2022年02月10日

まだまだ頑張ってもらいましょう

●ヴァンガード ドアのデントリペアとヘッドライトリペア

ヘッドライトの曇り、ドアの凹み直したら良いんじゃない・・・「DR-Garage Okano」が良いよと!!
そしてご入庫・・・まだまだヴァンガードに頑張ってもらいたいですよね!!

先ずは凹みの修理から
<施工前>
ヴァンガードへこみ前220206.JPG

助手席側の後部ドア・・・・弓なりに引っ掻いたような凹みです。
ツールアクセスが可能か心配でしたが問題なく届きました。

思った以上にへの字の筋がきつく硬くそれを開くのに時間が掛かりましたが
何とか修復完了

<施工後>
ヴァンガードへこみ後220206.JPG

自然な映り込みです。

ヴァンガード映り込み220206.JPG

続いてヘッドライトの曇り・・・・紫外線による劣化です。

ヴァンガードヘッド前220206.JPG

ペパーでごしごし・・・もちろん電動工具を使いますが根こそぎ劣化部分の上層面を削り取ります。

ヴァンガードヘッド中220206.JPG

仕上げはスチムコートで表面を加工、新品並みの艶が戻り、その後の耐久性もばっちりです。

ヴァンガードヘッド後220206.JPG

横から見た状態
ヴァンガードスチーマー前220206.JPG

これが

ヴァンガードスチーマー後220206.JPG

綺麗に復活!!

バンガード220206.JPG

ヘッドライトがクリアーになると全体の感じも良くなりますね!!
大切に長く乗り続けましょう!!

2022年02月08日

長〜く大切に

●ブレビス ヘッドライトリペア スチームコート

長〜く大切にされているブレビスですが・・・ヘッドライトの黄ばみを綺麗にしたいと!

ブレビス前220131.JPG

劣化したヘッドライトは新品交換しなくてもリペア可能です。
劣化した表層面をすべて削り取り新しいクリアーな表層面を作るとともにハードコートされます。

ブレビス後220131.JPG

どうですか・・・ヘッドライトはクリアーにリペアされ綺麗なのはもちろんですが
それよりもボディーが綺麗すぎますね!!
これオーナーさんが日頃からご自身でお手入れされてるんですね素晴らしい!!

ブレビス220131.JPG


2022年02月03日

コーティングメンテナンス

●2020/11 ハリアー ボディーコーティングメンテナンス

新車から1年ちょっと・・・新車時にコーティングされています。

オーナー様からのリクエストは小傷を何とかしたい
・・・お見せ頂くとなるほど磨けば何とかなりそうです・・・がそこだけコーティングが無くなってしまうので補充が必要です。
傷は3ヶ所それぞれ異なるパネルで磨いてコーティングコーティングする必要があります。
ボディー全体を見て見ると・・・・デポジット(雨染み)が上面を中心に付着してます。そしてわずかながら洗車傷も・・・

と言うことで傷の研磨に加え全体のコーティングメンテナンスをさせて頂きました。

作業内容は小傷部分の研磨による傷消しとボディー全体のデポジット除去及び軽研磨による塗装表面の最適化
そして研磨することで元のコーティング表面が無くなりますので新しくコーティングを施工し直します。
コーティング剤はダイヤモンドコートでを再施工いたしました。


気になる小傷はこんな感じです。

リアバンパー部分です。
ハリアーリアバンパー前220130.JPG

研磨でほとんど消えました。

ハリアーリアバンパー後220130.JPG

これは左フロントフェンダーの小傷です。
ハリアーフェンダー前220130.JPG

これも研磨で綺麗に消えました。

ハリアーフェンダー後220130.JPG

これは右のフロントフェンダーです。
ハリアー右フロント前220130.JPG

一部深い線傷が残りましたがほとんどわからない感じに!

ハリアー右フロント後220130.JPG


ボディーのデポジット(雨染み)はこんな感じです。

DSC05547.JPG

DSC05546.JPG


デポジット除去は専用ケミカルで溶かして除去します。
溶かしきれないデポジットはこの後の磨きで除去されます。

DSC05558.JPG

トップコートのコーティング(ダイヤモンドコート)を再施工してメンテナンス完成です。

DSC05561.JPG

DSC05557.JPG

DSC05559.JPG

DSC05562.JPG

2022年01月07日

磨き過ぎ注意

●ハイエース デントリペア&ヘッドライトリペアスチームコート

リピーターさんからの御依頼はスライドドアに出来た凹み修理と
ヘッドライトのの傷の除去

<施工前>
ハイエース前220106.JPG

凹みはスライドドアの下の方でしたが無事ツールが届きましたので難なくリペア完了です。

<施工後>
ハイエース後220106.JPG


そしてヘッドライトは・・・・
<施工前>
ハイエースヘッドライト前220106.JPG

ヘッドライトの傷を磨いて・・・その傷目立つみたいな感じです。
ヘッドライトにはハードコートの層で守られていますが・・・・部分的に無くなった感じに
なので全てハードコートをやり直しましたつまり「ヘッドライトリペア」をしました!!

