2018年12月22日

クアドリフォリオ

●H30/11 ジュリア クアドリフォリオ テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelA、ウインドウポリッシュ&コート、黒メタルモールポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート

イタリア車大好きオーナー様が当店で何台目?のコーティングのご依頼です。
ジュリエッタからジュリア最上級のクアドリフォリオの新車に御乗換えという事です!!

御入庫時
ジュリア前181215.JPG

わくわくしながらさて始めますか・・・新車だし楽勝・・・と思いきや

結果から申しますと鉄粉、ブレーキダストの付着、雨染みの付着がすごい「あわわ・・・・わ」
先ずホイール・・・

DSC08025.JPG

紫に溶けているのがブレーキダスト・・・なぜでしょう?
今回表も裏もコーティングさせて頂きましたが特に裏側はザラザラ・・・ですがご安心ください想定外ですがキッチリスベスベにして専用コーティングさせて頂きました!!

DSC08045.JPG

そして黒モールは・・・これすでに洗車では取れないシミです。
オーナー様は安心して当店にご依頼頂いてますが・・・このまま納車ではたぶん困るよね。
ジュリアモール前181215.JPG

黒モールはアルミの黒アルマイト処理された高品位パーツですが雨染みが良く付く事で悩みの種です。
専用の磨き剤で念入りに磨いて落してコーティングして・・・これが本来の姿です。
ジュリアモール後181215.JPG

ここは樹脂パーツ
ジュリアピラー前181215.JPG

黒アルミの素材と違って柔らかいので傷つきやすくシミも目立ちます。
磨きやすいのですがその後傷も付きやすく黒いので傷もシミも目立ちます。
ジュリアピラー後181215.JPG

同じ黒いパーツですが素材が違うので傷み方も違いますね・・・艶黒の樹脂は優しくケアーしましょう!!

そしてボディーは・・・・・想定内ですがここまで鉄粉が付いてるのも・・・イタリア車らしいとしときましょう(笑

DSC08028.JPG

3層コートのパールカラーが見事に鉄粉だらけ・・・・これをキッチリ落して
ファーストポリッシュにて本来以上の艶を引き出してからコーティングします。
参考になればと思い公表しますが新車も新車なりに傷んでます・・・国産車は納車までの品質管理は高いですがそれでも条件はばらばらです。鉄粉乗ってたり、想定以上に拭き傷がついていたり、花粉が付いていたり色々です。海を渡ってくる輸入車はそりゃー想像すればね・・・お国柄にもよりますが・・・
それらを管理&リセットするのがメーカー&ディーラーさんなのですが正直コーティングをするための品質は
コーティングする前の下地処理をするときにしか出来ません
新車こそわずかなダメージを見逃さず綺麗にリセットするのが大切ですよ!!

DSC08047.JPG
寝そべりながらアンダーパネルの奥の縁までキッチリコーティングしています・・・・

DSC08046.JPG
グリルもナンバープレートもスポイラーもコーティングしてます。
因みにスポイラーは高速で自動で下に動くようです・・・

DSC08049.JPG

DSC08055.JPG
カウルトップもワイパーアームもコーティングしています。

DSC08060.JPG

DSC08054.JPG

ジュリア後181215.JPG

ボンネットルーフは何とカーボン製
DSC08058.JPG

DSC08057.JPG

DSC08056.JPG

チャレンジ

●ヴェルファイア ルーフのデントリペア

ズバリ、デントリペアは無理なケースですが・・・

ヴェルファイア181222.JPG

ルーフの凹みの原因は・・・・低い駐車場?にぶら下がっている空調機の様な出っ張りにルーフが挟まった!!
幸いにもその空調機の周りはクッション材が巻かれていたので傷はほとんどないようだったのでデントリペアで直らないかと・・・・

電話ではお見せ下さいって言ったものの正直無理っぽいなぁなんて思いながら本日ご来店頂きました。

<施工前>
ヴェルファイア前181222.JPG

なるほどね・・・ルーフの上をローリングしてペシャンと凹んでいます。
角のプレスラインが約50p少しですが低くプレスされています・・・・
つまりデントリペアでは完全修復は無理!!
なので鈑金塗装で修理するのが良いですよと・・・・ただその費用は・・・・高いよね。

デントリペアでは完全には直りませんがオリジナルの塗装を残し出来るだけ目立たなくする、結果的に費用は抑えられる・・・・そこに少しでもメリットを感じて頂けるのであればチャレンジしてみましょうか?と

言う事でデントリペアで修復してみることに!!

