2017年08月08日

テクニカルディテール

●N-ONE テクニカルディテール、ウインドウポリッシュ&コート

当店ご利用が2台目となりました、ありがとうございます!
今回ご依頼内容は限られた予算で中古でご購入されたホンダN-oneを少しでも綺麗にリフレッシュしたいとのご要望です。
ガラスがウロコだらけだったので先ずそれをリフレッシュそしてフッ素撥水加工。
ボディーはブラックカラーでやはりダメージ多数です・・・・
数年前にご利用頂いたお車はコーティングの施工をさせて頂きましたが今回のN-ONEはテクニカルディテールでリフレッシュすることに・・・施工後のケアーはガラス系の簡単コーティングのケアーを継続されるという事です。

DSC04119.JPG

程良く綺麗にして程良く手間を掛ける・・・・低予算でも十分車のお手入れは楽しめますよ!!

DSC04120.JPG

テクニカルディテールは車を綺麗にする工程、その後のコーティングは塗装を守る工程
今回コーティングはオーナー様自身がガラス系コートをご自身で定期的に行うわけです!!

DSC04118.JPG

2017年06月06日

ひび割れ

●ベンツCLS63 ヘッドライトリペア&UVハードコート

新車から5年・・・・ヘッドライトの表層割れです。
国産車は黄ばんで曇るパターンが多いのですが欧州車は曇らずにひび割れが・・・

CLS63前170606.JPG

黄ばんでいないので一見綺麗に見えますが・・・・

CLS63施工前170606.JPG

無数の細かなひび割れが・・・・
この表層割れの状態から綺麗な面まですべて削る作業は正直大変です(汗
って言うか完璧を求められるとお勧めできません

CLS63中170606.JPG

一旦ここまで削ります・・・そして番手を上げて徐々に滑らかにしていきます。
でお勧めできないのに何でやるかって?
ヘッドライトを交換すると70万・・・・なので交換するか我慢するかリペアするかの三択となれば
やはりリペアがお勧め!!
因みに左右セットで3万円(税別)なのね!!

そしてリペアするなら出来る限り新品に近づけましょうという事で私が大変な作業を頑張り泣きを見ます(笑

結果はこんな感じです。
CLS63施工後170606.JPG

新品と比べたらいけませんがパッと見新品です!!
あっそれから最近ヘッドライトに保護フィルムを貼るやつ・・・効果があるみたいです。
当店ではやっていませんあしからず。

その代り当店では紫外線に耐久力のあるUVハードコートを施します。
その効果は3年から5年と純正の新品並みです。

ベンツCLS63170606.JPG


2017年05月14日

鈑金塗装とテクニカルディテール&グラスコート

●アキュラMDX 鈑金塗装、テクニカルグラスコートTプラスダイヤ、ウインドウポリッシュ&コート

これで何度目のご利用でしょうか?ちなみにコーティングはこれが2台目!!いつもありがとうございます。
そのコーティングの前に
気になる傷があるという事で車両保険を使用した鈑金塗装のご依頼も頂きました。

その傷がこれ
鈑金施工後.JPG

バンパーを擦った傷ですね、黒い枠は塗装されている部分ですがここも傷が、写真には写っていないですがフェンダーの角にも傷が・・・これらを傷補修して塗装します。
この作業は私が信頼する『アッソガラージュ齋藤氏』が担当!!
http://www.asso-garage.com/

鈑金施工前.JPG

何事もなかった様な、後塗りした感なしのオリジナルそっくりの仕上がりです!!
※本気できれいに直したい方!適正料金で私の目をごまかしてくれるほどの仕上がりですのであきらめず頼んでみて下さい、直接でもいいですし、もちろん当店から作業依頼も可能ですよ!!マージン上乗せもありません

そしてテクニカルディテールからのコーティングを
今回お選び頂いたコーティングは『テクニカルグラスコートTプラスダイヤ』
ウインドウも超耐久フッ素撥水加工を

塗装部分は・・・
MDXボンネット前170513.JPG

シミ傷を綺麗に磨いてコーティング
MDXボンネット後170513.JPG

まあこれは常識ですね!!

当店ではこんな所も
MDXピラー前170513.JPG

綺麗にしてコーティング
MDXピラー後170513.JPG

ここも当然手を加えないとね!!
MDXモール前170513.JPG

欧州車のアルミモールに比べればあっさり取れます・・・・手を加えればね!!
MDXモール後A170513.JPG

そしてここも
MDXステップ前170513.JPG

汚れをきちんと落して専用のコーティングを!!
MDXステップ後170513.JPG

他にもボディー表面は塗装面はもちろんですがグリル、ナンバープレート、ワイパーブレード、カウルトップレンズなどなど前部リフレッシュ&コーティングをするのが当店の標準作業です。

DSC03548.JPG

DSC03545.JPG

DSC03552.JPG

DSC03553.JPG

DSC03546.JPG

DSC03543.JPG

DSC03531.JPG


2017年02月20日

復活なるか・・・

●エクスクァイア ルーフデントリペア・シミ落とし・テクニカルグラスコートUプラスダイヤ・ウインドウポリッシュ&コート・タッチアップ

ご相談頂いたのは・・・ルーフのヘコミ直し、ボンネットグリル周りのシミの除去、そしてボディー、ウインドウガラスのコーティング!
ルーフのヘコミは雪が落ちて来て出来てしまった大きなヘコミ、フロント周りのシミはとある業者に付けられた言うシミ・・・ルーフのヘコミは車両保険で対応します!本来なら鈑金塗装で直すのが確実ですが・・・塗り直したくないという事で何とかデントリペアで・・・えっ直るのか?
フロント周りのシミは業者さんが弁償すると・・・

先ずはルーフのへこみ直しから
<施工前>
エクスクァイア@施工前170215.JPG

はっはっはっ・・・これデントリペアで直すんですか?