<施工後>
ハイエースヘッドライト後220106.JPG

新しいハードコートをスチーム施工して透明度復活です。
ヘッドライトの磨きすぎは注意しましょう!!

ハイエース220106.JPG


2021年12月19日

10年分巻き戻します

●2012/11 FJクルーザー テクニカルディテールLevelD グラスコートTプラスダイヤ、ウインドウポリッシュコート、タッチアップ

FJ入庫211219.JPG

10年経過されたFJクルーザーのリフレッシュ&コーティングの御依頼です。

FJガラス前211219.JPG

ガラスのスケール、ゴムモール、そして錆が付いてる飛び石傷・・・・

FJガラス後211219.JPG

ずいぶんいい感じになりました。

FJウインカー前211219.JPG

白ぼけたウインカー・・・交換しても良いのですが・・・オリジナルを磨いて仕上げました。

FJウインカー後211219.JPG

FJ@線傷前211219.JPG

線傷は磨いても消えないので・・・タッチアップで目立たなくしました。

FJ@線傷後211219.JPG

FJリアゲート前211219.JPG

内側の汚れもきっちり落とします

FJリアゲート後211219.JPG

FJピラー前211219.JPG

隙間の汚れもきっちり落とします。

FJピラー後211219.JPG

FJルーフ前211219.JPG

天井はこんな感じで・・・ポリッシュ&コート

FJルーフ後211219.JPG

FJボンネット前211219.JPG

ボンネットのダメージが進んでいます・・・最適な艶に復活

FJボンネット後211219.JPG

白く劣化が進んでる樹脂部分・・・
FJ樹脂前211219.JPG

樹脂専用コーティングでここまで回復

FJ樹脂後211219.JPG

どうでしたか・・・10年分巻き戻したような仕上がりになりましたよ!!

DSC05404.JPG

DSC05405.JPG

DSC05406.JPG

DSC05407.JPG

DSC05403.JPG

DSC05411.JPG

DSC05413.JPG

DSC05414.JPG

2021年12月05日

補修塗装、タッチアップ、デントリペア、磨き・・・そしてコーティング

●1998/5 ダイムラー ダブルシックス 補修塗装、タッチアップ、デントリペア、ウインドウポリッシュ&コート、テクニカルディテールLevelC、テクニカルグラスコートTプラスダイヤ

大切にお乗りになられてるお車ですね
今回当て傷をもらったのがきっかけで全体のリフレッシュ&コーティングの御依頼を頂きました。

ダブルシックスクオーター前211205.JPG

これが当てられた傷です。白っぽい傷は磨けば何とかなりまそうです。
少し塗装が傷ついた部分はタッチアップで補修しましょう。
少し凹んでる部分はデントリペアで修復可能です。

磨いて残った傷で完全に塗装が欠けてる部分がこれ・・・
ダブルシックスタッチアップ前211205.JPG

タッチアップでこんな感じです!!
ダブルシックスタッチアップ後211205.JPG

目立たなくなりました!!
へこみを直し&磨き&コーティングでこんな感じで完成
ダブルシックスクオーター後211205.JPG

これは気になってたルーフ先端の塗装欠け
ダブルシックスルーフ前211205.JPG

・・・・飛び石からここまで塗装の欠けが広がった感じです。
塗装の欠けが広いのでタッチアップでは無理・・・補修塗装で目立たなくしました(外注作業です)

ダブルシックスルーフ後211205.JPG

そしてもう一ヶ所補修塗装を
ダブルシックスバンパー前211205.JPG

良い感じで仕上がってますね!!

ダブルシックスバンパー後211205.JPG

窓ガラスもウロコが付いてますので磨いてリフレッシュ後フッ素コートで撥水加工を

ダブルシックス窓スケール前211205.JPG

フロントガラス下部のスケールを除去

ダブルシックス窓スケール後211205.JPG

サイドガラスのウロコを
ダブルシックスウロコ前211205.JPG

磨いて除去

ダブルシックスウロコ後211205.JPG

ボディー塗装部分は磨いてリフレッシュ
ダブルシックスシミ前211205.JPG

テクニカルグラスコートTプラスダイヤを施工してリフレッシュ完成です!!