<施工後>
ヴェルファイア後181222.JPG

思った以上にパネルは柔らかくお伝えした仕上がり予想よりはいい感じで仕上がりました。
厳密に見ればやはり元のパネルの位置には戻ってないので歪はどうしても残っていますがそれ以上に塗装がそのまま残せたのはメリット大だと思います・・・結果的に費用も抑えられましたからね。

2018年12月21日

勘違いで

●メルセデスベンツC250 右クオータープレスライン上のデントリペア

本日13時半御予約のオーナー様がご来店・・・その時私は出先で・・・携帯に掛かってきた電話を取り
「マ・サ・カ」ガレージに向かって帰ってた途中でしたが・・・・
わっ勘違い・・13時と3時を勘違いしてました。
ほんとに申し訳ございません、予定の管理は手帳にきっちり付けてます、時間が少し空いたし次は3時半かと
で少し離れたホームセンターに・・・・
御予約のオーナー様は当店をこれまでもご利用頂いてる方で良い人です「待ってるからゆっくり帰ってきて」って
ほんとスイマセン。
一般道から急いで高速に乗り・・・・それでも20分近く遅刻、嫌な気分にさせてしまいました。

この失態を取り返すべくデントリペアを頑張らねばと・・・・

<施工前>
C250前181221.JPG

ヘコミはリアクオーター、小さいですがプレスラインが凹んでいます。
へこみの位置がリアドア寄りでプレスラインが強く凹んでいるため確実なツールアクセスが必要と判断
・・・ですのでインナーライナーを外した鉄板部分にご相談の上施工用の小さな穴を空けさせて頂きました。
写真は穴を空けて作業した後に蓋を付けた状態です。ここにインナーライナーが付くと見えなくなります。
C250アクセス181221.JPG

<施工後>
C250語181221.JPG

ヘコミが直りました。へこみの中心に付いてた傷は残ってますが普通に見る分にはほとんどわかりません
この後少し磨いてさらに目立たなくさせて頂きました。

c250 181221.JPG

この度は私の勘違いでお待たせしてしまい本当に申し訳ございませんでした。
「私の事は嫌いになっても、デントリペアの事は嫌いにならないで下さい」ませ。

2018年12月20日

あの頃憧れだったを今

●GDBインプレッサWRX STI 17カ所のデントリペア

10数年前憧れだったWRXを手に入れて!!

WRX181220.JPG

GDBこの型・・・程度の良い物が今なら安い!!内装もグッドコンディション塗装もオリジナル
経年劣化で傷んでいる部分はその気になれば交換できるしね!!

でもヘコミだけはね・・・・でもデントリペアがありますよねっという事で
・・・・ヘコミを全部調べると小さなものも全部入れて総計17カ所・・・・

全部直しましょうと!!

DSC08094.JPG

DSC08093.JPG

一部分の施工例を
WRX右クオーター前181220.JPG

これは一番目立ってたヘコミです・・・傷がありタッチアップもされています。
鈑金塗装も良いですがいろいろ考えるとオリジナル塗装を残す選択もありですね!

WRX右クオーター後181220.JPG

ここも傷がありプレスラインがきつく凹んでいます。
WRX右フェンダー前181220.JPG

完璧に無かったことにはなりませんが塗装を残す方が塗装全体のバランスは保てます。

WRX右フェンダー後181220.JPG

他には
WRX左クオーター前181220.JPG

無かったことに
WRX左クオーター後181220.JPG

まだまだヘコミはあります
WRX右リアドア前181220.JPG

ヘコミが全部無くなればスッキリですね。
WRX右リアドア後181220.JPG

これからいろいろ楽しんで下さいね。
くれぐれも新たなへこみが出来ないように・・・・出来た時はまたご来店ください(笑

2018年12月16日

鈑金塗装より綺麗で安いデントリペア

●ラッシュ ボンネットのデントリペア

せっかく綺麗に維持しているのに身に覚えのないヘコミが・・・
鈑金塗装で見積もると5万円・・・デントリペアはどうかという事で当店にご相談を

<施工前>
ラッシュ施工前181216.JPG

ボンネットのプレスラインに掛かっているヘコミですので難易度が高そうです・・・
昨日の夕方お越し頂いたのですが・・・作業するにはちょっと時間が足りないかなという事で一泊お預かりをさせて頂きました。

<施工後>
ラッシュ施工後181216.JPG

日を改め本日早朝より施工・・・じっくり慎重に注意深く・・・・
いい感じで復活しました!!

