2018年07月17日

コーティングの下地はキッチリね

●H16.1 クラウン デントリペアルーフ複数、塗装ミスト除去及びテクニカルディテール&グラスコートTプラスダイヤLevelD、ウインドウコート、タッチアップ

先日ルーフの目立つところだけデントリペアさせて頂いたのですが

クラウンデント前180708.JPG

そのクラウンは購入したばかりでお値打ちに?コーティングを済ませてあったのでしばらく1年位はこの状態でよいう事だったのですが・・・・数日後
ご自身が洗車をして・・・なんか変?

ボディーがザラザラ・・・・メッキ部分が黒い粒多数・・・

DSC06833.JPG

分かるかな?これフェンダーミラーのメッキの部分です黒い粒粒がありますよね・・・

クラウンリア前180718.JPG

これトランクですがボディーが黒なのでわかり難いですが黒い粒粒が・・・

はいこれ塗装ミストですな!・・・・全体を観察すると・・・・ナンバープレート以外全体に及んでいます。
つまり購入前からの物しかもコーティングしてますがその時除去できてないのね・・・

という事で本格的なコーティングは1年先の予定でしたが今やることに!!

先ずはすべての凹みをデントリペアで綺麗に復活
クラウンデント後180708.JPG

そして塗装ミスト除去
クラウンリア後180718.JPG

先ほどのトランクの部分です・・・ツルツルに!!

それ以上に厄介だったのは
クラウンミラー前180714.JPG

隙間と言う隙間にはワックスカスと溜まりに溜まったスケールそしてその上からのコーティング
・・・・・・取り除くのが大変

コーティングで綺麗に見えるパネルも
クラウン傷前180714.JPG

ブラックの宿命か・・・・と言うよりも磨けてません

という事で一生懸命頑張りました・・・・想定外に時間も掛かりました
オーナー様は当店でコーティングは3回目ここで綺麗に出来ませんでしたでは・・・
期待を裏切らないように、困難なダメージを回復させるには十分な「私のモチベーション」になります。

クラウン傷後180714.JPG

クラウンミラー後180714.JPG

DSC06883.JPG

DSC06887.JPG

DSC06881.JPG

DSC06882.JPG

DSC06884.JPG

DSC06880.JPG

14年が経過したクラウンですが・・・内装はピカピカです。
塗装も何とオリジナル・・・ですので色々ダメージは蓄積していたのですが極上のオリジナルを保ってた貴重なお車なのです。

DSC06885.JPG

最後に一言コーティングは下地処理で決まります。下地処理が甘くてもコーティングすればコーティング
下地処理がきっち出来ればコーティングはもっと綺麗です。ただその分お高くはなりますが・・・・・

2018年06月30日

ガラスのリフレッシュ

●S2000 フロントウインドウポリッシュ&コートLevelB

S2000180630.JPG

愛車も長年維持してるとこんな感じで傷んでませんか・・・・・

S2000大磨き前180630.JPG

これフロントウインドウガラスの傷です・・・・・

S2000磨き前180630.JPG

遠目に見ると問題なく見えますが・・・良く見て下さいワイパーの傷が細かく入ってて
夜間ギラついて危ないですよね!!

ガラスの傷はごく浅いものは磨いて消せます・・・よそでこの作業をやってるかどうかは知りませんが
当店はやってます!!
ただ深めの傷とかチッピング(小石が中って出来たガラスの欠け)までは磨けませんので要相談です。

S2000大磨き後180630.JPG

今回はここまで回復!!交換よりは磨いてリフレッシュが良いだろうと!!

S2000磨き後180630.JPG

愛車のリフレッシュ今後ともよろしくお願いいたします。

2018年06月23日

ヘッドライトスチーマー「ドリームコート」

●デリカD5 ヘッドライトハードコートリペア

デリカD5のオーナー様よりヘッドライトリペアのご依頼です。
これまで市販品の磨き剤コーティングなどを試されたみたいですがどうにも思うような仕上がりにならないという事です。
私は市販品のリペア或いはコーティングキットは試したことが無いので何とも言えませんが・・・
良い結果だったよって言うのは聞いたことがありません

D5HR前180622.JPG

現代の車のヘッドライトはポリカーボネイト(樹脂)ですのでどうしてもボディーよりも早く劣化してしまいます。劣化するとくすんだり、黄ばんだり、ひび割れたりと美観を損なうばかりか安全性も保てなくなります。
新車のヘッドライトも早ければ2年位でくすみが出てきますので長年乗り続けたり、中古で買ったりするとヘッドライトは確実に傷んで透明感を失っています。中古車等だと購入前に一時的に磨いて綺麗に見える場合もありますが表面のハードコートが機能していなければ(剥がれていれば)納車後しばらくすると見る見るうちに透明感を失い・・・残念なことになります。

因みに高級車も輸入車も例外なくヘッドライトは劣化します・・・・一昔前よりは品質は上がっているような感じはしますが・・・最近のお車はそのヘッドライトの形状が複雑になってるので磨きは大変そうです。

ヘッドライトの劣化は大きく分けて色が変色していくパターンとひび割れを起こすパターンともちろん両方同時進行して劣化する場合もありますが比較的やわらかいヘッドライトは色が変色するタイプ・・・これは国産車に多い傾向で輸入車はヘッドライト表面が固く表層割れから劣化するするパターンが多いような気がします。

さてデリカの状態ですがすでにいろいろ試されて磨き傷が多く刻まれた状態です・・・・

D5HR粗目180622.JPG

当店でのヘッドライトリペアは表層面のハードコートを粗目の♯360〜♯600番で削りますのでハードコートはもちろんですが表層割れなどの傷もスッキリ取り除けます。

順番に番手を上げていき最終♯1500で整えます。
D5HR粗目細目180622.JPG

この時点で深く入った割れ傷は残ってしまいますので早目のリペアが良いでしょう!!

