2017年12月02日

いよいよです。

長期ご滞在のテスタロッサ・・・・
磨きコーティングのガレージでは1週間に1台ずつのペースで作業を行ってるわけですが・・・ようやくその番がやってきましたよ!!

DSC05055.JPG

来週中の完成を目指して奮闘中!!

2017年11月11日

予定通り御引き渡し完了?

●H4/6 M2 1001 デントリペア、タッチアップ、ウインドウポリッシュ&コート、テクニカルディテールLevelCテクニカルグラスコートUプラスダイヤ他部品脱着交換

アクシデントを乗り越え?本日無事 M2 1001の御引き渡しをさせて頂きました。
前回ご報告からの続きをどうぞご覧くださいませ・・・・・

お車はH4年式2オーナーで車庫保管?走行距離は2万キロ台という事からオリジナルの状態は極めて高い状態でキープされていました・・・・・が樹脂部分は例の破損から分かる様に経年劣化は避けられないですよね!
塗装の状態は艶感は年式以上の良い状態ですが深い傷シミ跡からくる陥没痕も多数ありました・・・特にパネルの隙間、各パーツの隙間はスケールで固まった汚れが蓄積されちょっとやそっとでは綺麗に取り除けませんがそこは頑張って粘って徹底して落したつもりです。
オーナー様も各パーツのパッキン類は水漏れなど不具合を想定し今回の作業に合わせて新品部品を準備する念の入れよう・・・なにせM2 1001はNAロードスター改の限定300台モデルですからね!!
そう言う意味ではフィニッシャーパネル(リアガーニッシュ)の劣化は目からうろこ?これで20年は安泰?

DSC04856.JPG

ドアモールは一旦外してスケール除去&磨きそしてコーティングを行いました。
因みにモールは新品交換済み!!

M2ドアモール前171111.JPG

M2ピラー前171111.JPG

いや〜気持ちいいですね!!

M2ピラー後171111.JPG

アンテナ周りもスケールビッシリ
M2アンテナ前171111.JPG

これもスッキリ!!
M2アンテナ後171111.JPG

ドアノブ周りは外しませんが
M2ドア前171111.JPG

ここもスッキリ
M2ドア後171111.JPG

ドアの裏側も水滴跡が・・・
M2ドア裏前171111.JPG

ここを見ない方は一生見ないでしょうがロドスタオーナーは見てしまうらしい(笑
綺麗になるくらいの汚れでよかったです・・・どうしようもないくらい汚れている個体もありますので

M2ドア裏後171111.JPG

傷はタッチアップで目立たなく・・・
DSC04870.JPG

ボディーのダメージは・・・・思った以上に深かったのですが・・・
M2トランク前171111.JPG

25年にしてオリジナルのソリッドカラーですからこの位で勘弁して下さい

M2トランク後171111.JPG

オリジナルを最大限生かしたテクニカルディテール・・・コーティングは3層のグラスコートUプラスダイヤ
ビンテージ感たっぷりの生きた輝きに仕上がりました!!

DSC04899.JPG

DSC04900.JPG

新品交換で塗装したリアフィニッシャーパネル、エンブレムは移植です。
DSC04898.JPG

DSC04904.JPG

DSC04903.JPG

DSC04889.JPG

DSC04888.JPG

仕上がりまでご心配お掛け致しました・・・がこれからもよろしくお願いいたします!!

2017年11月09日

ご心配かけてます。

●M2 1001 デントリペア、タッチアップ、ウインドウポリッシュ&コート、テクニカルディテールLevelCテクニカルグラスコートUプラスダイヤ他部品脱着交換

前回のリアフィニッシャーパネルが割れるアクシデントから・・・・・
部品を調達するのに・・・・M2 1001のカラーはさすがに手に入りません・・・
ようやく見つけたのがホワイトカラーの標準の物・・・オーナー様とご相談してこれを再塗装します。

パーツ屋さんにも迅速に運んで頂き本日入荷!!

DSC04874.JPG

ユーノスのエンブレムは取外し再塗装後 M2 1001のエンブレムを張ります。

クリーニング、磨き、コーティングの方は・・・・・

DSC04872.JPG

DSC04875.JPG

磨きまでが完了!!

DSC04877.JPG

明日コーティングを施工・・・リアフィニッシャーの塗装もこの頃仕上がります。

DSC04878.JPG

一晩乾燥させ土曜日にリアフィニッシャーのコーティング、外している部品の取付、そして仕上げの洗車をして完成する予定です!!

ですのでオーナー様土曜日の夕方頃には御引き渡し出来そうです!!・・・ご心配かけてすいません。

2017年11月06日

順調だったのですが・・・

●M2 1001 デントリペア、タッチアップ、ウインドウポリッシュ&コート、テクニカルディテールLevelCテクニカルグラスコートUプラスダイヤ他部品脱着交換

さあM2 1001のリペア&リフレッシュそしてコーティングの作業は始まっています。

DSC04806.JPG

順調にヘコミは「デントリペア」で無かったことになってます。

先ずは全てのデントリペアをご紹介しましょう

右フェンダーのヘコミです。
M2フェンダー前171105.JPG

ヘコミは僅か1p程度ですが・・・見つけたら気になるものです。

M2フェンダー後171105.JPG

これはドアのふちの曲り
M2ドア曲り前171105.JPG

分かるかな?少し隙間が曲がってるのが・・・・
M2ドア曲り後171105.JPG

これで良いでしょう

続いて右のクオーター
M2クオーター前171105.JPG

ヘコミの範囲はこれで3p位ありますが・・・ヘコミは薄くはっきり言って気にしない?
いやいや気になりますよこの車とにかく程度は極上ですからね!!

