2020年05月19日

ヘッドライトリペア

●ゴルフヴァリアント ヘッドライトリペアスチームコート

ヘッドライトが劣化するとひび割れたり曇ったり・・・・
特に欧州車の多くは曇る前に表層割れと言って細かいひび割れになってしまいます。
このお車で・・・新車から5年程度経過してるようですが・・・紫外線が多く浴びるほど早く劣化するようです。

ヴァリアントライト前200519.JPG

拡大して見ましょう

ヴァリアント前200519.JPG

ヘッドライトリペアはこのように劣化したダメージ部分を綺麗な面まで根こそぎ削っていき透明な面をスチームコートで再施工いたします。

ヴァリアント後200519.JPG

ヘッドライトコーティングとは根本的に異なる作業で表面再生(リペア)ですので耐久性も高いです。

ヴァリアントライト後200519.JPG

ご依頼ありがとうございました。

ヴァリアント200519.JPG

2020年05月16日

コーテイングから6年経過

●2009/7 クラウン デントリペア、リフレッシュ&コーティング(テクニカルグラスコートULevelC)、タッチアップ

2014年に当店でコーティングの施工をさせて頂いて・・・約6年が経過・・・ほぼ施工当時の状態をキープされており素晴らしい!!
ですが今回トランクの凹みやらバンパーの傷やらアクシデントがあったようで修理箇所のみをコーティング再施工でも良かったのですが、タイミング的には全体のコーティングのリフレッシュを行うにはベストですのでリペアーと同時に古くなったコーティング全体を再施工を行うことに!!

DSC01788.JPG

これはクオーター部分からルーフピラーに続くところの軽い歪です。
普通だと気が付かないかもしれませんが・・・車を常に綺麗にキープされていると結構気になるかな!!

DSC01789.JPG

それとこれね・・・先日ご紹介&ご報告させて頂いた凹み・・・
DSC01787.JPG

テールレンズにもひびが入りバンパーも傷ついていたので・・・凹みも鈑金塗装の方が良いかな〜とも思ったんですけどね・・・凹みの上にも塗装の欠けがありましたし・・・・
でもね・・・オーナーさんもさんざん考えてそれでもトランク全体の再塗装よりも傷をタッチアップで凹みはデントリペアで直したいと!!費用的はこの方が有利なのですがそれよりも何よりもトランクのオリジナル塗装をを残したい思いからでしょうかね・・・

DSC01824.JPG

デントリペアで凹みを直し、塗装の欠けはタッチアップで、エンブレムは剥がしたついでに周りを綺麗に磨き直し当店で取り寄せた新品のエンブレムを貼り付け!!
そしてコーティング!!

因みにバンパーはオリジナル塗装済みの新品に交換して頂いてます。

さあ凹みが直ったところでコーティングの再施工です。

クラウン洗車200515.JPG

写真は洗車をして水滴が付いた状態です。
すごく良い状態です・・・・いかに日頃のケアーが大事かがわかる一枚ですよ。

はっきり言いますけどコーティングしたら洗車さえすれば何時でも綺麗になるわけではありません、コーティング屋さんが一生懸命綺麗にしてコーティングしますけどそこから維持することは続くわけで、コーティングは車を綺麗に維持するには非常に有効なんですが、汚れが付きにくく洗車も楽になりますからね・・・でも日頃のケアーがうまくいかなければ取り切れないダメージが少しづつ増えていきます・・・・なのでダメージが残らないように日頃からコーティングの面倒を見てあげないといけません、正しくケアーできれば数年以上綺麗でいられるわけですが・・・・
じゃあノントラブルでコーティングを綺麗なままで維持できるかと言うと・・・・
私自身も当店で所有している車がすべて適切にケアーできているかと言うと無理です(笑
ですがいつも見続けているのでしかるべきタイミングでメンテナンスしてるんですよ・・・だから綺麗
と言いつつなかなか自分の車はほったらかしになる場合もあります・・・・
そのいい例が先日ご紹介した青いゴルフトゥーランの花粉ジミです(笑

クラウンはどうかな・・・ぱっと見綺麗、洗車しても撥水抜群

でボディーを触ると・・・・・何々?ざらざらするぞ?鉄粉はほとんどついてませんでもザラザラ?
ボディー塗装面だけではなく窓ガラス、サンバイザー、グリルなどのメッキ部分も?
塗装ミスト?いや違う・・・樹液?嫌なんだかわかりませんが透明度の高いミスト状のかなり細かい粒が
運転席側中心に降り注いでます・・・・幸いトラップ粘土或いはアルコール又は脱脂剤で簡単に落とせますが
コーティングに影響はあるでしょうね
オーナーさんも普段はボディーを手のひらで触ることも無かったので気が付かなかったと
私も触るまで気が付かなかったですからね!!

と言うことでこのタイミングで再施工する決断は正しかったと言うことです!!

ついでに日頃できない汚れをせっせと落としておきましょう
DSC01810.JPG

クラウンのタイヤハウスのアーチ部分にモールが付いていますが・・・・ここに泥が溜まるのよね!

DSC01812.JPG

DSC01813.JPG

一旦外して綺麗に掃除します。

DSC01814.JPG

DSC01816.JPG

見えないところとは言え洗車したときこの汚れでボディーを傷つける可能性もありますしね

DSC01823.JPG

窓ガラス、ボディーすべてのリフレッシュ&コーティングの再施工が完了!!

