2018年02月13日

ヘッドライトのひび割れ

●レクサスLS460 ヘッドライトUVハードコートリペア

2年半前にデントリペアを施行頂いたオーナー様からのご依頼でヘッドライトのひび割れを何とかできないかと・・・?
これまで色々と施工されたようですが・・・いまいち仕上がりとその効果に満足いかず
当店へご相談頂きました。

ヘッドライトの劣化は紫外線の影響で新品(新車)でも数年で白ボケたり黄ばんだりしてきます。
市販の物でも色々磨き剤やらコーティング剤やら出てますし、ディーラーさんや専門店でもその施工を実施されていますが劣化の状態に対して適切な施工を施さないと一時的に綺麗になっても劣化が今まで以上に早まったりそもそも期待する綺麗さが実現されなかったりします。

LS460施工前180213.JPG

今回のケースはその劣化が進み表層面のひび割れを起こしてしまっているようです。
こうなると市販のケミカル剤とか簡易的な磨きとコーティングでは期待される効果が得られません!

LS460大施工前180213.JPG

ですので表層面のひび割れを可能な限り削り落とし新しいハードコートを再施工する必要があります。
ヘッドライトはそもそも透明な樹脂にハードコート加工されていますそれが表面上から劣化して白ボケます
その時点で磨けば白ボケが取れハードコートは薄くはなりますが残ってるのでヘッドライト用コーティングで延命できます効果としては半年から1年位でしょうか
劣化が進むとハードコートがダメになり白ボケや黄ばみが目立つようになります
そうなると磨けばある程度綺麗にはなりますがヘッドライト用コーティングでは3ヶ月から半年程度で効果が無くなります。
ですのでダメになったハードコートはすべて削り落として新しいハードコートを再施工するのがベストです。

ハードコートは膜厚があるので万が一曇ってくればすぐにクリーナー等で除去すれば簡単にクリアーな状態に戻ります。耐久力は2年〜5年程度ありますよ(紫外線の浴びる量、ヘッドライトの樹脂の状態、お手入れ等で変わります)

LS460大施工後180213.JPG

どうしても取りきれないひび割れはありますがここまで回復できハードコートを再施工していますので耐久面でも安心できますね!!

LS460施工後180213.JPG

因みに施工前の状態は・・・数か月前に〇〇〇ーでヘッドライトコーティングされた状態だったそうです・・・

LS460 180213.JPG

ボディーケアー、リペアー、メンテナンス・・・・お任せくださいませ!!

2018年02月01日

バンパー交換とリフレッシュ

●ヴェゼル リアバンパー新品交換、コーティングメンテナンス、ウインドウポリッシュ&コート

バンパーのヘコミは残念ながらデントリペア出来ません・・・

DSC05571.JPG

凹んだところを熱を加えて裏から押すとそこそこは戻りますが最終的には歪みが残ったりしわが残ったり・・・結局補修のパテ等で埋めて塗装が必要です。
ただ部分塗装だとやはり塗った部分はわかってしまいますので綺麗に元に戻すにはバンパー一本丸ごと塗装する方がベターなのですがそうするとほぼ新品に近い補修費用となりますのであっさりと新品に交換する方がベストかなと!!
因みに国産車だと純正塗装されていますので塗装ムラなどの心配もいらないですからね。

僅かな凹みなんですけどね・・・
DSC05570.JPG

こういった部品の交換もお受けできます。もちろんパーツはこちらでオーダー可能ですので

DSC05572.JPG

遠慮なくお申し付けくださいませ

DSC05574.JPG

お車は新車から2年が経過しているようです。
ディーラーさんで新車時にコーティングされているようでしたのでバンパーにもコーティングを!!
他の部分は少しダメージを負っていましたのでついでにメンテナンスを
窓ガラスは撥水加工されていなかったようなのでこれもついでに油膜ウロコをしっかり落としてフッ素撥水加工までさせて頂きました。

DSC05573.JPG

車は綺麗が一番ですね!!