ラッシュ181215.JPG

鈑金塗装よりも綺麗に安く修復できオーナー様にも喜んで頂けました。
これからも大切にお乗りくださいませ。

2018年12月15日

新旧

●トヨタ86 左ドアのデントリペア

現代の人気のスポーツカー86でお越しのオーナー様

86 181215.JPG

ご依頼は助手席側の凹みのデントリペアです。

<施工前>
86前181215.JPG

ご依頼の凹みは下の方・・・上の方の凹みは御入庫して御見積時に・・・・ここも凹んでるね?
まあ酷い方の凹みに目が言ってそうでもない方は気が付かずって・・・あるあるです(笑
予期せぬ出費ですが同時施行なのでその分割引でお許しくださいませ。


<施行後>
86後181215.JPG

綺麗に直って
86映り込み181215.JPG

映り込みもバッチリ・・・スポーツカーは綺麗でなくちゃね!!

そしてお昼からは・・・・
●AE85トレノ 右ドアのデントリペア

一気に昭和にタイムスリップ!!
86よりもマニアックな85トレノ・・・・オールペイントで綺麗に当時の白/黒カラーを復活!!

トレノ181215.JPG

オーナー様はこれまで10台の85、86レビントレノを乗り続ける筋金入りのマニアさんです。
一時は家族で3台所有していた時期もあったとか・・・・わおっ!!

で凹みは
<施工前>
トレノ前181215.JPG

2カ所・・・年式は昭和59年・・・
デントリペアもちょうどこの時期に日本に入ってきたんじゃないかな?
当時私は社会人2年生?デントリペアなんて言葉すら知りませんでした・・・そんな車をデントリペア出来るなんて・・・で触った感じは・・・鉄板の厚みを感じますね!少し堅いイメージです。
ですが現代の車同様デントリペアは問題なく出来ます!!

<施工後>
トレノ後181215.JPG

こちらのトレノ外観のオリジナルカラーと美観にこだわってるだけではなく
トレノスピーカー181215.JPG

リアウインドウに鎮座するスピーカー・・・・いや〜当時良く売った記憶があります。
なんせ社会人2年生のころカー用品店でオーディオ担当してたんですね。

トレノオーディオ181215.JPG

ナルディーのステアリングは当時から変わらず今でも売ってると思うのですが、オーディオを見て下さい
極上のコンポ・・・そう当時はカーオーディオシステムの事をコンポって呼んでました。
いまどきのAVナビでない所がすごいというか・・・私なんかまねできません。

と言う事で新旧86、85のデントリペアが出来て幸せな一日でしたとさ!!

2018年12月09日

ツーリングで知り合ってからのデントリペア

●S2000 左ドアのデントリペア

ツーリングでご一緒することがあって・・・2回かな?
私はNAロードスターで彼はS2000・・・「クラブロードスター」のブログをご覧いただければわかるかな!
同じオープンカー乗り仲間って感じからの当店ご利用ってパタン―です。・・・他にも何人かいるかな?
逆パターで当店をご利用頂いてご一緒にツーリングを楽しむ仲間もいらっしゃいます・・・

で本日いきなりご来店・・・・夕方から時間があったので時間を調整して頂き再度ご来店頂きました。

<施工前>
S2000施工前181209.JPG

前回のツーリングで私も気にはなっていたんですが・・・このヘコミ!!
まあこちらから催促するのもいやらしいしツーリングで当店のデントリペアを勧めることはしませんが
どうやらだまされたと思ってご用命いただけたんじゃないでしょうか(笑

<施工後>
S2000施工後181209.JPG

お話ししながら・・・施工の方にも集中して…・・・余裕が無かったらお話ししながらなんてできませんが
お話ししながら施工できるようになるには10年かかりましたが(笑
と言う事で無事終了!!・・・磨きも行い余計な傷は消せましたね・・・ちょっとだけ残ってますが。

S2000181209.JPG

またご一緒にツーリングしましょうね!!