2009年モデルのクラウンですよ!!
新車より綺麗な状態をこれからもキープできますね
当店のコーティングが綺麗な状態をキープするわけではないですよ

綺麗な状態に仕上げるのはお店の役割、選ぶコーティングは経験からの知識の現れ、綺麗さをキープされるのはオーナーさんの思いと行動ですね、愛情があるからこそだと思います!!
当店も愛情込めて仕上げてるつもりです(笑

DSC01825.JPG

DSC01828.JPG

DSC01827.JPG

DSC01829.JPG

DSC01826.JPG

2020年04月02日

まだまだ綺麗に乗りたいので

●2009/10 セレナ デントリペア、タッチアップ、ウインドウポリッシュ&コート、ヘッドライトスチームコート、ボディーコートリフレッシュ&メンテナンス

気になるヘコミが複数ありご相談を受けました・・・

DSC01382.JPG

一番気になるリアゲートとクオーターの凹み

他にも合わせて14ヶ所
DSC01381.JPG

せっかくなんで全部リペアさせていただくことに・・・・

同時に窓ガラスのワイパー痕(傷)ヘッドライトの劣化も・・・
そして・・・・気になるヘコミから始まって・・・気が付いたらボディー全体のリフレッシュへと・・・
結局丸ごとリフレッシュさせて頂くことに!!

先ずはデントリペアから・・・

クオーターの凹みです
セレナクオーター前200402.JPG

施工後です。
セレナクオーター後200402.JPG

よし・・・続いてリアゲートの凹み達です。
セレナバックドア前200402.JPG

施工後です。
セレナバックドア後200402.JPG

よっしゃ!!

全部で14ヶ所・・・・でよく見るとあと3ヶ所追加で結局全部で17ヶ所の凹みをきれいさっぱり除去!!

フロントガラスのワイパー痕です。
セレナガラス前200402.JPG

この程度のギラツキは問題なく磨けます

セレナガラス後200402.JPG

そしてヘッドライト・・・劣化でひび割れ黄ばんでます。

セレナヘッドライト前200402.JPG

深い亀裂は残りましたがぱっと見は新品の美しさです。
セレナヘッドライト後200402.JPG

そしてボデーの磨きとコーティングメンテナンスを
セレナボンネット前200402.JPG

パールホワイトで基本的には日頃きちんとお手入れされているのでそんなに苦労はしませんでしたよ!
セレナボンネット後200402.JPG

ハイ完成です!!
DSC01521.JPG

凹んでたパネルも見違えるように綺麗に!!

DSC01524.JPG

セレナコーティング後200402.JPG

この年代のミニバンはすごくシンプルですね!!オーナー様もお気に入りだとか
もともとの素材が良かっただけに新車のようにリフレッシュできました。
・・・・あと10年は乗れるかな!!
ご依頼ありがとうございました。

2020年02月04日

何とかせねば!!

●ベンツE200 デントリペア、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート、メタルモールポリッシュ&コート

2年前に当店でボディーコーティングを施工頂いたオーナー様のベンツE200です。
カラーは黒ですがいや〜綺麗にケアーされているのでまだまだ撥水もよくシミもほとんどない状態です。洗車傷もほとんどないですね!!

そんなお車ですがあらぬところに凹みが出来ているということでご入庫いただきました・・・・

<施工前>
ベンツデントリペア前200203.JPG

いや〜まずいよこれ・・・まじで・・・作業を受けたはいいが・・・オーナー様にはデントリペアできない可能性もあるので・・・その時は・・・・

色々試しながら・・・・これでもダメあれでもダメならばこうして・・・・

簡単に説明すると試してわかったことですが・・・ある程度予測はしてましたが・・・ツールは全く入りません・・・でプーリングで引っ張るも綺麗に出てきません・・・
丁度このフェンダーアーチの縁は裏のパネルと表のパネルが合わせてある部分でつまり鉄板2枚分が重なってるところでして・・・・うまくいかないんですよ・・

ただそれであきらめるのもお互い残念ですのでやれることをやりました!!
かろうじてプーリングで動くところは引っ張って、動かない所は鉄板が2重になっていますが2枚まとめて押してみました。・・・するとどうでしょう割とうまくいきます!!

微調整を繰り返しながら完璧な修復とは行きませんが自然に見た感じでは違和感なく仕上げることができました!!

<施工後>
ベンツデントリペア後200203.JPG

デントリペアで触ったところはさすがに施工痕が付きまくりですので磨いて綺麗にし再コーティングまでして完成です。

でついでに頼まれた作業は窓ガラスの撥水加工の施工、ホイールのコーティング、メタルモールのコーティング!!

いずれもダメージは少ないのですがリフレッシュされたいということです。

ベンツB200203.JPG

ベンツC200203.JPG

ベンツA200203.JPG

リフレッシュ完了です!!まだまだ新車気分で洗車を楽しんでくださいませ!!!

ベンツ@200203.JPG

2020年01月28日

やっぱりこれが良い!!

●2002/12 BH5 レガシーツーリングワゴン デントリペア複数、タッチアップ、ヘッドライトリペア、ウインドウポリッシュ&コート、ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤ テクニカルディテールyLevelC)他部品交換

盛りだくさんのリフレッシュで復活しましたレガシーツーリングワゴンをご紹介します。
オーナー様は以前ポルシェのコーティングをご依頼いただいたこともございます。レガシーツーリングワゴンは以前から所有されていたようですがやっぱりレガシーが楽しいということで乗り続けることに・・・
ただ、ボディーはそれなりに汚れ傷みが蓄積してきているのでリフレッシュ&コーティングをさせて頂くことになりました。

DSC00957.JPG

それでは文章少な目写真多めのビフォアー⇒アフターをご覧いただきましょうか!