2018年01月03日

ガラス研磨

●シャラン フロントウインドウ研磨&コーティング、デントリペア

昨年に御予約頂いていた作業が年明けの本日・・・・仕事始めとなりました。
その作業とは・・・・フロントガラスに付いた傷を研磨してほしいという依頼です。

<施工前>
シャランガラス施工前180103.JPG

これがその傷ですが・・・・ワイパーで異物を引きずって出来たのでしょうか?その周りにも小傷が付いてしまっています・・・恐らくこれは後から磨いたであろう傷です。

当店の作業の一つにガラスの傷を研磨して綺麗にする作業が紹介してありますが・・・この手に傷は完全に消すことは出来ませんと言うのは見てすぐに傷とわかるような傷の事です。
研磨して消える傷は極々浅いギラツク様なものです。

ですのでご依頼されたオーナー様には今よりも薄くなる程度ですよ・・・と説明させて頂き
気になるようだと交換ですよとも

決してこちらからお勧めは出来ませんが交換するよりは研磨で少しでも綺麗になるのなら・・・
少し悩まれてはいましたが結局作業をお受けいたしました。

<施工後>
シャランガラス施工後180103.JPG

思ったよりは取れた感じでしょうか・・・少し残っているのも写真で確認できますね
これで良いなら安いものです。交換よりはね!!

こちらはついで作業ですが・・・・右スライドドアのデントリペア
<施工前>
シャラン施工前180103.JPG

問題なく直りましたね!
<施工後>
シャラン施工後180103.JPG

後ヘコミ部分に少し傷が付いていましたが
シャラン傷前180103.JPG

磨いたら綺麗に取れました
シャラン傷後180103.JPG

磨いた部分はガラス系のコーティングを塗って完成です。

シャラン180103.JPG

2017年01月08日

タッチペンをお持ち頂ければ

●ゴルフヴァリアント ボンネット タッチアップ

豊橋からご来店頂きました・・・ありがとうございます。

ご依頼頂いたのは・・・ボンネットの飛び石傷・・・のタッチアップ!

ヴァリアントタッチ前170107.JPG

タッチアップはご準備ください!作業は代行と言う形でお手伝いさせて頂きます。
仕上りは成り行きです。期待しすぎるのは禁物です。
現状で可能な限り目立たなくさせて頂きます!!

コーティングとセットならタッチアップは無料です(数によります)ので中古車は是非準備して下さいね。

ヴァリアントタッチ後170107.JPG

これが限界とは言いませんが、これで良しとしましょう!!

ヴァリアント映り込み170107.JPG

まだまだ新車ですので綺麗です。綺麗に維持したいのに飛び石ですからね・・・なのでお手伝いさせて頂いてます。

ヴァリアント170107.JPG

2017年01月02日

仕事始め

明けましておめでとうございます。

元旦は熱田神宮に初詣・・・で思ったんですが「たい焼き」屋さんが年々減ってない?
いつも初詣では「たい焼き」を買って帰るのですが・・・一店舗やっと見つけてってほどの少なさ
最近人気ないのかな〜?・・・たい焼き好きには寂しい限りです。

DSC02399.JPG

たい焼きでもう一つ言わせてもらうと、あんこも大事ですが、焼き方・・・そう一匹焼きが美味しいのよね!!・・・・もう絶滅したんでしょうか?

さあ二日からは早くも営業開始・・・・仕事始めはヘッドライトのリペアです。

●パサート ヘッドライトポリッシュ&コート(UVハードコート)

パサート前170102.JPG

こんな感じで劣化が進んでいます・・・・新車〜お乗り続けているパサートで5年が経過しています。

拡大して見ると・・・
パサート大前170102.JPG

オリジナルのハードコートが劣化してヒビ割れを起こしていますね!!

という事で・・・リペアはまずそのひび割れが無くなるまで削り込みます。
機械でも削れますが私は耐水ペーパーを手で磨きます・・・この方が隅々まで均一に磨けるからです。
ただ・・・欧州車全般に言えるのですがヘッドライトの樹脂の固いこと固いこと・・・

パサート中A170102.JPG

ひび割れが無くなったら・・・順番にペーパーの番手を上げて最終2000番のペーパーを
ポリッシャーで仕上げます。

パサート中B170102.JPG

当店で採用しているハードコートはこの状態から塗り込むタイプです。

パサート中硬化170102.JPG

均一に塗り込んだ後はUVランプを使用して硬化させます。
硬化後さらに磨き込んで完成です!!

パサート大後170102.JPG

クリアーなヘッドライトがよみがえりました!!

パサート後170102.JPG

耐久力は〜5年、紫外線の当たり方によりくすみが出た場合は軽く磨けば艶が戻ります(ハードコートは膜厚なので問題ありません)

ヘッドライトがよみがえると・・・ボディーも気になる(笑
その時はボディー丸ごと艶を復活させましょうね!!