先ずはデントリペアから

●BMW M3 複数個所のデントリペア

カッコイイですね!全然色褪せないですねこの形!!

DSC08005.JPG

こちらのM3、2007年モデルE92ですって・・・・やっぱ車のデザインって10年経って本当のかっこよさが分かるよね10年以上たっても古臭くないし現行のモデルともうまく共存できるもんね、素晴らしいBMW。

でこのお車BMWからM3への乗り換えで購入したばかりという事で凹みもそうですが全体のリフレッシュ&コーティングをご用命いただきました。

全ての作業は1週間くらいお預かりして作業を進めますが現時点で施工は1月中旬からの御予約となっておりまして・・・・御予約は頂きましたがとりあえず本日施工可能なデントリペアだけ作業させて頂きました。

ヘコミは目立つもの3ヶ所の他に些細なヘコミが5ケ所・・・

一番厄介だったのがこれ・・・クオーターの凹みです。
<施工前>
M3クオーター前181209.JPG

ツールアクセスはタイヤハウスにあったこの穴を利用できました・・・ゴムのふたの部分ね
M3クオーター穴181209.JPG

ただちょうど内部には障害物が有ってね・・・・何とかねじ伏せた感じです。

<施工後>
M3クオーター後181209.JPG

ちょっと傷と施工跡が残っていますので再度手直しいたしますね!・・・今度1月にお預かりした時に

そしてもう二つドアに目立つやつがこれ
<施工前>
M3ドア前181209.JPG

ヘコミは問題なく綺麗に無くなりました

<施工後>
M3ドア後181209.JPG

他の凹みも全てリセット完了!!その後は1月に再入院して頂きヘッドライトの劣化やらブラックモールのシミやら、塗装欠けのタッチアップやらそして磨きコーティングとリフレッシュさせて頂きますね!!
少し先になりますがよろしくお願いいたします。

2018年12月08日

15年ぶりのデントリペア

●ラクティス ドア、ルーフのデントリペア

今日は寒いですね・・・
DSC07947.JPG

先週まではこんな感じで扉を開けて営業していましたが・・・今日は寒い!!
なので扉は閉めて暖房利かせてのデントリペアの作業です。

朝一御来店頂いたのは当店を何度もご利用頂いてくれているオーナー様です。
あれ・・お車が違う?お聞きすると奥様用にラクティスを購入されたみたいです。

ラクティス181208.JPG

そのドアとルーフにヘコミがあるから直してほしいとのご依頼です。

<施工前>ドア
ラクティスドア前181208.JPG

デントリペアは15年ぶりだとか・・・当店は2006年開業ですから・・・当店では初めてという事ですね!!
しっかり頑張りましょう。

ドアの凹みは少し深め何度も押したり叩いたりを繰り返して元のパネルに戻しました。

<施工後>ドア
ラクティスドア後181208.JPG

そしてルーフ・・・先ずは天井の内張りを外して・・・側面のパネルから順番に外しますので少し時間が掛かります。
にもかかわらず興味津々のオーナー様は作業のほとんどをご見学・・・

<施工前>ルーフ右
ラクティス右ルーフ前181208.JPG

こちらは約15pの凹みです。・・・景色の映り込みですのではっきりわかりませんが・・・

<施工前>左ルーフ
ラクティス左ルーフ前181208.JPG

こちらは約20pの凹み・・・・なんで凹んだんでしょうかね?

時間を要する作業でしたが参考になりましたか!!

<施工後>
ラクティス右ルーフ後181208.JPG

ラクティス左ルーフ後181208.JPG

明日も寒いのかな?今週だけかな?今年は暖冬だという予報ですが・・・

2018年12月02日

出るもんですね

●プジョー3008GT 右リアクオーターのデントリペア

このお車は初めてかな?
施工方法をオーナーさんにお話しし・・・お車をお預かりして・・・

<施工前>
プジョー前181201.JPG

ヘコミはリアクオーター・・・さてどこからツールを入れようかな?
最悪フェンダー内の穴あけですか?