先ずは凹みの修復から・・・デントリペアで綺麗なパネルに戻しましょう

ボンネット先端の凹みです
レガシーボンネット前200126.JPG

グリルからツールのアクセスができました!!

レガシーボンネット後200126.JPG

これもボンネット・・・凹みではなく凸ですね!
レガシー凸前020126.JPG

叩いて凸を平らにするのですが・・・・叩くと凸が少し残り周りが凹みます、なのでまた裏から凹みを押してまた凸を叩いて・・・・意外と直すのに時間が掛かりましたが綺麗になくなりました!!

レガシー凸後020126.JPG

このドアに一番凹みが集中していましたね!
レガシードア前020126.JPG

全部無かったことに!!

レガシードア後020126.JPG

ボディーを綺麗に磨いてコーティングしても凹みがあるとねぇ〜・・・・それと凹みはボディーが綺麗になると結構気になりますのでこうして磨きコーティングとデントリペアをセットでリフレッシュするのが当店流です!!

さてお次はヘッドライト・・・
レガシーヘッドライト前020126.JPG

なるほどね・・・ヘッドライトをリペアするにはこのカバーを取り外したいところです!!
ただ・・・これ両面テープでしっかり付いています。しかも塗装の状態はまだまだ良いですね、これを剥がすには塗装が傷ついたり割れたりすると替えがありませんし・・・・・・
今回は付けた状態で何とかして見ましょう!!

レガシーヘッドライト後020126.JPG

ほぼ手作業だったので少し粗い仕上がりですがぱっと見は綺麗じゃないですか!!

洗車には2日間を要しました・・・
レガシーカウル前020126.JPG

レガシーカウル後020126.JPG

レガシーヒンジ前020126.JPG

レガシーヒンジ後020126.JPG

内側の洗浄が終わったら表側・・・表側はパネルの隙間モール、レンズなどの隙間の汚れを徹底的に除去し磨き&コーティングを行います。
今回窓ガラスの磨き&撥水加工まで同時に行いますのでゴムモール及びモールとガラスの隙間までリフレッシュされてます。

中には部品を外して作業する箇所も

レガシーノズル前020126.JPG

レガシーノズル後020126.JPG

オプション部品のカーゴステップは曲がったり捲れたり・・・していましたので・・・
レガシーパネル前020126.JPG

まだメーカー在庫があったのでついでに新品交換いたしました。

レガシーパネル後020126.JPG

ドアのアウターハンドル・・・・周りはスケールが溜まり、手で触る部分爪で引っ掻いた傷、写真ではよくわかりませんがキーシリンダー周りは塗装が剥がれた部分も・・・・
レガシードアノブ前020126.JPG

スケール除去、ポリッシュ&グレイジング、タッチアップ・・・そしてコーティング

レガシードアノブ後020126.JPG

フロントバンパーのボンネットを開けると見える部分です・・・・スケール、傷・・・艶がなく白ぼけ・・
レガシーバンパー前020126.JPG

レガシーバンパー後020126.JPG

ボンネット、カウルトップ、ガラス、その周りのゴム
レガシーガラス前020126.JPG

同時に作業すれば・・・・見違えるように!!
レガシーガラス後020126.JPG

樹脂部分も
レガシーガーニッシュ前020126.JPG

磨いてコーティングします。
レガシーガーニッシュ後020126.JPG

ボンネットの状態です
レガシーシミ傷前020126.JPG

シミでくすんだ状態です・・・磨きで艶を復元、フロント部分は飛び石傷も多数ありますので顔料を埋め込みながら仕上げます。
埋まり切らない飛び石傷はタッチアップして目立たなく!!そしてコーティングを!!!

レガシーシミ傷後020126.JPG

1週間のお預かりでようやく完成です!!

DSC01029.JPG

DSC01028.JPGDSC01029.JPG

DSC01027.JPG

DSC01020.JPG

DSC01026.JPG

DSC01025.JPG

DSC01024.JPG

レガシーツーリングワゴンBH5の復活でした!!

2020年01月21日

ボディーメンテナンス

●レガシーツーリングワゴン コーティングメンテナンス

2年前に当店でコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤ)、ヘッドライトリペア、ウインドウコートを施工頂いたレガシーです。
その効果が少し薄れてきたことでコーティングのメンテナンスのご依頼を頂きました。

これは2年前に施工して頂いた時の状態です!!
DSC05808.JPG

でこれが今回メンテナンスさせて頂いた状態です。
レガシーメンテ200119.JPG

元に戻りましたね!!

何時も綺麗な車は良いですね!!
今後のメンテナンスもお任せくださいませ!!

2019年12月22日

まだまだ新車気分で

●2011/12 vwポロGTI ボディーコーティング(テクニカルグラスコートT テクニカルディテールLevelC)、ヘッドライトリペアスチームコート、タッチアップ

新車からお乗りになられているポロはまだまだオリジナルの塗装は良好な状態をキープされています。
・・・がヘッドライトが・・・

ポロライト@191220.JPG

こればかりはどうしようもないですよね・・・表層割れでひどく痛んできています。
こうなると・・・・リペアは出来るのか?・・・問題なくできます!!

ポロライトA191220.JPG

粗い番手からひび割れを根こそぎ削り落とします・・・・ここでひび割れを残すと後の仕上がりに影響しますので入念にヘッドライトの隅まで丁寧に削り落とします・・・これ結構大変です。

ポロライトB191220.JPG

最終的に1500番のペーパーで下地を整え・・・・スチーマーコートを施工します!!

ポロライトC191220.JPG

スチーマーコートはレンズを溶かしながら定着させるので剥がれる心配はありません!!!