お車はロードスター専門で有名な「アイスタイリング」で一目ぼれ?して購入したそうです。
因みに走行距離は2万キロ台前オーナーさんは車庫で保管していたとかアイスタイリングでばっちり整備してあるので・・・・と言う極上車!!
普通この年式ならもっとはっきりヘコミってわかるヘコミが沢山あります。
この車両はどのヘコミも小さくて薄いものばかりで私も最初わからなかったですし・・・

M2クオーター後171105.JPG

直ってるのわかるかな(笑・・・それよりも傷が気になる・・・よね!これは後で磨きますので!!

ボンネットのウオッシャーノズルの周辺がなんか変
M2ノズル右171105.JPG

これは運転席側です・・・ノズルを外して見ます
M2ノズル右前171105.JPG

これ盛り上がってるんです。・・・・ノズルを外すとき押しすぎたのかな?
ロードスターに乗ってる方注意して下さいね!!

M2ノズル右後171105.JPG

でももしこうなっても直せますよ!!

助手席側も同じ症状です。・・・・こじた後もちょっと付いてます。・・・こじても取れないと思うのですが?
あっオーナーさんの仕業じゃないですよ
M2ノズル左171105.JPG

ノズルを外すと
M2ノズル左前171105.JPG

こちらも無事フラットに
M2ノズル左後171105.JPG

もう一ヶ所ヘコミはあります。
リトラクタブルのライトのカバーに・・・・ちょっと変な感じです
M2ヘッドライト前171105.JPG

極小のヘコミがこのカバーに4ヶ所あります(写真に写っているのは2ケ所)
なんか変です・・・裏から押しても普通にヘコミが動きません・・これはひょっとして??

まあとりあえず何とか違和感が少なくなるように調整完了!!
M2ヘッドライト後171105.JPG

これで一通りヘコミは無かったことに

オーナー様のリクエストで部品をバラシて汚れの除去を行い細部まできっちり磨きをと
同時にパッキン類は新品を準備していらっしゃいますので交換を!!

という事で洗浄磨き前に外した部品たちです。
DSC04837.JPG

フロントサイド周り
DSC04841.JPG

リア周り
DSC04838.JPG

あれ・・・意外と汚れていない25年以上経っているのに・・・さすが極上車!!

DSC04851.JPG

そしてリアガーニッシュのM2エンブレムは一旦外して磨くので剥します。

DSC04852.JPG

そしてこの後こんな悲劇が待ち受けていようとは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おおおおおお・・・・マジか?!

ここまで順調だったのに

こんな有様に(上の写真はたまたま剥した後、撮った物ですが割れてませんよね)
DSC04853.JPG

落したとか踏んづけたとかではありません
洗浄して拭き上げているときコツンと床に

DSC04855.JPG

DSC04854.JPG

ここが触れた瞬間「割れました」経年劣化恐るべし・・・て古さのせいにしてはだめでしょう
でも本当に触れただけの様な当たり方です・・・でも当てたのは事実、取外しで不可が掛かり、エンブレムを剥すときに少し温めてそして・・・・・触れた瞬間に割れた・・・・・・・
これを予測できなかった私が悪い・・・すぐにオーナー様に御報告

本当に申し訳ございません「こればかりは予想できませんでした」

オーナー様は快く「仕方ないよね」とは言って頂けましたが・・・・

早速明日パーツがあるか問い合わせを・・・・・

このブログを上げていいものかどうなのか・・・包み隠さずご報告です。

2017年10月22日

生まれ変わったロードスター

●H11.2 NB8ロードスター デントリペア、タッチアップ、ヘッドライトUVハードコート、テクニカルディテールLevelC&グラスコートTプラスダイヤ

先週御引き渡し予定だったNBロードスターですが雨にため今週に延期・・・・・でしたが雨続き・・・
そして台風も接近
でも生まれ変わったこの美貌は誰もが笑顔になれるはずです・・・・台風が去った後はきっと眩しい輝きでオーナー様を笑顔にすることでしょう!!
という事で雨の降りしきる本日御引き渡しです。
それでは前回までご紹介した続きを比較写真でご覧くださいませ・・・

入庫時です。
DSC04523.JPG

ヘコミは全部で25か所
DSC04531.JPG

全てデントリペアで修復完了!!

例 デントリペア施工前
nb左R前171011.JPG

例 デントリペア施行後
nb左R後171011.JPG

残った傷は後でもっと目立たなくなるように磨きます。

ヘッドライトのくもりは
ロードスターヘッドライト左前171021.JPG

根こそぎダメージ部分をそぎ落としハードコートを厚塗りします。
これで保護性能は新品のハードコートを上回る性能です。今後の紫外線の当たり方にもよりますが平均最高値としては5年程度の耐久持続性です。

ロードスターヘッドライト左後171021.JPG

テクニカルウオッシュでたまった汚れは洗い流します。
ロードスターえ汚れ前171021.JPG

ついでに艶出しも
ロードスターえ汚れ後171021.JPG

これももう必要なし
ロードスターアンテナ前171021.JPG

ただ結構手こずります・・・
ロードスターアンテナ中171021.JPG

磨いてコーティングすると
ロードスターアンテナ後171021.JPG

ドアを開けた時ガッカリしない様に
ロードスタードア汚れ前171021.JPG

日頃出来ない所こそお任せください
ロードスタードア汚れ後171021.JPG

でもこんな所は日頃出来ると思うので
ロードスタートランク汚れ前171021.JPG

時々頑張ってお掃除してね(笑
ロードスタートランク汚れ後171021.JPG

汚れを根こそぎ落としテクニカルポリッシュ・・・そしてコーティング
今回はかなりハードな磨きとなりますのでコーティングの役割も大事です。
『テクニカルグラスコートTプラスダイヤ』グラスコートを施工した後ダイヤモンドコートの2重コートです。
※HPにはまだ載せていない裏メニューです。

前回もご紹介した劣化した塗装は・・・・
ロードスターボンネット小前171021.JPG

クレーター状に陥没した状態です・・・・写真は汚れをすべて落とし(デポジット、鉄粉等)た塗装の現状です。

少し拡大して見ましょう
ロードスターボンネット前171021.JPG

さらに拡大して見ましょう
ロードスターボンネット大前171021.JPG

これの輝きを取り戻す為には・・・・磨く前に削る
ロードスターボンネット大中171021.JPG

3000番のペーパーでクリアーの生きている部分を削り出します・・・・リスクは削りすぎるとクリアーが無くなります・・・ちなみに膜厚計でもわかりません・・・頼りは表面の塗装肌・・・・削るにつれて肌が無くなります・・・・猛烈に緊張する作業です・・・・高層ビルからビルに綱渡りする感覚かな?

