2019年10月05日

もう一度新車気分

●2007/2 ゴルフGTI ヘッドライトリペアスチームコート、ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤ・テクニカルディテールLevelC)

この型のゴルフが好きすぎて・・・ですのでもう一度新車気分を味わうためにと!
ヘッドライトとボディー全体のリフレッシュとコーティングを・・・とのリクエストです!!
前回は凹みの修復をデントリペアでリフレッシュさせて頂いてます。でさらに欲が出てボディー全体を綺麗に復活させようという流れでご依頼いただいてます。

ゴルフ鉄粉191005.JPG

先ずは汚れ異物の除去から・・・何気に鉄粉の量がすごいです・・・・
綺麗にクリーニングして先ずはヘッドライトのリフレッシュから・・・

ゴルフライト前191005.JPG

欧州車の多くはこのように表層割れと言って細かくひび割れてきます。
透明度は割と保ってるのですがやはり古さは隠せません

ひび割れた部分を削り取って新しく綺麗な表層面を作るためにスチームコートで仕上げてリフレッシュ完成です。
ゴルフライト後191005.JPG

耐久性は新品並みとされています!!

さあボディーを磨きましょう・・・・
ゴルフ磨き前191005.JPG

結構洗車傷がビッシリ・・・・コーティングの美しさは磨きにかかってます!!
新車のようにいや新車以上に美しく・・・・私のモチベーションでもあります!!

ゴルフ磨き後191005.JPG

そしてこんなところも磨きます
ゴルフピラー前191005.JPG

磨けますので!!磨いた後はコーティングします。
ゴルフピラー後191005.JPG

表から見えない部分ですが

ゴルフ汚れ前191005.JPG

内側もクリーニング&フッ素コートを
ゴルフ汚れ後191005.JPG

DSC00149.JPG

グリルは樹脂ですが劣化して白けてますが・・・
ゴルフグリル前191005.JPG

コーティングすることで元の美しさを取り戻します。

ゴルフグリル後191005.JPG

当店はグリル等の樹脂部分も標準でコーティングいたしますよ!!

ボディーコーティングはテクニカルグラスコートTプラスダイヤでがっちりコート、磨いたボディーがさらに美しく輝きます。コーティングの効果はその後の洗車でさらに感じて頂けると思いますよ!!

DSC00143.JPG

DSC00144.JPG

DSC00146.JPG

DSC00147.JPG

DSC00152.JPG

すべてのリフレッシュ&コーティングまですると結構費用は掛かります・・・・
でもその仕上がりを見て頂ければ車を買い替えた以上に感動していただける・・・その方がよりカーライフが楽しくなる!!
古いより新しいものが価値がある・・・・その価値観が覆る瞬間を体験すると物が愛おしくなり物が物でなくなるんですね!!

2019年09月07日

GTRボディーケアー2連発!!

ボディーケアーをして欲しいと以前ご利用頂いたR33GTRのオーナー様からご依頼がありまして・・・
お仲間の同じR33GTRオーナーとご一緒にご来店頂きました。
つまり2台ともボディーケアーしたいと・・・・ありがとうございます。

作業内容は2台ともに簡単な磨き艶出しまでを・・・

先ずはお連れのお仲間のR33GTRから、ボディーカラーは当時イメージカラーだったと言う紫の濃いめの色
「ミッドナイトパープル」?カラー名でしょうか・・・数年前にオールペイントがなされています。

DSC09919.JPG

全体的に上面をシッカリ、側面は簡単にポリッシュ&グレイジングで仕上げさせて頂きました
当店は初めてですが仕上がりには満足いただけたでしょうか?

DSC09921.JPG

日を変えて前回・・・・全体を仕上げさせて頂いたブラックカラーのR33GTRを今回は上面のみ主に洗車傷をポリッシュ&グレイジングでケアーさせて頂きました。

DSC09923.JPG

次回もあればお手伝いさせて頂きますね!!

DSC09922.JPG

2019年08月03日

ワンオーナーBMW320iのリフレッシュ後編

●2001/7 BMW320i ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤ テクニカルディテールLevelC)ウインドウポリッシュ&コート

前回デントリペアとモール磨きからの続きです。
http://dr-garage.sblo.jp/article/186303404.html

新車から18年ワンオーナーで大事にオリジナルをキープされていますよ!

窓ガラスは全体的に良い状態ですが・・・隅っこの方はスケールがたまって部分的にウロコが付いています。
320フロントガラス前190803.JPG

320フロントガラス後190803.JPG


320リアガラス前190803.JPG


320リアガラス後190308.JPG

リフレッシュして撥水加工を施したガラスは新品の様です。

ボディー以外ではワイパーアーム、樹脂部分などもリフレッシュ+コーティングいたします。

320ワイパー前190803.JPG

320ワイパー後190803.JPG

320ミラー前190803.JPG

320ミラー後190803.JPG

ナンバープレートの汚れも
320ナンバー前190803.JPG

色を落とすことなくリフレッシュ+コーティング

320ナンバー後190803.JPG

グリル樹脂部分もさりげなく真っ黒に
DSC09699.JPG

ボディー塗装部分は18年も経過してるにもかかわらずオリジナル塗装がまだまだ十分生きていますので

320ボンネット前190803.JPG

表面の劣化でくすんでいますが磨きとコーティングで当時の輝きを取り戻せます。

320ボンネット後190803.JPG

前回磨いたアルミモールも専用コーティングで仕上げてます。
DSC09695.JPG

すべての作業が完了し本日お引渡しとなりました。
長期間のお預かりで大変お待たせいたしました。

DSC09697.JPG

DSC09700.JPG

DSC09703.JPG

DSC09698.JPG

当店をご用命いただきありがとうございました。お手入れ等で困ったことがあればいつでもお声がけくださいませ。

DSC09701.JPG

2019年07月26日

ボディーメンテナンス

●シャラン フェンダーのデントリペア、ボンネットのタッチアップ+磨きコーティングの補修施工

今年の3月に新車でコーティングさせて頂いたシャランですが・・・

シャラン190725.JPG

フェンダープレスラインにガッツリ系のへこみが一ヶ所・・・ボンネットは飛び石による塗装の欠けができてしまったということです。

まあこう言う事って避けて通れませんよね・・・
でもご安心ください当店はへこみはデントリペアで飛び石はタッチアップで当然その際表面を新たに仕上げるために磨いて同じコーティングを再施工までお任せいただきます。
しかもその費用はデントリペアはリピーター割引適用で通常より20%引き(最大4,000円引き)、そしてタッチアップ、再コーティングは会員特典を利用して無料サービスさせて頂いています。
※施工の範囲ご要望の内容により有料の場合もございます。