通常はここからさらに滑らかにするために削って磨いてピカピカにしてグラスコーティングする方法と
このままペーパー目を残してハードコートを再施工する方法があります(磨いて塗装もあります)が当店はこの再施工する方法をお勧めしています。
グラスコーティングの利点は簡単にメンテナンスすることが出来ますが耐久性がハードコートに劣るため苦労して綺麗にしたわりに持ちが悪い印象です。
それに比べハードコートの再施工は純正同等程度の持続性があります。
当店は現在導入しているハードコートは「ドリームコート」・・・・これまでも色々良いと思うものを採用して来ましたが、こいつは特に仕上がりが非常に良いですね!!
新品と見間違うほどの透明感です!!もちろん耐久力もお墨付きです。

D5HR完成180622.JPG

あっただ言っときますがその透明感を実現するための下地作りは重要ですって言うかその下地作りが出来なければ何塗ってもうまくいかないですからね・・・・これボディーコーティングも塗装も一緒です。
あまり私は商品を表に出すことはないのですが・・・誤解されても困りますからね・・・〇〇コーティングが良いなんて噂になるのが嫌いでね、そもそもそれをうまく施工できるかどうかすべて下地作りだという事を知って頂きたいのです!!

D5180622.JPG

「ドリームコート」・・・今回ばかりはこの商品名が流行りそうな気がするので宣伝がてら載せましたが!!

ドリームコート、ヘッドライトスチーマーで検索するといろいろ出てきます施工時間は1時間って?
ちなみに私は下地処理から施工完了まで両目で4時間掛かりました・・・・掛かり過ぎ?施工がへたくそ?
たったの10分で完了ってのもありますが・・・・・ネットには罠がいっぱいありますよ。
ヤフオクで格安で販売もされていますが・・・・・取り返しの付かない様な事の無いようにね。

2018年06月22日

甦るか?

●2007/9 BMW320i テクニカルグラスコートUプラスダイヤLevelD、ヘッドライトハードコートリペア、メタルモールポリッシュ&コート、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート、タッチアップ他

前回デントリペアをご利用頂いてからの今回は全体のリフレッシュ&コーティングをご用命いただきました。
ありがとうございます。

320入庫180622.JPG

お車はH19年式・・・車は新しい方が良いななんて言わせませんよ・・・で2週間頑張って・・・・

先ずはヘッドライト
320HR前180622.JPG

傷んだハードコートは粗目のサンディングから全てそぎ落とし

320HR粗目180622.JPG

番手を上げて♯1500番で仕上げます。
320HR細目180622.JPG

新しいハードコートは最近新しく導入した「ドリームコート」を・・・この仕上がり透明感は絶品です!!
耐久力はこれまで同様2年〜3年〜・・・と長持ちしますので安心です!!
320HR後180622.JPG

そしてホイール・・・
320ホイール前180622.JPG

ビフォアー、アフターは一瞬ですが・・・・地味に大変です。
320ホイール後180622.JPG

ここは地味に大変以上の大変・・・
320モール前180622.JPG

ちょっとシミがすごすぎて・・・・復活するかな?
320モール後180622.JPG

窓ガラスをぐるりと一周するこのモールはBMWにお乗りの方ならわかるはず・・・普通には取れませんよね。
今回もここまでシミが深くなるとクレーター状になっていますし磨けば磨くほど角の方から被膜が薄くなり下地のアルミが露出します。
320三角コーナー前180622.JPG

・・・・何とか「おっいいね」ってくらいには回復しました・・・「ホッ」

320三角コーナー後180622.JPG

シミの勢いは塗装面もですが、窓ガラスにも・・・ここを見ると残念感が伝わりやすいですね

320ガラス前180622.JPG

窓ガラス、ボディーを同時にリフレッシュする事をお勧めいたしますよ!