ロードスター削り171021.JPG

綱を渡りきると見えてくるこの光景
ロードスターボンネット小後171021.JPG

拡大して見ましょう
ロードスターボンネット後171021.JPG

さらに拡大
ロードスターボンネット大後171021.JPG

僅かにクレーターの深い部分が残ってますが・・・・このレベルで良しとしましょう・・・悪い意味で妥協です、もっと言うとこれ以上削る勇気はありません・・・・
良い意味ではオリジナルのクリアーが残せまだ磨ける余地がある事かな・・・そう思いたいだけかも・・・

もちろん外して磨きたい箇所はこの様に
ロードスターB前171021.JPG

外して仕上げます。
ロードスターB後171021.JPG

部品はすでに18年が経過・・・それなりに傷んでいますが残すことでオリジナルであることの証となります。
ロードスターエンブレム後171021.JPG

ここも何回扉を開け閉めしたのでしょうか・・・
ロードスタードアハンドル前171021.JPG

綺麗になればドアハンドルを触るときも優しくなるでしょう
ロードスタードアハンドル後171021.JPG

よくドアハンドル周辺に保護シールを張って傷つかない様にしたのを見ますが傷つかない様にしっかり優しく扱うことが出来れば保護シールは不要ですしそんなオーナーはかっこいいと思いますね。

当店の磨き&コーティングでのタッチアップは標準作業です。(新車は不要です)
ロードスタータッチアップ前171021.JPG

但しタッチペンはオーナー様の方で準備して下さいね!!
ロードスタータッチアップ後171021.JPG

マフラーもオリジナルのまま
ロードスターマフラー前171021.JPG

輝きを取り戻します
ロードスターマフラー後171021.JPG

限られた時間での美観復活のお手伝いです。この先はオーナー様自身でこれ以上にもこれ以下にもなるわけで・・・・手を加えるにつれ御引き渡しをするのが惜しくなったりします(笑
でもその時が来たようです。

DSC04656.JPG

DSC04663.JPG

DSC04654.JPG

DSC04659.JPG

DSC04660.JPG

DSC04662.JPG

DSC04661.JPG

DSC04658.JPG

御引き渡しの10月21日土曜日は雨・・・・・

DSC04637.JPG

雨の日はその水滴がロードスターの上で喜び踊り転げ落ちます。

DSC04638.JPG

オーナー様・・・何かあれば遠慮なく頼って下さいませ。

2017年10月15日

御引き渡し延期

本日予定していたリフレッシュされたNBロードスターですが・・・・
雨が・・・・止みません予報を見るとこの1週間ずっと雨マーク・・・

オーナー様とご相談して御引き渡しは来週の土曜日に延期することにしましたが・・・
ちょっと不安

という事で出来上がりをチラ見せしますね!!

DSC04591.JPG

来週末までこの場所でお休みいただきます。

DSC04592.JPG

お楽しみに!!

2017年10月11日

NBロードスターの美観復活なるか?

●H11 NBロードスター デントリペア、タッチアップ、ヘッドライトポリッシュ&コート、テクニカルディテール&コート

先週末からお預かりして仕上げていま〜す・・・・・・一応オーナー様順調に進んでいますよ!!

DSC04523.JPG

お車のダメージは?劣化とも言いますが・・・・結構きてます(笑・・・一応年式相応としておきましょう。

ボディー全体にヘコミが25か所・・・まあ年式的には普通でしょうか
DSC04531.JPG

車が綺麗に磨かれてもヘコミがそのままではね・・・なので先に凹みはすべて直しました!!

こんなへこみが
nb左ドア前171011.JPG

無かったことに
nb左ドア後171011.JPG

汚れも溜まってるところには溜まってるね・・・・
DSC04553.JPG

DSC04541.JPG

DSC04554.JPG

DSC04534.JPG

ヘッドライトは
DSC04552.JPG

ハードコートが完全に劣化してます・・・・なのですべて削り落として新しいハードコートを塗り込みましす!!

ボディー塗装の劣化も・・・大丈夫か・・・・どこまで復活するんだろう?

DSC04559.JPG

正直再塗装の選択もありかなと・・・・でもオリジナルの塗装をよみがえらせるってのも一つの手です。
逆に言えばこのタイミングはオリジナル塗装をよみがえらせるラストチャンスです。

さらに拡大すると・・・
DSC04560.JPG

にしても荒れた塗装です(笑
・・・・なので磨くのではなくて削ります・・・ひぃえ〜
DSC04562.JPG

どこまで削るか・・・・当然クリアーは残さないとえらいことになりますので・・・・

DSC04561.JPG

という事でこうご期待ですオーナー様(上の写真を見て不安になったりして・・・)

今週末の日曜日夕方には御引き渡し出来るように頑張っています・・・・間に合うか?
目途が立ったたら連絡しますので楽しみに待っててくださいませ。

2017年10月07日

ブログも楽しみです

H22.8 レクサスGS450h デントリペア、タッチアップ、ヘッドライトコート、テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelC

5年が経過したレクサスGSをリペア&リフレッシュそしてコーティングのご依頼です。
ヘコミが右クオーターに2ケ所、ボディー全体に雨ジミと洗車傷と飛び石等のチッピング傷、ヘッドライトの劣化が少々・・・な感じです。

先ずはへこみ修理を「デントリペア」します。

レクサスGS前171007.JPG

これは2ヶ所あるヘコミの一つですが・・・・傷も伴っていてすでにタッチアップされています。
・・・・ヘコミを直して傷は一旦ペイント除去剤で除去して少し磨いてみたら・・・

レクサスGS後171007.JPG

もう少し磨いたらタッチアップは必要ないようです!!