<施工前>
シャラン施工前190725.JPG

輸入車も最近はパネルが薄くなってますね・・・凹み方が国産車と変わりません
軽量化、安全対策を考えると世界的にその方向でしょうか・・・

<施工後>
シャラン施工後190725.JPG

施工としては特に難しいわけではありませんが最終的な仕上がりを綺麗にするためにはより正確な判断と技術が要求されます。

そしてボンネットの飛び石被害です。
シャランタッチ前190725.JPG

飛び石を防ぐためにはプロテクションフィルムと言う新しい保護方法はありますがコストと仕上がりを考えると気軽に・・・・施工とは行きませんよね!!

と言うことでタッチアップの出番です。

シャランタッチ後190725.JPG

同時施工であればデントリペアする間に塗料を乾かしながら合理的にできる分無料です。

そして当店でコーティングさせて頂いてるお車は施工したコーティング部分の補修まで無料で行わせて頂きます。
具体的にはデントリペア部分は表面の薄っすら付いた傷、施工の際に表面部分もポンチングなどで触りますので最終的にその痕跡を消すためにポリッシングして仕上げます。タッチアップ部分も脱脂したり研磨&ポリッシングしますので・・・すると少なからずコーティング表面が薄くなったり場合によっては無くなったりしますよね・・・ですので綺麗に仕上げた後は同じコーティングを再施工するのが一番良いですからね。

これら一連の作業〜仕上がりをすべてお任せいただけます。最善なクオリティーを低コストで合理的にメンテナンスできるところが当店をご利用いただく最大のメリットですよ!!

2019年07月20日

ワンオーナーBMW320iのリフレッシュ前編

●2001/7BMW320i デントリペア、アルミモールポリッシュ&コート

新車から18年所有されているBMW320iです。

DSC09618.JPG

大事にされていますね!ボディーの状態が少しダメージが目立っているので今回当店でリフレッシュ&コーティングをさせて頂くことになりました。
丁度お仕事で3週間ほど出張と言うことでその間を利用して作業させて頂きます。

先ずは凹みの修理・・・デントリペアから
これくらいの年式となると凹みも多そうですがチェクすると気にならないものも含めて3カ所

<施工前>
BMWピラー前190720.JPG

リアのピラー部分の凹みです・・・ここは工具が入らないのでプーリング(引っ張り)で直しました。

<施工後>
BMWピラー後190720.JPG

<施工前>
BMWボンネットへこみ190720.JPG

ここはボンネットの凹みです・・・オーナー様的には気になってないようでしたが・・・
磨きてより綺麗になると気になるかもしれませんし・・・直しておきます。

<施工後>
BMWボンネットデントリペア190720.JPG

他にもドアに1cm以内のへこみがありましたので綺麗に直しておきます。

続いてアルミモールの腐食をリフレッシュします。

<リフレッシュ前>
BMWモール前190720.JPG

BMWモール@前190720.JPG

現行のBMWも・・・と言うか欧州車のほとんどの金属モールはアルミ製です。この年式以前も欧州車はリサイクルの関係などでモールなどの金属はアルミが使われています。
ちなみに日本ではステンレス製が多いのかな!ステンレスの方が耐久力は断然上です・・・

アルミの質感は高級感を演出しますが・・・・こうなると台無しです。
アルミの素材はそのままだとすぐに白く腐食します。なので新車の状態でアルマイト(酸化被膜)加工をされています。ヨーロッパは気候的にそれで充分だと・・・ただ日本だと高温多湿の影響で早期に腐食するらしいです。一番よくないのは黄砂と雨の関係かな?いわゆるアルカリ錆!!一撃でダメージを負ってしまう可能性があり新車でも1シーズン(1年も)すぎればそのダメージから腐食が進み2年目あたりから目立ってきて3年目であきらめるみたいな感じですかね。
これの綺麗さを維持するためにはまめな手入れとは必須ですが専用のコーティングがお勧めです。
まめな手入れが嫌な方はプロテクションフィルムを貼るのが良いでしょう。
すでにダメージを負ったものは磨けば輝きは取り戻せます。
ただこの磨きが超大変・・・・・・そこは当店にお任せくださいませ!!
と言うことでとりあえず磨きで復活しました。

<リフレッシュ後>
BMWモール後190720.JPG

BMWモールA後190720.JPG

この後ボディーの磨きを行い最後にモールも専用コーティングで仕上げる予定です!!

2019年07月12日

お悩み解消

●RC-Z クオーター凹みのデントリペア、ヘッドライトリペア+プロテクションフィルム施工、ルーフピラーアルミモール磨き+プロテクションフィルム施工

デントリペアのご依頼で2回目の御利用となりました。
早速デントリペアを施工しましょう・・・・

<施工前>
RC-Z前190706.JPG

クオーターパネルに出来たへこみですが、このお車はすんなりツールが入りました・・・ラッキー!
と言うことで短時間で完成!!