パサート170102.JPG

これで仕事始めの作業はおしまい・・・結局6時間掛かった・・・・・。

今年も皆様の「愛車の美観を復活」させるお手伝いを一生懸命頑張ります!!
どうぞよろしくお願いいたします。

2016年12月07日

雨染み除去剤

コーティングしたら雨染みは付きませんか?
のご質問には・・・

ザビートル前161207.JPG

確かにコーティングの中には雨染みが付かないとか付きにくいというものはありますが実験してみると
・・・・どんな高価なコーティングも付き始めて気になる時期の違いはありますが付きます。
また季節的な要因、雨の降る時期降る量、洗車で使う水道水、洗車の仕方、保管場所、使用条件、ボディーカラー、塗装の種類・・・・などなど、そしてコーティングの性能によって雨染みの付き方も違ってきます。

ガラスコーティングなど塗装に固くとどまるコーティングは雨染みが付いてもすぐにコーティングがダメになることはありませんが・・・・そのままほっておくと洗車での拭き上げにスパッと水が切れなくなり、撥水力も低下して来ます。

ですのでガラスコーティングを施工している方はこれを使ってみて下さい!!
※もちろん当店でも施工可能です!!
スケールリムーバー161207.JPG

ボディーに頑固に張り付いた雨染みのみを分解し綺麗なコーティング面がまた現れます

ザビートルスケールリムーバー161207.JPG

使い方はこの様に洗車後水滴をある程度拭き上げて、その後「スケールリムーバーライト」を適量、水に濡らして固絞りしたマイクロファイバータオルなどに付け、雨染みを取りたい面に伸ばします。
この時あまり広い面を一気にやると乾かして失敗する恐れがありますのでボンネットなら約半分ずつかな、
伸ばした「スケールリムバーライト」を乾く前に再度塗り伸ばしたマイクロファイバークロスでもう一度拭くと浮き上がった雨染みが取れていくのが分かります。
後は新たな綺麗なマイクロファイバークロスを固絞りしたもので綺麗に液剤を拭き上げれば完成です。

ザビートル後161207.JPG

如何ですか・・・撥水力も復活しています。
因みに車はコーティングして1年半以上経過した黒いボディーで、青空駐車との事です。

写真でも分かると思いますがこの作業では塗装表面(コーティング面)に乗っかって張り付いているうろこ状のスケールは落とせますが浸食した染みは落せず残っています。
ですので本当はもっと早めにこの作業を行う事をお勧めします。

えっ浸食した染みを取る方法・・・ご心配無用です。コーティングがある程度食い止めてくれていますので
軽く磨けば取れます。・・・・ただコーティングの撥水力は無くなりますので再度コーティングするかそれに代わる撥水剤を塗るかすることで新たな撥水膜が出来ます。

もしコーティングして1年未満で雨染みウロコが気になるという方・・・早目の処置でコーティングを延命することができますよ!!

2016年07月01日

ヘッドライトをリフレッシュ

●BMW Z4 ヘッドライトポリッシュ&コート

新車から10年乗ってるBMW Z4だそうです。
ヘッドライトのダメージが気になりリフレッシュをと言うことでご来店頂きました。

<施工前>
Z4前160701.JPG

上の方からハードコートがはがれてきているのが分かりますね。
と言うことで古いオリジナルのハードコートはすべてペーパーで削り落とし新しいハードコートを塗り直します。

Z4中160701.JPG

膜厚のハードコートをUVランプで硬化させて完成ですが・・・・均一に施工するのは結構技術が入りますよ!!

<施工後>
Z4後160701.JPG

性能も見栄えもオリジナル(純正)に見劣りしない出来栄えです!!

Z4映り込み160701.JPG

さあ次はボディー全体のリフレッシュかな?・・・・・お・ま・ちしています(笑

Z4160701.JPG

2016年06月13日

メンテナンス

●アルテッツァ デントリペア&ボディーメンテナンス

いつも御利用頂いているオーナー様の数あるお車の中の一台です。

ヘコミの直しと、塗装面の艶出しのメンテナンスをと言うことでお預かり致しました。

先ずはへこみ直しから

<施工前>
アルテッツァ施工前160613.JPG

フェンダーにこのヘコミですが問題なくデントリペアで綺麗さっぱり無かったことに!!

<施工後>
アルテッツァ施工後160613.JPG

ボディーの塗装面は鉄粉、水垢など付着した異物除去を主に除去します。
オーナー様にとってはオリジナルの塗装の厚みも大切ですので決して深く磨くことはしませんが艶出しはしっかりと!!