<施工前>
ポロライトヒビ前191220.JPG

<施工後>
ポロライトヒビ後191220.JPG

いや〜綺麗になったね!!

ご依頼いただいた作業は他にもボディーのリフレッシュ&コーティングです。

<施工前>
ポロボンネット前191220.JPG

ソリッドカラーなので細かいシミ、傷がリセットされれば断然輝きが復活しますよ!!

<施工後>
ポロボンネット後191220.JPG

おお良い輝きが戻りました!!

他には樹脂部分の劣化を復活させましょう
ポロピラー前191220.JPG

これが

ポロピラー後191220.JPG

触れないくらい綺麗にしておきます・・・・(笑

ここが黒くなると
ポログリル前191220.JPG

引き締まります!!

ポログリル後191220.JPG

そしてここもね
ポロナンバー前191220.JPG

色を落とすことなく汚れを除去・・・・もちろんコーティングもしております!!

ポロナンバー後191220.JPG

飛び石傷も多数ありますのでタッチアップもお手伝い

さあ赤いポロGTIまだまだ新車のような気分を味わってくださいませ!!

DSC00789.JPG

DSC00790.JPG

DSC00792.JPG

DSC00794.JPG

DSC00788.JPG

DSC00795.JPG

DSC00796.JPG

DSC00797.JPG

DSC00798.JPG

2019年12月02日

最高のリフレッシュを!!

●2006/7 BMW130i デントリペア、タッチアップ、部品交換及び脱着、塗装(外注)、ボディーコーティング(テクニカルグラスコートUプラスダイヤ テクニカルディテールLevelC)ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート、ヘッドライトプロテクションフィルム(外注)、ウインドウフィルム施工(外注)

購入したばかりのマニュアルミッションの130iは13年経過してるにもかかわらず程度は良いです。

入庫時
BMW入庫191130.JPG

それをさらに当店で可能な外装のリフレッシュとコーティングそしてネットワークを駆使してフィルム施工等で最高の状態の美しいボディーが完成いたしました!!

いや〜まいりました・・・・オーナさんのこだわりに!!
とにかく見てくださいませ・・・・・

先ずはデントリペアで凹みを直します。
BMWへこみ前191130.JPG

左のリアドアの凹みです。

BMWへこみ後191130.JPG

この凹みは問題なく直ります・・・・がこれだけではないんです!

BMW傷前191130.JPG

傷が横にガガガ・・・・っと・・・オーナー様は再塗装をされるおつもりでしたがこれなら磨いて消えるので
と言うことで再塗装はせず磨きで対応します、完成は後程ね、
でこの傷の先には

BMWドアノブ傷前191130.JPG

これは完全に行っちゃってますね・・・こちらも

BMWドアノブ破損191130.JPG

割れちゃってます・・・

ですのでドアノブは新品に交換することに・・・新品は塗装レスですのでアッソさんで塗装を依頼
でドアハンドルを外すと・・・

BMWドアノブ周り前191130.JPG
ワオッ!!歪んでいます。・・・でもご安心をデントリペアで何とかなります。

塗装も仕上がって来て・・・・
BMWドアノブ塗装191130.JPG

BMWドアノブ周り後191130.JPG

完璧でしょう!!
で実はドアハンドルを外したならと・・・
BMWノブ周り前191130.JPG

外した状態でポリッシャーで綺麗に傷のない状態に仕上げておきました!!
BMWノブ周り後191130.JPG

普段は外してまで磨くことはありませんがついでなのでね!・・・・残りの3枚のドアノブ周りも
せっかくなので全部一旦外してすべて同様に磨いて仕上げました!!

続いてテクニカルデイテールです
BMWエンブレム前191130.JPG

エンブレム、シールは剥がしてほしいとのリクエストでしたので・・・

BMWエンブレム後191130.JPG

スッキリ!!エンブレムはまた付けたいときの為に位置がわかるように型紙を作っておきました!!

ルーフモールに汚れが溜まっているようなので・・・汚れがトランク側に流れてますよね・・・
BMWルーフモール前191130.JPG

ですので一旦外して・・・ただ外すとクリップを交換しなければなりません備品代が余計ですがせっかくなので外して一掃しました。

BMWルーフモール後191130.JPG

リアバンパーの一部分が深めの傷がありました・・・
BMWバンパー傷前191130.JPG

少し残ってますがこれで良しとしましょう!!

BMWバンパー傷後191130.JPG

ピラー部分
BMWピラー前191130.JPG

傷だらけ・・・もスッキリね!!

BMWピラー後191130.JPG

そしてパネル全体は・・・
BMWボンネット前191130.JPG

かなりスケールが乗っちゃってますねでも致命的な陥没痕はほとんどなくしっかりクリーニング&ポリッシュすることで完全復活いたしましたよ!!

BMWボンネット後191130.JPG

そしてタッチアップもね
BMWタッチアップ前191130.JPG

サービスしますよ!!

BMWタッチアップ後191130.JPG

窓ガラスもリフレッシュ
BMW窓前191130.JPG

ここをここまで綺麗にするコーティング屋さんって何件あるのでしょうか?

BMW窓後191130.JPG

長耐久の撥水加工までしてますよ!!

そしてホイール・・・
DSC00556.JPG

窓ガラス、ヘッドライトのフィルム施工のリクエストもありましたので、フィルムのプロに委託して施工して頂きました。

DSC00557.JPG

ヘッドライトは劣化防止と傷防止に

DSC00558.JPG

窓ガラスは飛散防止と断熱効果を!!