少し拡大して見ましょう
エクスクァイアA施工前170215.JPG

50p四方いやそれ以上・・写真左側の蛍光灯も微妙に歪んでいます・・・雪が落ちてね〜・・・こんなデントリペアは私、初めてです!!

もっと拡大して見ましょう
エクスクァイアB施工前170215.JPG

オーナー様には普段見えない所だから多少残ってもいいからお願いと・・・・
私からも絶対にデントリペアで直せますとは言えないですし、オーナー様のデントリペアで直したいとの思いが無ければデントリペアお受けする事も無かったと・・・・

DSC02709.JPG

でデントリペアで直ったかって?

<施工後>
エクスクァイア@施行後170215.JPG

直ったんですね!!

エクスクァイアA施工後170215.JPG

実は雪国では雪が屋根から落ちてルーフがべっこり凹んだのをデントリペア直してる施工例も見たことありますので自分が直すのも興味はあったんですね(オーナー様は関東のお住まいの頃この被害にあったそうです。)
そして今回そのチャンスに巡り合えたと・・・いろんな意味で感謝です!!

エクスクァイアB施工後170215.JPG

いやいい経験をさせて頂きました!!

そしてフロント周りのシミ取り、そしてボディーとウインドウガラスのコーティングを・・・

エクスクァイアシミ前170219.JPG

こうなってからは洗車をする気力もなかったと・・・そりゃそうでしょう
でも大丈夫全部落しましょう!!

エクスクァイアシミ後170215.JPG

ボディーは無事除去完了!

エクスクァイアG前170219.JPG

エクスクァイアGシミ後170219.JPG

グリルは一本一本丁寧に除去

エクスクァイアグ前170219.JPG

エクスクァイアグシミ後170219.JPG

そしてこれはウインドウガラスのシミ除去・・・その後フッ素で撥水コートします。
エクスクァイアガラス前170219.JPG

エクスクァイアガラスシミ後170219.JPG

ルーフのヘコミも直りボディーすべての磨きが完了し・・・コーティングの施工を
施工させて頂いたのは「テクニカルグラスコートUプラスダイヤ」
HP上では載せていない裏メニューです!!お好きな方はどうぞっ当店最強バージョンです!!

DSC02818.JPG

DSC02821.JPG

DSC02817.JPG

DSC02813.JPG

DSC02822.JPG

DSC02814.JPG

DSC02816.JPG

エクスクァイアの復活したぞ!!

2017年01月22日

特別なことはしていませんよ

●BMW M135i フロントバンパー タッチアップ&リフレッシュ

神戸からわざわざご来店頂きました!
ご依頼の内容はバンパーの飛び石による塗装の欠けのタッチアップ作業です。
ネットでいろいろ検索できる時代ですから探しているうちに当店がヒット!でご来店と!!距離にして往復400キロ以上・・・
でお見せ頂くと気になる部分は3ヶ所・・・神戸からですからバンパーはそれなりに汚れていましたので洗車してみると・・・細かい飛び石による塗装の欠けは小さなものを入れると20カ所程度あります・・・
お話の中でこの後そろそろコーティングを再施工されるとお聞きしていましたので・・・あっ再施工はさすがに神戸の地元で行われる予定です。
それならばいっそのことバンパー丸ごとリフレッシュの提案をさせて頂きました。
丸ごとリフレッシュの内容とは・・・そもそも汚れなのか鉄粉なのか塗装の欠けなのかはっきりしない箇所もあるのでバンパー丸ごと汚れを除去して飛び石の塗装欠けをすべてタッチアップしさらに磨いて仕上げるところまでと言う提案です。(因みに簡易系のガラス系コーティングまで施工して仕上げていますのでしばらくはこのまま大丈夫!)
そうすることで地元で再コーティングする時ににスムースに作業できると思ったからです。

DSC02625.JPG

遠くの県からわざわざお越し頂き作業をお任せして頂ける・・・・・そこまで特別な事をしているとは思ってませんが・・・お選び頂けてることに感謝いたします。
・・・・でいい仕事で来ているのかな?・・・出来てると思うのですが!!

2017年01月08日

タッチペンをお持ち頂ければ

●ゴルフヴァリアント ボンネット タッチアップ

豊橋からご来店頂きました・・・ありがとうございます。

ご依頼頂いたのは・・・ボンネットの飛び石傷・・・のタッチアップ!

ヴァリアントタッチ前170107.JPG

タッチアップはご準備ください!作業は代行と言う形でお手伝いさせて頂きます。
仕上りは成り行きです。期待しすぎるのは禁物です。
現状で可能な限り目立たなくさせて頂きます!!

コーティングとセットならタッチアップは無料です(数によります)ので中古車は是非準備して下さいね。

ヴァリアントタッチ後170107.JPG

これが限界とは言いませんが、これで良しとしましょう!!