DSC00565.JPG

汚れを落として艶を上げるだけでも見違えるよう綺麗です。

DSC00562.JPG

本日の御引き渡しも予定通り・・・・朝から降っていた雨もすっかり上がりました!!

DSC00563.JPG

2016年05月04日

平成元年式

●Y31シーマ リフレッシュ(デントリペア&テクニカルディテール)

御入庫頂いたのは平成元年式のシーマ・・・・思わず懐かしいな〜と!
御依頼は複数付いているエクボの修理、デントリペアと主に鉄粉などの異物除去と艶の復活です。

先ずはデントリペアから
シーマ複数ヘコミ160504.JPG

マスキングテープ部分の上が全て凹んでいます。もちろん他のパネルにも複数のエクボがあります(笑

<施工前>
シーマ施工前160504.JPG

こんな感じでね・・・・

<施工後>
シーマ施工後160504.JPG

もちろん全部直りました!!

シーマ映り込み160504.JPG

そしてテクニカルディテールを・・・
オーナー様のご要望は28年間維持されているオリジナルの塗装を必要以上に磨いて失う事の無い様に
付着した汚れ(主に鉄粉などの異物)を除去し艶を回復させることです。

これまでの管理ケアーが行き届いているからこそ28年経過したオリジナルの塗装をここまで甦らせることが出来ました!!

シーマTD160504.JPG

シーマTD後ろ160504.JPG

古い車が綺麗なのはかっこいいね!!
この価値観は新車以上ですね・・・オーナー様はもちろんですが私も強くそう思います!!

2016年04月17日

気になるヘコミとギラギラ傷

●マセラティクーペ デントリペア・ウィンドウポリッシュ&コート

マセラティを手に入れて・・・気になるダメージがあり、ご相談頂いたのは・・・・
ボディーに出来たヘコミ3ヶ所とフロントの窓ガラスに付いたワイパー傷・・・
お車はお預かりさせて頂くことが出来ましたのでじっくり作業させて頂くことが出来ました!!

先ずはヘコミから
マセラティヘコミ160417.JPG

上の写真は左ドアのヘコミ約9p、右ドアにもこれより小さなへこみが、そしてボンネットの先端は手で押さえたであろう凸凹の歪が・・・

<施工前>
マセラティ施工前160417 .JPG

左のドアのヘコミをライトを中てて見るとこんな感じです。
なるほどドアパンチですね!こんな高級車にドアパンチするなんてどんな奴じゃ!!
ツールアクセスは問題なく・・・意外と素直なパネルにびっくりしたほどです⇒直しやすかったっていうことです。
実はもっと古いマセラティで異常にパネルが固かった印象が記憶にあったので・・・・

<施工後>
マセラティ施工後160417.JPG

ヘコミは綺麗さっぱり無かったことに!!

マセラティ映り込み160417.JPG

他のヘコミも苦戦することなくスイスイと完了!!

そしてもう一つのオーナー様の悩みは・・・
<施工前>
マセラティガラス施工前160417.JPG

ワイパー傷で出来た傷・・・美観にも影響していますが対向車のライトが眩しくてと・・・
当店のウインドウポリッシュはこの様な極薄いワイパー傷を磨いて消すことも可能です。
ですがこの年式で蓄積された傷は消しきれない傷もいくつか残ってしまい、チッピング等の小さな欠けも残ってしまいます。完璧に綺麗にするにはやはり新品交換ですがそこはオーナー様次第ですね!!

<施工後>
マセラティガラス施工後160417.JPG

フッ素撥水コートを加工して作業完了です。
随分綺麗になったと思います・・・ギラツキは無くなったと思いますがその後の印象が分かればまた教えて下さいませ!!

と言うことで気になるダメージのリフレッシュ完了です。
DSC_2693.JPG

DSC_2694.JPG

朝から雨でしたが御引き渡し時には晴れましたね。気分も晴れ晴れ!!

DSC_2690.JPG

2016年04月12日

こんな作業のご相談は

●エスティマ ペイント除去&磨き

三重県からお越しのエスティマのオーナー様

エスティマペンキ除去前160412.JPG

これタッチペンをこぼしてしまって・・・こうなったと・・・。
もちろんもうすでに乾燥しています。・・・何とかなりますか?

エスティマペンキ除去後160412.JPG

ウインドウとゴムの間に入り込んだペイントも何とか除去でき仕上げは磨き&グレイジングコート+ガラス系コートで
何とかなりましたよ!!・・・ああよかった!!

