2016年07月14日

4年ぶりの再施工

●V36スカイライン テクニカルグラスコートULevelB、ヘッドライトポリッシュ&コート

テクニカルグラスコートU(当時イージスグラスコート)を施工させて頂いて・・・・4年が経過
その間、洗車のみで維持されていたそうですが、あと2年くらいまだ乗るからと言うことで今回はテクニカルグラスコートTで再施工をさせて頂きました。

その前に・・・ヘッドライトの劣化が進んでいましたので・・・・
スカイラインヘッドライト前160714.JPG

全部削り落して新しいUVハードコートを再施工すると・・・
スカイラインヘッドライト後160714.JPG

透明感の戻った美しいヘッドライトに!!

ボディーの方は細部に汚れが溜まってますのですべてスッキリ除去
ボンネットの状態はこんな感じです・・・・まだまだ綺麗に見える?
スカイラインB施工前160714.JPG

再施工しましたので・・・もっと綺麗になりました!!
スカイラインB後160714.JPG

これであと2年は大丈夫!・・・いやもっと行けると思いますよ!!
DSC00793.JPG

DSC00801.JPG

DSC00795.JPG

スカイライン完成160714.JPG

本日御引き渡し・・・・もうすぐ梅雨明けかなあ?
DSC00802.JPG

2016年07月11日

まだまだ乗るよ

●ヴェルファイア テクニカルグラスコートULevelC、ヘッドライトポリッシュ&コート、ウインドウポリッシュ&コート、タッチアップ、ウインドウモール交換

新車から早8年が経過しているヴェルファイア、オーナー様は基本、車は乗り換えない主義だと!
ですので乗り続けているヴェルファイアをリフレッシュしようと・・・・当店にその依頼をして頂きました!!

<入庫時>
ヴェルファイア入庫時160710.JPG

黒でミニバンLLサイズ8年経過の状態ですから・・・・気が重い・・・・。
いやいややりがいMAXです(笑

ヴェルファイアモール前160710.JPG

モールもこの状態・・・・ですので交換します。・・・カウルトップ(ワイパーの下の部分)も交換予定でしたが納期1カ月以上でしたので先ずは現状の物をクリーニングしてコーティングしてみました。

ヴェルファイアモール後160710.JPG

これなら現状で良いかもねあと数年は持ちそうです。・・そしてワイパーもガラスも綺麗になって見違えるように!

ヘッドライトは・・・
ヴェルファイアH前160710.JPG

劣化が進んでいますので・・・全部削って(オレンジのテープも剥しまします)
ヴェルファイアH中160710.JPG

UVハードコートの再施工を行いました、これで当分は新車気分を味わえます!!
ヴェルファイアH後160710.JPG

ボディーの方は飛び石傷、すり傷等もありましたので目立たない様にタッチアップをサービスで!!
パネルの隙間は・・・ご覧の様にスケールが8年分?
ヴェルファイアR前160710.JPG

パネルが綺麗に磨かれるとここが必ず目立ちますからね・・・って言うかここが汚れたままだと輪郭がシャキッとしないんですよ。
ヴェルファイアR後160710.JPG

シャキッとしたね!!

ヴェルファイアT前160710.JPG

ボディーのスクラッチヘアーは全て磨ききれないですが適切な磨きを行う事で新車に負けない輝きを取り戻せました。
ヴェルファイアT後160710.JPG

全てのコーティングが完了し・・・・これからまた8年以上のお付き合いが始まりますね。
DSC00757.JPG

DSC00758.JPG

DSC00759.JPG

ヴェルファイアH完成160710.JPG

DSC00752.JPG

DSC00756.JPG

DSC00754.JPG

あ〜それにしても疲れた・・・・当分LLクラスのミニバンは触りたくないわ(笑

2016年06月29日

いい意味で妥協できない

●コペン テクニカルグラスコートULevelB、ホイールクリーニング&コート、ウインドウポリッシュ&コート

新車から半年が経過した新型コペン、ボディー、ホイール、ウインドウすべてのコーティングを御依頼頂きました。
状態は・・・半年分のダメージですがこの頃がダメージの気になる頃ですね!
特に洗車時の拭き取り後に気になる雨染みはすでに通常のケアーでは落とせなくなっていますからね!!

DSC00696.JPG

まだまだ新車気分でいたいですから付着したダメージは一掃しさらに磨き込むことで新車以上の輝きを手に入れましょう・・・と言うことで作業レベルは「LevelB」です。

DSC00698.JPG

実は新車から半年のこの状態を綺麗にするのって結構大変だったりします。

DSC00693.JPG

いい意味で妥協できないんです・・・細かいところまで手を加えるのは新しくても古くても同じですが古い車はいい意味であきらめも必要ですから妥協する部分もあります、でもこのケースはまんべんなく少しダメージがある状態ですから・・・手を加えた分だけは綺麗になりますからね!!

DSC00695.JPG

オーナー様はNCロードスターからの乗り換えです。ロードスターではデントリペアのご利用も御座いましたが距離数も伸びて今度はコペンをと言うことです・・・やっぱりオープンカー好きなんですね!!