320ゴム前180622.JPG

ゴムの部分も注目下さい
320ゴム後180622.JPG

320ガラス後180622.JPG

では塗装面です・・・その前に部品の汚れも見逃さず
320グリル前180622.JPG

クリーニング&コーティングするのが当店の標準です。
320グリル後180622.JPG

では塗装面です。
これはボンネット
320B前180622.JPG

オーナー様が一番気になっていたダメージかな?
他店でもご相談されたりしたそうですが・・・・当店に白羽の矢が・・・・汗汗

色々悩みながらどこまで削るか・・・はい磨くではなく削るです。
うちより磨きのうまいお店は沢山あろうかと思いますが・・・私なりにこんな感じで仕上げました

320B後180622.JPG

クレーター状のシミの凹が少し残っていますがこれで良しとして下さいませ

トランクは
320トランク前180622.JPG

これで良しとしましょう
320トランク後180622.JPG

拡大すると
320シミ前180622.JPG

こうなります
320シミ後180622.JPG

削って磨ききって塗装膜が薄くなっても綺麗さを追求するのか、多少残して良しとするかこの仕上りが当店のテクニカルディテールです・・・・お粗末です。

コーティングはグラスコートUプラスダイヤです。最高の超撥水膜を形成しその後の手入れが楽しくなりますよ!!

DSC06711.JPG

DSC06705.JPG

DSC06712.JPG

DSC06706.JPG

DSC06713.JPG

DSC06710.JPG

DSC06704.JPG

本日梅雨の晴れ間にお引き渡し完了です・・・今後ともよろしくお願いいたします。

2018年06月05日

最高の美観を

●2010.9 BMW Z4 デントリペア、鈑金塗装、タッチアップ、テクニカルグラスコートTプラスダイヤ、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート

お車は中古で購入したばかりで、きちんとボディーは仕上がってますので年式以上に綺麗です。

Z4入庫180603.JPG

ですので普通にこれでお乗り頂くのも良いと思いますが・・・・・いやダメダメ
もっと綺麗に・・・・と

致命的だったのがこれ
Z4鈑金前180603.JPG

ボンネットのウオッシャーノズルの横の方に浸食し塗装がダメになったシミが・・・・こうなると磨いてもだめです・・・・タッチアップでも無理
なので埋めて塗装を・・・と言っても部分塗装ではぼかし目等々残念な仕上がりになりますのでボンネット全体を塗り直しです。でもまあ他にも小さな浸食痕が多数あるのでボンネット全部が再塗装で綺麗になるなら正しい選択だと思います。

Z4鈑金後180603.JPG

で仕上がってきたボンネットの再塗装・・・さすがアッソさんオリジナルの様な仕上がりです!!

クオーターには微妙なヘコミがありましたが、
Z4デント前180603.JPG

これはデントリペアで無かったことに
Z4デント後180603.JPG

フロントバンパーは飛び石などの傷が多数ありましたが今回はタッチアップで目立たなくして

補修を一通り終えいよいよ最高の艶、美観を極めるテクニカルディテールを施しコーティングします。
ボディーはもちろんですがグリルレンズ他、窓ガラス、ホイール全部です。

トランクルーフのシミの浸食痕は
Z4トランク前180603.JPG

より目立たなく磨き込み
Z4トランク後180603.JPG

グリルの際のスケールまで
z4グリル前180603.JPG

キッチリクリーニング&コート
z4グリル後180603.JPG

レンズのシミ、洗車傷も
Z4テール前180603.JPG

綺麗にリセット&コート
Z4テール後180603.JPG

ホイールも一旦外して表裏キッチリクリーニング&コート
DSC06559.JPG

ガラスも超クリアーにワイパーアーム、カウルトップもコーティング
DSC06566.JPG

わざわざ三重県四日市からご依頼ありがとうございました。

DSC06560.JPG

DSC06562.JPG

DSC06567.JPG

DSC06569.JPG

DSC06571.JPG

また汚れたら・・・メンテナンスしましょう!!

DSC06572.JPG

2018年04月07日

んっ?

●ミニクーパS デントリペア&汚れ落とし&磨き&コーティング

中古で購入したばかりでコーティングも施工したばかりで・・・・・ヘコミがある?

クーパS入庫180406.JPG

まあヘコミがあるのはしょうがないでしょう・・・・デントリペアで直しましょう!!
一言付け加えるとしたらコーティング前にデントリペアする方が良いですよ!!

と言うのはデントリペアで施工する部分は表面を触りますからね・・・・

デントリペア
<施工前>
クーパSデント前180406.JPG

給油口の前と後ろにそれぞれ2カ所合計4ヶ所のヘコミがあります。

クーパSヘコミ前180406.JPG

ツールアクセスはテールレンズを外して行いました。
クーパSアクセス180406.JPG

<施工後>
クーパSデント後180406.JPG

傷が残ってますがタッチアップ済みです。

クーパSヘコミ後180406.JPG

他にももう一ヶ所ヘコミがありましたのでデントリペアしました。

クーパS映り込み180406.JPG

・・・で問題なのはコーティングしているにもかかわらず・・・・

クーパS汚れ前180406.JPG

なにこれ?・・・・・どういう事?

このパネル一応コーティングされています・・・バッチリ撥水していますし・・・ただザラザラで水垢の様な曇りが・・・・

DSC06116.JPG

なるほど・・・下地処理が施されていません・・・忘れたか?
汚れ鉄粉除去してポリッシング・・・そして当店で使用しているコーティング剤でコート!!
本来なら同じコーティングをするのがベストですが・・・どうせ1年後当店に再コーティングをお願いするからだと(ありがとうございます)・・・・今回の部分的なコーティングはそのツナギです。

クーパS汚れ後180406.JPG

ここも気になるという事で
クーパSエンブレム前180406.JPG

エンブレム周りが曇ってますよね・・・水が乾いた跡ですね・・・・細かく下地処理&コーティングされていない証拠

クーパSエンブレム後180406.JPG

せっかく高いお金払ってコーティングしてもらったので粗探しはしたくないのでしょうが・・・・
粗だらけまあ1年も経てば汚れるからとひらきなおって次はもっと綺麗に仕上げましょう!!