ヴァリアント映り込み170107.JPG

まだまだ新車ですので綺麗です。綺麗に維持したいのに飛び石ですからね・・・なのでお手伝いさせて頂いてます。

ヴァリアント170107.JPG

2017年01月02日

仕事始め

明けましておめでとうございます。

元旦は熱田神宮に初詣・・・で思ったんですが「たい焼き」屋さんが年々減ってない?
いつも初詣では「たい焼き」を買って帰るのですが・・・一店舗やっと見つけてってほどの少なさ
最近人気ないのかな〜?・・・たい焼き好きには寂しい限りです。

DSC02399.JPG

たい焼きでもう一つ言わせてもらうと、あんこも大事ですが、焼き方・・・そう一匹焼きが美味しいのよね!!・・・・もう絶滅したんでしょうか?

さあ二日からは早くも営業開始・・・・仕事始めはヘッドライトのリペアです。

●パサート ヘッドライトポリッシュ&コート(UVハードコート)

パサート前170102.JPG

こんな感じで劣化が進んでいます・・・・新車〜お乗り続けているパサートで5年が経過しています。

拡大して見ると・・・
パサート大前170102.JPG

オリジナルのハードコートが劣化してヒビ割れを起こしていますね!!

という事で・・・リペアはまずそのひび割れが無くなるまで削り込みます。
機械でも削れますが私は耐水ペーパーを手で磨きます・・・この方が隅々まで均一に磨けるからです。
ただ・・・欧州車全般に言えるのですがヘッドライトの樹脂の固いこと固いこと・・・

パサート中A170102.JPG

ひび割れが無くなったら・・・順番にペーパーの番手を上げて最終2000番のペーパーを
ポリッシャーで仕上げます。

パサート中B170102.JPG

当店で採用しているハードコートはこの状態から塗り込むタイプです。

パサート中硬化170102.JPG

均一に塗り込んだ後はUVランプを使用して硬化させます。
硬化後さらに磨き込んで完成です!!

パサート大後170102.JPG

クリアーなヘッドライトがよみがえりました!!

パサート後170102.JPG

耐久力は〜5年、紫外線の当たり方によりくすみが出た場合は軽く磨けば艶が戻ります(ハードコートは膜厚なので問題ありません)

ヘッドライトがよみがえると・・・ボディーも気になる(笑
その時はボディー丸ごと艶を復活させましょうね!!

パサート170102.JPG

これで仕事始めの作業はおしまい・・・結局6時間掛かった・・・・・。

今年も皆様の「愛車の美観を復活」させるお手伝いを一生懸命頑張ります!!
どうぞよろしくお願いいたします。

2016年12月07日

雨染み除去剤

コーティングしたら雨染みは付きませんか?
のご質問には・・・

ザビートル前161207.JPG

確かにコーティングの中には雨染みが付かないとか付きにくいというものはありますが実験してみると
・・・・どんな高価なコーティングも付き始めて気になる時期の違いはありますが付きます。
また季節的な要因、雨の降る時期降る量、洗車で使う水道水、洗車の仕方、保管場所、使用条件、ボディーカラー、塗装の種類・・・・などなど、そしてコーティングの性能によって雨染みの付き方も違ってきます。

ガラスコーティングなど塗装に固くとどまるコーティングは雨染みが付いてもすぐにコーティングがダメになることはありませんが・・・・そのままほっておくと洗車での拭き上げにスパッと水が切れなくなり、撥水力も低下して来ます。

ですのでガラスコーティングを施工している方はこれを使ってみて下さい!!
※もちろん当店でも施工可能です!!
スケールリムーバー161207.JPG

ボディーに頑固に張り付いた雨染みのみを分解し綺麗なコーティング面がまた現れます

ザビートルスケールリムーバー161207.JPG

使い方はこの様に洗車後水滴をある程度拭き上げて、その後「スケールリムーバーライト」を適量、水に濡らして固絞りしたマイクロファイバータオルなどに付け、雨染みを取りたい面に伸ばします。
この時あまり広い面を一気にやると乾かして失敗する恐れがありますのでボンネットなら約半分ずつかな、
伸ばした「スケールリムバーライト」を乾く前に再度塗り伸ばしたマイクロファイバークロスでもう一度拭くと浮き上がった雨染みが取れていくのが分かります。
後は新たな綺麗なマイクロファイバークロスを固絞りしたもので綺麗に液剤を拭き上げれば完成です。

ザビートル後161207.JPG

如何ですか・・・撥水力も復活しています。
因みに車はコーティングして1年半以上経過した黒いボディーで、青空駐車との事です。

写真でも分かると思いますがこの作業では塗装表面(コーティング面)に乗っかって張り付いているうろこ状のスケールは落とせますが浸食した染みは落せず残っています。
ですので本当はもっと早めにこの作業を行う事をお勧めします。

えっ浸食した染みを取る方法・・・ご心配無用です。コーティングがある程度食い止めてくれていますので
軽く磨けば取れます。・・・・ただコーティングの撥水力は無くなりますので再度コーティングするかそれに代わる撥水剤を塗るかすることで新たな撥水膜が出来ます。

もしコーティングして1年未満で雨染みウロコが気になるという方・・・早目の処置でコーティングを延命することができますよ!!