DSC00700.JPG

コペンはドア以外は樹脂製と言うことでデントリペアで修理と言うことは出来ませんがドアは鉄板ですか?
と言うことはドアパンチはこれまで通り気をつけて下さいませ。

2016年06月25日

シミ、シミ、シミ

●レヴォーグ テクニカルグラスコートU+ダイヤモンドコートLevelB、ウインドウポリッシュ&コート

新車から2年ガラスコーティングは施工済みのレヴォーグです。
・・・が雨染みが付いて美観を損ねています。
と言うことでご相談を頂きボディーと窓ガラス全体をリフレッシュ後、新たなコーティングを再施工させて頂きました。

窓ガラスは・・・こんな状態が
レヴォーグウインドウ前160625.JPG
スッキリ!!撥水加工は耐久力の高い純フッ素を加工します。
レヴォーグウインドウ後160625.JPG

サイドウインドウ、ピラーもシミだらけ・・・
レヴォーグサイド前160625.JPG

お任せください・・・綺麗にリフレッシュできました。
レヴォーグサイド後160625.JPG

サンバイザーも
レヴォーグサンバイザー前160625.JPG

サンバイザーのシミは表側だけではなく室内側から見た内側も・・・・
写真は室内側から見たシミです!!
レヴォーグサンバイザー後160625.JPG

レンズも・・・
レヴォーグライト前160625.JPG

レヴォーグテール前160625.JPG

ミラーも
レヴォーグミラー前160625.JPG

グリルも
レヴォーググリル前160625.JPG

全部シミが付いていましたが・・・・
すべて綺麗にリフレッシュ!!
レヴォーグライト後160625.JPG

レヴォーグテール後160625.JPG

レヴォーグミラー後160625.JPG

レヴォーググリル後160625.JPG

もちろんボディーにも・・・
レヴォーグボンネット前10625.JPG

コーティングはしていたということですが例外なくシミがビッシリ付いています。
ここまでまんべんなくシミが付いているということはそれなりの原因があります!!
ズバリ!洗車時の拭き取り前に急速に乾燥してしまった!水道水の水質に問題あり!でしょうか
雨が原因・・・それ以上に水道水をそのまま乾かすのは危険です!!

レヴォーグボンネット後160625.JPG

全てリフレッシュされコーティングはテクニカルグラスコートUにプラスしてダイアモンドコート(裏メニューです)を施工させて頂きました。

コーティングは美観を維持するための手助けをしてくれる優れものですが、美観を維持するのはオーナー様自身の日頃のケアー(洗車)が重要となります。
それでも条件によってはダメージは少しずつ付いてきますので・・・・定期的なメンテナンスを御依頼頂ければコーティングを長持ちさせることが出来ます!!

あっ車の写真を撮るのを忘れた・・・・。

2016年06月18日

こだわりますよ

●ミニ ジョンクーパワークス デントリペア テクニカルグラスコートULevelB ウインドウポリッシュ&コート ホイールクリーニング&コート ペイントタッチアップ

天白区からミニジョンクーパワークスのオーナー様からデントリペア&ボディーコーティングのご依頼頂きました。
当店をお選び頂いた理由は・・・・後で聞いた話ですがこだわってそうだから!!
はい、一応私なりにこだわっています(笑・・・こだわらないとただの作業になりますからね!!

と言うことで先ずはデントリペアからです。

<施工前>
ミニJCW施工前160618.JPG

これは右クオーターのヘコミ2発です。施工は内装をバラシて・・・結構バラシは大変です。

<施工後>
ミニJCW施工後160618.JPG

存在が消えましたね!!

そして・・・おせっかいですがこだわらせて頂いたのは
<施工前>
ミニJCW手直し前160618.JPG

これ・・・少し凹んでいますよね?これデントリペア施工後の状態です(当店ではありませんよ)
そう少しヘコミが残っている・・・と言うか仕上げが甘いというか・・・。
オーナー様的には気になってなかったのかもしれませんが磨いて綺麗にするとひょっとしたら残ったヘコミが気になるかも?
と思いオーナー様にはおせっかいだったかもしれませんがもっときれいに仕上げる為の再施工をお勧めしました。

仕上げが甘かった原因は・・・これ
ミニJCW原因@160618.JPG

パネルを制振する為のシートが張ってある上からの作業でその厚みで精密な仕上げが出来なかったのかもしれませんね・・・と言うことで

ミニJCW手直しA160618.JPG

めくって作業します・・・・すると

<施工後>
ミニJCW手直し後160618.JPG

これでもう気にならないでしょう!!
ちょっと気にしてシートをめくって作業するだけで精密な作業が出来るんですね。

ヘコミが直りましたのでいよいよボディー全体のテクニカルデイテールです。
あっその前にちょっとだけ宣伝を「愛知県でデントリペアが出来て磨き&コーティングが個人で全部できるのは私くらいです」・・・つまりよその磨き屋さんコーティング屋さんはデントリペアは外注です。
・・・何が言いたいかって・・・・一応当店(私)の自慢です(笑

それではウインドウガラスの状態です。
ミニJCWウインドウ前160618.JPG

小さなうろこが付いていますが・・・

ミニJCWウインドウ後160618.JPG

綺麗にリフレッシュ、その後フッ素撥水加工で撥水力は継続します。

これはピラー部分です・・・塗装面ではなく樹脂です。
ミニJCWピラー前160618.JPG

こういう所も磨けます・・・もちろんコーティングも致します。

ミニJCWホイール前160618.JPG

艶あり黒でメッシュタイプのホイールのクリーニングは・・・気を遣います。
ブレーキダストの汚れ固着もデリケートな艶あり黒ですから・・・気を遣うのです。
気を遣った分、綺麗になれば達成感もより感じますけど!!