でこれが磨いた後です。・・・これならほとんど目立たないって言うかもう気が付かないレベルです!!
レクサスGS映り込み171007.JPG
赤丸が凹んで傷があった場所です。

ヘコミが直ったら「テクニカルディテール」です。
ボディーの状態から作業LevelはCで・・・・先ずはケミカル剤で落せる汚れを細部まで徹底的に除去した後テクニカルポリッシュで塗装の新たな面を綺麗に磨きだします。
磨いた後はさらにテクニカルグレイジングを行い最高の艶を引き出した後コーティングいたします。

レクサスGSスケール前171007.JPG

バンパー裏はお手入れが行き届きませんからこの様に水滴跡がビッシリ付いていますね。

レクサスGSスケール後171007.JPG

普段見えない場所ですがキッチリ綺麗にしましたよ!!

レクサスGSグリル前171007.JPG

こんな所もね・・・汚れを除去後樹脂専用コーティングで黒さ復活!!

レクサスGSグリル後171007.JPG

レクサスGSワイパー前171007.JPG

このあたりも美観を左右する部分かと・・・・・

レクサスGSワイパー後171007.JPG

引き締まりますね!!

レクサスGSバイザー前171007.JPG

バイザー、ピラーの樹脂部分もね・・・・ここは磨いてコーティングを

レクサスGSバイザー後171007.JPG

傷の中で最も目立ったものがこれ・・・
レクサスGS傷前171007.JPG

テクニカルポリッシュで丁寧に磨くと・・・・

レクサスGS傷後171007.JPG

綺麗に消えました!!

そして今回の作業で一番時間が掛かった部分が・・・・ボンネット、ルーフ、トランク。
つまり上面ね!

シミ、傷・・・・沢山あってダメージも深い=つまり時間が掛かる・・・・

レクサスGSボンネット前171007.JPG

因みにボンネットを仕上げるのに3時間・・・・・・・疲れるよね・・・

レクサスGSボンネット後171007.JPG

でもこの通り・・・・復活しました!!

DSC04510.JPG

ヘッドライトのダメージは軽傷でしたのでポリッシュ後コーティング

DSC04509.JPG

DSC04507.JPG

DSC04517.JPG

DSC04522.JPG

DSC04518.JPG

DSC04504.JPG

DSC04520.JPG

出来上がりを見てオーナー様「ブログも楽しみです」と(笑
コメント頂けれは私も嬉しいです!!

DSC04521.JPG

2017年09月17日

楽しいリペア&リフレッシュ&コーティング御引き渡し

●M2 1002リペア&リフレッユ&コーティング


台風接近の中、それでも日中は雨も風も問題なかったので本日 リペア&リフレッユそしてコーティングで美観を取り戻したM2 1002を御引き渡し致しました!!

ただ今は・・午後11時過ぎ・・・名古屋にも台風が・・・暴風雨で荒れまくってます。
明日は台風一過で晴れる予報ですので・・・早速手洗い洗車をして頂きピカピカの愛車でドライブでしょうか?

それでは写真てんこ盛りで施工前後の様子をお楽しみくださいませ!!

DSC04352.JPG

H5年式ともなるとただ磨くだけでは美観は取り戻せません・・・そのダメージに合わせ可能な限り補修を施しながら磨いて仕上げます。

例えば
1002ドアハンドル前170917.JPG

ドアハンドルの周りは特に小傷が多く磨いても残ってしまいそれがかえって目だったりもします。
ですのでタッチアップなどを併用して目立たなくしながら仕上げます。

1002ドアハンドル後170917.JPG

クオーターの傷
1002クオーター傷前170917.JPG

これは派手に擦った跡が付いてます。
・・・が、これは鈑金塗装するまでもない軽度の擦り痕、白っぽく派手に見える傷は擦り痕、塗装そのものが削れている部分はごくわずか・・・なのでここまで磨きで改善できました!!

1002クオーター傷後170917.JPG

これは
1002パネル前170917.JPG

塗膜が傷んでピンホール状に塗装が劣化しています。

1002パネル後170917.JPG

目立たなくなりました・・・・タッチアップしたわけではありません・・・針のようにさした塗装の劣化状ですのでタッチアップだとかえって目立ちます。なので・・・

DSC04355.JPG

こんなのを塗り込みます!!・・・・いろいろ手は尽くしますよ!!

暇なときに
1002ミラー前170917.JPG

ミラーに錆が浮いてます。・・・・暇な合間に取り外してしこしこ磨きます。

1002ミラー後170917.JPG

磨きの工程にこの様な作業を組み込むのはなかなか難しいのね!かといって時間を作るのも仕事として後にしわ寄せがいきますからね・・・

ここも綺麗に艶が出ますよ!!
1002ピラー@前170917.JPG

ここを磨いて綺麗にしてくれる・・・なんて想像されていたかどうかは・・・・?

1002ピラー@後170917.JPG

ボンネットに中は基本的には洗車のみですが・・・
1002カウル裏前170917.JPG

洗車もやり方次第でここまで回復
ロッドの錆は錆びとりペーパー掛け塗装・・・しないと無理ですね。

1002カウル裏後170917.JPG

各パネル面のダメージも・・・
1002ボンネット@前170917.JPG

タッチアップを併用しながらの磨きで復活

1002ボンネット@後170917.JPG

ボディーコーティングはグラスコートTプラスダイヤです!!
これでしばらく美しい美観でいられますが・・・・それを維持するには日頃のケアー(洗車)が大事です!!

コーティングは樹脂部分もすべて行います。
DSC04375.JPG

もちろんナンバープレートもレンズも
DSC04361.JPG

DSC04360.JPG

DSC04383.JPG

DSC04380.JPG

DSC04358.JPG

DSC04357.JPG

DSC04356.JPG

明日はきっと晴れるでしょう!!