2016年11月30日

細部の汚れと深めの傷

●マークXジオ テクニカルディテールLevelC+ガラス系コート

車の状態を見るとその方の維持の仕方、条件等が分かる場合があります。

マークXジオ入庫161130.JPG

お車は新車から8年経過しているマークXジオです。艶感はなかなか良い状態ですが、洗車傷が多く全体的に深い傷も多数ある反面、雨染みなどはほとんど見受けられませんでした。
これはやはり雨の影響を受けにくい環境だったこととほこりなどが載った状態で汚れを拭いていたことが想像できます・・・・違うかな?
そして細部は・・・やはりお手入れが行き届かない部分に水分が残り汚れと共に黒ずんで溜まった状態が繰り返され8年経過した状態です。
その施工前後をご紹介しますね、

ルーフモール部
ジオルーフ前161130.JPG

ジオルーフ後161130.JPG

リアバンパーの反射板
ジオマーカー@前161130.JPG

ジオマーカー@後161130.JPG

ドアノブ
ジオのぶ前161130.JPG

ジオのぶ後161130.JPG

リアガーニッシュ周り
ジオガーニッシュ前161130.JPG

ジオガーニッシュ後161130.JPG

モール周り
ジオr前161130.JPG

ジオr後161130.JPG

これらの汚れは普段洗車せずにボディー表面を拭いて仕上げていた為でしょうか隙間の汚れが残ったまま雨にぬれ乾いて固まり・・・さらに汚れが溜まり・・・濡れて乾き固まりを繰り返して固まり・・・みたいな感じですね。
ですので定期的に高圧の水の勢いで汚れを飛ばすように汚れを落とし尚且つカーシャンプーを使用してしっかり汚れを落とし水で綺麗にシャンプーを洗い流して水滴が残らない様にしっかり拭き上げる!!
これが出来ればもっと高い美観で維持できたのではと思います。

これで輪郭はスッキリしましたが問題はボディー全体の洗車傷・・・・
ジオボンネット前161130.JPG

通常の磨きだと浅い傷が全部磨けたところからは磨き剤(コンパウンド)もスリップし磨けなくなります。
それ以上は大半の綺麗な塗装をわざわざ削り込んで傷の深い部分まで磨かなければいけませんが・・・それはもったいない話です・・・もったいないというのは大半の綺麗なクリアー層が著しく薄くなるという意味合いです。

ジオボンネット後161130.JPG

ですので残った傷と甦った艶との比較をしながらこれで良いかなと言う所で仕上げます。

これはそもそも磨きのリクエストがあった傷です。
ジオ傷A前161130.JPG

右側のパネルにフェンダーからクオーターまでこの傷が・・・・写真のクオーター部分が一番酷い箇所です。
この場合、磨いても残る部分が多いのですが傷そのものに艶が出るように磨ければ普段の目線だとわからないレベルになるかなと!!

ジオ傷A後161130.JPG

ペーパーでもう少し削って磨けば傷はもっと減りますが塗膜が・・・・心配です。
塗装肌もテカテカになりますし・・・このあたりが適正な状態だと思いますが・・・・。

テクニカルディテール作業も一通り完成し今回はガラスコーティングは施工せず。何時でも簡単にオーナー様自身が施工可能なガラス系のコート剤で仕上げました。効果は半年〜1年ですが3〜4ヶ月毎に再施工することで1年以上良い状態をキープすることは可能です。

言い忘れてましたが新車〜所有されていたのはお父様でそのお車を営業車として登録し直して今回のリフレッシュに当店をご利用されたという事です。

DSC02052.JPG

DSC02055.JPG

DSC02056.JPG

DSC02050.JPG

DSC02051.JPG

DSC02049.JPG

マークXジオ完成161130.JPG

車に詳しくない人が見たら新車と見間違うほどになったかな?
綺麗になった車で明日から営業頑張って下さい、ご用命ありがとうございました!!

2016年11月16日

タイプRユーロ リペア&リフレッシュ

●シビックタイプRユーロ デントリペア・タッチアップ・ヘッドライトポリッシュ&コート・ウインドウポリッシュ&コート・テクニカルグラスコートT+ダイヤモンドコート

長野県よりご来店・・・ええ長野県のオーナー様からご依頼頂いたのはシビックタイプRユーロのリペア&リフレッシュ&コーティングです。
遠方ですが当店をお選びいただき誠にありがとうございます・・・先週末からお預かりして作業を進めています。

<入庫時>
シビックR入庫161116.JPG

新車から7年が経過しているボディーですが・・・綺麗に見えますが・・・
先ずはヘコミが2ヶ所ありますのでそちらをデントリペアで直して・・・

<施工前>
シビックRへこみ施工前161116.JPG

写真のヘコミを含め2ヶ所共にあっさりなかったことに!!

<施工後>
シビックRへこみ施行後161116.JPG

そしてヘッドライト
DSC01775.JPG

結構傷んでいますね・・・ですので傷んだハードコートを全部削り落としてハードコートの再施工をします。

DSC01799.JPG

新しいハードコートをUVランプで固めて完成です!!

そして・・・・思った以上に大変でした・・・ガラスのウロコ除去・・・
DSC01769.JPG

DSC01798.JPG

DSC01772.JPG

全てのガラスのウロコ除去をするのに悪戦苦闘・・・・・

DSC01777.JPG

カウルトップ際のスケールもゴリゴリでしたので・・・外しました!!
ついでにここの汚れもお掃除しときましたよ!!

結局ガラスのウロコを全部除去して撥水加工するまで丸1日・・・・・オーナー様安心して下さいウロコは綺麗さっぱりツルツル透明なガラスに復活しています!!

現在はボディーの磨きを・・・週末のご対面お楽しみに!!