ミニJCWホイール後160618.JPG

ボディーはこんな感じ
ミニJCWフェンダー前160618.JPG

一番傷が目立つ箇所です・・・・

ミニJCWフェンダー後160618.JPG

全ての傷を磨く事は出来ませんが綺麗になりましたね!!

ミニJCWボンネット前160618.JPG

これはボンネットね、細かくシミがダメージが・・・

ミニJCWボンネット後160618.JPG

最高の艶でお出迎えします!!

DSC00613.JPG

DSC00615.JPG

DSC00614.JPG

DSC00623.JPG

御引き渡しは本日、梅雨の時期ですが降水確率0%の晴れです。
オーナー様もどうやら晴れ男見たいです。と言うか奥さんが晴れ女かな(笑

DSC00600.JPG

オーナー様お待たせいたしました!!今後も遠慮なくお手入れ等のご相談をして頂ければと思います。

DSC00603.JPG

芝生が結構伸びてきたね!!

2016年06月10日

小っちゃいスポーツカー

●ホンダS660 テクニカルグラスコートULevel@ソフトトップコート

小っちゃいスポーツカーのボディーコーティングのご依頼です。

S660@160610.JPG

ホンダS660パールホワイトの新車です!!
当店ご利用は今回が2回目ですね、ありがとうございます。

S660A160610.JPG

小っちゃいボディーですし新車なので・・・・でっかいミニバンの半分の労力で済みます!!

S660B160610.JPG

新車でしたが少し鉄粉が載っていました・・・・良くある話です。
一応言っときます・・・新車もダメージはあります!!
ですのでただコーティング剤を塗るだけではだめですね・・・ちゃんと下地処理して最低限の磨きをして艶を最大限引き出してコーティングの施工を行わないとね!!

S660E160610.JPG

今回のボディーコーティングは「テクニカルグラスコートULevel@」と「ソフトトップのフッ素コート」

S660F160610.JPG

梅雨に入りましたが本日は真夏の様な天気です・・・・御引き渡しの日ですからね!!

S660C160610.JPG

2016年05月29日

新車に乗り換え

●デミオ テクニカルグラスコートU・ウインドウポリッシュ&コート

数年前デントリペアをご利用頂いたオーナー様からのボディーコーティングのご依頼です。
お車は今回新車に乗り換えで・・・ディーラーさんにもコーティングはすすめられたとの事ですが・・・・今回は当店で施工をしたいと・・・ありがとうございます。

新車の場合その下地処理の作業レベルはLevel@〜Aで提案させて頂いてます。
LevelAの場合は 洗車⇒テクニカルポリッシュ⇒テクニカルグレイジング⇒コーティング
Level@の場合は 洗車⇒テクニカルグレイジング⇒コーティング  となります。
どちらを選んでもいいわけですが
選択ポイントはよりボディーの映り込みを綺麗に見せたい場合LevelAがお勧めです。
新車でもダメージが多いケースもありますのでそのような場合は必然的にLevelAがお勧めとなりますね!!

それとボディーコーティングと同時にお勧めしているのが「ウインドウポリッシュ&コート」

デミオガラス前160528.JPG

新車はほとんどがこんな感じで油膜が付いています。撥水もしなければ、拭き上げてもご覧の通り残念な状態です。
ほとんどの方はこの状態が新車ですので気にすることもなく・・・・気が付くころにはウロコだらけだったりして・・・・。

デミオガラス後160528.JPG

施工方法は油膜等をしっかり除去してフッ素撥水コートを加工します。
ガラスの透明度がアップしますし洗車時の拭き上げも楽々・・・もちろん雨の日のドライブも安全快適です。

ボディーはテクニカルグラスコートULevelAで仕上げてます。
上記にも書いたように塗装の艶、映り込みを最大限表現します。

これが・・・
デミオボンネット前160528.JPG

こうね!
デミオボンネット後160528.JPG

肉眼で見る方がもっと感動します!!

DSC00175.JPG

DSC00181.JPG

DSC00176.JPG

DSC00179.JPG

DSC00174.JPG

日頃のケアーメンテナンス・・・お気軽にお問い合わせくださいませ。

DSC00164.JPG

2016年05月24日

やり直し

●ベンツE63AMGステーションワゴン テクニカルグラスコートULevelC・メタルモール/ルーフレールポリッシュ&コート・ウインドウポリッシュ&コート

5年落ちのE63AMG、3ヶ月前に同時にボディーガラスコーティングを施工された状態と言うことですが・・・
イマイチの仕上がり?

e63amg入庫160524.JPG

上の写真が入庫時の状態ですが、もっと綺麗にならないものかと・・・・
・・・・十分綺麗に見えますよね。
実際、塗装面の艶はあります!・・・・ただパーツごと、その細部に目をやると手を入れられてない箇所は5年分の汚れ、ダメージが蓄積している感じですね!!