<施工後>
RC-Z後190706.JPG

そして予定にはなかったのですが・・・ヘッドライトの黄ばみとアルミモールの腐食が・・・・
ご自身でも定期的に磨いてたりされてたみたいですが・・・・
お話をさせて頂くと・・・・なかなか大変だし劣化も進んでいるのでリフレッシュ&プロテクションフィルム施工までしましょうということになりそのまま1週間お預かりさせて頂きました。

<施工前>
RCZヘッドライト前190712.JPG

<劣化部分の除去>
RCZヘッドライト磨き190712.JPG

劣化部分を削って除去しスチームコートを施工します。

<スチームコート>
RCZヘッドライトスチーム190712.JPG

本来はこれでリペア完成ですが、今回はさらにこの状態を完全保存するためにプロテクションフィルムを施工しました。

<プロテクションフィルム施工>
RCZヘッドライトフィルム190712.JPG

ルーフのアルミモールは・・・

<施工前>
RCZモール前190712.JPG

ひたすら専用の磨き剤で磨きます・・・ご覧のように比較的磨いやすい平らな部分は割と綺麗ですが
端っこの方はケアーが難しいようです。

<磨き後>
RCZ磨き190712.JPG

綺麗になりましたね。

<プロテクションフィルム施工>
RCZフィルム190712.JPG

モール用のコーティングよりもフィルムで保護しますので物理的に腐食は進行しませんよ!!
プロテクションフィルム貼ってるのわかります?ってくらいよく見てもわかりません。
端っこの方よく見てください・・・なんとなくわかるかな?

1週間のお預かりお待たせいたしました。
RCZ完成190712.JPG

ボディーもお肌の曲がり角に差し掛かってますのでこれからもリフレッシュしながらRC-Zを可愛がってあげてくださいませ。ありがとうございました。

2019年07月02日

メンテナンス

●アクアGS デントリペアとタッチアップ、コーティングメンテナンス+ホイールコーティング

定期的にボディーのメンテナンスをお任せいただいているオーナー様です。
いつもありがとうございます。
新車でコーティング(テクニカルグラスコートUプラスダイヤ)をさせて頂いてますがシミと鉄粉が少し付着しているということでメンテンナンスのご依頼を頂きました。
又一か所へこみがありましたのでそのデントリペアと飛び石傷のタッチアップ、ホイールのコーティング施工まで!!

アクア前190702.JPG

アクア後190702.JPG

ボディー全体のメンテナンスもホイールコーティングも完了!!

アクア190702.JPG

2019年06月29日

じゃあ取り外して

あれあれあれ・・・・

DSC09492.JPG

気になったのでコンパウンドでごしごしすると・・・余計真っ白に・・・

と言うことで外して磨き直すのが一番綺麗になるので・・・じゃあ外して!!

DSC09493.JPG

何とかリカバリできました!!

DSC09494.JPG

こんなことまで対応しますよの例です。

2019年05月25日

アルピナのリフレッシュ

●2009/4 BMW アルピナB5S 右クオーター&リアドアの板金塗装、アルピナラインの全面張替え、ボディーコーティング(テクニカルグラスコートUプラスダイヤ テクニカルディテールLevelC)タッチアップ

すごく程度の良いアルピナですがクオータパネルとその隣のドアにへこみと傷が・・・
当店ご利用のオーナー様で他のお車でもご利用いただいていたことから今回もご相談を・・・・
結局そのへこみ傷はデントリペア不可のため鈑金塗装で復活させることに!!
ただ問題なのはアルピナライン・・・塗装し直しですから当然ながら修理のパネルのラインは無くなります。
問題なのは無くなるのは想定内ですがその部分だけ貼り直すと微妙に色合いに差がついてしまいます。
と言うことでラインは全面張り直し・・・これはアルピナラインの張替え職人さんにお任せします!!

先ずは鈑金塗装・・・担当は仕上がりクオリティーの高いアッソさんでhttp://www.asso-garage.com/

001 (16).jpg

クオーターとドアの修理ですがバンパーテールレンズなどすべて外します。

001 (40).jpg

クオーターパネルとリアガラスは隣接してるのでガラスも外します。

001 (27).jpg

修理箇所のアルピナラインをはがしモール、ドアノブ等も外します。
損傷個所はわずかですがこの写真にも映り込まない程度ですが正しい修理はここまでする必要があります。

001 (55).jpg

ペイントはクオーターからこのAピラーまで途中でぼかすことなく塗り直します。

001 (49).jpg

カラーは何度もサンプルを作り可能な限り色を合わせます。

001 (54).jpg

技術があり正しい修理を行うのは当然ですが取り組む姿勢が一番大事なのは言うまでもありません
まるでオリジナルのように自然な仕上がりです!!

鈑金塗装が仕上がったところでいったんディーラーにお返しそこでアルピナ職人によってラインを全面張替えていただき・・・当店で仕上げの磨き&コーティングを行います。

そして当店の出番です。程度はもちろん良いのですが取りきれていないシミ、傷をリセット
アルピナシミ前190525.JPG

美しさに磨きを掛けます・・・
アルピナシミ後190525.JPG
※写真はまだコーティングしてません

コーティングはテクニカルグラスコートUプラスダイヤ

DSC09247.JPG

DSC09248.JPG

DSC09249.JPG

DSC09250.JPG

DSC09251.JPG

DSC09252.JPG

DSC09254.JPG

DSC09256.JPG

DSC09260.JPG

DSC09259.JPG

アルピナB5Sの復活です!!
ディーラーさんアッソガラージュさんそして当店(私)、人の手によって美しさは完成します。
そして忘れてはいけませんね、オーナー様の思いとオーナー様のお手入れが行き届かねば美しさは保てませんよね