ここから行けそうですね!!
プジョーアクセス181201.JPG

テールランプの外し方がわかり難かったのですが・・・知ってればこんなことって感じです。

<施工後>
プジョー後181201.JPG

ヘコミは思ってたよりも柔らかく・・・想像よりも楽だったりして・・・

プジョー181201.JPG

仕上りを見て頂き、出るもんですねとオーナー様・・・

何じゃこりゃ?

●BMW320i ボンネットのデントリペア

何じゃこりゃ?・・・ボンネットが変なことに・・・・

<施工前>
BMW320施工前181201.JPG

これボンネットを開けて作業中・・・ふとした拍子にボンネットが勝手にバタンと閉まって?
ちょうど物を置いてた部分のボンネットが凸状にグシャッと・・・でこんな感じに。
どうもボンネットのダンパーが弱ってる様で参ったな〜と

<施工後>
BMW320施工後181201.JPG

少しパネルも伸び気味でしたが何とか綺麗にリペアできました!!

BMW320 181201.JPG

思わぬ形で当店2度目のご依頼となってしまいましたね・・・でもデントで直って良しとしましょう。

ヘコミ・・・が二つ

●ミライ 右フロントドアのデントリペア

またまた運転席ドアのドアハンドル上の凹みです。

<施工前>
ミライ施工前181201.JPG

手前の凹みは気付きますがその隣に傷がありますよね・・・ここ同時にタッチアップを頼まれたのですが
良く見ると凹んでいます。

<施工後>
ミライ施工後181201.JPG

なので両方凹みを直して傷ついてる方はタッチアップさせて頂きました。

ミライ181201.JPG

実はタッチアップした方の凹みは後で気づいたので・・・黙ってついでに直しました・・・。

最低限の費用で最高の仕上がりを

●ヴェルファイア 右フロントドアのデントリペア

運転席ドアノブ上の凹み・・・おまけに黒ですから嫌で見目立ちます。
乗り込む度に目にしてほんとテンションダダ下がり・・・・
奥様の許可を得る為にも?と安く直す方法はないものかと探し当てたのは当店のデントリペアと言う施工法!!

<施工前>
ヴェルファイア前181201.JPG

とにかく目立たなくなれば・・・と期待をしつつデントリペアは初体験?
期待通りなのかただの安い修理なのか?
施行は15分もあれば修理出来ますのでお待ちくださいとか言われて・・・そんなんでほんとに直るのか?

はい!!・・・ではドアノブ横の穴からツールを入れて・・・・

<施工後>
ヴェルファイア後181201.JPG

あっと言う間に直りましたよ!!
おおおおおっすごいどこ凹んでましたっけ?わからない?

ヴェルファイア181201.JPG

予算は最低限、仕上がりは無かったことにすべて丸く収まりました!!

コーティング

●H30/11 マツダCX-5 テクニカルグラスコートUプラスダイヤLevelA、ウインドウポリッユ&コート、ホイールコート

当店の常連のオーナーさんからのご紹介でコーティングするならここ!という事で施工させて頂いたのは新車のCX-5、納車後その足で当店に御入庫して頂きました。
新車なので良いコーティングを良いお店で・・・と考えるのは同じお金を払うなら必然の事でしょう。
でもそこに落とし穴はあります。
前にもふれましたが大事なのは自分自身がどの様な状態をどういった方法で維持されてるのか、どう改善したいのかより具体的にわかってないと「ムダ金」になるかもしれません
例えば洗車機を多用してるお車であれば限りなく美しい美観をキープするのは難しいですが普通に清潔な状態をキープするのは可能です。洗車機でも落とせない汚れが目立って来たところでご自身に合ったリフレッシュを行えばよいのです・・・この場合コーティングすると言った考えではなく、「リフレッシュ」するといった考え方で良いでしょう・・・コーティングするだと取れない汚れをそこそこしか落とせずにコーティングしてしまってそもそもの目的を達成できてないかもしれません・・・
手洗い洗車をご自身で行われる場合、塗装或いはコーティング被膜を直接触ることになります。
コーティングされてないお車はおそらく何かしら保護するためのケアー剤を施工されると思うのですが昔からあるロウを使ったワックス類から比較的簡単に施工できるガラス系撥水剤などありますがご自身で感じる不便、不具合があるからこそその上の「コーティング」に興味がわくのかなと思います。
ワックス、撥水剤等でも納得できる美観でその作業そのものも大好きな方は正直それが一番だと思います。
なぜならコーティングをしてもその後のケーアーそのものはご自身で行わなければいけませからね。