DSC06120.JPG

2018年03月31日

FD3Sリフレッシュ完成!!

●H10.6 FD3S RX-7 デントリペア38ヶ所、タッチアップ、部品交換、パーツ脱着洗浄、テクニカルディテールLevelC及びグラスコートU、ウインドウポリッシュ&コート

お預かり期間が2週間、新車からのオーナーさんで20年目にして?本格的なリフレッシュを?
リフレッシュにこれで良いはありません、私も正直毎日お手入れ&リフレッシュされている様なオーナー様には到底かないません、お預かりした期間2週間でオーナー様が満足頂けるように頑張ってはいますがね・・・

前回からの続きになりますが・・・今回劣化したパーツの交換も同時に行いました。
オーナー様に準備頂いたもの、新たに当店が準備させて頂き交換したもの・・・
その中で

リア周りのエンブレム
DSC06044.JPG

DSC06058.JPG

DSC06059.JPG

エンブレム周りも一旦剥して磨けますので仕上がりはバッチリです!!

ドアのベルトラインモール
DSC06050.JPG

ここも外して
RX7モール前180331.JPG

ガラスの汚れもモール際の汚れも見えないところまで完全リフレッシュ!!
これを見ると古い車をお乗りの方はやりたくなるのでは!!

RX7モール中180331.JPG

RX7モール後180331.JPG

フロントガラスはカウルトップまで外してリフレッシュ
DSC06004.JPG

因みにカウルトップは現状をコーティング・・・まだまだ綺麗です!!
DSC06056.JPG

そしてリアウイング周辺は
DSC05989.JPG

一旦外して・・・綺麗に汚れを落として磨いて・・・穴は水が漏れないように対策して・・・
DSC06073.JPG

傷部分のタッチアップ跡も
RX7タッチ前180331.JPG

消すことは出来ませんが目立たない様仕上げます。
RX7タッチ後180331.JPG

沢山あったヘコミも
RX7左ヘコミ180322.JPG

デントリペアで全てリフレッシュ!!
DSC06061.JPG

全てのリフレッシュそしてコーティング、20年を経過したFD3Sがようやく甦りました!!
DSC06076.JPG

DSC06066.JPG

DSC06069.JPG

DSC06074.JPG

RX7c施工後180331.JPG

DSC06082.JPG

DSC06085.JPG

2週間もの間お待たせいたしましたあと20年それ以上可愛がってあげて下さいませ!!

2018年03月28日

FD3Sリフレッシュ その2

●FD3S RX-7 テクニカルディテール

先週からのRX-7のリフレッシュの続きです・・・・

スケールの溜まったフロントガラスはワイパーアーム、カウルトップまで外してリフレッシュします。
ゴリゴリですので洗車ではほとんど汚れは取れませんが・・・・
DSC06006.JPG

酸性ケミカルとガラス研磨剤専用マシンを使用してすべて取り除きました。
DSC06025.JPG

リアガラスも同様
DSC06008.JPG

スッキリ除去・・・その後フッ素コートで撥水させます!!
DSC06028.JPG

リアスポイラーもその周りが汚れが固着し、研磨の際スポイラーが邪魔で研磨できないので一旦外してます。
DSC06010.JPG

クッション材もボロボロですので新しいものを貼らないとね!

DSC06043.JPG
塗装が浸食し傷もありましたので錆び止めを!その後スポイラーで隠れますので問題ないでしょう!!

汚れを落したらいよいよ研磨作業ですが・・・・・・・

クレーター状に塗装が浸食しています
DSC06031.JPG

クリアーの無いソリッドブラックですので闇雲に削ることは著しく塗装を薄くしますがこのまま磨いてもくぼみが残ります。

ですので適度にバフレックスで削り込み・・・・
DSC06034.JPG

磨いて綺麗にします。
DSC06039.JPG

右側半分を荒磨きしたところです。

DSC06042.JPG

バフは真っ黒・・・塗装は貴重なオリジナルです!!

DSC06040.JPG

磨きはもう少し続きます。・・・そしてコーティング
御引き渡しは土曜日を予定・・・・お楽しみに!!

2018年03月22日

FD3Sリフレッシュ その1

●FD3S RX-7 38カ所のデントリペア

今週から取り掛かっているRX-7のリフレッシュ

DSC05983.JPG

大事に乗り続けていて・・・・この辺りで全体的なリフレッシュをという事で溜まったヘコミのデントリペアをそして外せるパーツを外して溜まった汚れを落としそのついでに劣化したパーツは交換、傷んだ塗装は最適な状態に磨き込みます。仕上げはグラスコーティングまでと言った内容のリフレッシュ!!

ただ単にコーティングするのではなくただ単に磨くのでもなくただ単位デントリペアすのではなくただ単にパーツ交換するのではなく
全てを組み合わせ同時にトータルにリフレッシュするのが当店のやり方です!!