DSC04384.JPG

2017年09月13日

楽しいリペア&リフレッシュ&コーティング

●M2 1002 リペア&リフレッユ&コーティング

週末からお預かりしている M2 1002 って言ってもこの車を知らない人には 古いロードスターじゃないの?
ですよね!!
確かに初代ロードスターですが超プレミアムな限定車なんですね!!

DSC04319.JPG

何がすごいか興味がある人は「M2 1002」でお調べくださいませ(笑い

お預かりして何にをやってるかと言うと・・・ボディーのリフレッシュ!!

メニューは「デントリペア」「テクニカルウオッシュ」「テクニカルポリッシュ&テクニカルグレイジング」そして「ボディーコーティング」です。

世間的にはボディーが傷んだら⇒コーティングですが・・・・コーティングは透明な被膜ですからどこまで美観を回復さる作業を行うかが肝心ですよ!!

DSC04320.JPG

先ずは小さいですがヘコミが多数あります。・・・・
ですので「デントリペア」で直しましょう

@のヘコミは
1002ドア施工前170913.JPG

ドアの上の方ですので車が綺麗になればなるほどヘコミが目立ちますからね

1002ドア施行後170913.JPG

Aのヘコミはフェンダーの上部
1002フェンダー施工前170914.JPG

あれ?凸ですね!!

1002フェンダー施行後170914.JPG

Bのヘコミはフェンダーの下の方
1002フェンダー下施工前170914.JPG

下の方は見落としがちですが見逃しませんよ!!

1002フェンダー下施行後170914.JPG

結局直したヘコミは全部で13ヶ所・・・いや最終的に15ヶ所この位の年式ならまあ普通でしょうか!!

ヘコミが直ったら続いて「テクニカルウオッシュ」、ケミカル&ツールを使い分けてボディーに張り付いた汚れをすべて綺麗に落します・・・・外せる部品は外してね・・・すると

DSC04342.JPG

洗車で1日は掛かりますがその後の磨きの仕上がりはぐんと上がります!!
如何です「テクニカルウオッシュ」だけでここまで美観が戻ります!!

いよいよ磨きと艶出し「テクニカルポリッシュ&テクニカルグレイジング」です。

DSC04351.JPG

塗装のダメージが結構ありますがスポーツカーは基本コンパクトで車高が低いので作業してても楽しいね!!

完成は金曜日そして土曜日の午後に御引き渡しのお約束をしていますが・・・・台風が接近してますね・・・どうしましょうオーナーさん・・・・

2017年09月02日

気軽にリフレッシュ&コート

●H22/7 ヴェルファイア テクニカルディテール+ガラス系コート

一口にコーティングと言っても色々です。
そのコーティングのご依頼を購入したばかりだというH22年式のヴェルファイアにして欲しいと・・・・

オーナー様のお考えとお車の状態を総合的に判断し決めさせて頂いた内容は
ガッツリ磨いてガッチリ施工するテクニカルグラスコートではなく
軽めに磨いてコーティングをご自身でも可能なガラス系にさせて頂きました!!

DSC04277.JPG

テクニカルグラスコートに比べると8割方の美観と1年間の耐久性と言ったところですが気軽にケアーメンテナンスが出来るのが良い所でもあります。
オーナー様も期待通りの仕上がりですと言って頂けました!!

2017年08月21日

ドはまり

●H19 シビックタイプR デントリペア、タッチアップ、テクニカルグラスコートTプラスダイヤ、ウインドウポリッシュ&コート、ヘッドライトポリッシュ&コート

お盆前からの御入庫頂いて2週間・・・・シビックタイプRのリペア&リフレッシュ&コーティングがようやく完成し本日(8月20日)無事御引き渡しさせて頂きました!!

御入庫頂いた状態はこんな感じ・・・
シビックR完成前170820.JPG

ソリッドなホワイトが・・・・・
シビックボンネット前170820.JPG

蛍光灯の映り込みが無いほどトホホな状態ですね・・・

シビッククオーター前170820.JPG

この細部の汚れ・・・・手ごわいぞ

そしてへこみ
シビックR施工前170820.JPG

リフレッシュの初めはデントリペアからね・・・
まだ磨いてないので映り込みが少ない分目立たないですが綺麗に磨かれたら目立ちます!!
なので当店ではヘコミは強制的にデントリペアで予め直しておきます!!
ヘコミは気にしないから磨いてコーティングだけしてなんて言われると作業を断るかも・・・なんてね!!

シビックR施行後170820.JPG

で凹みはスッキリ直りました・・・

続いて窓ガラスをリフレッシュ。
ウインドウ前170820.JPG

これフロントウインドウです・・・ワイパー傷がビッシリ・・・

ウインドウ中170820.JPG

写真左側部分のみ磨いた比較写真です・・・・深めの傷はさすがに磨けませんが

ウインドウ後170820.JPG

8割方傷も無くなりクリアーに・・・・ちなみにフロントガラスの磨きに2時間以上かかってしまった(汗
さらにサイド、リアのガラスすべてをリフレッシュそして仕上げはフッ素撥水加工します。

そしてボディーのテクニカルディテールを施工
先ずは徹底的に汚れの洗浄から・・・これに1日以上費やします・・・・ああもう嫌になる・・なんてね(笑
汚れが一通り落せたところでテクニカルポリッシュを施工・・・徹底的に塗装本来の綺麗にところまで磨き込みます・・・・・予定では1日もあれば大丈夫かなと思いつつ・・・ドはまり・・・いくら磨いても塗装のくもりが晴れない・・・磨いて初めて塗装面が深刻な状態だと・・・気づくの遅すぎです(泣

覚悟を決め一パネルづつ丹念に入念に真剣に・・・・・結局磨きに2日間・・・休日返上で・・・

そしてタッチアップも
シビックタッチアップ前170820.JPG

ちょっとした事ですがひと手間かけますよ(タッチアップ持参してね)
今回フロントバンパーを中心に十数ヶ所かな?