ですので少しもったいない気もしますが下地からキッチリコーティングの再施工を致します。

これはルーフのガラス面です。
e63ガラス前160524.JPG

ウロコが完全にとり切れていませんでしたので施工し直しです。
e63ガラス後160524.JPG

ボディーも黒なので塗装部分と見間違うほど綺麗です。

そしてルーフレールとドアモール アルミ独特の腐食が進んでる様態です。
e63レール前160524.JPG

e63モール前160524.JPG

ボディが綺麗でもここがこうだとすべて台なしですからね
e63レール後160524.JPG

アルミモールだけではなくその上のゴム部分も綺麗になっているのわかります・・・これが「DR-G」品質です!!
e63モール後160524.JPG

そして細部は
e63ミラー前160524.JPG

見て頂きたいのはパーツとパーツの隙間ね・・・5年分の汚れです
e63ヘッドライト前160524.JPG

専用ケミカル&ツールで綺麗に除去してフッ素で下地そしてガラスコートこの手順を各パーツの隙間全て行います。e63ミラー後160524.JPG

e63ヘッドライト後160524.JPG

続いてエンブレム周り
e63エンブレム前160524.JPG

エンブレム周りはポリッシャーで磨けませんのでこれ以上傷が多くならない様に汚れを落とします
e63エンブレム後160524.JPG

ああ面倒な作業が続きます・・・なんて言いません、思っていても(笑
e63グリル前160524.JPG

グリルも黒だとシミが目立ちますね・・・ここを綺麗にせずにコーティングしましたと言うのはごく普通です
なぜかと言うと面倒だから、決して手を抜いてるとは思っていませんよ、ただただ面倒だから普通はやらないというのが一般的には普通じゃないかなと

e63グリル後160524.JPG
綺麗になると気持ちいい・・・オーナーさんが気が付いてくれないと少し寂しいですが
AMGのオーナーさんはもともと気になっているからこその当店ご指名ですので。

細部全部はご紹介できませんがすべて手を加えさせて頂きました。

ボディーの磨き直しはと言うと・・・・
e63ボンネット前160524.JPG

もう少し磨けばもっと美観は向上しますね!
ただ磨き残しの傷は通常の傷よりも深いわけですから意外と大変だったりします。
e63ボンネット後160524.JPG

全てのダメージを除去し下地の磨き&艶出しが完了するとようやくコーティングの塗布です・・・

148.JPG

145.JPG

142.JPG

150.JPG

149.JPG

e63amg完成160524.JPG

オーナー様にはこんなに綺麗になるなんて!やって良かった!!って喜んで頂きました!!!ありがとうございます!!!!

DSC00118.JPG

雨が降る前に本日御引き渡し完了です。

2016年05月16日

M3艶復活+ダイヤモンド

●BMW M3 テクニカルグラスコートU+ダイヤモンドコートLevelC・メタルモールポリッシュ&コート・ウインドウポリッシュ&コート・タッチアップ

復活なるか・・・中古で手に入れた2005年モデルのM3!

M3前160516.JPG

一見綺麗に見えますが11年経過したボディーですので蓄積されたダメージも根深いものです。
ですので下地処理となるテクニカルデイテールも徹底的に行うLevelCでコーティングはグラスコートUにプラスしてダイヤモンドコート(裏メニュー)を
そして腐食したモールは特別な磨きで輝きを取り戻しコーティングいたします。
ウインドウはウロコ除去してフッ素加工で撥水させます。

M3グリル前160516.JPG

これはグリルね

M3グリル後160516.JPG

m3S前160516.JPG

完璧とはいきませんが隅々まで綺麗に

M3S後160516.JPG

M3M前160516.JPG

モールの腐食とゴム、ウインドウ、そしてその隙間を全部キレイキレイ

M3M後160516.JPG

M3W前160516.JPG

細部の汚れは11年間蓄積されたものか?

M3W後160516.JPG

そしてボディー面は
M3T前160516.JPG

表面のシミ跡は時間の経過とともに浸食を・・・深くクレーター状に・・・・
塗膜の残り厚を考えながら最適な状態を導き出しながらの・・・ダメージの状態によってはペーパーで削りながらの作業です。

M3T後160516.JPG

M3ボンネット前160516.JPG

深い傷と陥没痕は少し残ってしまいましたが格段に美観は取り戻せてます。

M3ボンネット後160516.JPG

コーティングはこの様なワイパーブレード カウルトップまでボディーのすべてのパーツをコーティングします。

DSC00063.JPG

DSC00062.JPG

DSC00064.JPG

DSC00068.JPG

濃色カラーは日頃のケアーも気を遣います・・・もしもの時は遠慮なくお問い合わせくださいませ

DSC00039.JPG

雨が降る前に本日御引き渡しを、ありがとうございました。

DSC00037.JPG

2016年05月13日

新車をコーティング

●インプレッサ テクニカルグラスコートU・ホイールコーティング

新車を納車後すぐご来店頂きそのままお預かり・・・作業はもちろんボディーコーティングです。
新車ですからディーラでももちろんコーティングの施工は可能でしょうその方が合理的かな!
でもわざわざ当店の様なお店にご依頼されるということは何かしら期待できることがあるからですよね。

コーティングってはっきり言ってどう施工されているのかいまいち分かりずらいですよね・・・
今回ご依頼されたボディーコーティングは「テクニカルグラスコートU」です。
ちなみにテクニカルディテールLevelAでの下地処理を行いました。

その作業内容は「テクニカルウォッシュ」⇒「テクニカルポリッシュ」⇒「テクニカルグレイジング」⇒「1回目ガラスコート施工」⇒「2回目ガラスコート施工」⇒「ガラス系コート施工」⇒「仕上げ洗車」で完成です。
コーティングは塗装部分のボディーに加えグリル、レンズ、カウルトップ、ワイパーブレード、ナンバープレートなどウインドウを除くすべてをコーティングしてます。

インプレッサ160513.JPG

ボディーコーティングは完了しましたがお車を綺麗に維持されるのはオーナー様の役割です。
何かあったときに頼って頂ければその時に応じた適切なアドバイス又はメンテナンスをさせて頂きます。
もしものヘコミ、事故などの時はコーティングのケアー&再施工も含めて同時に修理可能です。
コーティングの施工そのものは仕上がり重視で適正な価格をご提供しているつもりです・・・・。
その為の設備も完備、セキュリティも万全、代車も御座います。
何よりも一対一のお付き合いでダイレクトなサービスが可能です。
これが当店を利用するメリットかな!!