その一部始終をご紹介いたします。

その第一回目は「デントリペア」と「パーツの取外し」

RX7左ヘコミ180322.JPG

ヘコミは全体で38個所ヘコミが溜まっています。・・・・ほとんどがドアパンチ!!

RX7右ヘコミ180322.JPG

当然ですがこの状態で磨いてもヘコミが目立つだけです。
因みにコーティング後にデントリペアをするのは順番が逆!せっかくのコーティングがデントリペア作業で無傷とはいきませんので結局磨きます・・・・するとコーティングもその分は無くなります。
当店であれば同時進行と言うかまずデントリペアから進めますので効率的ですその分価格にも反映できます!!
万が一磨いた後、或いはコーティング後に見落としたヘコミがあってもご安心ください。
見落とした分は私が責任をもって無かったことにしておきます・・・ヘコミをねそしてもう一度コーティングを施工致します(笑

先ずはドアのベルトラインモールは、予め外します。
DSC05985.JPG

外すにはドアの内張りも外す必要があるのですがドアに凹みが集中しています。結局外しますし
モールが無い分ツールが自由に使えて作業もはかどります。
そしてオーナー様のご要望で全ての作業が済めばモールは新品に交換いたします。
モールは劣化し変形していますからね!

それにしても良く汚れているね、新車時からの汚れだよね(笑
これが綺麗になると考えただけで嬉しくなると思う方は当店をお選び下さいませ(笑

<施工前>
RX7施工前180322.JPG

全部分のデントリペアのご紹介はヘコミがありすぎてご紹介できませんが左クオーター部分が特に目立っていたヘコミ達です。

<施工後>
RX7施工後180322.JPG

オーナーさん「ヘコミ無くなったよ」!!
このパネルには完全修復できないこすった傷ヘコミもありましたが気にならない程度に修復できましたよ!!

RX7映り込み180322.JPG

どう?この映り込み・・・これで磨けばセブンの美しいボディーラインもより美しく見える事でしょう!!

他のヘコミも全て修復完了・・・したので他に外しておきたいパーツを外します。

DSC05989.JPG

DSC06004.JPG

ワイパーノズルは折れる事もなく外れましたので再利用いたしますね!!

DSC06003.JPG

エンブレムも新品交換いたします。もちろんその周りをリフレッシュするのも目的の一つです。

当店でパーツ交換するメリットは外した周りのゴリゴリのスケールをキッチリ洗浄し跡形もなく磨き取り付ける事です。拭いて手で少し磨いて取り付けると、とっても残念なことになりますからね。

さあ明日から「テクニカルディテール」でピカピカボディーを作り上げますお楽しみに!!

2018年02月13日

ヘッドライトのひび割れ

●レクサスLS460 ヘッドライトUVハードコートリペア

2年半前にデントリペアを施行頂いたオーナー様からのご依頼でヘッドライトのひび割れを何とかできないかと・・・?
これまで色々と施工されたようですが・・・いまいち仕上がりとその効果に満足いかず
当店へご相談頂きました。

ヘッドライトの劣化は紫外線の影響で新品(新車)でも数年で白ボケたり黄ばんだりしてきます。
市販の物でも色々磨き剤やらコーティング剤やら出てますし、ディーラーさんや専門店でもその施工を実施されていますが劣化の状態に対して適切な施工を施さないと一時的に綺麗になっても劣化が今まで以上に早まったりそもそも期待する綺麗さが実現されなかったりします。

LS460施工前180213.JPG

今回のケースはその劣化が進み表層面のひび割れを起こしてしまっているようです。
こうなると市販のケミカル剤とか簡易的な磨きとコーティングでは期待される効果が得られません!

LS460大施工前180213.JPG

ですので表層面のひび割れを可能な限り削り落とし新しいハードコートを再施工する必要があります。
ヘッドライトはそもそも透明な樹脂にハードコート加工されていますそれが表面上から劣化して白ボケます
その時点で磨けば白ボケが取れハードコートは薄くはなりますが残ってるのでヘッドライト用コーティングで延命できます効果としては半年から1年位でしょうか
劣化が進むとハードコートがダメになり白ボケや黄ばみが目立つようになります
そうなると磨けばある程度綺麗にはなりますがヘッドライト用コーティングでは3ヶ月から半年程度で効果が無くなります。
ですのでダメになったハードコートはすべて削り落として新しいハードコートを再施工するのがベストです。

ハードコートは膜厚があるので万が一曇ってくればすぐにクリーナー等で除去すれば簡単にクリアーな状態に戻ります。耐久力は2年〜5年程度ありますよ(紫外線の浴びる量、ヘッドライトの樹脂の状態、お手入れ等で変わります)

LS460大施工後180213.JPG

どうしても取りきれないひび割れはありますがここまで回復できハードコートを再施工していますので耐久面でも安心できますね!!

LS460施工後180213.JPG

因みに施工前の状態は・・・数か月前に〇〇〇ーでヘッドライトコーティングされた状態だったそうです・・・

LS460 180213.JPG

ボディーケアー、リペアー、メンテナンス・・・・お任せくださいませ!!