シビックタッチアップ後170820.JPG

デントリペアで凹みを直しテクニカルディテールで美観を取り戻し飛び石傷はタッチアップで補修
ガラスも美観と安全性を取り戻し・・・さあいよいよコーティング
お選び頂いたのはグラスコートTプラスダイヤ今や表メニューよりも人気の裏メニュー
超耐久超撥水の本物ダイヤが美観を守り汚れを寄せ付けません

それでは頑張った証のビフォアーアフターを少しお見せしますね

シビック窓スケール前170820.JPG

窓ガラスの隅っこのスケールもスッキリ、もちろんウロコもスッキリ、ワイパー傷もスッキリ
モールもスッキリ・・・・ボディーコーティングとウインドウコーティングセットでスッキリ

シビック窓スケール後170820.JPG

シビックカウルトップ前170820.JPG

カウルトップもワイパーアームもコーティングします・・・当店では標準作業ですよ

シビックカウルトップ後170820.JPG

シビックウイング前170820.JPG

もうどこにも艶はありません状態が艶々に!!

シビックウイング後170820.JPG

シビックフェンダー前170820.JPG

隙間の汚れもスッキリ・・・コーティングはもちろん際際までキッチリ

シビックフェンダー後170820.JPG

シビッククオーター後170820.JPG

そして艶が損なわれていた塗装部分も・・・

シビックボンネット後170820.JPG

艶々に!!

DSC04201.JPG

DSC04203.JPG

DSC04208.JPG

DSC04198.JPG

DSC04197.JPG

DSC04206.JPG

DSC04196.JPG

DSC04200.JPG

DSC04204.JPG

DSC04202.JPG

シビックタイプRのリフレッシュ&コーティングの完成です!!ありがとうございました。

シビックR完成170820.JPG

2017年08月08日

テクニカルディテール

●N-ONE テクニカルディテール、ウインドウポリッシュ&コート

当店ご利用が2台目となりました、ありがとうございます!
今回ご依頼内容は限られた予算で中古でご購入されたホンダN-oneを少しでも綺麗にリフレッシュしたいとのご要望です。
ガラスがウロコだらけだったので先ずそれをリフレッシュそしてフッ素撥水加工。
ボディーはブラックカラーでやはりダメージ多数です・・・・
数年前にご利用頂いたお車はコーティングの施工をさせて頂きましたが今回のN-ONEはテクニカルディテールでリフレッシュすることに・・・施工後のケアーはガラス系の簡単コーティングのケアーを継続されるという事です。

DSC04119.JPG

程良く綺麗にして程良く手間を掛ける・・・・低予算でも十分車のお手入れは楽しめますよ!!

DSC04120.JPG

テクニカルディテールは車を綺麗にする工程、その後のコーティングは塗装を守る工程
今回コーティングはオーナー様自身がガラス系コートをご自身で定期的に行うわけです!!

DSC04118.JPG

2017年06月06日

ひび割れ

●ベンツCLS63 ヘッドライトリペア&UVハードコート

新車から5年・・・・ヘッドライトの表層割れです。
国産車は黄ばんで曇るパターンが多いのですが欧州車は曇らずにひび割れが・・・

CLS63前170606.JPG

黄ばんでいないので一見綺麗に見えますが・・・・

CLS63施工前170606.JPG

無数の細かなひび割れが・・・・
この表層割れの状態から綺麗な面まですべて削る作業は正直大変です(汗
って言うか完璧を求められるとお勧めできません

CLS63中170606.JPG

一旦ここまで削ります・・・そして番手を上げて徐々に滑らかにしていきます。
でお勧めできないのに何でやるかって?
ヘッドライトを交換すると70万・・・・なので交換するか我慢するかリペアするかの三択となれば
やはりリペアがお勧め!!
因みに左右セットで3万円(税別)なのね!!

そしてリペアするなら出来る限り新品に近づけましょうという事で私が大変な作業を頑張り泣きを見ます(笑

結果はこんな感じです。
CLS63施工後170606.JPG

新品と比べたらいけませんがパッと見新品です!!
あっそれから最近ヘッドライトに保護フィルムを貼るやつ・・・効果があるみたいです。
当店ではやっていませんあしからず。

その代り当店では紫外線に耐久力のあるUVハードコートを施します。
その効果は3年から5年と純正の新品並みです。

ベンツCLS63170606.JPG


2017年05月14日

鈑金塗装とテクニカルディテール&グラスコート

●アキュラMDX 鈑金塗装、テクニカルグラスコートTプラスダイヤ、ウインドウポリッシュ&コート

これで何度目のご利用でしょうか?ちなみにコーティングはこれが2台目!!いつもありがとうございます。
そのコーティングの前に
気になる傷があるという事で車両保険を使用した鈑金塗装のご依頼も頂きました。

その傷がこれ
鈑金施工後.JPG

バンパーを擦った傷ですね、黒い枠は塗装されている部分ですがここも傷が、写真には写っていないですがフェンダーの角にも傷が・・・これらを傷補修して塗装します。
この作業は私が信頼する『アッソガラージュ齋藤氏』が担当!!
http://www.asso-garage.com/

鈑金施工前.JPG

何事もなかった様な、後塗りした感なしのオリジナルそっくりの仕上がりです!!
※本気できれいに直したい方!適正料金で私の目をごまかしてくれるほどの仕上がりですのであきらめず頼んでみて下さい、直接でもいいですし、もちろん当店から作業依頼も可能ですよ!!マージン上乗せもありません

そしてテクニカルディテールからのコーティングを
今回お選び頂いたコーティングは『テクニカルグラスコートTプラスダイヤ』
ウインドウも超耐久フッ素撥水加工を

塗装部分は・・・
MDXボンネット前170513.JPG

シミ傷を綺麗に磨いてコーティング
MDXボンネット後170513.JPG

まあこれは常識ですね!!