ダブルシックスシミ後211205.JPG

DSC05302.JPG

DSC05305.JPG

DSC05303.JPG

2021年11月15日

キレイキレイに

●2004/12 BMW 3シリーズツーリング 複数のデントリペア、ホイールクリーニング&コート、ウインドウポリッシュ&コート、アルミモールポリッシュ&コート、テクニカルディテールLevelC&テクニカルグラスコートTプラスダイヤ、エンブレム貼り付け

BMWは17歳・・・ここらでフルにリフレッシュ

入庫時
BMW3入庫211115.JPG

・・・と言うことでピカピカに復活させましょう!!

凹みは全部で4ヶ所、凸が1ヶ所ありますが・・・そいつを先ずはやっつけます。

BMWデント前211115.JPG

ドアに4ヶ所、割と大きめの凹みが並んでみっともないね・・・

BMWデント後211115.JPG

これでスッキリ・・・ボンネットの凸も均して・・・全部無かったことに!!

続いてホイールを可能な限りキレイキレイにしてコーティングします。
BMWホイール前211115.JPG

一旦取り外して表も裏もキレイキレイ・・・コーティングして完成です!!

BMWホイール後211115.JPG

続いて窓ガラス・・・
BMWガラス前211115.JPG

全体的には非常に綺麗で撥水加工も十分ですが・・・隅っこにスケールが溜まってゴリゴリです。
オーナー様悩んだ結果ここにもお金をかけてキレイキレイに!!

BMWガラス後211115.JPG

フッ素撥水加工してビューティフルウインドウの完成です。

そして・・・綺麗かな〜と思ってましたがここが少しシミてます・・・
BMWモール前211115.JPG

ブラックアルマイト処理されたアルミモールです。
全部が綺麗になるとわずかなシミも気になります・・・と言うことでキレイキレイに
専用の磨き剤でピカピカに!!

BMWモール後211115.JPG

隙間の汚れは・・・17歳の割には非常に綺麗・・・お手入れが行き届いてます。
BMWA前211115.JPG

でももっとキレイキレイに!!

BMWA後211115.JPG

ここは水がたまるのかな?ゴリゴリにスケールが溜まってました。
BMW@前211115.JPG

もちろんキレイキレイに!!

BMW@後211115.JPG

ボディパネルは拭き拭きされた証の洗車傷が・・・・年式からすると仕方ないですよね。
BMWボンネット前211115.JPG

でこれは磨き磨きでつるつるに・・・・そしてダイヤモンドコートで次からの洗車を超楽チンにします。

BMWボンネット後211115.JPG

そして最後にオーナー様が持ち込まれた「Mバッチ」の貼り付けで完成です!!
厳密にはコーティング後にはツルツルで貼れないので磨き後に貼ってコーティングしてます!!

DSC05182.JPG

完成後の記念写真です。

DSC05185.JPG

DSC05181.JPG

ルーフレールもコーティングされてます。

DSC05188.JPG

DSC05180.JPG

DSC05187.JPG

では洗車を大いに楽しんで下さいませ!!

2021年10月12日

あと5年いや10年

●2014/9 ゴルフGTI デントリペア2ヶ所、タッチアップ複数、ヘッドライトリペアスチームコート、テクニカルディテールLevelC、テクニカルグラスコートTプラスダイヤ

さてさて・・・まだまだ綺麗に復活させて乗り続けましょうと・・・

ゴルフ入庫211012.JPG

7年経過のゴルフGTIのホワイト、塗装の劣化、凹み、飛び石傷に錆が・・・さあリフレッシュしますよ!!

先ずは凹み直し・・・デントリペアから
2ヶ所大きなへこみが・・・・
ゴルフクオーター前211012.JPG

これは左クオーターに出来た凹みです・・・・ツールが入らないのですがプーリングで直しました。

ゴルフクオーター後211012.JPG

そしてもう一つ・・・いやらしい場所のプレスラインがつぶれてます。
ゴルフドア前211012.JPG

結構大変な作業でしたが・・・・何とか良い感じに仕上がりました。

ゴルフドア後211012.JPG

お次はヘッドライト
ゴルフ表層割れ前211012.JPG

バリバリの表層割れが・・・

ゴルフヘッドライト前211012.JPG

全体を見るとこんな感じで曇ってます。

ゴルフヘッドライト中211012.JPG

表層割れは根こそぎ削ってからスチームコートします。耐久性は2年以上です!!