当店ではご依頼頂いたお車の状態を一番良い状態(正直私が考える一番良い状態と言うのは私のこだわる部分で私自身が出来る事、やってることです)
に整えその後4種類の中でそれぞれのオーナー様に合ったコーティングを施工させて頂く事です。
コーティング直後はその美観と洗車をした時の手入れの楽しさに「コーティングってすごいわ」と思って頂けます・・・・それそのものが美観をキープするためにコーティングした意味があるのです。
つまり美観をキープしやすい状態にすることがコーティングの大きな役割なのです。
洗車したした時の手入れの楽しさ・・・そして美観をキープするのはそれほど大変ではないのですが、美観が損なわれてくる原因が物理的なこと以外にご自身の専門知識とテクニック、タイミングにある事に気が付かれてない場合は一定の期間を過ぎると加速度的にダメージが進行する場合もあります。
なのでコーティングしたお車はご自身のスキルアップといかに当店を頼るかが重要な事かなと思います。

さてご依頼頂いたCX-5はブラックのメタリック新車ですし今度は綺麗をキープしたいその思いからコーティングは「テクニカルグラスコートUプラスダイヤ」ブラックカラーはやはり雨ジミ小傷等目立ってしまいますので極力そうならない状態にという事です。施工前から打ち合わせでは施工後のケーの方法をお話ししてこのコーティングに決まりました!!
オーナー様の考え方が違えば他のコーティングも有りよという事です。

DSC07917.JPG

先ずは下地処理・・・
CX-5シミ前181201.JPG

新車時に付いてるシミですのですぐに取れます。そして樹脂用のコーティングも

CX-5シミ後181201.JPG

小傷が付いている所も・・・ほぼ気が付かないレベルですが、
CX-5ドア前181201.JPG

でもここは気付くかも・・・運転席のドアノブ付近です!
CX-5傷前181201.JPG

一通り綺麗にしてコーティングを
CX-5ドア傷後181201.JPG

CX-5傷後181201.JPG

DSC07928.JPG

DSC07929.JPG

DSC07930.JPG

当店のご用命ありがとうございました。
お手入れを楽しんで下さいね・・・・!!

2018年11月28日

ドアの縁折れと他ヘコミを一掃

●イプシロン ドアの縁折れとクオーターパネルへこみのデントリペア

ドアの縁が曲がってますよね・・・
<施工前>
イプシロン曲り前181128.JPG

2重にパネルが重なってるところが凹んでいますので完全には修復できませんが歪んだ(膨らんで見えるところ)部分は少しはましになります。
デントリペア以外での修復はやはり鈑金塗装となりますので金額的にも究極の選択となりますが
デントリペアで少しはましになるのならと言うことでリペアをお受けいたしました。

で他も見て見ると・・・と言うか見てしまった・・・ら隣のクオーターにヘコミが6ヶ所・・・

イプシロン施工前181128.JPG

こんな感じで・・・じゃあ一緒に直して下さいと

<施工後>
イプシロン曲り後181128.JPG

ドアの縁折れはこんな感じで気にならないレベルにはなったかな!!

クオーターの凹みも全部綺麗に施工完了!!
イプシロン施工後181128.JPG

オーナー様は5年ぶりのデントリペア当店ご利用となりました。
ヘコミの無い綺麗な車が良いですよね!!

イプシロン181128.JPG

他にはヘッドライトの曇りが少し気になってるご様子で・・・・年内中にまたお願いしますと!!
お任せくださいませ!!

2018年11月27日

これデントリペアで直るのか?