インプレッサのオーナー様
今回は当店をお選び頂き誠にありがとうございました。これからも末永くよろしくお願いいたします。

2016年05月01日

やりがいのある作業

●レクサスSC430 テクニカルグラスコートULevelB・ヘッドライトポリッュ&UVハードコート・ウインドウポリッシュ&コート・タッチアップ・デントリペア

岡崎市からご来店頂きましたレクサスSC430のオーナー様・・・打ち合わせでお話をさせて頂いた時に車の美観へのこだわりがビシビシ伝わってきましたのでやりがいのある作業となりそうです(汗

レクサス入庫160430.JPG

内外装とも程度の良いお車はH20年式です。・・・・ですので綺麗に見えるボディーも良く見るとダメージと汚れが・・・・そして8年間蓄積された細部の汚れは簡単には落とせません、全体的に磨きで対応できない小キズやら飛び石傷やらも多数ありそれはタッチアップで補修して・・・あらあら綺麗にしていくうちに些細なヘコミも発見・・・

レクサスへこみ施工前160430.JPG

無視するわけにはいきませんのでデントリペアで即座に消去

レクサスへこみ施工後160430.JPG

こんな所は今回取り外してリフレッシュ・・・

レクサスk施工前160430.JPG

ワイパーブレードとカウルトップを外します・・・ガラスの下のスケール(ウロコ)が8年分蓄積を・・・
これを除去するにはこの方法がベストと判断しての脱着です。

レクサスK施工後160430.JPG

ウロコの研磨後はフッ素撥水加工を施します。

レクサスT施工前160430.JPG

ここは通常外す必要はないのでしょうが・・・8年分の汚れは間違いなく溜まっているだろうなと思って・・・
そして何より外して作業することで端まで綺麗に磨いてコー―ティングできますからね。

レクサスT施工後160430.JPG

ヘッドライトは紫外線の影響で上面から劣化が進みます・・・

レクサスH施工前160430.JPG

上面以外はまだ綺麗ですがハードコートを入れ替えるには今の純正のハードコートをすべて削り取り新たなハードコートを再施工致します。

レクサスH施工後160430.JPG

新品を買い替えるよりは格段にリーズナブルなヘッドライトポリッシュ&UVハードコートです。

レクサスア施工前160430.JPG

際が綺麗になると引き締まりますね!!

レクサスア施工後160430.JPG

ボディー上面は全体がこんな感じが・・・・

レクサスR施工前160430.JPG

こんないい感じに・・・!!

レクサスR施工後160430.JPG

グリルも・・・普段は水かけて終わりですよね・・・ですのでこういう時に徹底的に綺麗にしてコーティングまでしておくのが良いかなと!!

DSC_2799.JPG

やりがいのある作業をありがとうございますようやく完成いたしました。

DSC_2801.JPG

DSC_2800.JPG

DSC_2795.JPG

DSC_2796.JPG

レクサス完成160430.JPG

ゴールデンウイーク最高の晴天の元御引き渡しです。

DSC_2779.JPG

DSC_2782.JPG

DSC_2785.JPG

2016年04月24日

コーティング裏メニュー

●ジュリエッタ テクニカルグラスコートU+ダイヤ、ウインドウポリッシュ&コート

ボディーコーティングのご依頼で御入庫頂いたジュリエッタ、オーナー様はこれまでデントリペアも数回ご利用頂いていまして今回は・・・・へこみはありませんね(笑!!

ジュリエッタ入庫160424.JPG

さてそのボディーコーティングですがHPにもご紹介している「テクニカルグラスコートU」が当店がこだわる美観と保護を高次元で実現するメニューなんですが
・・・・実は最近「裏メニュー」としてこっそり提案しているコーティングがあります。
正式名称はまだ決めていませんが・・・テクニカルグラスコートUを施工した上にさらにダイヤモンドコートを施工するメニューです。
仮に「テクニカルグラスコートU+ダイヤ」と呼びます・・・今から(笑
当然その分性能アップしますが価格もアップです。・・・仕事量もアップです(笑
裏メニューにしてるのは・・・施工例を増やして実績を重ねようとしている段階ですので・・・おすすめとはいきませんし・・・お客様はまさに実験台になってみますか的な提案でしかも価格もUPとなりますし(笑
でもご安心ください、一通りの特性、効果、施工方法は実証済みですので!!
あっそれとそうそう・・・これまでテクニカルグラスコートUを施行頂いた方もそれを下地にして施工できるダイヤモンドコートですから決して今のコーティングも無駄にはなりませんよ!!

と言うことでジュリエッタのオーナー様にもお勧めはしませんがお伝えはしたところ
「是非やってみたいと」・・・・はいそうです「テクニカルグラスコートU+ダイヤ」1号車となります!!

下地処理は当然ですが・・・いつも通り出来る限りの汚れダメージ除去を行います。
磨きまでの汚れ異物の除去が大事です!!・・・これかなり手間暇かかる作業でここをふれるコーティング屋さんは少ないです・・・なぜなら・・・ここから先の話はご想像にお任せします・・・。

ジュリエッタG施工前160424.JPG

ここの汚れ・・・

ジュリエッタG施工後160424.JPG

こうなります。

ジュリエッタF施工前160424.JPG

こんな所は・・・嫌になっちゃいます。出来れば何もない自分のロードスターの様な車が嬉しいです(笑

ジュリエッタF施工後160424.JPG

綺麗になればよいアクセントだね!!