2016年09月18日

新車に負けない美しさ

●レクサスGS350 デントリペア、タッチアップ、テクニカルグラスコートULevelC、メタルパーツポリッシュ、ウインドウポリッシュ&コート、ヘッドライトポリッシュ&コート

中古購入後、御入庫頂いたレクサスGSはH18年式です。
オーナー様は当店のブログを見て作業の依頼を決められたとか・・・・ああ手を抜けない・・・じゃなくて頑張りましょう(笑

先ずはへこみ直しから

<施工前>
レクサスGS施工前160910.JPG

左フロントフェンダーが凹んでいます。縁も内側に曲がっています・・・デントりぺでは難しい作業ですが私なら何とかできそうなので(少しだけ自己主張してみました)・・・もちろん私では何ともならないヘコミもありますが・・・と落ちも付けておきましょう(笑

<施工後>
レクサスGS施工後160910.JPG

縁の曲りがどうしても少し残っていますが・・・これは私では何ともならないのですが・・・

レクサスGS映り込み160910.JPG

映り込みではまずわからないかと思います。

続いて・・・モールのシミ跡
レクサスGSモール前160910.JPG

ボディーの塗装部分が綺麗でもここがこんな状態だと・・・とても残念です。
格安コーティングとか、安さを提案するコーティングだと間違いなくこのままシミが残ってしまう可能性大です。

レクサスGSモール後160910.JPG

なぜかと言うとこの部分だけ別メニューで磨きますからね!!

当店ではウインドウガラスのクリーニング及びコーティングはボデーをコーティングする前に施工します。
もっと詳しく説明するとガラスとモールの際あたりの美観にもこだわりますのでここも重点的にクリーニングします。ですのでウインドウガラスのコーティングはボディーコーティングとのセットで同時進行が断然お勧めです。
ボディーコーティングだけだと窓ガラスとの境界線にあるゴムモールなどは手を付けられませんしボディーコーティング後にウインドウガラスのクリーニング&コートとなるとせっかく綺麗になったボディーにマスキングとかしなければならないですし・・・・と言うことです。

<施工前>
レクサスBS前160917.JPG

レクサスガラス前160917.JPG

<施工後>
レクサスBS後160917.JPG

レクサスガラス後160917.JPG

これでスッキリ、窓ガラスには超耐久のフッ素撥水加工を施しますので雨の日も安心安全で洗車後の拭き取りもスパッとスッキリです!!

いよいよボディーのテクニカルディテールを行いコーティングを施します。
まずは徹底的に乗っかったダメージを除去するわけですがポイントは、すみ、スミ、隅!
のスケール除去、そしてパネル表面の鉄粉などの異物除去!・・・これを行わずにいきなりポリッシャーでウイーンと磨くと・・・・いまいちの仕上がりどころか鉄粉が焼付いて塗装面がさらにプチプチになります!!
・・・・これは格安コーティングでよく見かける仕上がりですね!!
新車でも花粉が張り付いている状態でいきなり磨くとシミが塗装になじんで・・・ええっていう仕上りになるのでご注意を!!
それくらい綺麗さを求めるコーティンは手が込んだ仕事をしますので・・・

<施工前>
レクサスう前160917.JPG

レクサスGSサイドマーカー前160917.JPG

レクサスレンズ前160917.JPG

レクサスGSボンネット前160917.JPG

<施工後>
レクサスう後160917.JPG

レクサスgsGSマーカー後160917.JPG

レクサスレンズ後160917.JPG

レクサスGSボンネット後160917.JPG

それとグリルなどの複雑な樹脂パーツ・・・・まず普通のボディーコーティングで施工されることはないパーツ・・・・正直面倒な作業ですが・・・・車の顔ですからね、当店は普通にクリーニングしてコーティングします。

<施工前>
レクサスg前160917.JPG

レクサスエンブレム前160917.JPG

<施工後>
レクサスg後160917.JPG

レクサスエンブレム後160917.JPG

如何ですか?新車に負けない美観を取り戻せたかな?

テールレンズも磨いてコーティングを

DSC01345.JPG

ヘッドライトも磨いてコーティングを

DSC01354.JPG

ピラーも磨いてコーティングを

DSC01351.JPG

エンブレム周りもキリッと美しく

DSC01352.JPG

DSC01347.JPG

DSC01356.JPG

よく言われることがあります。
ブログを見てると忙しそうで・・・と
仕上りを見て・・・やはり頼んでよかった!!繁盛してるでしょうと!!

でも実はそうでもないですデントリペアにしてもボディーコーティングにしてもお店を選択するのはお客様ですから!!うちを選んでほしいのでブログは欠かせません
かっこよく言うと各オーナー様の身になってお手伝いしたいという思いからです!!
なので当店を選ぶ価値はあるかなと・・・自分で言ってしまった(笑

本当に繁盛していればおそらくブログとか定期的にアップすることはないでしょう・・・
でも繁盛するとおそらく楽な仕事へと選り好みするのかな?

2016年09月03日

チャンピオンシップホワイトの輝きを取り戻せ

●シビックタイプR デントリペア・タッチアップ・テクニカルグラスコートU+ダイアモンドコート・ウインドウポリッシュ&コート・ヘッドライトポリッシュ&コート・ホイールコート

いや〜正直くたびれました今回のリフレッシュ&コーティング予定の作業が少し遅れ気味・・・台風接近と言うことで何とか本日中の御引き渡しをと思い早朝7時からの仕上げ作業・・・オーナー様はお隣の浜松市です。
何とか間に合い夕方御引き渡しさせて頂きました。