2週間かけて最高の状態に仕上がりましたよ、フィニッシュはグラスコートUプラスダイヤコーティングを施工して完成です!!大変お待たせいたしました。

凹みと傷ドアノブを交換したドアも綺麗に復活してます!!
BMW傷後191130.JPG

DSC00554.JPG

これを見て美しいと思った人は迷わず当店でリフレッシュしましょう(笑

DSC00560.JPG

DSC00559.JPG

DSC00561.JPG

DSC00562.JPG

DSC00563.JPG

2019年11月01日

ヘッドライトのリペアもお任せください

●クラウン ヘッドライトリペア スチームコート

ヘッドライトが曇ったり黄ばんだり剥がれたり・・・細かなヒビが出来たり・・・・でお困りではないでしょうか?

クラウン前191101.JPG

このケースは・・・ヘッドライトの上部分のハードコートが剥がれてきていますね!!

ヘッドライトのダメージをしっかり削り落として1500番で足付けした後スチームコートにて新品並みの耐久性のある表面へとリペアいたします!!

クラウン後191101.JPG

ヘッドライトが綺麗になればお車の印象もずいぶん良くなりますよ!!

クラウン191101.JPG

クラウンのオーナー様当店をご利用いただきありがとうございました。

2019年10月05日

もう一度新車気分

●2007/2 ゴルフGTI ヘッドライトリペアスチームコート、ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤ・テクニカルディテールLevelC)

この型のゴルフが好きすぎて・・・ですのでもう一度新車気分を味わうためにと!
ヘッドライトとボディー全体のリフレッシュとコーティングを・・・とのリクエストです!!
前回は凹みの修復をデントリペアでリフレッシュさせて頂いてます。でさらに欲が出てボディー全体を綺麗に復活させようという流れでご依頼いただいてます。

ゴルフ鉄粉191005.JPG

先ずは汚れ異物の除去から・・・何気に鉄粉の量がすごいです・・・・
綺麗にクリーニングして先ずはヘッドライトのリフレッシュから・・・

ゴルフライト前191005.JPG

欧州車の多くはこのように表層割れと言って細かくひび割れてきます。
透明度は割と保ってるのですがやはり古さは隠せません

ひび割れた部分を削り取って新しく綺麗な表層面を作るためにスチームコートで仕上げてリフレッシュ完成です。
ゴルフライト後191005.JPG

耐久性は新品並みとされています!!

さあボディーを磨きましょう・・・・
ゴルフ磨き前191005.JPG

結構洗車傷がビッシリ・・・・コーティングの美しさは磨きにかかってます!!
新車のようにいや新車以上に美しく・・・・私のモチベーションでもあります!!

ゴルフ磨き後191005.JPG

そしてこんなところも磨きます
ゴルフピラー前191005.JPG

磨けますので!!磨いた後はコーティングします。
ゴルフピラー後191005.JPG

表から見えない部分ですが

ゴルフ汚れ前191005.JPG

内側もクリーニング&フッ素コートを
ゴルフ汚れ後191005.JPG

DSC00149.JPG

グリルは樹脂ですが劣化して白けてますが・・・
ゴルフグリル前191005.JPG

コーティングすることで元の美しさを取り戻します。

ゴルフグリル後191005.JPG

当店はグリル等の樹脂部分も標準でコーティングいたしますよ!!

ボディーコーティングはテクニカルグラスコートTプラスダイヤでがっちりコート、磨いたボディーがさらに美しく輝きます。コーティングの効果はその後の洗車でさらに感じて頂けると思いますよ!!

DSC00143.JPG

DSC00144.JPG

DSC00146.JPG

DSC00147.JPG

DSC00152.JPG

すべてのリフレッシュ&コーティングまですると結構費用は掛かります・・・・
でもその仕上がりを見て頂ければ車を買い替えた以上に感動していただける・・・その方がよりカーライフが楽しくなる!!
古いより新しいものが価値がある・・・・その価値観が覆る瞬間を体験すると物が愛おしくなり物が物でなくなるんですね!!

2019年09月07日

GTRボディーケアー2連発!!

ボディーケアーをして欲しいと以前ご利用頂いたR33GTRのオーナー様からご依頼がありまして・・・
お仲間の同じR33GTRオーナーとご一緒にご来店頂きました。
つまり2台ともボディーケアーしたいと・・・・ありがとうございます。

作業内容は2台ともに簡単な磨き艶出しまでを・・・

先ずはお連れのお仲間のR33GTRから、ボディーカラーは当時イメージカラーだったと言う紫の濃いめの色
「ミッドナイトパープル」?カラー名でしょうか・・・数年前にオールペイントがなされています。

DSC09919.JPG

全体的に上面をシッカリ、側面は簡単にポリッシュ&グレイジングで仕上げさせて頂きました
当店は初めてですが仕上がりには満足いただけたでしょうか?

DSC09921.JPG

日を変えて前回・・・・全体を仕上げさせて頂いたブラックカラーのR33GTRを今回は上面のみ主に洗車傷をポリッシュ&グレイジングでケアーさせて頂きました。

DSC09923.JPG

次回もあればお手伝いさせて頂きますね!!

DSC09922.JPG

2019年08月03日

ワンオーナーBMW320iのリフレッシュ後編

●2001/7 BMW320i ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤ テクニカルディテールLevelC)ウインドウポリッシュ&コート

前回デントリペアとモール磨きからの続きです。
http://dr-garage.sblo.jp/article/186303404.html

新車から18年ワンオーナーで大事にオリジナルをキープされていますよ!