DSC09246.JPG

2019年05月18日

ヘッドライトを守る

新品のヘッドライトを劣化から守る方法・・・・・・?
考えられる一番の最良の手段は・・・・
コーティング・・・・・いやいや
そもそもヘッドライトは新品時にハードコートで守られています!!
これはコーティングの数倍いや数十倍耐久力がありますですのでその上に施工するコーティングはわずかな効果しか期待できません
ご存知のように新品のヘッドライトはハードコートで劣化を抑えているものの紫外線の影響などで少しずつ劣化し曇ったり黄ばんだり或いは細かいひび割れを起こしてきます。
メーカーにもよりますが早いものは2年後あたりからこの症状が出て気になるくらいになったころにはハードコートそのものは役に立たないほど劣化してしまってます。
少し黄ばんだ程度であれば軽く磨けば綺麗にはなりますがそもそもハードコートの役割が終わっていればすぐにまた黄ばんだり曇ったりします。コーティングをしておけば少しはその分持ちますがやはり3か月前後で曇り始めてしまいます。
現代の車はデザイン性能が良くなる一方でこのような劣化で悩んだり苦労したりしていませんか

当店ではそのようなダメージを負ったヘッドライトをリペアさせて頂くサービスも行っていますが
やはり新品の状態が一番良いのは間違いありません

新品のヘッドライトをそのまま維持できる唯一の方法は「プロテクションフィルム」で守る・・・
そこに行きつきました!!

DSC09208.JPG

新車或いは綺麗なヘッドライトを劣化だけではなく飛び石などの被害からも守れます。

DSC09209.JPG

まったくそのままのヘッドライトの綺麗さを保存できるプロテクションフィルムを
当店でお願いしている匠はXPELのアルティメイトプラスを使用されているとのことです。
耐久力が高くフィルム自体の透明度も長期にわたり維持できるとのことです。
ざっくり5年間フィルムの美観も保てヘッドライトの劣化はなし!!

DSC09213.JPG

何年か後に愛車を買い替えるときもヘッドライトが痛んでいると査定にも響くでしょう
高価なヘッドライトだと片側だけでも30万以上します。
新車で今購入されようとしてる方・・・もしヘッドライト単品を買ったら幾らするか聞いてみてください
もし片側10万以上するなら新しい綺麗なうちにプロテクションフィルムで守るのが一番だと思います。

当店の正式メニューではありませんが新車のコーティングの依頼でご入庫いただいたオーナー様にはご紹介させて頂いています。

作業のご依頼を頂ければ当店へ出張頂き当店ガレージにて施工頂いてます。
ご興味のある方はご相談くださいませ!!

2019年05月13日

よし!リフレッシュだ!!

●2011/8 BMW Z4 ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤ/テクニカルディテール施工LevelC)、ホイールクリーニング&コート、ウインドウポリッシュ&コート、タッチアップ

以前デントリペアをご利用頂いたオーナー様のBMW Z4をリフレッシュ&コーティングさせて頂くことに

DSC09145.JPG

さてその状態はと言うと・・・・

<リフレッシュ前>
Z4シミ前190513.JPG

Z4B前190513.JPG

Z4A前190513.JPG

Z4@前190513.JPG

傷とシミのクレーター痕が・・・・結構来てますな・・・・
一部の傷シミは残るもの(残したもの)もありますが美しさを取り戻しましたよ!!

<リフレッシュ後>
Z4シミ後190513.JPG

Z4B後190513.JPG

Z4A後190513.JPG

Z4@後190513.JPG

コーティングはボディーはグラスコートTプラスダイヤと窓ガラス、ホイールまでね!!

DSC09176.JPG

DSC09175.JPG

DSC09178.JPG

DSC09179.JPG

DSC09180.JPG

DSC09182.JPG

DSC09183.JPG

DSC09174.JPG

DSC09181.JPG

DSC09184.JPG

よし!リフレッシュ完了!!コーティングのケアーで困ったらいつでもご相談くださいませ。

2019年05月06日

スポーツカーよ美しくあれ!!

●2004/7 ホンダS2000 デントリペア複数、タッチアップ、ヘッドライトリペアスチームコート、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート、ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤ、テクニカルディテールLevelD)

2週間預かってのリペア&リフレッシュそしてコーティング・・・

DSC09020.JPG

盛りだくさんの作業でしたがようやく完成
オーナー様、大変お待たせいたしました!本日ご納車無事完了です!!

と言うことで作業内容をご紹介しましょう。

先ずはデントリペア
S2000へこみ多数前190505.JPG

実は前回の作業で目立つへこみは施工させて頂きました。
で、今回はすべての小さなへこみも直してリフレッシュ&コーティングをと言うことです。

S2000へこみ多数後190505.JPG

それと完全復活は厳しいへこみもあります・・・

S2000へこみ前190505.JPG

何とか塗らずにデントリペアで復活させます!!

S2000へこみ後190505.JPG

ちょっと残りましたがこれならいいんじゃない!!

続いてヘッドライトのリペア

S2000ヘッドライト前190505.JPG

ハードコートが逝っちゃってます・・・・

S2000大ヘッドライト前190505.JPG

スチームコートで復活!!
S2000大ヘッドライト後190505.JPG

S2000ヘッドライト後190505.JPG

続いてホイール
S2000ホイール前190505.JPG

S2000ホイール後190505.JPG

そして窓ガラス
S2000ガラス前190505.JPG

カウルトップもコーティングしてます。

S2000ガラス後190505.JPG

次々行きますよ・・・・

S2000グリル前190505.JPG

口の中もお掃除&コーティング

S2000グリル後190505.JPG

お肌は荒れ放題・・・
S2000ワイパーノズル前190505.JPG

汚れをクリーニングして磨いて光らせて(テクニカルディテール)コーティング
コーティングは「グラスコートTプラスダイヤ」

S2000ワイパーノズル後.JPG

S2000傷前190505.JPG

テクニカルポリッシュで

S2000傷後190505.JPG

トランクは最高に艶が無くなってましたよ・・・

S2000トランク前190505.JPG

どこまで復活する?・・・・

S2000トランク後190505.JPG

ここまで復活・・・いいんじゃない!!

ああ忘れてましたが飛び石の欠けも多数ありましたので・・・・
S2000タッチアップ前190505.JPG

タッチアップで補修しときました!!