何に苦労したかと言いますと・・・汚れ取に2日間、磨きに2日間・・・これが予想の倍かかってしまったわけですが・・・読みがまかったというか・・・・

シビック隙間前160903.JPG

シビック隙間後160903.JPG

シビックルーフ前160903.JPG

シビックルーフ後160903.JPG

シビックルーフガラス前160903.JPG

シビックルーフガラス後160903.JPG

シビックドアノブ前160903.JPG

シビックドアノブ後160903.JPG

シビックテールレンズ前160903.JPG

シビックテールレンズ後160903.JPG

シビックグリル前160903.JPG

シビックグリル後160903.JPG

シビックカウルトップ前160903.JPG

シビックカウルトップ後160903.JPG

シビックウインカー前160903.JPG

シビックウインカー後160903.JPG

シビックボンネット前160903.JPG

シビックボンネット後160903.JPG

シビックフェンダー前160903.JPG

シビックフェンダー後160903.JPG

これはヘコミね・・・デントリペアで修復
シビック施工前160903.JPG

シビック施行後160903.JPG

ああ写真撮るのも疲れます(笑

DSC01239.JPG

DSC01241.JPG

DSC01243.JPG

DSC01237.JPG

シビック2完成160903.JPG

チャンピオンシップホワイトの輝きを取り戻せました!!

2016年08月31日

チャンピオンシップホワイトの輝きを取り戻せ

●シビックタイプR デントリペア・タッチアップ・テクニカルグラスコートU+ダイアモンドコート・ウインドウポリッシュ&コート・ヘッドライトポリッシュ&コート・ホイールコート 途中経過ご報告

お車は中古で購入後すぐに当店い御入庫頂きました。
作業の方は外装全部のリペア&テクニカルディテールとコーティング
チャンピオンシップホワイトの表面も艶を失い・・・・
もう新車で買えないんですが新車の様に輝かせたいという強い思いで当店をお選び頂いてます!!

DSC01209.JPG

ほとんど艶がありません・・・・

DSC01208.JPG

チャンピオンシップホワイトはソリッドクリアーなしのホワイトカラーです。

DSC01196.JPG

DSC01197.JPG

DSC01199.JPG

ヘコミを直して全ての汚れを落とすのに2日掛かりました・・・・・汗!!

DSC01212.JPG

本日からボディーのテクニカルポリッシュ作業を開始していますよオーナー様!!
綺麗になったところをちら見せです。

2016年08月27日

新車でも・・・

●シトロエンC4 ウインドウポリッシュ&コート

ウインドウポリッシュ&コートを御依頼頂いたと言うか困り果てて御依頼頂いたというか・・・
シトロエンC4は新車ご購入からまだ数か月ガラスにウロコが付いていてどうにも取れないと・・・
デ〇ーラ〇でご相談(クレーム)もこれで勘弁して下さい?と簡易撥水を・・・・問題可決とはならなかったようです。・・・と言うのも納車前からなのか納車後からなのかウロコが付いた時期が?と言うことですね!

C4ウインドウ前160827.JPG

因みにこれが施工前のフロントガラスの状態です。
磨いて感じたことです、これだけは言えます・・・・ウロコの張り付きは割と頑固でした数か月で付いたものとは到底思えません・・・・海を渡る前かな?

C4ウインドウ後160827.JPG

まあ当店で撥水加工するなら下地の磨きはきっちりやりますのでウロコの張り付き云々は関係ないですのでそんなに気にすることはないですよ!!

シトロエンC4 160827.JPG

新車もある意味〇〇〇です(笑・・・・特に輸入車はね!!

2016年08月16日

維持できる喜び

●ユーノスロードスターNA8 デントリペア、タッチアップ、リフレッシュ&テクニカルグラスコートU

私のお盆休みも終わり、ガレージではかなりくたびれたネオグリーンのユーノスロードスターをリフレシュシュ中です!!

DSC01060.JPG

正直・・・・ご相談を受けた時には・・・塗り替えた方が良いんじゃないかと・・・とはいってもオールペイントとなると一ケタ多い予算が必要ですからね!

オーナー様からのご要望は現状で出来るだけ綺麗に磨いてコーティングをと!
後ヘコミが数カ所あるのでそれも直して・・・・・・・・・傷みダメージはかなり進行していますし物理的に残ってしまうダメージもかなり多そうですがそれもこの先長く維持するための第一ステップです。
お金をかけてオールペイントすることは綺麗にはなりますが何もかも封印されるようで少し寂しさを感じますが、くたびれてもそれにこだわり手を加え綺麗にすることには維持できる喜びを感じられますからね!!
・・・・じゃ出来るだけ頑張ってみますかね!!

ヘコミは・・・・
na8施工前160816.JPG

これは左ドアのヘコミです
na8施工後160816.JPG

これは右のドアのヘコミですが傷もありタッチアップされています・・・
na8ドア施工前160816.JPG

タッチアップは一旦除去しヘコミを直し・・・少し磨いてみると
na8ドア施工後160816.JPG

これならこのままもう少し磨けば・・・それが一番目立たないかな・・・タッチアップは必要ないね(笑!!

ヘコミがすべて無くなったらパーツを出来るだけバラシて汚れの除去を・・・
DSC01084.JPG

見えない部分ですが私もスッキリします!!
DSC01085.JPG

これはテールレンズの部分ですがちょうど際の部分の艶が仕上がりを引き立てます!!

DSC01111.JPG

問題はこのボンネットそしてバンパーの艶・・・の無さ・・・・
今では珍しいというかほとんどないクリアーの無いソリッドカラー・・・磨くとこうなります。
DSC01131.JPG

半分だけ磨いてみました・・・・・
na8半分160816.JPG

おおっ甦ります・・・・オーナー様ご対面を楽しみにして下さいませ!!

2016年08月13日

甦った黒に感動!!