●Xトレイル 左フロントドア 横長凹みのデントリペア

長〜く横にやや弓なりに伸びたヘコミ・・・・ドアパネルの逆Rに反った面に筋状に出来ているので
映り込みも凹んでいるのか凸んでいるのか上から覗き込むとよくわからないのですが
斜め方向から見るとやはり何かが横方向にぶつかって凹んでいるのが分かります。

<施工前>
Xトレイル前181127.JPG

お電話である程度ヘコミの感じはお聞きしていたので作業の予定は組んでいたのですが
これはちょっと想定外・・・時間に追われて仕上がりが不十分になるなんてことが無いように
そのままお車をお預かりしてじっくり作業させて頂きました。

先ずは横筋が無くなる様にコンマ数ミリの間隔で上からの目線で線を点突きで潰していきます。
ある程度線が潰れたところで今度は横方から確認・・・・するとパネルが波打ってます?
つまりコンマ数ミリの点突きの強弱が横方向から見ると出てるところ出てないいところと凸凹になってしまします。
なので今度は横方からその凸凹を均していき・・・凸凹感が無くなったところでまた上から見ると・・・またヘコミの横筋が表れて・・・・また上から見ながら数ミリ単位で押して・・・横から見て均してを繰り返し
斜め方向からも確認しながらヘコミを押したり叩いたり

反ってるパネルなのでその加減が分かりづらいのですがどの方向から見ても違和感の無いように仕上げたい・・・・・・・おおやっと仕上がりました。

<施工後>
Xトレイル後181127.JPG

横に長〜いヘコミですのでデントリペアとしては10pの基準をはるかにオーバーしていて
デントリペアの価格としては高額になります・・・・ですがこれを鈑金塗装でオリジナルとそん色なほどこだわった鈑金塗装となると塗装もスクラッチシールですし軽くデントリペアの倍以上の価格でしょう。

Xトレイル映り込み181127.JPG

難易度の高いヘコミもお任せ下さいとは言いません・・・・
なぜならリスクも高いですし直せないケースもありますからなので施工前の説明では色々そのリスクの話をさせて頂いています。・・・・今回も綺麗に直らないかもしれませんよと言ってますし・・・もちろんそうなれば私も白旗を上げみじめですしお金もいただけません「あの店は期待外れだ」と思われるかもしれません
なので念押しします・・・直らない可能性もあると。
・・・それでもご依頼頂ける方の共通点は「それでもお願いしたいと思う一途な思い」
つまり少ない可能性にかけて頂けているという事!!・・・私に!!
すると不思議です・・・・その思いが私の腕に乗り移るかのように直ってしまします。
ちょっと大げさですが私自身が感じてる部分です。

デントリペアを初めた数年間は業者さんの仕事も多くさせて頂いていたのですが・・・難しそうなヘコミも適当でいいから安くしてなんて言われて作業すると・・・泣きそうなくらい苦労して挙句の果てに綺麗に直らないなんてことがよくありました(時効ですか?)・・・最低限のプライドとしてお金はいりませんなんて逃げるように帰りましたが・・・・今思うとそもそも適当に安くやって軽く考えられるのがほんと嫌だったんですね。・・・・おかげで現在取引させて頂いている業者さんは本気で向き合ってくれる業者さんのみです。

ちょっと話が脱線してしまいますが・・・ディーラーさん当でデントリペアは無理ですって言われれもあきらめずご相談ください・・・本当にあきらめるのは私が決めますから!!

Xトレイル181127.JPG

オーナー様もデントリペアでよかった!!と喜んで頂けましたが
それ以上に貴重な経験が出来た私はそうそうないケースを克服できた経験は大変貴重です・・・しかもお金を頂けて。
デントリペア出来るもの出来ない物それを決めるのはオーナー様自身かもしれません!!ありがとうございました。

プレスラインも直ります

●デミオ フェンダープレスラインのデントリペア

2回目のデントリペアご依頼のオーナー様お車はデミオです。
ヘコミはしっかりプレスラインが凹んでいます・・・・・わおっ

<施工前>
デミオ施工前181127.JPG

プレスラインが凹むとデントリペアで直るの?
確かに平坦な部分の凹みよりも難易度は上がりますが・・・ツールアクセスの条件等がバッチリだと綺麗に直るケースも多々あります!!

<施工後>
デミオ施工後181127.JPG

プレスラインのデントリペアの難易度は高いですが、だからと言って割増は御座いません
あくまでもヘコミの大きさで価格を決めるのがデントリペアですよ!!

デミオ181127.JPG

気になるヘコミはまずデントリペアのご相談からね!!