S2000タッチアップ後190505.JPG

スポーツカーよ美しくあれ!!

S2000エンブレム前190505.JPG

S2000エンブレム後190505.JPG

DSC09138.JPG

DSC09137.JPG

DSC09136.JPG

DSC09135.JPG

DSC09143.JPG

DSC09142.JPG

DSC09141.JPG

2019年03月23日

眠りから覚める

●1991/7 Z31ソアラ デントリペア タッチアップ ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤ・テクニカルディテールLevelD)

平成もあとわずかその平成の初めに生まれたZ31型のソアラ・・・・

ソアラ入庫190323.JPG

しばらくの間眠っていた時期があったそうですが・・・数年前から通勤でも乗られているそうで!
そのオリジナルをキープされているソアラをリフレッシュしようと色々ネットで調べれれて・・・
当店にご依頼を頂けました!!
数あるお店の中で当店をお選びいただきありがとうございます。

先ずはボディーに出来てしまっているへこみのデントリペアから取り掛かります。

凹みのの数はわずか3か所・・・30年近くたって3か所ですから少ないと思いますよ!

ソアラドア前190323.JPG

これはドアのプレスラインのへこみです・・・・

ソアラドア後190323.JPG

こちらはクオーターパネルのへこみです・・・タッチアップもされていますね・・・

ソアラ前190323.JPG

ツールアクセスは内装をばらして・・・

ソアラアクセス190323.JPG

タッチアップ部分もいったん除去して可能な限り目立たなくしました。

ソアラ後190323.JPG

本磨きはこの後また行いますのでもっと目立たなくなりますよ!!

そしてもう一か所はボンネット
デントリペアが不可だったので鈑金塗装も提案させていただいたのですが・・・・
オリジナルの塗装を残したいとのご要望でしたので・・・・できる限りのことをさせて頂きました
その状態が下の写真です・・・わかるかな?

DSC08766 - コピー.JPG

タッチアップは目立つところを手直しなど数か所・・・
ソアラタッチアップ前190323.JPG

目立たなくなりましたよね!
ソアラタッチアップ後190323.JPG

ボディーテクニカルディテールはlevelDですのでできるところは時間をかけてしっかり汚れを落とし

ソアラトリム前190323.JPG

コーティングを施工いたします。

ソアラトリム後190323.JPG

施工前の状態からコーティング施工後の状態をご覧ください

ソアラノズル前190323.JPG

ノズルもいったん取り外して仕上げております。

ソアラノズル後190323.JPG

ソアラエンブレム前190323.JPG

エンブレム回りもエンブレムもリフレッシュ&コーティングを

ソアラエンブレム後190323.JPG

ソアラホイール前190323.JPG

ホイールはコーティングのご依頼はないですが洗浄でできる限り汚れを落とさせていただきてます。

ソアラホイール後190323.JPG

ボディーの上面はクレーター上のシミが目立っていましたのでクリアー塗装を可能な限り残す方向で最適化させていただいてます
ソアラリア前190323.JPG

ソアラリア後190323.JPG

ソアラクレーター前190323.JPG

深いシミは少し残っていますが

ソアラクレーター後190323.JPG

すべての作業を終え完成です!!

DSC08764.JPG

DSC08761.JPG

DSC08762.JPG

DSC08760.JPG

DSC08765.JPG

DSC08755.JPG

DSC08759.JPG

DSC08757.JPG

眠りから覚めたソアラでした。

2019年02月22日

オートトレンド出展

●R33 GTR ボディーメンテナンス

明日から名古屋ではオートトレンドが開催されます。
その為に出展されるチューニングされた33GTRを仕上げてほしいと・・・・・
一度当店をご利用されたオーナー様からのご依頼です。

あらま急なお願いですね・・・・急に決まったもんでと(笑

まあしょうがないね・・・ただ時間が限られた作業なのでその中で最大限できるボディーメンテナンスをさせて頂きますねと!!

晴れの舞台なので可能なことはやりたいとその熱意に負けたのです・・・・
で頑張った結果ここまで仕上がりました!!

DSC08557.JPG

DSC08556.JPG

因みに私オートトレンドには・・・・行きません・・・・ずいぶん前は名古屋モーターショーとかにデントリペアのブースもあったんですがね・・・今は無いよね。

2019年02月18日

SG5リフレッシュ&コート完成

●H17/7SG5フォレスター デントリペア、パネル交換、ウインドウポリッユ&コート、テクニカルディテール&コート

前回の続きです。
DSC08502.JPG

ヘコミは全てデントリペアで修復できました!!

パネルの傷、歪みは
DSC08489.JPG

新品交換することに・・・

【テクニカルディテールLevelD】
◎テクニカルウオッシュで
洗車から始まり隅々まで汚れを異物(鉄粉等)の除去をしてまいります。
延べ3日間を要する洗車でした・・・・

フォレスターミラー前190216.JPG

この様な隙間は水が溜まり汚れと共に乾きまた濡れを繰り返しスケールが溜まります。

フォレスターミラー後190216.JPG

ドアノブ周りも
フォレスタードアノブ前190216.JPG

念入りに汚れを落とします。
フォレスタードアノブ後190216.JPG

外したついでに
フォレスターピラー裏前190216.JPG

綺麗に
フォレスターピラー裏後190216.JPG


隙間と言う隙間の汚れを全て落します・・・・
フォレスタードア前190216.JPG

スッキリ!!

フォレスタードア後190216.JPG

で扉を開けると
フォレスタードア内前190216.JPG

超スッキリ
フォレスタードア内後190216.JPG

こっちも
フォレスター扉前190216.JPG

フォレスター扉後190216.JPG

そんでもってこっちも・・・・・
フォレスターFドア内前190216.JPG

フォレスターFドア内後190216.JPG

空けて見えるところは全部スッキリさせましょう!!
フォレスタートランク前190216.JPG

フォレスタートランク後190216.JPG

日頃頑張れない所はこんな時に綺麗にしましょう!!