ジュリエッタR施工前160424.JPG

これはヘッドライトとバンパーの隙間・・・ここに汚れが溜まっている・・・しかも通常の洗車では落ちない事を知っているだけに手を抜けない・・・綺麗にこだわると仕事が充実しすぎます!!

ジュリエッタR施工後160424.JPG

こんな所もね

ジュリエッタM施工前160424.JPG

傷を付けずに汚れだけを綺麗にとる・・・こんな細かいことしてるので、オーナー様にこだわりがないと私のやりがいも半減します。・・・つまり汚れていたことに気付いていない、綺麗になったことも気付いていない・・・

でもジュリエッタのオーナー様は私以上にこだわりがあります!!

ジュリエッタエンブレム前160424.JPG

このエンブレム・・・少し色があせている部分がありますよね・・・

ジュリエッタエンブレム中160424.JPG

事前に新品を準備されていましたので張り替えます。・・・地味に慎重に丁寧に作業しないとボディーを傷つけたり歪ましたりしますので決して簡単ではありませんが・・・こういう作業って頼む人選ぶんだろうな思いつつお受けします!!

そしてボディーの磨きは

ジュリエッタB2施工前160424.JPG

テクニカルポリッシュ&グレイジングコートでリフレッシュ

ジュリエッタB2施工後160424.JPG

そしてグラスコートUさらにダイヤモンドコートの重ね塗り施工!!
よし、完成です!!

ジュリエッタ完成160424.JPG

どうだダイヤモンドの輝き!!って言うのは大げさですが・・・特に硬度と撥水力の性能アップが実証されているとの事です!!

DSC_2732.JPG

DSC_2735.JPG

DSC_2736.JPG

DSC_2712.JPG

DSC_2709.JPG

DSC_2707.JPG

緑と青空そして赤いジュリエッタ絵になるな〜!!

2016年04月16日

黒の復活

●プリウス テクニカルグラスコートULevelC

テクニカルディテール・・・・ケミカル&ツールを駆使してボディーの美観を復活させる為の作業工程の事を当店では『テクニカルディテール』と呼ばせて頂いています。
細部まで汚れを除去して適切なポリッシュを行う事で見違えるような美観を復活させます。

ボディーコーテイング・・・・復活した美観はそのままではすごくデリケートですので今後のダメージを最小限にとどめる為にはグラスコーティングは非常に有効ですし、日常のケアー(洗車等)はすごく短時間で行えます。また塗装の硬度が少し高くなるので洗車傷も最小限でとどめることが出来ます。

テクニカルディテール+ボディーコーティング・・・これが当店の『テクニカルグラスコート』と言うことです。

今回のプリウスは『テクニカルグラスコートULevelC』と言うことは出来る限り美観を最高の状態に戻してグラスコートUをコーティングするということですね!!

入庫時の状態です。
プリウスZ前160416.JPG

パッと見綺麗ですね!!でもやっぱり良く見ると・・・ダメージが積み重なっています。

ボンネットはこれが
プリウスB前160416.JPG

こうなりました。
プリウスB後160416.JPG

モール細部は・・・これが
プリウスD前160416.JPG

スッキリ クッキリです。
プリウスD後160416.JPG

ナンバープレートも
プリウスN前160416.JPG

汚れを落としてコーティング・・・もちろん標準作業です。
プリウスN後160416.JPG

DSC_2664.JPG

プリウスZ後160416.JPG

DSC_2666.JPG

DSC_2661.JPG

DSC_2660.JPG

芝生も色づき始めています! そして黒の復活です!!

2016年04月12日

しっかりコーティング

●ハスラー テクニカルグラスコートULevel@ ウインドウコーティング

新車で乗り換えた スズキ ハスラー わざわざ当店をお選びいただきボディーコーティングのご依頼を頂きました。
オプションで貼り付けるエンブレムもお持ち頂き同時に施工、ウインドウも全面フッ素撥水加工を!!
しっかりコーティングすることで日頃の洗車も超楽々です。

DSC_2628.JPG

DSC_2625.JPG

DSC_2627.JPG

よく山の方にキャンプ&ドライブに行かれるということですから、これから楽しみですね!!

DSC_2616.JPG

本日無事御引き渡し、ありがとうございました。

DSC_2617.JPG

2016年04月02日

花粉症

●アウトバック ボディーコーティング(テクニカルグラスコートU)ウインドウポリッシュ&コーティング

花粉症?・・・私は未だ花粉症の症状はほとんどありません、多少くしゃみがでるかな?位です。

当店2回目ご利用のオーナー様は、お車を新車のアウトバックに乗り換えて、コーティング作業の為、納車のその日のうちに御入庫頂きました。
DSC_2505.JPG

先ほども言いましたように新車です。新車ですので・・・・・ダメージはない?