エスティマ160412.JPG

2016年04月09日

フィアット500超リフレッシュ&ボディーコーティング

●フィアット500 デントリペア タッチアップ テクニカルグラスコートU ウインドウコーティング 

フィアット500入庫160409.JPG

昨年末にボディーのリフレッシュ&コーティングのご提案をさせて頂き・・・・先週から作業を進めておりましたフィアット500です。

ヘコミは小さなものですが3ヶ所
<施工前>
フィアット500施工前160409.JPG

施工はリアシート側面の内張りを外して・・・サクサク・・・
フィアット500ツールアクセス160409.JPG

スピーカーの向こう側がヘコミの裏側です・・・サクサク・・・元通り!!
<施工後>
フィアット500施工後160409.JPG

他2ヶ所も位置的には補強に阻まれながらも・・・サクサク元通り!!

で・・・・こんな曲り?も
フィアット500施工前A160409.JPG

縁は基本的にはデントリペア不可ですが・・・・何とかするのが私の仕事・・・
フィアット500施工後A160409.JPG

何とかなりましたね!

さてボディーの方はと言いますと・・・
<施工前>
フィアット500雨染み前160409.JPG

ソリッドホワイトカラーなので判りずらいですが、よ〜く見て下さい・・・雨染み(アメーバ―状)と鉄粉(黒い粒)が付着していますよね!
これをすべて除去&ポリッシュでツルピカにしてコーティングします。

<施工後>
フィアット500雨染み後160904.JPG

そして
<施工前>
フィアット500スケール除去前160409.JPG

細部の隙間には黒ずみスケールがこびり付いていますね・・・これも綺麗に除去すると

<施工後>
フィアット500スケール除去後160409.JPG

ビシッと引き締まりますよね!

グリルの細かい所もナンバープレートも汚れを綺麗に落としてコーティングすると気分は新車です。
フィアット500グリル160409.JPG

ウインドウもボディーもコーティングされ見違えるような綺麗さにうっとり水滴までも美しく見えます。
フィアット500雨粒160409.JPG

あそうそう写真は撮っていませんが飛び石などによるちょっとした塗装欠けも長く車を維持していると増えていくものです。ですのでコーティングをご希望の方は是非タッチアップペンをお持ちください「サービスで」行いますよフィアット500も気になる箇所はすべて補修しておきました!!
※タッチアップの作業難易度、施工数により一定以上の条件の場合は有料となります。

それではフィアット500の超リフレッシュ&ボディーコーティングの完成です!!

フィアット500完成160409.JPG

DSC_2609.JPG

DSC_2607.JPG

DSC_2610.JPG

本日無事御引き渡し完了です・・・ありがとうございました。

DSC_2608.JPG

2016年03月26日

リフレッシュ

●ホンダS2000 ボンネットのデントリペア、ヘッドライトポリッシュ&UVハードコート

豊田市からお越し頂いたのはS2000のオーナー様
ボンネットのへこみ直しと、傷んだヘッドライトのリフレッシュのご依頼です。

先ずはへこみ直しから・・・
<施工前>
S2000施工前160326.JPG

ボンネットに深く傷のあるへこみですね!
傷はの残りますがヘコミは直りそうです・・・傷は残ってもヘコミが直ればOKと言うことでデントリペアで直します。

<施工後>
S2000施工後160326.JPG

ヘコミは直り残った傷もできるだけ磨いて仕上げます・・・・意外と残った傷は気にならないかな・・・と言うレベルの残り方ですね!!

テープの右側が凹んでいたところ、傷が残っているのわかります?・・・ねそんなに気になりませんよね!

続いてヘッドライトのリフレッシュを

S2000UVコート160326.JPG

採用したのは現在の劣化したハードコートをすべて削り取り新しいUVハードコートを再施工します。
ガラスコートと比べ膜厚で耐久力がある為長期間艶を保ち続けます!!

S2000 160326.JPG

気になるダメージをリフレッシュして男前になったS2000です。

2016年03月19日

ウインドウポリッシュ

●アルピナD3 フロントウインドウポリッシュ&コーティング

当店の施工するウインドウポリッシュはガラスの表面をスッキリ綺麗さっぱり磨き上げることが出来るシステムです。
ですので頑固なウロコの付着も極々薄いギラツク傷も綺麗さっぱり磨き消すことが出来ます。

D3ウインドウ前160319.JPG

アルピナD3のフロントウインドウも深めの傷は残りますが8割方は綺麗になりました!
ポリッシュ後はフッ素撥水コートを施工して完成です!!