当店ではこんな所も
MDXピラー前170513.JPG

綺麗にしてコーティング
MDXピラー後170513.JPG

ここも当然手を加えないとね!!
MDXモール前170513.JPG

欧州車のアルミモールに比べればあっさり取れます・・・・手を加えればね!!
MDXモール後A170513.JPG

そしてここも
MDXステップ前170513.JPG

汚れをきちんと落して専用のコーティングを!!
MDXステップ後170513.JPG

他にもボディー表面は塗装面はもちろんですがグリル、ナンバープレート、ワイパーブレード、カウルトップレンズなどなど前部リフレッシュ&コーティングをするのが当店の標準作業です。

DSC03548.JPG

DSC03545.JPG

DSC03552.JPG

DSC03553.JPG

DSC03546.JPG

DSC03543.JPG

DSC03531.JPG


2017年02月20日

復活なるか・・・

●エクスクァイア ルーフデントリペア・シミ落とし・テクニカルグラスコートUプラスダイヤ・ウインドウポリッシュ&コート・タッチアップ

ご相談頂いたのは・・・ルーフのヘコミ直し、ボンネットグリル周りのシミの除去、そしてボディー、ウインドウガラスのコーティング!
ルーフのヘコミは雪が落ちて来て出来てしまった大きなヘコミ、フロント周りのシミはとある業者に付けられた言うシミ・・・ルーフのヘコミは車両保険で対応します!本来なら鈑金塗装で直すのが確実ですが・・・塗り直したくないという事で何とかデントリペアで・・・えっ直るのか?
フロント周りのシミは業者さんが弁償すると・・・

先ずはルーフのへこみ直しから
<施工前>
エクスクァイア@施工前170215.JPG

はっはっはっ・・・これデントリペアで直すんですか?

少し拡大して見ましょう
エクスクァイアA施工前170215.JPG

50p四方いやそれ以上・・写真左側の蛍光灯も微妙に歪んでいます・・・雪が落ちてね〜・・・こんなデントリペアは私、初めてです!!

もっと拡大して見ましょう
エクスクァイアB施工前170215.JPG

オーナー様には普段見えない所だから多少残ってもいいからお願いと・・・・
私からも絶対にデントリペアで直せますとは言えないですし、オーナー様のデントリペアで直したいとの思いが無ければデントリペアお受けする事も無かったと・・・・

DSC02709.JPG

でデントリペアで直ったかって?

<施工後>
エクスクァイア@施行後170215.JPG

直ったんですね!!

エクスクァイアA施工後170215.JPG

実は雪国では雪が屋根から落ちてルーフがべっこり凹んだのをデントリペア直してる施工例も見たことありますので自分が直すのも興味はあったんですね(オーナー様は関東のお住まいの頃この被害にあったそうです。)
そして今回そのチャンスに巡り合えたと・・・いろんな意味で感謝です!!

エクスクァイアB施工後170215.JPG

いやいい経験をさせて頂きました!!

そしてフロント周りのシミ取り、そしてボディーとウインドウガラスのコーティングを・・・

エクスクァイアシミ前170219.JPG

こうなってからは洗車をする気力もなかったと・・・そりゃそうでしょう
でも大丈夫全部落しましょう!!

エクスクァイアシミ後170215.JPG

ボディーは無事除去完了!

エクスクァイアG前170219.JPG

エクスクァイアGシミ後170219.JPG

グリルは一本一本丁寧に除去

エクスクァイアグ前170219.JPG

エクスクァイアグシミ後170219.JPG

そしてこれはウインドウガラスのシミ除去・・・その後フッ素で撥水コートします。
エクスクァイアガラス前170219.JPG

エクスクァイアガラスシミ後170219.JPG

ルーフのヘコミも直りボディーすべての磨きが完了し・・・コーティングの施工を
施工させて頂いたのは「テクニカルグラスコートUプラスダイヤ」
HP上では載せていない裏メニューです!!お好きな方はどうぞっ当店最強バージョンです!!

DSC02818.JPG

DSC02821.JPG

DSC02817.JPG

DSC02813.JPG

DSC02822.JPG

DSC02814.JPG

DSC02816.JPG

エクスクァイアの復活したぞ!!

2017年01月22日

特別なことはしていませんよ

●BMW M135i フロントバンパー タッチアップ&リフレッシュ

神戸からわざわざご来店頂きました!
ご依頼の内容はバンパーの飛び石による塗装の欠けのタッチアップ作業です。
ネットでいろいろ検索できる時代ですから探しているうちに当店がヒット!でご来店と!!距離にして往復400キロ以上・・・
でお見せ頂くと気になる部分は3ヶ所・・・神戸からですからバンパーはそれなりに汚れていましたので洗車してみると・・・細かい飛び石による塗装の欠けは小さなものを入れると20カ所程度あります・・・
お話の中でこの後そろそろコーティングを再施工されるとお聞きしていましたので・・・あっ再施工はさすがに神戸の地元で行われる予定です。
それならばいっそのことバンパー丸ごとリフレッシュの提案をさせて頂きました。
丸ごとリフレッシュの内容とは・・・そもそも汚れなのか鉄粉なのか塗装の欠けなのかはっきりしない箇所もあるのでバンパー丸ごと汚れを除去して飛び石の塗装欠けをすべてタッチアップしさらに磨いて仕上げるところまでと言う提案です。(因みに簡易系のガラス系コーティングまで施工して仕上げていますのでしばらくはこのまま大丈夫!)
そうすることで地元で再コーティングする時ににスムースに作業できると思ったからです。

DSC02625.JPG

遠くの県からわざわざお越し頂き作業をお任せして頂ける・・・・・そこまで特別な事をしているとは思ってませんが・・・お選び頂けてることに感謝いたします。
・・・・でいい仕事で来ているのかな?・・・出来てると思うのですが!!