ゴルフヘッドライト後211012.JPG

そしてタッチアップ
ゴルフ2個タッチアップ前211012.JPG

ゴルフ1個タッチアップ前211012.JPG

テクニカルデイテール&コーティングの施工と同時にこのような飛び石傷はタッチアップのご要望にお応え致します。その際タッチペンをお持ち下さいませ。
このケースは錆が発生してて塗装の欠け以上に広がってて・・・なので錆を可能な限り落としてからタッチアップしました。

ゴルフ2個タッチアップ後211012.JPG

ゴルフ1個タッチアップ後211012.JPG

ボディーカラーはソリッドのホワイトですので良い感じで目立たなくなりました。(テープの下の方です)

※タッチペンのワンポイントアドバイスを・・・
 ソリッドカラー(メタリック、パールなどが混ざってないカラー)はタッチペンの効果が
 一番期待できます。
 それに対しメタリックパール色などは色が合わせにくいケースもあります。

ボデーのテクニカルディテール&コーティングは・・・・
ゴルフグリル前211012.JPG

グリルも標準でリフレッシュ&コーティング施工いたします。

ゴルフグリル後211012.JPG

ゴルフステップ前211012.JPG

下回りもきっちりと

ゴルフステップ後211012.JPG

細部の汚れも
ゴルフドアノブ前211012.JPG

きっちり落として磨いてコーティング

ゴルフドアノブ後211012.JPG

くすんだボディーが
ゴルフポリッシュ前211012.JPG

新車以上に

ゴルフポリッシュ後211012.JPG

あと5年いや10年乗り続けましょう!!

DSC05018.JPG

DSC05019.JPG

DSC05022.JPG

DSC05020.JPG

2021年10月04日

せっかくのブラックカラーが

●2015/5 ポルシェ911 ヘッドライトリペアスチームコート、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート、ミラーポリッシュ、テクニカルディテールLevelC、テクニカルグラスコートTプラスダイヤ

購入されたばかりの2015年式のポルシェ911コーテイングも2年前に施工されていたものだそうですが・・・

911入庫211002.JPG

凹みも無く傷も目立ったものも無いのですが・・・・ヘッドライトが劣化そしてシミで黒いボディーが残念な感じに・・・

と言うことで丸ごとリペア&リフレッシュそしてコーティングの施工依頼を頂きました。

それではビフォアー、アフターでご覧下さいませ

ヘッドライト
911ライト前211002.JPG

紫外線にさらされて表層割れの状態です。
ですのでひび割れは削り落としてスチームコートでリペアしました。

911ライト後211002.JPG

ホイール
911ホイール前211002.JPG

ホイールは艶ありのブラック・・・洗車後自然乾燥させてしまうとこうなります。
シミ除去、ダスト汚れ除去、艶出し後ホイール専用ガラスコートで仕上げてます。

911ホイール後211002.JPG

窓ガラス
911ガラス前211002.JPG

窓ガラス、サイドミラーもウロコが付いてます。
磨いてスッキリ、窓ガラスはフッ素撥水コートで仕上げてます。

911ガラス後211002.JPG

ボディー
911リア前211002.JPG

エンブレム周り・・・・

911リア後211002.JPG

エンジンフード
911エンジン前211002.JPG

911エンジン後211002.JPG

911ルーフ前211002.JPG

コーティング後2年でここまでシミが付くのか?って・・・お手入れ次第です。

911ルーフ後211002.JPG

911クオーター前211002.JPG

まんべんなくシミは付いててクレーター化してます!!
もしかすると2年前のコーティング前からのシミが綺麗に落とされてないかもです。

911クオーター後211002.JPG

ダクトの樹脂部
911グリル前211002.JPG

ここもシミが付いてます。

911グリル後211002.JPG

徹底的にテクニカルディテールしてコーティング!!完成です!!