D3ウインドウ後160319.JPG

次回はボディーコーティングをしてほしいとか・・・十分綺麗なのですが・・・まだ綺麗にしたい!!
いや〜ハードルの高い作業になること間違いなしです(苦笑

アルピナD3160319.JPG

2016年01月15日

あれから1年半

●インプレッサSTI デントリペア・エアダクト新品塗装・ボディーコーティングメンテナンス

あれから1年半http://dr-garage.sblo.jp/article/103996705.html・・・当店でボディーコーティングをして頂いたオーナー様のリピーター率(メンテナンスの依頼率)は意外と低いです(汗
これは施工後の状態が長く良い状態が続いているのか・・・と言うことは保管条件が良いのか・・・ご自身で行ケアー&メンテナンスが適切なのか・・・それとも状態が悪いにもかかわらずあきらめているのか・・・

一つだけ言えるのは保管状態が良くなくケアー&メンテナンスが行き届かなければ5年以上持つとされるコーティングも結構早い段階で雨染みなど普通の洗車で落とせなくなるダメージが少しづつ残ってきます。

でもご安心ください・・・いざと言うときは頼って下さいませ。

と言うことで今回のご依頼は・・・
クオーターに凹みが2ヶ所
インプレッサ施工前160115.JPG

前回の作業でもこの場所に凹みがありましたね・・・ひょっとしたらお隣さんからもらっているかもしれません・・・

インプレッサ施工後160115.JPG

傷が少しついていますが・・・この後メンテナンスで少し磨きます。

そして、ボンネットのダクトは・・・前回からかなり傷んでいましたが・・・・

インプレッサダクト前160115.JPG

新品交換+塗装+コーティングを施工

インプレッサダクト塗装後160115.JPG

そしてボディーの方は・・・撥水力が低下していましたが塗装部分へのダメージは屋外駐車にもかかわらず少なかったですね!!
コーティングのメンテナンスの内容は表面に張り付いたダメージ部分の除去と塗装面を整えるテクニカルグレイジングを施しガラス系のコーティング剤で撥水力と艶を補いました。

インプレッサ完成160115.JPG

コーティングのメンテナンスの作業内容も何段階もご用意しています。
ご自身でも可能なメンテナンスケミカル剤も各種ございます。

インプレッサ160115.JPG

車を綺麗に保つにはコーティングだけが大事なのではありません、正しい知識で適切なケアー&メンテナンスを継続することです。
その為の車の綺麗をお手伝いさせて頂きます。

2015年12月09日

愛車への思い

●スイフトスポーツ デントリペア・傷消し磨き・テクニカルグラスコートU( Level:3)

スイフト入庫151209.JPG

御入庫頂いた時の写真です・・・・なぜかピンボケ・・・・
ご依頼頂いたオーナー様は同じスイフトでこれで4回目でしょうか・・・でも今回はちょっとね・・・

スイフト事故被害151209.JPG

左フロントドア〜リアドア〜クオーターに接触した傷が・・・そして歪が・・・・
オーナー様的には磨きとデントリペアで直せるのじゃないかと。
この接触事故100対0でオーナー様が被害者ですので全額加害者側の保険にて修理ですので普通に考えれば左側面をすべて鈑金塗装で修理するのが一般的です
でも車を大事にされるオーナー様は簡単に塗装を塗り替える修理よりも塗装を生かす(残す)方を優先されるんですね。

スイフト事故被害施工前151209.JPG

歪はインパクトビームが影響していると思われますが・・・・何とかデントリペア出来そうです。
傷も思ったほど深くなく残ったとしても気にするほどでもないかと・・・ミラー、ドアハンドルも傷が付いていましたが・・・磨きで何とかなるレベル
と言うことで事故の修復はデントリペアと磨きで対応することに!!

ボディー全体にはコーティングを施工されていますので今回事故修理以外の部分も全体的にテクニカルディテール&コーティングでリフレッシュさせて頂くことに致しました!!

スイフト入庫1512091.JPG

綺麗でしょ!10年経過しているボディーとは思えないですよ・・・・
でもちょっと近づいて見ると・・・

スイフトシミ前151209.JPG

スイフトボンネット前151209.JPG

これをきっかけに、本当は嫌な出来事なんでしょうが、ますます愛着が増すようにピカピカにさせて頂きました。

スイフトシミ後151209.JPG

スイフトボンネット後151209.JPG

そしてドアの修理は・・・磨きは・・・

スイフト復活後151209.JPG

良いんじゃないですか!!