2017年01月08日

タッチペンをお持ち頂ければ

●ゴルフヴァリアント ボンネット タッチアップ

豊橋からご来店頂きました・・・ありがとうございます。

ご依頼頂いたのは・・・ボンネットの飛び石傷・・・のタッチアップ!

ヴァリアントタッチ前170107.JPG

タッチアップはご準備ください!作業は代行と言う形でお手伝いさせて頂きます。
仕上りは成り行きです。期待しすぎるのは禁物です。
現状で可能な限り目立たなくさせて頂きます!!

コーティングとセットならタッチアップは無料です(数によります)ので中古車は是非準備して下さいね。

ヴァリアントタッチ後170107.JPG

これが限界とは言いませんが、これで良しとしましょう!!

ヴァリアント映り込み170107.JPG

まだまだ新車ですので綺麗です。綺麗に維持したいのに飛び石ですからね・・・なのでお手伝いさせて頂いてます。

ヴァリアント170107.JPG

2017年01月02日

仕事始め

明けましておめでとうございます。

元旦は熱田神宮に初詣・・・で思ったんですが「たい焼き」屋さんが年々減ってない?
いつも初詣では「たい焼き」を買って帰るのですが・・・一店舗やっと見つけてってほどの少なさ
最近人気ないのかな〜?・・・たい焼き好きには寂しい限りです。

DSC02399.JPG

たい焼きでもう一つ言わせてもらうと、あんこも大事ですが、焼き方・・・そう一匹焼きが美味しいのよね!!・・・・もう絶滅したんでしょうか?

さあ二日からは早くも営業開始・・・・仕事始めはヘッドライトのリペアです。

●パサート ヘッドライトポリッシュ&コート(UVハードコート)

パサート前170102.JPG

こんな感じで劣化が進んでいます・・・・新車〜お乗り続けているパサートで5年が経過しています。

拡大して見ると・・・
パサート大前170102.JPG

オリジナルのハードコートが劣化してヒビ割れを起こしていますね!!

という事で・・・リペアはまずそのひび割れが無くなるまで削り込みます。
機械でも削れますが私は耐水ペーパーを手で磨きます・・・この方が隅々まで均一に磨けるからです。
ただ・・・欧州車全般に言えるのですがヘッドライトの樹脂の固いこと固いこと・・・

パサート中A170102.JPG

ひび割れが無くなったら・・・順番にペーパーの番手を上げて最終2000番のペーパーを
ポリッシャーで仕上げます。

パサート中B170102.JPG

当店で採用しているハードコートはこの状態から塗り込むタイプです。

パサート中硬化170102.JPG

均一に塗り込んだ後はUVランプを使用して硬化させます。
硬化後さらに磨き込んで完成です!!

パサート大後170102.JPG

クリアーなヘッドライトがよみがえりました!!

パサート後170102.JPG

耐久力は〜5年、紫外線の当たり方によりくすみが出た場合は軽く磨けば艶が戻ります(ハードコートは膜厚なので問題ありません)

ヘッドライトがよみがえると・・・ボディーも気になる(笑
その時はボディー丸ごと艶を復活させましょうね!!

パサート170102.JPG

これで仕事始めの作業はおしまい・・・結局6時間掛かった・・・・・。

今年も皆様の「愛車の美観を復活」させるお手伝いを一生懸命頑張ります!!
どうぞよろしくお願いいたします。

2016年12月07日

雨染み除去剤

コーティングしたら雨染みは付きませんか?
のご質問には・・・

ザビートル前161207.JPG

確かにコーティングの中には雨染みが付かないとか付きにくいというものはありますが実験してみると
・・・・どんな高価なコーティングも付き始めて気になる時期の違いはありますが付きます。
また季節的な要因、雨の降る時期降る量、洗車で使う水道水、洗車の仕方、保管場所、使用条件、ボディーカラー、塗装の種類・・・・などなど、そしてコーティングの性能によって雨染みの付き方も違ってきます。

ガラスコーティングなど塗装に固くとどまるコーティングは雨染みが付いてもすぐにコーティングがダメになることはありませんが・・・・そのままほっておくと洗車での拭き上げにスパッと水が切れなくなり、撥水力も低下して来ます。

ですのでガラスコーティングを施工している方はこれを使ってみて下さい!!
※もちろん当店でも施工可能です!!
スケールリムーバー161207.JPG

ボディーに頑固に張り付いた雨染みのみを分解し綺麗なコーティング面がまた現れます

ザビートルスケールリムーバー161207.JPG

使い方はこの様に洗車後水滴をある程度拭き上げて、その後「スケールリムーバーライト」を適量、水に濡らして固絞りしたマイクロファイバータオルなどに付け、雨染みを取りたい面に伸ばします。
この時あまり広い面を一気にやると乾かして失敗する恐れがありますのでボンネットなら約半分ずつかな、
伸ばした「スケールリムバーライト」を乾く前に再度塗り伸ばしたマイクロファイバークロスでもう一度拭くと浮き上がった雨染みが取れていくのが分かります。
後は新たな綺麗なマイクロファイバークロスを固絞りしたもので綺麗に液剤を拭き上げれば完成です。

ザビートル後161207.JPG

如何ですか・・・撥水力も復活しています。
因みに車はコーティングして1年半以上経過した黒いボディーで、青空駐車との事です。

写真でも分かると思いますがこの作業では塗装表面(コーティング面)に乗っかって張り付いているうろこ状のスケールは落とせますが浸食した染みは落せず残っています。
ですので本当はもっと早めにこの作業を行う事をお勧めします。

えっ浸食した染みを取る方法・・・ご心配無用です。コーティングがある程度食い止めてくれていますので
軽く磨けば取れます。・・・・ただコーティングの撥水力は無くなりますので再度コーティングするかそれに代わる撥水剤を塗るかすることで新たな撥水膜が出来ます。

もしコーティングして1年未満で雨染みウロコが気になるという方・・・早目の処置でコーティングを延命することができますよ!!