◎テクニカルポリッシュ&グレイジングで最適な塗装面を整えます!!

ウオッシャーノズルは一旦取り外して
フォレスターノズル前190216.JPG

塗装面を磨き艶を最適な状態へと
フォレスターノズル後190216.JPG

ホワイトカラーなのでわかり難いですが洗車傷もビッシリ!
フォレスターボンネット前190216.JPG

なにもない純白が白です・・・あたりまえだ!!

フォレスターボンネット後190216.JPG


傷ついて歪んだパネルの新品が届いたので
フォレスターパネル交換前190216.JPG

取付を
フォレスターパネル交換後190216.JPG

全体を磨いてますので・・・・塗装の色も違和感なしです・・・良かった!!

そうそうここの凹み
フォレスター事故前190210.JPG

こんな感じで仕上がってますよ!!
フォレスター事故後後190210.JPG

【ウインドウポリッシュ&コート】&【樹脂部分コーティング】
フォレスターカウル前190216.JPG

窓ガラスはウロコが・・・ボディー綺麗にしてガラスがウロコだらけだと残念ですので一緒に綺麗にするのが当店流です。
あっあとカウルトップの樹脂の色褪せもここまでコーティングで回復します。もしすぐに白くなるようであれば新品に交換する方が良いかもしれませんね!!

フォレスターカウル後190216.JPG

【コーティング】
◎テクニカルグラスコートU
こちらのコーティングはベースコートとして塗装を守るのが得意なコーティングです。
定期的にガラス系コート剤などでケアーするのがお勧めですよ!!

という事でフォレスターのリフレッシュ&コーティングの完成です。

DSC08532.JPG

DSC08533.JPG

DSC08535.JPG

DSC08536.JPG

DSC08537.JPG

DSC08538.JPG

DSC08539.JPG

DSC08542.JPG

DSC08541.JPG

DSC08530.JPG

DSC08531.JPG

フォレスターのオーナー様は新車からのワンオーナー・・・
長年お乗りのお車で愛着もありここらあたりでリフレッシュをという事でまとめて作業のご依頼をして頂きました。
ここまでの仕上がりとなると単なるコーティングでは到底達成できないわけで、ここまでしてまで美観をリフレッシュすることに価値観を感じる方も少数派でしょう
新車を買う事が社会貢献かもしれませんしエコカーを買う事がエコかもしれません
でも大切な愛着あるものに乗り続けることは本当の意味でエコで何より心が清くいられると思うのですね!
心が清いと同時に生活にもゆとりと満足感が得られこれこそ社会貢献ではないかと・・・・
かってにワタクシ思っています・・・こじつけですか?

この様な作業のご依頼を頂き本当にありがとうございます・・・私の生活がこれで成り立ってますから(笑

フォレスター完成後190216.JPG

2019年02月10日

SG5リフレッシュ&コーティング

●H17/7 フォレスターSG5 デントリペア、パネル交換、ウインドウポリッシュ&コーティング、ボディーコーティング

昨日よりお預かりしてるSG5フォレスターです。
12年経過してるお車ですがまだまだ乗り続けるのでこの辺りでリフレッシュをと!!

来週末御引き渡し予定で作業を開始していますので今日はその前半戦を少しばかりご紹介いたしましょう!!

【デントリペア】
ヘコミはつい最近ぶつけられたというこの凹み
フォレスター事故前190210.JPG

パネルの下部分は樹脂パネルで少し歪んでますよね・・・これはリペアは出来ませんので新品交換しましょう
で上の方の凹みは・・・・結構厳しいのですが・・・と言うのもこれぶつけられて出来たヘコミなんですね!!・・・何とかデントリペアで頑張ってみましょう!!

他は小さなヘコミなので問題なくリペア完了です。
フォレスター施工前190210.JPG

フォレスター施行後190210.JPG

フォレスターk前190210.JPG

フォレスターk後190210.JPG

ぶつけられた大きなヘコミはパネルも交換後、次回仕上がりをお見せいたしますね!!

【フィルム剥し】
デントリペアの次は洗車から汚れを除去する工程へと続きますが間の前に・・・
ご要望で古びたステッカ及びカーボン柄シートを剥してほしいとのご依頼です。

DSC08475.JPG

劣化してますね・・・・魚のウロコみたいです・・・
DSC08482.JPG

DSC08483.JPG

ここはパネルをバラシテ剥しました。・・・取り外して貼ってるのでシートも綺麗に内側に巻き込んでますのでね!

DSC08485.JPG

ついでに汚れも一掃できますし

DSC08484.JPG

DSC08501.JPG

今日はここまで明日からコツコツ仕上げてまいります!!

2019年01月30日

ヘッドライトリペア

●シロッコ ヘッドライトリペア

現代の車のヘッドライトはポリカーボネイトの樹脂で出来ています。
その中で輸入車はこの様に表層割れが起こるケースが多いですね!!

シロッコ大施工前190129.JPG

これを綺麗にするにはひび割れた部分を削り落として新しい表層を作り直す必要があります。

DSC08409.JPG

ひび割れが無くなったら順番にサンディングを施し1500番程度で下地を整えます

DSC08410.JPG

ここからは当店ではハードコート、クリアー塗装とこれまでも色々施工してまいりましたが
現在はスチーム(蒸気)状で表層加工できる新しいコーティングを施工しております。

DSC08413.JPG

これが非常に綺麗な表層面を作り上げコーティングの耐久性も高いという事です。

シロッコ大施行後190129.JPG

新品に見間違うほどの仕上がりにオーナー様も大満足!!