スイフト映り込み151209.JPG

実際残っている傷も数本ありますが・・・・自信をもって再塗装するよりは良いと思います!!

全体の仕上がりは・・・テクニカルグラスコートUを施工させて頂いてますよ!!

DSC_1623.JPG

DSC_1625.JPG

DSC_1624.JPG

スイフト好きが見るとオリジナルでここまで艶のある赤は見たことないなんて言われるかも!!
これもオーナー様の日頃の手入れのおかげですね!!

DSC_1631.JPG

おっと、葉っぱにピントが合ってしまった・・・

DSC_1630.JPG

DSC_1632.JPG

DSC_1628.JPG

DSC_1626.JPG

スイフトスポーツ完全復活です!!

2015年11月23日

ボディーメンテナンス

●ノア デントリペア&コーティングメンテナンス

ぶつけられて出来てしまったというリアゲートのヘコミ・・・・これは相手の保険で修理するのですが
オリジナルの塗装は残したいということで何とかデントリペアで修理出来ないかと?

<施工前>
ノア施工前151123.JPG

ヘコミは写真に写っている2ヶ所ともう一ヶ所・・・新車〜まだ1年と言うことで再塗装は確かにもったいないですからね・・・・と言ってもデントリペアで修復できなければ塗装を残すことは出来ません・・・・
でも何とかデントリペアで修復できそうです!!

<施工後>
ノア施工後151123.JPG

ノア施工後映り込み151123.JPG

仕上りは・・・これなら鈑金塗装する何倍も良い仕上がりではないかなと!!

そして今回の事故とは別に、ボディーコーティングのメンテナンスも同時にご依頼頂きました。
コーティングは新車時にディーラーさんで施工されたガラスコーティングです。
ボディーがブラック、青空駐車・・・と言うことで1年が経過したその状態は・・・・

ノアスケール除去前151123.JPG

スケール(イオンデポジット)いわゆる雨染みです。
コーティングすることで塗装への影響は最小限ですがコーティング表面はご覧の状態です。
黒いボディーは特に高温になる為焼付く量も増えてしまいます。
ですので定期的に(半年から1年)に1回はその除去をすることでコーティングを長持ちさせることが出来ます。

ノアスケール除去後151123.JPG

磨きは行っていません、スケールウオッシュにてコーティングはそのままに雨染みのみを洗い流しています。
※ちなみに傷や塗装に食い込んだシミは磨いて消すしかありません・・・・となるとメンテナンスではなくコーティングの再施工となります。

ノア比較151123.JPG

コーティング面が綺麗に露出されることで水の流れもスムースになります。
ちなみに左側がスケールを落した状態です。

DSC_1523.JPG

その後ガラス系のコーティンを塗布し完成です!!

ノア映り込み151123.JPG

特にブラック系の濃色車は定期的な雨染み除去のメンテナンスをお勧めいたします!!

ノア151123.JPG

リペアとリフレッシュが完成し本日御引き渡しでした。ありがとうございます。

2015年09月14日

ジャガーXKR復活

●ジャガーXKR デントリペア・バンパー塗装・ウインドウポリッシュ&コート・テクニカルディテール&グラスコートU

中古で手に入れたばかりのジャガーXKRのフルリフレッシュのご依頼です。

DSC_1054.JPG

フロントバンパーは傷、飛び石等で傷みが多かったので補修して再塗装を行いました。

XKR傷塗装前150914.JPG

色合わせが難しいカラーだったので色を合わせる事30回・・・・もちろん塗装はアッソガラージュ齋藤氏の出番です。

XKR傷塗装後150914.JPG

DSC_0979.JPG

ボディー全体にヘコミも多数・・・・これはすべてデントリペアでリフレッシュします。

DSC_0980.JPG

デントリペア<施工前>
XKR施工前150914.JPG

デントリペア<施工後>
XKR施工後150914.JPG

ヘコミのほかにボディー&ウインドウもダメージ多数・・・・
これらはテクニカルディテールにて輝きを取り戻します!!

ウインドウポリッシュ&コート<施工前>
XKRウインドウ前150914.JPG

XKRリアう前150914.JPG

ウインドウポリッシュ&コート<施工後>
XKRウインドウ後150914.JPG

XKRリアう後150914.JPG

スケール・ウロコなど磨き消した後はフッ素コートで撥水させてます!!