●V36スカイライン デントリペア・タッチアップ・テクニカルグラスコートU・ヘッドライトポリッシュ&コート

本日御引き渡しとなりましたV36スカイラインのリフレッシュをご紹介します。

中古で購入されたお車ですが・・・塗装の劣化に加え飛び石傷そしてヘコミ・・・手入れが行き届いていないため細部の汚れ等が目立った状態ですが・・・とはいっても普通は販売時にもう少し綺麗にして売るべきじゃないですかねえ・・・そうすれば私の出る幕もないのにね(笑

先ずはヘコミをデントリペアで修理
スカイライン施工前160813.JPG

トランクのヘコミです・・・黒なので余計目立ちます。
スカイライン施行後160813.JPG

これはドアのヘコミ
スカイライン横施工前160813.JPG

他にもあと2ケ所合計4か所のヘコミをデントリペアしました。
スカイライン横施工後160813.JPG

この後行うボディーコーティングとセットならデントリペアは半額です!!もちろん本業ですので私自身が作業するので行える半額サービスですし仕上がり重視は当たり前です!!決して外注作業ではありませんので!!
コーティングした後に凹んだって場合もトータルで面倒見れるのが当店の売りですよ!!

ヘコミが直ったところでいよいよコーティング前のテクニカルディテール作業です。
ただ塗装面を磨くだけの作業と違い、樹脂パーツなども含め細部まで徹底的に汚れを落とし・・・全体の外観の美観を復活させダメージのある塗装面の磨きを行い綺麗な塗装面を復活させます。
その後テクニカルグレイジングで最高の艶をプラスこれがテクニカルディテールディテールです。
同時にですが今回は飛び石傷が多かったためタッチアップ作業も行いました。

※タッチアップ作業はタッチアップペンを事前にお持ち頂ければサービスで行います。

テクニカルディテールで最適な艶を手に入れたボディーを樹脂、レンズ、ワイパーブレード、トップカウル、ナンバープレート等々丸ごとガラスコーティング(グラスコートU)します。

スカイライン汚れ前160813.JPG

スカイライン汚れ後160813.JPG

スカイラインライト前160813.JPG

スカイラインライト後160813.JPG

スカイラインエンブレム前160813.JPG

スカイラインエンブレム後160813.JPG

スカイラインミラー前160813.JPG

スカイラインミラー後160813.JPG

スカイラインボンネット前10813.JPG

スカイラインボンネット後160813.JPG

DSC01104.JPG

DSC01105.JPG

DSC01098.JPG

スカイライン完成160813.JPG

甦った黒、オーナー様も感動!!・・・・して頂けたと思うよ!!!

2016年07月26日

BP5復活劇 完成

●レガシーツーリングワゴンBP5復活劇 完成

鈑金塗装、デントリペア、部品交換、タッチアップ、テクニカルディテール、コーティングとすべての作業が終わり綺麗さを取り戻したレガシーBP5

それではご覧ください

レガシーモールきわ前160723.JPG

モールとモール際の汚れを除去しコーティング

レガシーモールきわ後160723.JPG

ルーフレールの溝に汚れも見逃しません
レガシールーフレール前160723.JPG

スッキリしました。
レガシールーフレール後160723.JPG

ガラスはウロコ、スケールをしっかり除去した後フッ素撥水コートを
ワイパー、カウルトップは汚れを除去後専用コーティングをします。
レガシーフロント前160723.JPG

見違えるように綺麗になりましたね。
レガシーフロント後160723.JPG

ピラー樹脂部分は磨けます。
レガシーピラー前160723.JPG

磨いて綺麗になったピラーはもちろんコーティングします。
レガシーピラー後160723.JPG

劣化が深刻なルーフスポイラーですが
レガシーダメージ前160723.JPG

テクニカルポリッシュ&テクニカルグレイジングでここまで回復・・・・もちろんコーティングも
レガシーダメージ後160723.JPG

テクニカルポリッシュ&テクニカルグレイジング
レガシースポイラー前160723.JPG

ダメージのある塗装表面の磨きを最小限に抑えながら艶を最大限引き出します。

レガシースポイラー後160723.JPG


DSC00880.JPG

DSC00883.JPG

DSC00881.JPG

ドアのプロテクターモール、ミラーカバーなどは新品交換で気分一新してます。
DSC00886.JPG

DSC00885.JPG

DSC00888.JPG

DSC00860.JPG

DSC00857.JPG

オーナー様はこのレガシーをなんと十数万で手に入れそして思う様に手を加え・・・今後もまだ手を加えるところがあるようです。
実はオーナー様は車もバイクも大好きな男前な女性オーナー様でした。

2016年07月23日

BP5復活劇 その3

●レガシーツーリングワゴンBP5復活劇その3

タッチアップ色々をご紹介します。
車も時間が経つと色々ダメージが増えてきますがその中でちょっとした傷・・・・どうします?
ボディーの美観を取り戻す為に鈑金塗装、デントリペアそして磨き&コーティングと進めているのですが・・・そう少しずつ食らった飛び石による塗装の欠け、当てられて出来た傷・・・・擦って出来た傷・・・・鈑金塗装するまでもないと言うか・・・鈑金塗装するにはお金が掛かるそんな時にとりあえず役に立つのがタッチアップですがそのサービスをさせて頂きました!!