窓ガラスは全体的に良い状態ですが・・・隅っこの方はスケールがたまって部分的にウロコが付いています。
320フロントガラス前190803.JPG

320フロントガラス後190803.JPG


320リアガラス前190803.JPG


320リアガラス後190308.JPG

リフレッシュして撥水加工を施したガラスは新品の様です。

ボディー以外ではワイパーアーム、樹脂部分などもリフレッシュ+コーティングいたします。

320ワイパー前190803.JPG

320ワイパー後190803.JPG

320ミラー前190803.JPG

320ミラー後190803.JPG

ナンバープレートの汚れも
320ナンバー前190803.JPG

色を落とすことなくリフレッシュ+コーティング

320ナンバー後190803.JPG

グリル樹脂部分もさりげなく真っ黒に
DSC09699.JPG

ボディー塗装部分は18年も経過してるにもかかわらずオリジナル塗装がまだまだ十分生きていますので

320ボンネット前190803.JPG

表面の劣化でくすんでいますが磨きとコーティングで当時の輝きを取り戻せます。

320ボンネット後190803.JPG

前回磨いたアルミモールも専用コーティングで仕上げてます。
DSC09695.JPG

すべての作業が完了し本日お引渡しとなりました。
長期間のお預かりで大変お待たせいたしました。

DSC09697.JPG

DSC09700.JPG

DSC09703.JPG

DSC09698.JPG

当店をご用命いただきありがとうございました。お手入れ等で困ったことがあればいつでもお声がけくださいませ。

DSC09701.JPG

2019年07月26日

ボディーメンテナンス

●シャラン フェンダーのデントリペア、ボンネットのタッチアップ+磨きコーティングの補修施工

今年の3月に新車でコーティングさせて頂いたシャランですが・・・

シャラン190725.JPG

フェンダープレスラインにガッツリ系のへこみが一ヶ所・・・ボンネットは飛び石による塗装の欠けができてしまったということです。

まあこう言う事って避けて通れませんよね・・・
でもご安心ください当店はへこみはデントリペアで飛び石はタッチアップで当然その際表面を新たに仕上げるために磨いて同じコーティングを再施工までお任せいただきます。
しかもその費用はデントリペアはリピーター割引適用で通常より20%引き(最大4,000円引き)、そしてタッチアップ、再コーティングは会員特典を利用して無料サービスさせて頂いています。
※施工の範囲ご要望の内容により有料の場合もございます。

<施工前>
シャラン施工前190725.JPG

輸入車も最近はパネルが薄くなってますね・・・凹み方が国産車と変わりません
軽量化、安全対策を考えると世界的にその方向でしょうか・・・

<施工後>
シャラン施工後190725.JPG

施工としては特に難しいわけではありませんが最終的な仕上がりを綺麗にするためにはより正確な判断と技術が要求されます。

そしてボンネットの飛び石被害です。
シャランタッチ前190725.JPG

飛び石を防ぐためにはプロテクションフィルムと言う新しい保護方法はありますがコストと仕上がりを考えると気軽に・・・・施工とは行きませんよね!!

と言うことでタッチアップの出番です。

シャランタッチ後190725.JPG

同時施工であればデントリペアする間に塗料を乾かしながら合理的にできる分無料です。

そして当店でコーティングさせて頂いてるお車は施工したコーティング部分の補修まで無料で行わせて頂きます。
具体的にはデントリペア部分は表面の薄っすら付いた傷、施工の際に表面部分もポンチングなどで触りますので最終的にその痕跡を消すためにポリッシングして仕上げます。タッチアップ部分も脱脂したり研磨&ポリッシングしますので・・・すると少なからずコーティング表面が薄くなったり場合によっては無くなったりしますよね・・・ですので綺麗に仕上げた後は同じコーティングを再施工するのが一番良いですからね。

これら一連の作業〜仕上がりをすべてお任せいただけます。最善なクオリティーを低コストで合理的にメンテナンスできるところが当店をご利用いただく最大のメリットですよ!!

2019年07月20日

ワンオーナーBMW320iのリフレッシュ前編

●2001/7BMW320i デントリペア、アルミモールポリッシュ&コート

新車から18年所有されているBMW320iです。

DSC09618.JPG

大事にされていますね!ボディーの状態が少しダメージが目立っているので今回当店でリフレッシュ&コーティングをさせて頂くことになりました。
丁度お仕事で3週間ほど出張と言うことでその間を利用して作業させて頂きます。

先ずは凹みの修理・・・デントリペアから
これくらいの年式となると凹みも多そうですがチェクすると気にならないものも含めて3カ所

<施工前>
BMWピラー前190720.JPG

リアのピラー部分の凹みです・・・ここは工具が入らないのでプーリング(引っ張り)で直しました。

<施工後>
BMWピラー後190720.JPG

<施工前>
BMWボンネットへこみ190720.JPG

ここはボンネットの凹みです・・・オーナー様的には気になってないようでしたが・・・
磨きてより綺麗になると気になるかもしれませんし・・・直しておきます。

<施工後>
BMWボンネットデントリペア190720.JPG

他にもドアに1cm以内のへこみがありましたので綺麗に直しておきます。

続いてアルミモールの腐食をリフレッシュします。

<リフレッシュ前>
BMWモール前190720.JPG

BMWモール@前190720.JPG

現行のBMWも・・・と言うか欧州車のほとんどの金属モールはアルミ製です。この年式以前も欧州車はリサイクルの関係などでモールなどの金属はアルミが使われています。
ちなみに日本ではステンレス製が多いのかな!ステンレスの方が耐久力は断然上です・・・