ボディーは・・・・一見綺麗に見えますが、ボンネット、ルーフ、トランクと上面は陥没痕が・・・
ボディーのダメージで一番厄介なケースです。
一番深いところまで削り取るのはクリアー層が著しくなくなってしまう等リスクが高い作業です。
綺麗にするための塗装膜の引き算作業ですのでどこまでで良しとするかは悩ましいです。

テクニカルディテール<作業前>
XKRボンネット前150914.JPG

テクニカルディテール<作業後>
XKRボンネット後150914.JPG

こんな感じですがどうでしょうか!!・・・もっと削ればもっときれいになりますが・・・・塗装膜が・・・

約2週間に渡りジャガーXKRの美観復活作業もテクニカルグラスコートUを施工して完成です!

XKR完成150914.JPG

本日天候も良く御引き渡しさせて頂きました!!

DSC_1141.JPG

XKR引渡し150914.JPG

DSC_1135.JPG

ジャガーXKRかっこいいっすね!!・・・A様お土産ありがとうございました。

2015年09月09日

トータルリフレッシュ&リペア&コーティング

●ブレイド デントリペア・ウインドウクリーニング+コート・ヘッドライトポリッシュ+UVハードコート・ホイールクリーニング+コート・ボディーコート(テクニカルディテールLevel4+テクニカルグラスコートU)

DSC_1090.JPG

先日ご紹介したこの状態のボンネットのお車は・・・・

DSC_1075.JPG

H20年式のブレイドです。当店のご利用は何回目でしょうか?ちなみにお車は4台目かと・・・いつもありがとうございます。
お車の状態は・・・内装の状態良し!機関良好!!修復歴なし!!!・・・ただお手入れは前オーナーさんは諦めたのか手を付けた様子無。。。。そんなお車を購入され当店でリフレッシュしようと。

ブレイドエンブレム前150909.JPG

エンブレムがここまで劣化しているのも珍しいよね・・・グリルもスケール付き放題で汚い感じです(笑

ブレイドドアミラー前150909.JPG

時間が無かったので写真はこの程度ですが・・・・ダメージはウインドウ、ヘッドライトも含め車体全体に特に雨が溜まる細部はゴリゴリ状態、樹脂部分も白く劣化・・・かなりみすぼらしい感じです。

ただ意外とヘコミと致命的な傷は少なく・・・ヘコミは1ヶ所、わずかな傷が数カ所でした。

ブレイドドアミラー後150909.JPG

ヘコミをデントリペア、ウインドウ・ヘッドライト・ホイールも含めボディーをテクニカルディテールでリフレッシュ、傷部分はタッチアップで補修し各部コーティングを施しリフレッシュ完了です!!

ブレイドエンブレム後150909.JPG

新品交換ではありません削って磨いてコーティングしてます。

ブレイドボンネット後150909.JPG

いや〜綺麗になるもんですね!!

DSC_1101.JPG

心配されていた台風も通り過ぎ・・・・天候も回復したため本日御引き渡しとなりました。

DSC_1102.JPG





2015年08月21日

目は大事!!

●S2000 ヘッドライトUVハードコート

S2000ヘッドライト前150821.JPG

当店2回目のご利用のS2000に御乗りのオーナー様
前回はデントリペアでご利用で、今回はヘッドライトのポリッシュ&コーティングのご相談です。

状態は・・・オリジナルのハードコートが劣化し曇っています。傷も少しあるのが分かりますね。
当店ではヘッドライトの状態に合わせ4段階の施工で提案させて頂いてます。
今回はオリジナルのハードコートをすべて削り落として新たなUVハードコートを施工します。
これならガラスコーティングに比べても膜厚で耐久力がありますし万が一劣化して曇ってきても少し磨けば簡単に艶を取り戻せます。定期的なメンテでガラスコーティングすれば美観の持続も長期に渡り継続できます。

S2000ヘッドライト中150821.JPG

施工は古く傷んだハードコートを削り落とすし新たなハードコートを膜厚で施工します。
デメリットは若干塗り込んだ感がある感じです。深い傷は・・・・少し残ってしまう事でしょうか
当店は出来るだけ美観にもこだわって施工し新品に近付けます。

S2000ヘッドライト後150821.JPG

目が輝くと車の鮮度も格段にアップしますね!!
・・・・・次回はボディー全体のコーテイングを計画中とか・・・!!