524.JPG

見て頂きたいのはパーツとパーツの隙間ね・・・5年分の汚れです
e63ヘッドライト前160524.JPG

専用ケミカル&ツールで綺麗に除去してフッ素で下地そしてガラスコートこの手順を各パーツの隙間全て行います。e63ミラー後160524.JPG

e63ヘッドライト後160524.JPG

続いてエンブレム周り
e63エンブレム前160524.JPG

エンブレム周りはポリッシャーで磨けませんのでこれ以上傷が多くならない様に汚れを落とします
e63エンブレム後160524.JPG

ああ面倒な作業が続きます・・・なんて言いません、思っていても(笑
e63グリル前160524.JPG

グリルも黒だとシミが目立ちますね・・・ここを綺麗にせずにコーティングしましたと言うのはごく普通です
なぜかと言うと面倒だから、決して手を抜いてるとは思っていませんよ、ただただ面倒だから普通はやらないというのが一般的には普通じゃないかなと

e63グリル後160524.JPG
綺麗になると気持ちいい・・・オーナーさんが気が付いてくれないと少し寂しいですが
AMGのオーナーさんはもともと気になっているからこその当店ご指名ですので。

細部全部はご紹介できませんがすべて手を加えさせて頂きました。

ボディーの磨き直しはと言うと・・・・
e63ボンネット前160524.JPG

もう少し磨けばもっと美観は向上しますね!
ただ磨き残しの傷は通常の傷よりも深いわけですから意外と大変だったりします。
e63ボンネット後160524.JPG

全てのダメージを除去し下地の磨き&艶出しが完了するとようやくコーティングの塗布です・・・

148.JPG

145.JPG

142.JPG

150.JPG

149.JPG

e63amg完成160524.JPG

オーナー様にはこんなに綺麗になるなんて!やって良かった!!って喜んで頂きました!!!ありがとうございます!!!!

DSC00118.JPG

雨が降る前に本日御引き渡し完了です。

2016年05月16日

M3艶復活+ダイヤモンド

●BMW M3 テクニカルグラスコートU+ダイヤモンドコートLevelC・メタルモールポリッシュ&コート・ウインドウポリッシュ&コート・タッチアップ

復活なるか・・・中古で手に入れた2005年モデルのM3!

M3前160516.JPG

一見綺麗に見えますが11年経過したボディーですので蓄積されたダメージも根深いものです。
ですので下地処理となるテクニカルデイテールも徹底的に行うLevelCでコーティングはグラスコートUにプラスしてダイヤモンドコート(裏メニュー)を
そして腐食したモールは特別な磨きで輝きを取り戻しコーティングいたします。
ウインドウはウロコ除去してフッ素加工で撥水させます。

M3グリル前160516.JPG

これはグリルね

M3グリル後160516.JPG

m3S前160516.JPG

完璧とはいきませんが隅々まで綺麗に

M3S後160516.JPG

M3M前160516.JPG

モールの腐食とゴム、ウインドウ、そしてその隙間を全部キレイキレイ

M3M後160516.JPG

M3W前160516.JPG

細部の汚れは11年間蓄積されたものか?

M3W後160516.JPG

そしてボディー面は
M3T前160516.JPG

表面のシミ跡は時間の経過とともに浸食を・・・深くクレーター状に・・・・
塗膜の残り厚を考えながら最適な状態を導き出しながらの・・・ダメージの状態によってはペーパーで削りながらの作業です。

M3T後160516.JPG

M3ボンネット前160516.JPG

深い傷と陥没痕は少し残ってしまいましたが格段に美観は取り戻せてます。

M3ボンネット後160516.JPG

コーティングはこの様なワイパーブレード カウルトップまでボディーのすべてのパーツをコーティングします。

DSC00063.JPG

DSC00062.JPG

DSC00064.JPG

DSC00068.JPG

濃色カラーは日頃のケアーも気を遣います・・・もしもの時は遠慮なくお問い合わせくださいませ

DSC00039.JPG

雨が降る前に本日御引き渡しを、ありがとうございました。

DSC00037.JPG