DSC04975.JPG

DSC04979.JPG

DSC04977.JPG

DSC04976.JPG

DSC04983.JPG

DSC04981.JPG

2021年09月23日

補修と磨きコーティングの関係

●BMW650i デントリペア、タッチアップ、ホイールクリーニング&コーティング、ウインドウポリッシュ&コート、テクニカルディテールLevelC、テクニカルグラスコートTプラスダイヤ

650入庫210920.JPG

さてさて丸ごとリペア&リフレッシュそしてコーティング・・・どこからご紹介しましょうか・・・

先ずはデントリペアから
650デント前210920.JPG

そもそもデントリペアのご依頼は作業の打ち合わせでは最後についでにと言うことでした・・・
ボディー丸ごと綺麗にするのであれば凹みも直しとこうって感じで

650デント後210920.JPG

でそもそものご相談と言うかご依頼はこれ・・・

650タッチアップ前210920.JPG

飛び石等による塗装欠けのタッチアップ作業
ボンネットに数か所あります・・・で私が気になったのは・・・タッチアップの作業そのものは問題ないのですがその前にボンネット全体も雨染み小傷が・・・・もっと言うとボディー全体にそれなりのダメージが
・・・で話を聞くとコーティングする前に飛び石傷をタッチアップしてほしかったと

・・・なるほどねそう言う事ですね。

タッチアップって筆で傷部分に塗って目立たなくする作業なんですね、こだわって出来るだけ綺麗に仕上げてもその後の磨きコーティングで剥がれたり窪みにコンパウンドがめり込んで目立ったりと
せっかくタッチアップで仕上げたところが台無しになる場合も考えられます。
ですので磨きコーティングまで考えてるのであればそのタイミングでタッチアップと磨きコーティングを行うのがベストですよと!!

そんなアドバイスから・・・・当店で全部お任せいただく事になりました。

650タッチアップ後210920.JPG

塗装欠けの一部分をご紹介させて頂いてますが全体で大小十数か所
この様にボディーのダメージと一緒にタッチアップすることで仕上がりが良くなります。
※写真は磨きコーティングまで終えた完成後です。

と言うことで他の同時作業のご紹介です。ビフォアーアフターでご覧下さいませ

カウルトップ
650カウルトップ前210920.JPG

650カウルトップ後210920.JPG

フロントガラスのスケール除去
650フロントガラス前210920.JPG

650フロントガラス後210920.JPG

サンルーフのウロコ除去&フッ素コート
650サンルーフ前210920.JPG

650サンルーフ後210920.JPG

樹脂ピラーの傷研磨&コーティング
650ピラー前210920.JPG

650ピラー後210920.JPG

ボディーのスケール除去&研磨&コーティング
650トランク前210920.JPG

650トランク後210920.JPG

ホイールもクリーニング&コーティング
DSC04904.JPG

フルのリフレッシュ&コーティングの完成です!!

DSC04905.JPG

DSC04906.JPG

DSC04907.JPG

DSC04908.JPG

DSC04909.JPG

DSC04910.JPG

DSC04911.JPG

DSC04915.JPG

DSC04914.JPG

DSC04916.JPG

DSC04912.JPG

綺麗にリフレッシュされた650iまた洗車お手入れを楽しんでくださいませ・・・でまた傷んだら遠慮なくご相談を!!

2021年08月28日

満足度の高いタッチアップ補修

●アルピナD5 複数個所のタッチアップとボディー全体のポリッシュ&ダイヤモンドコート

複数のタッチアップ補修とボディー全体のメンテナンス(ポリッシュ&ダイヤモンドコート)の御依頼を頂きました。

いきなり完成ですが・・・・飛び石の塗装欠けをタッチアップしてる部分見つけてください・・・

ボンネット部分
アルピナボンネット210828.JPG

ルーフ部分
アルピナルーフ210828.JPG

クオーターパネル部分
アルピナクオーター210828.JPG

D5はソリッドのホワイトカラー・・・
ホワイトなど赤、黒など混ざり物のないソリッドカラーはメタリック、パールカラーよりは色が合いやすく仕上がりの満足度は高いかな!!

アルピナ後ろ210828.JPG

アルピナ前210828.JPG

ボディー全体をポリッシュ&コートしましたのでさらに高い満足度を得られますよね!
ご依頼ありがとうございました!!

2021年08月12日

買い替えるよりリフレッシュ

●2007/3 プレマシー デントリペア、タッチアップ、ヘッドライトリペアスチームコート、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート、テクニカルディテールLevelC、テクニカルグラスコートTプラスダイヤ

数年前にデントリペアをご利用頂き・・・その時ボディーリフレッシュのお話をさせて頂いたのがきっかけでと・・・14年経過してるプレマシーのフルリフレッシュの御依頼です。
買い替えるよりリフレッシュするという価値がある!!