DSC08414.JPG



2019年01月27日

オリジナル塗装にこだわる

●H28/9アルファード クオーターのデントリペア、リアバンパー新品交換、リア右アッパーカバー新品交換、テクニカルグラスコートTLevelB

不運な事故で・・・それでも軽症という事でご相談を受けたアルファード
損傷は・・・左クオーターのヘコミ傷をデントリペアと磨きで元に戻せないかと?
リアバンパーとその右側のアッパーパネルは・・・保険を使うので・・・塗装済みの新品の交換で良いかと!!

問題はヘコミ傷・・・車同士の接触ですので・・・・・普通はやはり鈑金塗装ですかね?
でもどうしても塗装を残したい!私も仕上がりを予想しましたがお勧めするにはやはり歪等がどう残るか心配で・・・最悪鈑金塗装を覚悟して頂いてデントリペアをチャレンジすることに!!

【デントリペア】+【磨き】+【リアバンパー、アッパーカバー新品交換】

アルファード映り込み前190127.JPG

傷は磨けば少し残る部分もありますが何とかなりそうなレベルです。
問題は凹み・・・接触によるへこみは全体的にパネルが押し込まれたり歪んだりしますので基本的にはデントリペア不可ですが・・・・

アルファードヘコミ全体前190127.JPG

こうして見ると施工範囲は広いですよ・・・・どうしましょう?

受けた仕事は・・・デントリペアがダメだったら・・・作業が始まればそんなことはみじんも思いません集中して頑張ります!!

その前にバンパーなどを新品交換しますので一旦取り外します。

DSC08361.JPG

すると2カ所のの丸い部分ここからなんとデントツールが入ります。・・・・穴あけも必要かな〜とオーナー様ともお話ししていましたがその必要なし
ですので少し気が楽に・・・・でもここからが勝負・・・何をどうしたら綺麗に直るのかこれまで培った経験を頭の中で組み直し・・・・順番に押したり引いたり引っ張ったり叩いたり少しづつ元のパネルに近づけて

よし、これでどうだ!!

アルファードヘコミ全体後190127.JPG

傷も磨いて・・・磨きは引き算なので磨き過ぎず残さな過ぎず・・・・

アルファード映り込み後190127.JPG

良いんじゃないですか!!・・・正直ここまでデントリペアで直るとは思わなかった。

角度を変えて・・・
アルファード施行後190127.JPG

これがこうなりました
アルファード施工前190127.JPG

傷は
アルファード傷前190127.JPG

磨いて・・・こうなりました
アルファード傷後190127.JPG

いや塗装が残せてよかった

バンパーは交換ついでにこんなものを貼って・・・今話題のアルミテープね!これトヨタ純正部品です。
失礼ながら私、噂では知ってましたが試したことはありません・・・
DSC08362.JPG

【ボディーコーティング (テクニカルグラスコートTLevelB)】
そして修理ついでにという事で全体のリフレッシュとコーティングの再施工も御依頼頂けました!!
オリジナルの塗装を拘られるだけに・・・お車は綺麗です・・・ダメージは僅かに鉄粉、雨染みあるかな?程度です。

あえてわかり易い部分をご紹介すると
アルファードワイパー前190127.JPG

黒い部分はシミがわかり易いですよね
アルファードワイパー後190127.JPG

ここも黒い部分
アルファードピラー前190127.JPG

ちょっとだけシミと傷がありますよね
アルファードピラー後190127.JPG

ボディーは正直違いが写真で判らないのでカットします(笑

コーテイングはテクニカルディテールLevelBで下地を作りグラスコートTでコーティングを

DSC08401.JPG

DSC08399.JPG

DSC08400.JPG

DSC08398.JPG

約1週間お預かりアルファードの美観復活です!!

DSC08397.JPG

車を綺麗に復活させるにはオーナー様との二人三脚が出来て初めて完成度の高い満足度の高い仕上がりになります。
オーナー様の求めてること、私の出来る事、協力して頂けるメーカーさん、業者さんどれも大事です。
当店のご用命ありがとうございました、大変ハードルの高いご依頼でしたがそれ以上にこの経験は貴重なものになります。・・・次回もしヘコミがあれば簡単なものが良いかな(笑

2019年01月19日

ボディーメンテはお任せあれ

●デミオ 雹害のデントリペアとタッチアップとコーティングメンテナンス

3年弱前に当店でコーティングして頂いたデミオですが昨年三重県で雹に遇ったらしく・・・
しばらくして洗車をしてたら如何も何カ所か凹んでるじゃないの・・・・

デミオ雹害190119.JPG

ああ確かにやられてますね・・・でもまあ雹害にしては軽傷です。
ルーフボンネット等全部で凹みは25か所・・・酷い場合は何百個も出来ますからね!
そうはいってもせっかく綺麗に維持してるお車ですからショックですよね。

車を所有していればアクシデントは付き物ですという事で雹害の凹みを直しましょう。
でついでに・・・飛び石などの傷も多数あるのでタッチアップしてコーティングのメンテナンスもしましょうかね!!

当店の強みはデントリペアも磨きもコーティングも・・・ついでに同時にタッチアップ補修も出来るところ!!
これって頼む方からしたら便利じゃない(声を大にして)・・・全部おまかせ出来るんだからね!!
全てのボディーメンテナンスは当店にお任せください”

ルーフの凹みは天井の内張りを外して作業します。
デミオ天井190119.JPG

ヘコミは小さなものばかりなので問題なくすべて無かったことに!!