2018年02月01日

バンパー交換とリフレッシュ

●ヴェゼル リアバンパー新品交換、コーティングメンテナンス、ウインドウポリッシュ&コート

バンパーのヘコミは残念ながらデントリペア出来ません・・・

DSC05571.JPG

凹んだところを熱を加えて裏から押すとそこそこは戻りますが最終的には歪みが残ったりしわが残ったり・・・結局補修のパテ等で埋めて塗装が必要です。
ただ部分塗装だとやはり塗った部分はわかってしまいますので綺麗に元に戻すにはバンパー一本丸ごと塗装する方がベターなのですがそうするとほぼ新品に近い補修費用となりますのであっさりと新品に交換する方がベストかなと!!
因みに国産車だと純正塗装されていますので塗装ムラなどの心配もいらないですからね。

僅かな凹みなんですけどね・・・
DSC05570.JPG

こういった部品の交換もお受けできます。もちろんパーツはこちらでオーダー可能ですので

DSC05572.JPG

遠慮なくお申し付けくださいませ

DSC05574.JPG

お車は新車から2年が経過しているようです。
ディーラーさんで新車時にコーティングされているようでしたのでバンパーにもコーティングを!!
他の部分は少しダメージを負っていましたのでついでにメンテナンスを
窓ガラスは撥水加工されていなかったようなのでこれもついでに油膜ウロコをしっかり落としてフッ素撥水加工までさせて頂きました。

DSC05573.JPG

車は綺麗が一番ですね!!

2018年01月03日

ガラス研磨

●シャラン フロントウインドウ研磨&コーティング、デントリペア

昨年に御予約頂いていた作業が年明けの本日・・・・仕事始めとなりました。
その作業とは・・・・フロントガラスに付いた傷を研磨してほしいという依頼です。

<施工前>
シャランガラス施工前180103.JPG

これがその傷ですが・・・・ワイパーで異物を引きずって出来たのでしょうか?その周りにも小傷が付いてしまっています・・・恐らくこれは後から磨いたであろう傷です。

当店の作業の一つにガラスの傷を研磨して綺麗にする作業が紹介してありますが・・・この手に傷は完全に消すことは出来ませんと言うのは見てすぐに傷とわかるような傷の事です。
研磨して消える傷は極々浅いギラツク様なものです。

ですのでご依頼されたオーナー様には今よりも薄くなる程度ですよ・・・と説明させて頂き
気になるようだと交換ですよとも

決してこちらからお勧めは出来ませんが交換するよりは研磨で少しでも綺麗になるのなら・・・
少し悩まれてはいましたが結局作業をお受けいたしました。

<施工後>
シャランガラス施工後180103.JPG

思ったよりは取れた感じでしょうか・・・少し残っているのも写真で確認できますね
これで良いなら安いものです。交換よりはね!!

こちらはついで作業ですが・・・・右スライドドアのデントリペア
<施工前>
シャラン施工前180103.JPG

問題なく直りましたね!
<施工後>
シャラン施工後180103.JPG

後ヘコミ部分に少し傷が付いていましたが
シャラン傷前180103.JPG

磨いたら綺麗に取れました
シャラン傷後180103.JPG

磨いた部分はガラス系のコーティングを塗って完成です。

シャラン180103.JPG

2017年01月08日

タッチペンをお持ち頂ければ

●ゴルフヴァリアント ボンネット タッチアップ

豊橋からご来店頂きました・・・ありがとうございます。

ご依頼頂いたのは・・・ボンネットの飛び石傷・・・のタッチアップ!

ヴァリアントタッチ前170107.JPG

タッチアップはご準備ください!作業は代行と言う形でお手伝いさせて頂きます。
仕上りは成り行きです。期待しすぎるのは禁物です。
現状で可能な限り目立たなくさせて頂きます!!

コーティングとセットならタッチアップは無料です(数によります)ので中古車は是非準備して下さいね。

ヴァリアントタッチ後170107.JPG

これが限界とは言いませんが、これで良しとしましょう!!

ヴァリアント映り込み170107.JPG

まだまだ新車ですので綺麗です。綺麗に維持したいのに飛び石ですからね・・・なのでお手伝いさせて頂いてます。

ヴァリアント170107.JPG

2017年01月02日

仕事始め

明けましておめでとうございます。

元旦は熱田神宮に初詣・・・で思ったんですが「たい焼き」屋さんが年々減ってない?
いつも初詣では「たい焼き」を買って帰るのですが・・・一店舗やっと見つけてってほどの少なさ
最近人気ないのかな〜?・・・たい焼き好きには寂しい限りです。

DSC02399.JPG

たい焼きでもう一つ言わせてもらうと、あんこも大事ですが、焼き方・・・そう一匹焼きが美味しいのよね!!・・・・もう絶滅したんでしょうか?

さあ二日からは早くも営業開始・・・・仕事始めはヘッドライトのリペアです。

●パサート ヘッドライトポリッシュ&コート(UVハードコート)

パサート前170102.JPG

こんな感じで劣化が進んでいます・・・・新車〜お乗り続けているパサートで5年が経過しています。

拡大して見ると・・・
パサート大前170102.JPG

オリジナルのハードコートが劣化してヒビ割れを起こしていますね!!