アルミの質感は高級感を演出しますが・・・・こうなると台無しです。
アルミの素材はそのままだとすぐに白く腐食します。なので新車の状態でアルマイト(酸化被膜)加工をされています。ヨーロッパは気候的にそれで充分だと・・・ただ日本だと高温多湿の影響で早期に腐食するらしいです。一番よくないのは黄砂と雨の関係かな?いわゆるアルカリ錆!!一撃でダメージを負ってしまう可能性があり新車でも1シーズン(1年も)すぎればそのダメージから腐食が進み2年目あたりから目立ってきて3年目であきらめるみたいな感じですかね。
これの綺麗さを維持するためにはまめな手入れとは必須ですが専用のコーティングがお勧めです。
まめな手入れが嫌な方はプロテクションフィルムを貼るのが良いでしょう。
すでにダメージを負ったものは磨けば輝きは取り戻せます。
ただこの磨きが超大変・・・・・・そこは当店にお任せくださいませ!!
と言うことでとりあえず磨きで復活しました。

<リフレッシュ後>
BMWモール後190720.JPG

BMWモールA後190720.JPG

この後ボディーの磨きを行い最後にモールも専用コーティングで仕上げる予定です!!

2019年07月12日

お悩み解消

●RC-Z クオーター凹みのデントリペア、ヘッドライトリペア+プロテクションフィルム施工、ルーフピラーアルミモール磨き+プロテクションフィルム施工

デントリペアのご依頼で2回目の御利用となりました。
早速デントリペアを施工しましょう・・・・

<施工前>
RC-Z前190706.JPG

クオーターパネルに出来たへこみですが、このお車はすんなりツールが入りました・・・ラッキー!
と言うことで短時間で完成!!

<施工後>
RC-Z後190706.JPG

そして予定にはなかったのですが・・・ヘッドライトの黄ばみとアルミモールの腐食が・・・・
ご自身でも定期的に磨いてたりされてたみたいですが・・・・
お話をさせて頂くと・・・・なかなか大変だし劣化も進んでいるのでリフレッシュ&プロテクションフィルム施工までしましょうということになりそのまま1週間お預かりさせて頂きました。

<施工前>
RCZヘッドライト前190712.JPG

<劣化部分の除去>
RCZヘッドライト磨き190712.JPG

劣化部分を削って除去しスチームコートを施工します。

<スチームコート>
RCZヘッドライトスチーム190712.JPG

本来はこれでリペア完成ですが、今回はさらにこの状態を完全保存するためにプロテクションフィルムを施工しました。

<プロテクションフィルム施工>
RCZヘッドライトフィルム190712.JPG

ルーフのアルミモールは・・・

<施工前>
RCZモール前190712.JPG

ひたすら専用の磨き剤で磨きます・・・ご覧のように比較的磨いやすい平らな部分は割と綺麗ですが
端っこの方はケアーが難しいようです。

<磨き後>
RCZ磨き190712.JPG

綺麗になりましたね。

<プロテクションフィルム施工>
RCZフィルム190712.JPG

モール用のコーティングよりもフィルムで保護しますので物理的に腐食は進行しませんよ!!
プロテクションフィルム貼ってるのわかります?ってくらいよく見てもわかりません。
端っこの方よく見てください・・・なんとなくわかるかな?

1週間のお預かりお待たせいたしました。
RCZ完成190712.JPG

ボディーもお肌の曲がり角に差し掛かってますのでこれからもリフレッシュしながらRC-Zを可愛がってあげてくださいませ。ありがとうございました。

2019年07月02日

メンテナンス

●アクアGS デントリペアとタッチアップ、コーティングメンテナンス+ホイールコーティング

定期的にボディーのメンテナンスをお任せいただいているオーナー様です。
いつもありがとうございます。
新車でコーティング(テクニカルグラスコートUプラスダイヤ)をさせて頂いてますがシミと鉄粉が少し付着しているということでメンテンナンスのご依頼を頂きました。
又一か所へこみがありましたのでそのデントリペアと飛び石傷のタッチアップ、ホイールのコーティング施工まで!!

アクア前190702.JPG

アクア後190702.JPG

ボディー全体のメンテナンスもホイールコーティングも完了!!

アクア190702.JPG

2019年06月29日

じゃあ取り外して

あれあれあれ・・・・

DSC09492.JPG

気になったのでコンパウンドでごしごしすると・・・余計真っ白に・・・

と言うことで外して磨き直すのが一番綺麗になるので・・・じゃあ外して!!

DSC09493.JPG

何とかリカバリできました!!

DSC09494.JPG

こんなことまで対応しますよの例です。

2019年05月25日

アルピナのリフレッシュ

●2009/4 BMW アルピナB5S 右クオーター&リアドアの板金塗装、アルピナラインの全面張替え、ボディーコーティング(テクニカルグラスコートUプラスダイヤ テクニカルディテールLevelC)タッチアップ

すごく程度の良いアルピナですがクオータパネルとその隣のドアにへこみと傷が・・・
当店ご利用のオーナー様で他のお車でもご利用いただいていたことから今回もご相談を・・・・
結局そのへこみ傷はデントリペア不可のため鈑金塗装で復活させることに!!
ただ問題なのはアルピナライン・・・塗装し直しですから当然ながら修理のパネルのラインは無くなります。
問題なのは無くなるのは想定内ですがその部分だけ貼り直すと微妙に色合いに差がついてしまいます。
と言うことでラインは全面張り直し・・・これはアルピナラインの張替え職人さんにお任せします!!