プレマシー入庫210810.JPG

アルミホイールは同じ純正の物ですがこのリフレッシュ作業に合わせて程度の良い中古をお持ち頂きました。

プレマシーホイール前210810.JPG

表は綺麗ですが裏が汚れたまま・・・頑固な汚れでしたが綺麗委にリフレッシュ&コート完成です。
この後タイヤは新品が組み込まれる予定だそうです。

プレマシーホイール後210810.JPG

ボディーはデントリペアから始めます・・・凹みは1ヶ所のみ小さなものです。
プレマシー前210810.JPG

瞬殺です。

プレマシー後210810.JPG

ヘッドライトリペアを行います。
プレマシーヘッド前210810.JPG

スチームコートで仕上げます。
プレマシーヘッド後210810.JPG

ガラスはウロコと細かな傷を研磨して落とし
プレマシーガラス前210810.JPG

フッ素で撥水加工します。

プレマシーガラス後210810.JPG

フロントガラスとカウルトップ、ワイパーアームは
プレマシーカウル前210810.JPG

スケール除去後それぞれ撥水加工、コーティングでリフレッシュ

プレマシーカウル後210810.JPG

ナンバープレートもリフレッシュします。
プレマシーナンバー前210810.JPG

新車気分になります!!

プレマシーナンバー後210810.JPG

フロントバンパー周りの樹脂も
プレマシーグリル前210810.JPG

リフレッシュ

プレマシーグリル後210810.JPG

塗装のシミ、洗車傷はありますが14年経過してる割に痛みはそこまで深刻ではないかな?

プレマシーボンネット前210810.JPG

磨きすぎず磨き足らないことの無い様に仕上がてコーティングしました。

プレマシーボンネット後210810.JPG

飛び石、ひっかき傷はタッチペンで目立たなくして完成です!!

DSC04674.JPG

DSC04675.JPG

DSC04673.JPG

DSC04672.JPG

DSC04676.JPG

DSC04671.JPG

気分一新これからもお手入れを楽しんでくださいませ。

2021年07月09日

目の整形!!

●パサート ヘッドライトリペアスチームコート

パサート前2100709.JPG

パサートのヘッドライト新車から5年くらい経過・・・でしたっけ・・・
透明感はまだありますが表層面が細かくひび割れてしまってます。
特に欧州車のヘッドライトは紫外線による劣化でこの様な状態になってしまいます。

パサート中210709.JPG

ヘッドライトリペアはこのようなひび割れを根こそぎ削り落として新しい表層面を作り直す作業です。

パサート後210709.JPG

仕上げはスチムコートで表層面を溶かしながらコーティングしますので透明感が抜群で剥がれる心配も物理的に無いです!!

パサート完成210709.JPG

メンテナンスはボディーと一緒に洗車でOK・・・年数が経過してもし少し白ぼけてきたらヘッドライトの磨き剤で磨いて下さい・・・もちろん当店にお持ちくだ抱いてのメンテナンスも可能です!!

目が光ると車もきりっとしますね!!
パサート210709.JPG

2021年05月29日

4年分のリフレッシュ+コーティング

●2017/5 プリウス デントリペア タッチアップ テクニカルディテールLevelC テクニカルグラスコートTプラスダイヤ

2017年モデルのプリウスは購入したばかり・・・丁度4年が経過した状態のボディーはその年数分と走行距離分のダメージが蓄積した状態です。
まだまだオリジナルの艶感は引き出せますので頑張ってリフレッシュして見ましょう!!

凹みは2ヶ所と意外と少なめ
プリウス前210529.JPG

ここは目立つへこみです・・・が問題なく消え去りました!!

プリウス後210529.JPG

ボンネットの目立つ傷です
プリウス傷前210529.JPG

可能な限り磨いて消してみました。

プリウス傷後210529.JPG

プリウスボンネット前210529.JPG

プリウスボンネット後210529.JPG

ルーフはシミがクレーター状に劣化
プリウスルーフ前210529.JPG

可能な限り元の綺麗な状態へ・・・

プリウスルーフ後210529.JPG

グラスコートTプラスダイヤコーティングを施工して完成、新車時の様な美しさに近づきました!!

DSC04335.JPG

DSC04336.JPG

DSC04334.JPG

DSC04333.JPG

DSC04332.JPG

2021年05月24日

精悍な佇まい

●2007/10 シビックタイプR デントリペア、タッチアップ、テクニカルディテールLevelD、テクニカルグラスコートTプラスダイヤ、ウインドウポリッシュ&コート

徹底的にリフレッシュ・・・14歳のタイプRですよ!!