2018年11月26日

参ったな!

●CX-8 左クオーターのデントリペア

いや〜参ったな・・・・前回リペアさせて頂いたヘコミはこれ!
http://dr-garage.sblo.jp/article/183854050.html

で今回は・・・ほぼ同じ場所じゃん!!!
<施工前>
CX-8前181126.JPG

前回10年ぶりのデントリペアって・・・・今度は3か月ぶりしかも同じ場所が凹むか(怒
私もここまで同じ場所に出来たって事例は初めての様な気がします。
オーナー様には何度も直せるのですかって?・・・いや3度目はさすがにないでしょう・・・

<施工後>
CX-8後181126.JPG

ああでも隣に止めてある車が同じってことないですか?
いつも隣に同じ車が停まってるって言うのなら・・・要チェックですね!!

2018年11月24日

フルレストア!!

●クラシック ミニクーパ ドアとフェンダーのデントリペア

どうだ!!
フルレストアのクラシックミニ!!

DSC07885.JPG

内装も完璧!!

DSC07883.JPG

こんなに綺麗なミニは初めてのご対面かな・・・でもまだバンパーとか窓ガラスとか部品を注文中とか・・・
それがそろって交換したらコーティングをお願いしたいと・・・
その前になぜか凹みがあるのよね〜なので先に直してと!!
オーナー様は当店3回目のご利用です・・・いつもありがとうございます。

<施工前>
ミニドア前181124.JPG

これは運転席側の凹みです・・・・なるほどね!
レストア、オールペイント・・・つまり鈑金塗装で拾いきれなかった残ったヘコミですねこれは
塗装後に付いたヘコミではなさそうです。
問題なのはそのへこみ裏付近にパテを多用しているとデントリペアする際、邪魔になって直せない場合もありますが・・・・

そしてこれはフェンダーの凹みです。
ミニフェンダー前181124.JPG

良いレストアをされていますね・・・問題なく直せましたよ!!

<施行後>
ドア
ミニドア後181124.JPG

フェンダー
ミニフェンダー後181124.JPG

レストア時に全てキッチリ鈑金出来てればこの様な事もないのでしょうが
レストア前だと塗装が劣化しすぎてこの手の薄らしたヘコミは気が付きにくいですか
こうして出来上がって見えるものもあるあると思います。
下手にパテで誤魔化してしまうと後々厄介なことになるかもしれませんが
良い塗装が出来てれば後からデントリペアも可能ですよって言う例ですね。

お世辞抜きで鈑金も塗装も綺麗に出来ていると思いますよ!!

でミニと言えば私はお尻が好きです(笑

DSC07887.JPG

それではまた、オーナー様

ルーフが大変なことに・・・

●ハリアー ルーフ 複数個所のデントリペア

ハリアーのルーフが大変なことに・・・

ハリアーヘコミ右181123.JPG

こちら側にも

ハリアーヘコミ左181123.JPG

シールの箇所がヘコミの場所です・・・・上の写真だとヘコミが分かりませんよね?
でっかいのはこんな感じです。

<施工前>
ハリアー大施工前181123.JPG

お車はお預かりでじっくり取り組ませて頂きました。

<施工後>
ハリアー大施工後181123.JPG

このヘコミが直れば後はこれより小さいので一安心・・・・それではお次です。

<施工前>
ハリアーサイド前181123.JPG

因みにすべての凹みはプーリング(引っ張りで)直しました!!

<施行中>
ハリアーサイド中181123.JPG

プーリングはこんな感じで一旦ヘコミを引っ張り上げてここから徐々にポンチングで叩いて落します。
一回のプーリングで叩いて元の状態に戻せる物もあれば何回も繰り返す場合とヘコミの状態にも寄ります。
因みにこのヘコミは確か2回繰り返したかな?最初のデカいヘコミは何回だったかな相当繰り返したのは確かです(笑い

<施工後>
ハリアーサイド後181123.JPG

他にもこんな感じで・・・・

<施工前>
ハリアールーフ前181123.JPG

全ての凹みが修復できました!!

<施工後>
ハリアールーフ後181123.JPG

直したヘコミは塗装面を触ってますので綺麗にポリッシュしてガラス系コーティングして完了です。

ハリアー181123.JPG