<タッチアップ前>
レガシープレスライン前160723.JPG

ここはヘコミを直した後の残った傷ね・・・

<タッチアップ後>
レガシープレスライン後160723.JPG

当然ですが・・・ヘコミは無かったことになってますよ!!映り込みバッチリタッチアップ後の傷跡・・・これなら気にならないかと?
レガシー映り込み160723.JPG

<タッチアップ前>
レガシーキーシリンダー前160723.JPG

これはキーシリンダー周りの塗装はげ・・・

<タッチアップ後>
レガシーキーシリンダー後160723.JPG

<タッチアップ前>
レガシータッチアップ前160723.JPG

これはドアノブね!ん〜塗装のはげです・・・

<タッチアップ後>
レガシータッチアップ後160723.JPG

番外編・・・
<タッチアップ前>
レガシー傷前160723.JPG

これはね〜でもね目立たない場所ですからタッチアップと言うか刷毛塗りを・・・
その前にささくれを削ってパテで段差を埋めて・・・刷毛塗り!!

<タッチアップ後>
レガシー傷後160723.JPG

タッチアップはとりあえずの補修作業かもしれませんが傷を目立たなくさせる為には必要なアイテムですね・・・ボディーコーティングとセットであればタッチアップはサービスです。

ボディーコーティングも完成し本日御引き渡しも完了です。
出来上がの写真はまた後日・・・・おたのしみに!!

2016年07月18日

BP5復活劇 その2

●BP5レガシーツーリングワゴン 復活劇 その2

3連休も終わりましたね・・・って言うか3連休だったんだ(笑
お預かりして作業を進めているBP5レガシーツーリングワゴンの途中経過のご紹介です。

クオーターとバンパーの鈑金塗装が出来上がり続いて取り掛かったのは「デントリペア」
ヘコミの数は18箇所+α・・・+αとは他にもあったら直しますよと言う意味です(笑

<施工前>
レガシードアヘコミ施工前160718.JPG

ヘコミは大体こんな感じで大小色々・・・

<施工後>
レガシードアヘコミ施工後160718.JPG

傷が付いていたので試に磨いてみました・・・・これなら傷はほとんどわからないね!
磨きの本作業は後ほど行いますね!!

<施工前>
レガシーヘコミ施工前160718.JPG

デントリペアで一番時間が掛かったのはこれです・・・ドアの上部

レガシーアクセス160718.JPG

ガラスまで外してようやくアクセスできました!!

<施工後>
レガシーヘコミ施工後160718.JPG

18ヶ所すべてへこみは直りましたよ!塗装が剥げているヘコミありましたが後ほど目立たない様にタッチアップする予定です。
あそうそう、ボンネット先端に3ヶ所薄らヘコミを見つけましたのでそれも直しました・・・あっ追加料金はいりませんよ、サービスしときます(笑

そしていよいよ「テクニカルディテール」「コーティング」へと作業は進みます。
先ずはケミカルを使用したテクニカルウオッシュで徹底的に付着した汚れ、異物の除去を行います。
特に今回はモールなどの新品交換も同時に行うため効率よくリフレッシュできます。

レガシーモール前160718.JPG

これドアのモールを外した状態です・・・・汚ったねぇ〜・・・当たり前ですが(笑

レガシーモール後160718 .JPG

これでスッキリ!!・・・磨きはこの後・・・もっと艶が出ますよ!!

レガシーミラー前160718.JPG

ドアの内張りも外してますので・・・ついでにサイドミラーも外してその付け根の汚れを除去

レガシーミラー後160718.JPG

この状態で後ほど磨きます・・・・普段は隅まで磨けませんが、これなら見えないところまで磨けます!!

レガシーハウス前160718.JPG

隅の隅まで汚れを除去

レガシーハウス後160718.JPG

他、窓ガラス、各パーツの細部のスケール汚れを完全除去・・・・すっぴんになったレガシーは磨き⇒コーティングへと・・・・M様、今週末には完成する予定です!!

2016年07月14日

BP5復活劇 その1

●BP5レガシーツーリングワゴン 復活劇 その1

先週からお預かりして作業を進めている「BP5レガシーツーリングワゴン」

DSC00807.JPG

当店が提案するすべての作業を駆使して輝きを取り戻す作業を進行中です・・・
すでにオーナー様の方ではヘッドライトを新品交換されていますね!
当店では「鈑金塗装」「デントリペア」「タッチアップ」「テクニカルディテール」「部品交換」「グラスコーティング」を行いますよ・・・・

先ずは「鈑金塗装」からです
DSC00725.JPG

左クオーターとリアバンパーが傷ついて大きく凹んでいます。お願いするのはいつもの「アッソガラージュ」さんhttp://www.asso-garage.com/
DSC00769.JPG

本来ならドアまでぼかし作業が必要ですがドアは塗らずに仕上げて頂きましたが、色合わせのテクニックにより違和感なく仕上がってますね、そして言わなければ塗った箇所も塗ったとは思わないほどの仕上がりですよ!!

さあここからは私の出番・・・ドアパンチなど些細なヘコミが・・・数えると18ヵ所・・・いやもっとあります。
DSC00723.JPG

DSC00726.JPG

DSC00724.JPG

黄色いテープがへこみの位置です・・・・これをデントリペアで直しますが・・・その前に

DSC00808.JPG

モールが傷ついています・・・・
DSC00809.JPG

4枚のドア全部・・・・なので全部新品交換と言うことで剥します・・・
DSC00811.JPG

デントリペアの後テクニカルディテールで綺麗にして新品を貼り付けます。
内張りもすべて外していますし、ついでに外しました・・・ミラー
DSC00810.JPG

実はミラーのカバー部分も傷が付いていましたので新品交換しました、ちなみに部品代は片側5,000円弱です。
これでミラーの取り付け部分もスッキリしますよ!!

と言うことで本日ご紹介はここまで・・・・オーナー様お楽しみに!!