凹みは3ヶ所、ボンネットに二ヶ所、フェンダーに一ヶ所
デントリペアでリペアします。

シビックへこみ前210522.JPG

これはフェンダーの凹みです・・・再塗装されてるパネルで、飛び石の傷を磨きすぎてしまったか?塗装の肌がこの部分はつるつるです。

シビックへこみ後210522.JPG

しつこいスケール汚れは特に隙間にビッシリ

シビックモール前210522.JPG

綺麗に取れました

シビックモール後210522.JPG

窓ガラスの際もスケールビッシリ、ワイパーアームもシミが

シビックガラス前210522.JPG

シビックガラス後210522.JPG

グリルも白濁・・・これスケール

シビックグリル前210522.JPG

何とかここまで回復

シビックグリル後210522.JPG

塗装の劣化は磨きで回復させます

シビックルーフ前210522.JPG

美しさが蘇りましたね!!

シビックルーフ後210522.JPG

DSC04293.JPG

DSC04292.JPG

樹脂部分もコーティングすることで黒さが戻ります

DSC04287.JPG

DSC04290.JPG

DSC04289.JPG

DSC04288.JPG

蘇ったタイプR精悍な佇まいです!!

2021年05月17日

眠りから覚めたジャガーXJ-S

●1989/6 ジャガーXJ-S デントリペア複数、タッチアップ複数、テクニカルディテールLevelD、テクニカルグラスコートUプラスダイヤ、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート

機関整備、幌交換、タイヤも新調・・・そして当店にご入庫頂き

ジャガー入庫210514.JPG

約2週間お預かりさせて頂きボディーのリペア&リフレッシュそしてコーティングをさせて頂きました!!

しばらくの間、眠っていたジャガーのボディーは時間が止まっていたからでしょうか一見綺麗に見えます。・・・がよく見るとくすんで見えますよね・・・完成の予測が立ちにくい状態ですが可能な限り眠りから目覚めさせましょう!!

先ずは凹みの修復から・・・凹みは全部で5ヶ所
ジャガークオーター前210514.JPG

これは左クオーターパネルの凹みです・・・ツールアクセスどうしよう?

ジャガーカバー210514.JPG

ドアを開けたクオーター側のこのダクトカバーを外せば行けそうです・・・

ジャガークオーターアクセス210514.JPG

ジャガークオーター後210514.JPG

綺麗に直りました・・・そしてダクトカバーもクリーニング&コーティングして再装着
ジャガーカバークリーニング210514.JPG

反対のクオーターパネルにも凹みが・・・
ジャガークオーター反対前210514.JPG

同じようにダクトカバーを外してアクセス・・・・凹みは無かったことに
ジャガークオーター反対後210514.JPG

そして右のフロントフェンダーの凹みです・・・
ジャガーフェンダー前210514.JPG

ここはヘッドライトのリング&ヘッドライトを外してツールアクセス
ジャガーフェンダー後210514.JPG

ストライプの剥がれと傷が痛々しいですが・・・そこはこの状態でオリジナルを維持します。

このお車を綺麗に見せる肝はやはりフロント周り

ライトのリングにシミ錆が・・・
ジャガーライト前210514.JPG

ジャガーバンパー前210514.JPG

グリルもバンパーも・・・

ジャガーグリル前210514.JPG

メッキと樹脂そしてラバー部分・・・完ぺきとは行きませんが可能な限りリフレッシュしました

ジャガーライト後210514.JPG

ジャガーバンパー後210514.JPG

ジャガーグリル後210514.JPG

良い感じでリフレッシュされました!!

そしてホイール・・・とタイヤ
ジャガーホイール前210514.JPG

ホイールはこびりついたダスト除去とコーティング、タイヤのホワイトレターを保護してる青いのを除去

ジャガーホイール後210514.JPG

ホイールをアップで・・・
ジャガー拡大ホイール前210514.JPG

ジャガー拡大ホイール後210514.JPG

ボディーは磨けばまだまだあの頃の輝きが取り戻せそうです。
ジャガーパネル前210514.JPG

良い感じによみがえりました!!
ジャガーパネル後210514.JPG

そしてここもコーティング
ジャガーカウル前210514.JPG

引き締まりました
ジャガーカウル後210514.JPG

窓ガラスも磨き直し撥水加工完成・・・でボディー全体のコーティングも完成
そしてジャガーXJ-Sが永い眠りから目覚めました!!