実はこの車、花粉症です。車なのでくしゃみはしません、鼻水も出ません、目もかゆくなりません
・・・何が花粉症かと言うと

アウトバック花粉シミ除去前160402.JPG

良く見て下さい・・・ライトの周りが点々とシミがあるのが分かります。そうこれは花粉がボディーに付着し洗車しても取れなくなってしまっているのです。

実はこの時期は新車にもこうして花粉でシミになった車を見かけます。
新車ですので今年の花粉のシミです、なので磨きではなく熱で温めて落すのがセオリーです。
磨きだと新車の塗膜を著しく磨く必要がありますのでもったいないですよね。

DSC_2514.JPG

こうしてヒートガンで温めると塗装から剥がれていくように取れます・・・後は綺麗に拭き上げると
アウトバック花粉シミ除去後160402.JPG

こんな感じで綺麗に・・・安心して下さいだからと言って別途費用は掛かってませんので!!

後は新車用の下地作りの為の艶出しポリッシュで・・・・
アウトバック花粉シミ除去後磨き160402.JPG

新車以上の素晴らしい艶に!!

DSC_2520.JPG

テクニカルグラスコートUで仕上がった新車のボディーは新車以上です!!
あそうそう、コーティングすることで今後の花粉付着の予防にもなりますよ!!

DSC_2525.JPG

本日7週間ぶりにオーナー様とご対面

DSC_2539.JPG

ありがとうございました。

DSC_2542.JPG

2016年03月25日

僅かな差は大きな差

●ハイエース ボディーコーティング(テクニカルグラスコートULevelA、ホイールクリーニング&コーティング、ウインドウポリッシュ&コーティング

ご近所さんからのご依頼です。
お車はハイエース1月納車の新車です・・・が
わりと鉄粉が付いてました。・・・でもご安心くださいキッチリ除去してさらに艶を上げてコーティングしますので!!

わかり難いですが・・・これが磨き前の状態
ハイエース磨き前160325.JPG

新車でも最低限の磨きを行わないと当店の目指す仕上がりにはなりませんので・・・

磨き後です(カメラは固定して作業してみました)
ハイエース磨き後160325.JPG

「僅かな差ですが大きな差です」肉眼だともっとはっきりわかります!!
・・・この後テクニカルグレジングを経てガラスコート剤塗布×2回+ガラス系施工となります。つまりもっと艶感はアップします!!

他にはアルミホイールは20インチの5本スポーク裏側も丸見えですので表裏共にガラスコーティングしました。ブラックカラーでおまけに艶あり・・・多少の艶ボケがありましたのでポリッシュした後コーティングしています。
ウインドウは全面フッ素撥水コートを施工
タイヤ以外はすべてコーティングされたハイエースの完成です。

DSC_2488.JPG

DSC_2489.JPG

DSC_2493.JPG

お待たせしましたK様、御引き渡し時も徒歩にてご来店

DSC_2497.JPG

DSC_2495.JPG

2016年03月18日

新車ラッシュ

●ハリアー ボディーコーティング(テクニカルグラスコートULevelA、ウインドウポリッシュ&コート全面)

新車へのボディーコーティングが続きます・・・
当店ではこれで3台目!ご近所さんです。納車後、何時でも良いのでやっといてって感じのやりとりでテクニカルグラスコートUとウインドウコーティングをやっときました!!

DSC_2399.JPG

新車であれば下地処理のテクニカルディテールはLevel@が標準ですが・・・よりキレのある艶を求めればLevelAがお勧めとなります。
又濃色車などはその効果がはっきりわかる為Level@よりもLevelAの方がだんぜんお勧めです!!
今回は私の勝手な判断でLevelAを行いました(笑

DSC_2400.JPG

パールカラーはLevelAで行うポリッシュ工程でより透明感のある艶へとみるみる輝きを増していきます。
磨いているとその変貌ぶりがはっきりとわかるのでほんと楽しいです!!

DSC_2403.JPG

テクニカルディテールで下地が完成したらガラスコーティングを施工しますグラスコートUでは浸透硬化型ガラスコート×2回塗り+ガラス系1回塗りで完成です。

DSC_2414.JPG

DSC_2412.JPG

2016年03月17日

標準作業です。

●ノア ボディーコーティング(テクニカルグラスコートULevel@)ウインドウポリッシュ&コート全面

春日井市より、新車のトヨタノア納車後その足で御入庫頂きました。
当店のHPをご覧になって決めた!と言うことです・・・ありがとうございます感謝です!!

ノア入庫160317.JPG

新車ですのでボディーの状態がどうのこうの言うのも何ですが・・・新車は綺麗で当たり前と思われているので意外とハードルの高い作業を強いられる場合もあります(汗・・・・。

ノアグリル前160317.JPG

これはグリルです・・・白い輪ジミが付いてますよね・・・これすでに普通の洗車では取れません
新車なのに何で付いてるかって?・・・・・洗車後の水滴跡じゃないかと・・・!!
あそうそう・・・ルーフもわずかながら輪ジミが付いていました・・・・

ノアグリル後160317 .JPG

でもご安心ください、当店のボディーコーティングは標準でグリルなどの樹脂部分もきちんとクリーニングしてからガラスコートします!!

DSC_2369.JPG

ワイパーブレード、カウルトップ・・・

DSC_2370.JPG

サンバイザー・樹脂のピラー・・・その他ナンバープレート、レンズ類・・・etc

DSC_2367.JPG

もちろん塗装部分もね!!

オプションはウインドウとホイールです他はすべてコーティングするのが当店の標準です!!

ノアウインドウ前160317.JPG

今回ウインドウは安全性も兼ねてクリーニング後フッ素撥水コートを全面施工を施しました。

ノアウインドウ後160317.JPG

さあテクニカルグラスコートUの完成です!!

DSC_2371.JPG

DSC_2373.JPG

DSC_2376.JPG

本日快晴!御引き渡し日和でした!!