という事で・・・リペアはまずそのひび割れが無くなるまで削り込みます。
機械でも削れますが私は耐水ペーパーを手で磨きます・・・この方が隅々まで均一に磨けるからです。
ただ・・・欧州車全般に言えるのですがヘッドライトの樹脂の固いこと固いこと・・・

パサート中A170102.JPG

ひび割れが無くなったら・・・順番にペーパーの番手を上げて最終2000番のペーパーを
ポリッシャーで仕上げます。

パサート中B170102.JPG

当店で採用しているハードコートはこの状態から塗り込むタイプです。

パサート中硬化170102.JPG

均一に塗り込んだ後はUVランプを使用して硬化させます。
硬化後さらに磨き込んで完成です!!

パサート大後170102.JPG

クリアーなヘッドライトがよみがえりました!!

パサート後170102.JPG

耐久力は〜5年、紫外線の当たり方によりくすみが出た場合は軽く磨けば艶が戻ります(ハードコートは膜厚なので問題ありません)

ヘッドライトがよみがえると・・・ボディーも気になる(笑
その時はボディー丸ごと艶を復活させましょうね!!

パサート170102.JPG

これで仕事始めの作業はおしまい・・・結局6時間掛かった・・・・・。

今年も皆様の「愛車の美観を復活」させるお手伝いを一生懸命頑張ります!!
どうぞよろしくお願いいたします。

2016年12月07日

雨染み除去剤

コーティングしたら雨染みは付きませんか?
のご質問には・・・

ザビートル前161207.JPG

確かにコーティングの中には雨染みが付かないとか付きにくいというものはありますが実験してみると
・・・・どんな高価なコーティングも付き始めて気になる時期の違いはありますが付きます。
また季節的な要因、雨の降る時期降る量、洗車で使う水道水、洗車の仕方、保管場所、使用条件、ボディーカラー、塗装の種類・・・・などなど、そしてコーティングの性能によって雨染みの付き方も違ってきます。

ガラスコーティングなど塗装に固くとどまるコーティングは雨染みが付いてもすぐにコーティングがダメになることはありませんが・・・・そのままほっておくと洗車での拭き上げにスパッと水が切れなくなり、撥水力も低下して来ます。

ですのでガラスコーティングを施工している方はこれを使ってみて下さい!!
※もちろん当店でも施工可能です!!
スケールリムーバー161207.JPG

ボディーに頑固に張り付いた雨染みのみを分解し綺麗なコーティング面がまた現れます

ザビートルスケールリムーバー161207.JPG

使い方はこの様に洗車後水滴をある程度拭き上げて、その後「スケールリムーバーライト」を適量、水に濡らして固絞りしたマイクロファイバータオルなどに付け、雨染みを取りたい面に伸ばします。
この時あまり広い面を一気にやると乾かして失敗する恐れがありますのでボンネットなら約半分ずつかな、
伸ばした「スケールリムバーライト」を乾く前に再度塗り伸ばしたマイクロファイバークロスでもう一度拭くと浮き上がった雨染みが取れていくのが分かります。
後は新たな綺麗なマイクロファイバークロスを固絞りしたもので綺麗に液剤を拭き上げれば完成です。

ザビートル後161207.JPG

如何ですか・・・撥水力も復活しています。
因みに車はコーティングして1年半以上経過した黒いボディーで、青空駐車との事です。

写真でも分かると思いますがこの作業では塗装表面(コーティング面)に乗っかって張り付いているうろこ状のスケールは落とせますが浸食した染みは落せず残っています。
ですので本当はもっと早めにこの作業を行う事をお勧めします。

えっ浸食した染みを取る方法・・・ご心配無用です。コーティングがある程度食い止めてくれていますので
軽く磨けば取れます。・・・・ただコーティングの撥水力は無くなりますので再度コーティングするかそれに代わる撥水剤を塗るかすることで新たな撥水膜が出来ます。

もしコーティングして1年未満で雨染みウロコが気になるという方・・・早目の処置でコーティングを延命することができますよ!!

2016年07月01日

ヘッドライトをリフレッシュ

●BMW Z4 ヘッドライトポリッシュ&コート

新車から10年乗ってるBMW Z4だそうです。
ヘッドライトのダメージが気になりリフレッシュをと言うことでご来店頂きました。

<施工前>
Z4前160701.JPG

上の方からハードコートがはがれてきているのが分かりますね。
と言うことで古いオリジナルのハードコートはすべてペーパーで削り落とし新しいハードコートを塗り直します。

Z4中160701.JPG

膜厚のハードコートをUVランプで硬化させて完成ですが・・・・均一に施工するのは結構技術が入りますよ!!

<施工後>
Z4後160701.JPG

性能も見栄えもオリジナル(純正)に見劣りしない出来栄えです!!