DSC04244.JPG

DSC04241.JPG

DSC04243.JPG

DSC04242.JPG

DSC04240.JPG

DSC04236.JPG

DSC04238.JPG

DSC04235.JPG

DSC04234.JPG

DSC04233.JPG

ジャガー入庫後210514.JPG

2021年05月12日

ヘッドライトリフレッシュ

●フィアットパンダ ヘッドライトリペアスチームコート

ヘッドライトの曇り黄ばみ細かいひび割れの劣化・・・・

パンダ前210513.JPG

交換するには高価だしだからと言ってこのままだとね・・・
いっそのこと車乗り換えますか・・・いやいやこの車気に入ってるのよね

パンダ右前210513.JPG

パンダ左前210513.JPG

だったらヘッドライトリペアは如何でしょうか!!
根こそぎ劣化層を削り取り新しい表層面をスチームコートで再生します。

パンダ右後210513.JPG

パンダ左後210513.JPG

見た目も効果も持ちも新品並みに仕上がります。
1日或いは一泊頂ければ綺麗なヘッドライトが蘇ります。

パンダ後210513.JPG

ヘッドライトが綺麗になれば全体の印象もぐっと良くなりますね!!

2021年05月03日

綺麗好きなオーナーさん

●2015/2 ミニクロスオーバー デントリペア、タッチアップ、ボディーコーティング(テクニカルディテールLevelC テクニカルグラスコートTプラスダイヤ)

ミニクロスオーバーのリフレッシュ・・・で〜す。

ボンネットに薄く凹みがありますので先ずはそれをデントリペアで直します。

クロスオーバー前210503.JPG

綺麗に直りましたね!!

クロスオーバー後210503.JPG

塗装のダメージは洗車傷と小傷・・・飛び石などはタッチアップで補修

ボンネットはこんな感じです。
クロスオーバー傷前210503.JPG

磨きでリセット完了

クロスオーバー傷後210503.JPG

樹脂部分はシミと傷が
クロスオーバーサイド前210503.JPG

艶感もアップ!!

クロスオーバーサイド後210503.JPG

テールレンズも洗車傷が
クロスオーバーレンズ前210503.JPG

磨いて綺麗にしますしここもコーティングを!!
クロスオーバーレンズ後210503.JPG

DSC04158.JPG

クロスオーバールーフレール後210503.JPG

DSC04153.JPG

DSC04156.JPG

DSC04154.JPG

コーティングはテクニカルグラスコートTプラスダイヤでリフレッシュ完了です。
綺麗好きなオーナーさんですのでその期待に応えられたかな・・・・・

DSC04157.JPG

2021年04月13日

磨くのではなく削る

●アウディーTT ヘッドライトリペアスチームコート

他店でヘッドライトのコーティングを施工されたそうですが・・・ひび割れが取れていないと・・・
当店にご相談頂きました。

・・・どれどれどんな状態なのか

アウディーTT前210413.JPG

なるほどね・・・一生懸命磨かれて仕上げられたということですが・・・
そもそも磨きではこの表層割れは無くなりません

根こそぎ割れを削り落とす必要があります。
アウディーTT中210413.JPG

ここまでの作業で半日掛かります・・・・汗

1500番程度のペーパーで仕上げてスチームコートを施すとひび割れの無い綺麗で透明な表層面が加工されます。

アウディーTT後210413.JPG

耐久性も抜群です。

アウディーTT210413.JPG

2021年04月09日

まだまだ若々しく

●インプレッサWRX デントリペア&ヘッドライトリペア

凹みとヘッドライトの劣化のリペアをご依頼いただきました。
以前もこちらのお車で十数か所のデントリペアを施工頂きましたが・・・今回の凹みは・・・

インプ前210409.JPG

写真の、フェンダーに出来た縦に10cmオーバーの凹み・・・それと他にドアに小さい凹み

インプ後210409.JPG

両方綺麗に直りました!!

そしてヘッドライトの劣化
インプヘッド前210409.JPG

ハードコートがダメになっちゃってますね・・・

インプ大ヘッド前210409.JPG

劣化したヘッドライトの表面を根こそぎ削り落とし
新しいハードコートを作り直します!!

インプ大ヘッド後210409.JPG

透明感を取り戻したヘッドライトは耐久性もあります!!
ヘッドライトコーティングではなくヘッドライトリペア作業内容は全然違います。

インプヘッド後210409.JPG

ヘッドライトリペアは新品の様な透明感を再生すると同時に新車時のような耐久性を持たせたものです。

目が綺麗になると若々しいよね!!

インプ210409.JPG