デミオ雹害完成190119.JPG

コーティングの効果は・・・3年近く経過していますが・・・・・

DSC08319.JPG

バリバリにハジキも良いですね!!・・・ご自身でのメンテナンスも行き届いてますね。
もし雹害に遇ってなければ当店のメンテナンスも必要なかったかもですね。

DSC08320.JPG

水キレも良い感じです。

あえて言うと・・・・・少しだけ・・・少しだけですよ・・・
デミオメンテ前190119.JPG

若干艶がぼけてる感じですかな?
プラス今回デントリペアの作業で表面を触っていますのでそのダメージも少し・・・

メンテナンスは飛び石のタッチアップと表層面のダメージ部分の磨きを全体に行い
新しいコーティングを載せ替える作業です。
せっかくなので「ダイヤモンドコート」を施工する事となりました。

デミオ完成190119.JPG

全ての作業が完了です。
これからも末永く綺麗を維持される事でしょう・・・でまた何かあれば・・・無い方が良いですがね(笑



2019年01月15日

年を跨いでリフレッシュ

●H19/9 BMW E92 M3クーペ デントリペア複数、タッチアップ複数、ヘッドライトリペア、黒アルマイトモールポリッシュ&コート、テクニカルディテール&コート(テクニカルグラスコートU)

年を跨いでのリフレッシュとなりました。

DSC08005.JPG

H19年式のM3は購入間もないとの事・・・綺麗にリフレッシュして長く大事にとね!
購入したお店でそれなりに仕上げてはいますがねそこはお金を掛けてもっと綺麗にね!!

【デントリペア】
先ずはデントリペアをヘコミは全部で8ヶ所少し目立つものもありますがどれも小さなものです。

M3ドア前181209.JPG

これはドアの凹み・・・・中古もM3クラスであれば綺麗に修理・・・・されていません
まあ下手にパテ埋めして塗られるより良いですが・・・
しょうがないので実費で直しましょう、もちろんデントリペアで!!

M3ドア後181209.JPG

小さいヘコミは意外と無視されてしまうのか・・・購入後気が付かれる場合がほとんどでは?
デントリペア知らなければ諦めるのかな・・・知ってれば直すよね!

これはクオーターの凹みです。
M3クオーター前181209.JPG

ちょうど使える穴があったので無事デントリペア完了!!

M3クオーター後181209.JPG

8ヶ所全部ヘコミはデントリペアで無くなりました!!

【タッチアップ】
経年車はどうしてもありますよね・・・飛び石などで欠けた塗装
塗装するまでもないというか塗装するには大がかり・・・大金掛かるし
で磨いてコーティングするのならついでにタッチアップするのが当店流・・・ですので必ず経年車のコーティング時にはタッチペンを御持参くださいませ・・・数にもよりますがサービス致します!!

M3タッチアップ前190112.JPG

汚れを落として磨いて・・・タッチアップも合理的に行えます!!

M3タッチアップ後190112.JPG

【ヘッドライトリペア】
意外と高価なヘッドライト・・・傷んだからと言って新品交換を考えるとお値段にびっくり仰天・・・
特に輸入車はね!

M3ヘッドライト前190112.JPG

輸入車のヘッドライトは曇るよりも表層割れと言って細かいひび割れが進行します。
酷くなると完全復活しないので早目のリペアがお勧めです。
当店では劣化した表層面をすべて削り取って・・・これが大変ですキッチリ削り落とさないと仕上がりがいまいちになります。
キッチリ削ったならば専用のハードコート加工を行います(現在使用しているのはスチームコート)

M3ヘッドライト後190112.JPG

綺麗に復活しましたね!!

【黒アルマイトモール ポリッシュ&コート】
BMWは黒い艶のあるモールを採用していますが・・・アルミを黒アルマイト加工された物があります。
大体グレード高い車種がそうですが実はこれが厄介で・・・すぐに雨染みが付きしばらくほっておくと少々磨いても落ちません・・・中には新車ですでにシミが付いてる場合もありますので・・・・

表面のアルマイト処理されてる膜厚は僅かですので磨くには限界があります。
こちらのM3も何度か磨かれている感じがします。
M3黒モール前190112.JPG

綺麗になりましたので専用のコーティング剤を塗って完成です・・・・が

M3黒モール後190112.JPG

コーティングに頼る事無く日々のケアーが一番大事です!!

【テクニカルディテールLevelC】
ボディー面は磨かれていますが・・・・こう言う所は手つかずですね
M3ノズル前190112.JPG

年数がたてばたつほど汚れを落とすのは面倒なことになります

M3ノズル後190112.JPG

私はその経過年数と汚れを選ぶことは出来ませんが(笑

M3サイドマーカー前190112.JPG

これ以上に汚れた状態も沢山あるので全然平気です・・・・・ほんとかよ

M3サイドマーカー後190112.JPG

M3ドアノブ前190112.JPG

M3ドアノブ後190112.JPG

開けたこんな所も
BMWフェンダー隙間前190112.JPG

綺麗になれば気持ちいいよね・・・・オーナーさん気付いてくれるかな?

BMWフェンダー隙間後190112.JPG

気付いてね!って思いながら汚れを落としてます(笑

テクニカルディテールでは綺麗に出来るところは全て手を加えますよ
M3グリル前190112.JPG

シミ&汚れを落して磨ける部分は磨いて後にコーティングまで行います。

M3グリル後190112.JPG

ボディーの磨きは・・・今の塗装の一番良い艶を引き出します。
磨いて洗車傷等を消しながら残った傷は埋めていく「テクニカルポリッシュ+テクニカルグレイジング」を施します。

M3トランク前190112.JPG

M3トランク後190112.JPG

ルーフは・・・カーボン+樹脂製
M3ルーフ前190112.JPG

磨く事は可能です。

M3ルーフ後190112.JPG

【コーティング】
汚れを落とし磨きで最適な艶をコーティングお選び頂いたコーティングは
「テクニカルグラスコートU」
ご自身で定期的にガラス系の簡単コートをし続けるには最適なベースコートです。

DSC08293.JPG

DSC08292.JPG

DSC08291.JPG

DSC08294.JPG

DSC08296.JPG

DSC08299.JPG

メンテナンス用のケミカル剤も一式ご購入いただき気合十分!!
年を跨いでの作業そしてようやくすべての作業が完了いたしました・・・ガレージでの保管と聞いていますので早々傷むこともないのかな!!
また遊びに来て下さいませ・・・・凹んだらすぐにでも(笑