Z4映り込み160701.JPG

さあ次はボディー全体のリフレッシュかな?・・・・・お・ま・ちしています(笑

Z4160701.JPG

2016年06月13日

メンテナンス

●アルテッツァ デントリペア&ボディーメンテナンス

いつも御利用頂いているオーナー様の数あるお車の中の一台です。

ヘコミの直しと、塗装面の艶出しのメンテナンスをと言うことでお預かり致しました。

先ずはへこみ直しから

<施工前>
アルテッツァ施工前160613.JPG

フェンダーにこのヘコミですが問題なくデントリペアで綺麗さっぱり無かったことに!!

<施工後>
アルテッツァ施工後160613.JPG

ボディーの塗装面は鉄粉、水垢など付着した異物除去を主に除去します。
オーナー様にとってはオリジナルの塗装の厚みも大切ですので決して深く磨くことはしませんが艶出しはしっかりと!!

DSC00565.JPG

汚れを落として艶を上げるだけでも見違えるよう綺麗です。

DSC00562.JPG

本日の御引き渡しも予定通り・・・・朝から降っていた雨もすっかり上がりました!!

DSC00563.JPG

2016年05月04日

平成元年式

●Y31シーマ リフレッシュ(デントリペア&テクニカルディテール)

御入庫頂いたのは平成元年式のシーマ・・・・思わず懐かしいな〜と!
御依頼は複数付いているエクボの修理、デントリペアと主に鉄粉などの異物除去と艶の復活です。

先ずはデントリペアから
シーマ複数ヘコミ160504.JPG

マスキングテープ部分の上が全て凹んでいます。もちろん他のパネルにも複数のエクボがあります(笑

<施工前>
シーマ施工前160504.JPG

こんな感じでね・・・・

<施工後>
シーマ施工後160504.JPG

もちろん全部直りました!!

シーマ映り込み160504.JPG

そしてテクニカルディテールを・・・
オーナー様のご要望は28年間維持されているオリジナルの塗装を必要以上に磨いて失う事の無い様に
付着した汚れ(主に鉄粉などの異物)を除去し艶を回復させることです。

これまでの管理ケアーが行き届いているからこそ28年経過したオリジナルの塗装をここまで甦らせることが出来ました!!

シーマTD160504.JPG

シーマTD後ろ160504.JPG

古い車が綺麗なのはかっこいいね!!
この価値観は新車以上ですね・・・オーナー様はもちろんですが私も強くそう思います!!

2016年04月17日

気になるヘコミとギラギラ傷

●マセラティクーペ デントリペア・ウィンドウポリッシュ&コート

マセラティを手に入れて・・・気になるダメージがあり、ご相談頂いたのは・・・・
ボディーに出来たヘコミ3ヶ所とフロントの窓ガラスに付いたワイパー傷・・・
お車はお預かりさせて頂くことが出来ましたのでじっくり作業させて頂くことが出来ました!!

先ずはヘコミから
マセラティヘコミ160417.JPG

上の写真は左ドアのヘコミ約9p、右ドアにもこれより小さなへこみが、そしてボンネットの先端は手で押さえたであろう凸凹の歪が・・・

<施工前>
マセラティ施工前160417 .JPG

左のドアのヘコミをライトを中てて見るとこんな感じです。
なるほどドアパンチですね!こんな高級車にドアパンチするなんてどんな奴じゃ!!
ツールアクセスは問題なく・・・意外と素直なパネルにびっくりしたほどです⇒直しやすかったっていうことです。
実はもっと古いマセラティで異常にパネルが固かった印象が記憶にあったので・・・・

<施工後>
マセラティ施工後160417.JPG

ヘコミは綺麗さっぱり無かったことに!!

マセラティ映り込み160417.JPG

他のヘコミも苦戦することなくスイスイと完了!!

そしてもう一つのオーナー様の悩みは・・・
<施工前>
マセラティガラス施工前160417.JPG

ワイパー傷で出来た傷・・・美観にも影響していますが対向車のライトが眩しくてと・・・
当店のウインドウポリッシュはこの様な極薄いワイパー傷を磨いて消すことも可能です。
ですがこの年式で蓄積された傷は消しきれない傷もいくつか残ってしまい、チッピング等の小さな欠けも残ってしまいます。完璧に綺麗にするにはやはり新品交換ですがそこはオーナー様次第ですね!!

<施工後>
マセラティガラス施工後160417.JPG

フッ素撥水コートを加工して作業完了です。
随分綺麗になったと思います・・・ギラツキは無くなったと思いますがその後の印象が分かればまた教えて下さいませ!!

と言うことで気になるダメージのリフレッシュ完了です。
DSC_2693.JPG

DSC_2694.JPG

朝から雨でしたが御引き渡し時には晴れましたね。気分も晴れ晴れ!!

DSC_2690.JPG

2016年04月12日

こんな作業のご相談は

●エスティマ ペイント除去&磨き

三重県からお越しのエスティマのオーナー様

エスティマペンキ除去前160412.JPG

これタッチペンをこぼしてしまって・・・こうなったと・・・。
もちろんもうすでに乾燥しています。・・・何とかなりますか?

エスティマペンキ除去後160412.JPG

ウインドウとゴムの間に入り込んだペイントも何とか除去でき仕上げは磨き&グレイジングコート+ガラス系コートで
何とかなりましたよ!!・・・ああよかった!!

エスティマ160412.JPG