先ずは鈑金塗装・・・担当は仕上がりクオリティーの高いアッソさんでhttp://www.asso-garage.com/

001 (16).jpg

クオーターとドアの修理ですがバンパーテールレンズなどすべて外します。

001 (40).jpg

クオーターパネルとリアガラスは隣接してるのでガラスも外します。

001 (27).jpg

修理箇所のアルピナラインをはがしモール、ドアノブ等も外します。
損傷個所はわずかですがこの写真にも映り込まない程度ですが正しい修理はここまでする必要があります。

001 (55).jpg

ペイントはクオーターからこのAピラーまで途中でぼかすことなく塗り直します。

001 (49).jpg

カラーは何度もサンプルを作り可能な限り色を合わせます。

001 (54).jpg

技術があり正しい修理を行うのは当然ですが取り組む姿勢が一番大事なのは言うまでもありません
まるでオリジナルのように自然な仕上がりです!!

鈑金塗装が仕上がったところでいったんディーラーにお返しそこでアルピナ職人によってラインを全面張替えていただき・・・当店で仕上げの磨き&コーティングを行います。

そして当店の出番です。程度はもちろん良いのですが取りきれていないシミ、傷をリセット
アルピナシミ前190525.JPG

美しさに磨きを掛けます・・・
アルピナシミ後190525.JPG
※写真はまだコーティングしてません

コーティングはテクニカルグラスコートUプラスダイヤ

DSC09247.JPG

DSC09248.JPG

DSC09249.JPG

DSC09250.JPG

DSC09251.JPG

DSC09252.JPG

DSC09254.JPG

DSC09256.JPG

DSC09260.JPG

DSC09259.JPG

アルピナB5Sの復活です!!
ディーラーさんアッソガラージュさんそして当店(私)、人の手によって美しさは完成します。
そして忘れてはいけませんね、オーナー様の思いとオーナー様のお手入れが行き届かねば美しさは保てませんよね

DSC09246.JPG

2019年05月18日

ヘッドライトを守る

新品のヘッドライトを劣化から守る方法・・・・・・?
考えられる一番の最良の手段は・・・・
コーティング・・・・・いやいや
そもそもヘッドライトは新品時にハードコートで守られています!!
これはコーティングの数倍いや数十倍耐久力がありますですのでその上に施工するコーティングはわずかな効果しか期待できません
ご存知のように新品のヘッドライトはハードコートで劣化を抑えているものの紫外線の影響などで少しずつ劣化し曇ったり黄ばんだり或いは細かいひび割れを起こしてきます。
メーカーにもよりますが早いものは2年後あたりからこの症状が出て気になるくらいになったころにはハードコートそのものは役に立たないほど劣化してしまってます。
少し黄ばんだ程度であれば軽く磨けば綺麗にはなりますがそもそもハードコートの役割が終わっていればすぐにまた黄ばんだり曇ったりします。コーティングをしておけば少しはその分持ちますがやはり3か月前後で曇り始めてしまいます。
現代の車はデザイン性能が良くなる一方でこのような劣化で悩んだり苦労したりしていませんか

当店ではそのようなダメージを負ったヘッドライトをリペアさせて頂くサービスも行っていますが
やはり新品の状態が一番良いのは間違いありません

新品のヘッドライトをそのまま維持できる唯一の方法は「プロテクションフィルム」で守る・・・
そこに行きつきました!!

DSC09208.JPG

新車或いは綺麗なヘッドライトを劣化だけではなく飛び石などの被害からも守れます。

DSC09209.JPG

まったくそのままのヘッドライトの綺麗さを保存できるプロテクションフィルムを
当店でお願いしている匠はXPELのアルティメイトプラスを使用されているとのことです。
耐久力が高くフィルム自体の透明度も長期にわたり維持できるとのことです。
ざっくり5年間フィルムの美観も保てヘッドライトの劣化はなし!!

DSC09213.JPG

何年か後に愛車を買い替えるときもヘッドライトが痛んでいると査定にも響くでしょう
高価なヘッドライトだと片側だけでも30万以上します。
新車で今購入されようとしてる方・・・もしヘッドライト単品を買ったら幾らするか聞いてみてください
もし片側10万以上するなら新しい綺麗なうちにプロテクションフィルムで守るのが一番だと思います。

当店の正式メニューではありませんが新車のコーティングの依頼でご入庫いただいたオーナー様にはご紹介させて頂いています。

作業のご依頼を頂ければ当店へ出張頂き当店ガレージにて施工頂いてます。
ご興味のある方はご相談くださいませ!!

2019年05月13日

よし!リフレッシュだ!!

●2011/8 BMW Z4 ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤ/テクニカルディテール施工LevelC)、ホイールクリーニング&コート、ウインドウポリッシュ&コート、タッチアップ

以前デントリペアをご利用頂いたオーナー様のBMW Z4をリフレッシュ&コーティングさせて頂くことに

DSC09145.JPG

さてその状態はと言うと・・・・

<リフレッシュ前>
Z4シミ前190513.JPG

Z4B前190513.JPG

Z4A前190513.JPG

Z4@前190513.JPG

傷とシミのクレーター痕が・・・・結構来てますな・・・・
一部の傷シミは残るもの(残したもの)もありますが美しさを取り戻しましたよ!!

<リフレッシュ後>
Z4シミ後190513.JPG

Z4B後190513.JPG

Z4A後190513.JPG

Z4@後190513.JPG

コーティングはボディーはグラスコートTプラスダイヤと窓ガラス、ホイールまでね!!

DSC09176.JPG

DSC09175.JPG

DSC09178.JPG

DSC09179.JPG

DSC09180.JPG

DSC09182.JPG

DSC09183.JPG

DSC09174.JPG

DSC09181.JPG

DSC09184.JPG

よし!リフレッシュ完了!!コーティングのケアーで困ったらいつでもご相談くださいませ。