DSC_2380.JPG

2016年03月13日

コーティングの下地作り

●ポルシェボクスター ボディーコーティング(テクニカルグラスコートULevelA)・ソフトトップクリーニング&コーティング・ウインドウポリッシュ&コーティング・ホイールクリーニング&コーティング

H様、ボディーコーティング2回目(2台目)のご依頼ありがとうございます!
今回は「新車のボクスター」ブラックカラーです・・・・実はホワイトカラーのボクスターからの乗り換えです。

ボクスター入庫.JPG

ボディーコーティングは「テクニカルグラスコートU」を選択、下地作りはLevelAを行います。

ボディーコーティングを施工するうえでその下地作りは重要です。
当店ではテクニカルディテールLevel@〜Cまであり、新車の場合はLevel@又はAで、経年車の場合はB又はCで、ボディー状態とオーナー様の美観に対するこだわり方で決めさせて頂いています。
http://www.dr-garage.com/detail.html

ボクスター雨染み除去前160312.JPG

2月登録の新車ですが・・・すでに雨染みが付いています。
ちなみにすでに普通の洗車では落とすことは無理な状態です。

ボクスター雨染み除去後160312.JPG

でもご安心くださいませ・・・Level@でもAでもキッチリ落してコーティングしますので!!
※写真は雨染みを除去した状態です・・・これから磨き&艶出し行い・・・ガラスコートを施工します。

ボクスター傷除去前160312.JPG

普通には見えない小傷ですが投光器で見るとこの様な傷も・・・新車でも例外なく付いてます・・・傷が無い方が不思議と思って下さい!!

テクニカルディテールLevel@でもAでもこの様な小傷はポリッシュしますのでご安心ください
Level@ではテクニカルグレイジングで艶出し&傷埋めを、LevelAではテクニカルポリッシュ+テクニカルグレイジングで磨いて消してさらに艶出しを・・・

ボクスター傷除去後160312.JPG

よりこだわればLevelAの方の美観が上と言うことですね!!
ちなみに写真はテクニカルポリッシュを行ったところですのでこの後テクニカルグレイジングでさらなる艶出しをそしてグラスコート施工と進みます・・・。

その他オプション作業はソフトトップのコーティング・・・フッ素加工で撥水します。
ウインドウもフッ素加工で撥水させてます。

ボクスター幌撥水160313.JPG

そしてホイールも専用グラスコートを!!
DSC_2356.JPG

高圧洗浄機を使うとホイール汚れも一発で楽々綺麗に!!

DSC_2329.JPG

ブラック ボクスター・・・コーティング完成です!!
DSC_2339.JPG

DSC_2348.JPG

DSC_2344.JPG

写真は土曜日・・・青空です!! その後仕上げの洗車をして・・・御引き渡しは本日日曜日・・・もちろん晴れ!!
DSC_2340.JPG

2016年03月04日

こだわりのジュリエッタ

●ジュリエッタ ボディーコーティング(テクニカルグラスコートULevelU)ホイールクリーニング&コート・ウインドウポリッシュ&コート

こだわりのジュリエッタの入庫です。

ジュリエッタ入庫160304.JPG

ホイール、スポイラーにこだわり、ボディーカラーは私も始めて見ました・・・ソリッドの赤ではなく「パールレッド」
ソリッドの赤よりも艶やかな赤です!!
オーナー様には、デントリペアでも数回ご利用頂いていますし、ボディーコーティングでは2台目のご依頼となりますし、わざわざ新車をお任せいただけるなんてほんと感謝です!!

では新車の状態を少し見て見ましょう・・・
ウインドウは・・・・洗車後水拭きすると・・・

ジュリエッタウインドウ前160304.JPG

新車はほとんどこんな状態です・・・・拭いても乾くまでしばらく水の膜が張り付いた状態でこれがのちに頑固なウロコに成長し残念な状態になっちゃいます。
そうならないうちに「ウインドウポリッシュ&コート」を行いましょう。

DSC_2291.JPG

こんな感じで撥水しますしお手入れも簡単、視界も良好!!

ボディーの方はと言うと・・・
ジュリエッタB施工前160304.JPG

新車ですから綺麗です・・・でもラテンの血が騒ぐのか納車までの扱いは決して過保護ではないようです(笑
テクニカルグラスコートUの施工LevelはUです!
新車ですのでLevelTでももちろんOKです。このレベルの傷を気にしなければね!!
気になるならテクニカルポリッシュの工程が含まれるLevelUが必修となります!!

ジュリエッタB施工後160304.JPG

綺麗な塗装面がパール粒子と相まって・・・さらにグラスコートUで最高の艶が輝きます。

コーティング完成後、最後に洗車をします・・・・水滴が踊ってますね!!
DSC_2290.JPG

DSC_2292.JPG

拭き上げは一回スッ〜と通すと
DSC_2293.JPG

水滴は一滴残らず拭き取れます。・・・これがコーティング後の楽しい作業の一つです!!

DSC_2309.JPG

ホイールは表、裏の両面ともにホイール専用ガラスコートを施工しました。

DSC_2311.JPG

DSC_2304.JPG

ジュリエッタ入庫後160304.JPG

DSC_2319.JPG

本日も快晴の納車日和・・・なんせ新車納車後すぐに当店入庫ですからね、本日が本当の納車の日です!!

DSC_2316.JPG

DSC_2318.JPG

DSC_2322.JPG

DSC_2313.JPG