2019年08月02日

難易度が高いリペアと思いきや

●N-one 左リアドアプレスラインのデントリペア

岐阜は関市よりご来店頂きました。

N-one190802.JPG

N-oneのリアドアプレスライン上の凹みです。

<施工前>
n-one前190802.JPG

施工条件としては難易度が高いケースに感じます?
デントリペアは凹みの程度、凹みの位置等々で同じヘコミでも一気に難易度が上がり仕上がりに影響す場合もございます。
直しやすい凹みばかりが大変ありがたい・・・いやいやいや・・・それ言っちゃだめだよね(笑
でも中にはほんとなんでここが凹むかななんてこともあります。

一応施工前にはリペアに影響が出そうなケースの場合は包み隠さずすべてお話しした上でご依頼いただければチャレンジさせて頂きますよ!!

今回も内張を外してツールを入れる角度が悪ければリペアに影響が出そうでしたのでお話しして・・・
それでも塗装するよりは良いからと言うことでご依頼いただきました。

早速水抜きの穴からツールを・・・入りません届きません、ならば内張を外して・・・すると思ったよりもツールの角度は良いですね!!それと丁度ドア内の補強が利用でき・・・ラッキー

<施工後>
n-one後190802.JPG

結果的に難易度は・・・そんなに高くなかったです(笑
施工前の話の中では最悪内側ですが穴をあけてリペアすれば・・・なんて・・・そんな必要なかったです!!

一つとして同じヘコミはありませんし都合よく直しやすい位置ばかりではありませんからね!!

デントリペアのご相談で電話でご相談することもあると思いますが・・・正直そのお電話で難しそうな場所だとあまり良い返事ができないかもしれませんが、積極的にご相談頂くのが良い結果が出る近道かなと思います!!

2019年08月01日

熱中症にご注意を!!

暑い暑いくそ暑い・・・・エアコンのきいたガレージにいても汗をかいてます!!
皆さんも熱中症には気を付けてくださいね。

そんな暑い中・・・・迷い込んできたのは?羽のある・・・・・

DSC09683.JPG

赤いマクラーレン

DSC09682.JPG

作業内容は・・・車が車だけに内緒にさせて頂きますね!!
まあ当店で一泊させて頂いてね・・・・一応記念撮影だけはOKと言うことでブログでご紹介させて頂きます。

DSC09684.JPG

なかなかお目にかかれないスーパーカーに大興奮でした!!

いよいよ夏本番・・・・海に山にと愛車も大活躍ですよね、大いに楽しんでくださいね
でお車の凹み、美観のリフレッシュをとお考えの方は是非当店へ!!

posted by DR-G at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 奮戦記録

2019年07月28日

いや〜今日は暑かった!!

昨日土曜日は台風で一日中 土砂降りと風の影響でご来店も無しでしたが・・・
本日は台風一過で朝から暑いぞ・・・・くそ暑い!!

でもでもで・・・ご安心ください・・・何を?
涼しいガレージ内で快適リペア!!・・・・なんだ自分が快適なだけか(笑
いやいやいやそれも大事です。
落ち着いて涼しく作業できますので難しいリペアに汗だくで手元が狂うことはありませんよ・・・はい

と言うことで本日の作業は3件

cx-5190728.JPG

CX-5はドアの折れのリペアです。

CX-5前190728.JPG

ドア一枚鈑金塗装するよりはリペアの方が良いでしょう!!

CX-5後190728.JPG

続いて・・・ハリアー
ハリアー前190728.JPG

いや〜これを炎天下の中で作業すると思うと・・・絶対に嫌です!!
快適な涼しいガレージでの作業でも苦戦しましたけど何か・・・(汗

ハリアー後190728.JPG

酷くプレスもつぶれていたので完璧とは行きませんが何とか綺麗な塗装を残すことができました!!

ハリアー190728.JPG

ラストはレクサスNX
レクサスnx190728.JPG

2回目の御利用です・・・前回はベンツ、今回はレクサス、他にも高級車をお持ちの様です!!

他にはデントリペアお見積もり、コーティングお見積もりと
暑い中沢山のご来店ご利用いただきありがとうございました。
posted by DR-G at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮戦記録

2019年07月26日

ボディーメンテナンス

●シャラン フェンダーのデントリペア、ボンネットのタッチアップ+磨きコーティングの補修施工

今年の3月に新車でコーティングさせて頂いたシャランですが・・・

シャラン190725.JPG

フェンダープレスラインにガッツリ系のへこみが一ヶ所・・・ボンネットは飛び石による塗装の欠けができてしまったということです。

まあこう言う事って避けて通れませんよね・・・
でもご安心ください当店はへこみはデントリペアで飛び石はタッチアップで当然その際表面を新たに仕上げるために磨いて同じコーティングを再施工までお任せいただきます。
しかもその費用はデントリペアはリピーター割引適用で通常より20%引き(最大4,000円引き)、そしてタッチアップ、再コーティングは会員特典を利用して無料サービスさせて頂いています。
※施工の範囲ご要望の内容により有料の場合もございます。

<施工前>
シャラン施工前190725.JPG

輸入車も最近はパネルが薄くなってますね・・・凹み方が国産車と変わりません
軽量化、安全対策を考えると世界的にその方向でしょうか・・・

<施工後>
シャラン施工後190725.JPG

施工としては特に難しいわけではありませんが最終的な仕上がりを綺麗にするためにはより正確な判断と技術が要求されます。

そしてボンネットの飛び石被害です。
シャランタッチ前190725.JPG

飛び石を防ぐためにはプロテクションフィルムと言う新しい保護方法はありますがコストと仕上がりを考えると気軽に・・・・施工とは行きませんよね!!

と言うことでタッチアップの出番です。

シャランタッチ後190725.JPG

同時施工であればデントリペアする間に塗料を乾かしながら合理的にできる分無料です。

そして当店でコーティングさせて頂いてるお車は施工したコーティング部分の補修まで無料で行わせて頂きます。
具体的にはデントリペア部分は表面の薄っすら付いた傷、施工の際に表面部分もポンチングなどで触りますので最終的にその痕跡を消すためにポリッシングして仕上げます。タッチアップ部分も脱脂したり研磨&ポリッシングしますので・・・すると少なからずコーティング表面が薄くなったり場合によっては無くなったりしますよね・・・ですので綺麗に仕上げた後は同じコーティングを再施工するのが一番良いですからね。

これら一連の作業〜仕上がりをすべてお任せいただけます。最善なクオリティーを低コストで合理的にメンテナンスできるところが当店をご利用いただく最大のメリットですよ!!

2019年07月22日

NAロードスター オールペイント その6

少しずつですが作業が進んでいますよ!!
今日はフロント周りとサイドシルの鈑金から塗装までをご紹介しますね。

01 (16).jpg

ヘッドライトのリトラの部分です。
ここはオリジナルでも塗装が行き届いてない部分です・・・エンジンルームからその一部が見えるためしっかり再塗装してもらいました。

040.jpg

053.jpg

フロント周りは・・・
01 (113).jpg

意外と錆が少なくてホッとしてます。

019.jpg

ガラス周りはきっちり地金から処理してもらいました。

024.jpg

ウエザーストリップを止めている穴が少し錆が浮いてましたので・・・
01 (69).jpg

すべて除去して・・・

01 (71).jpg

エンジン回りは・・・
031.jpg

032.jpg

033.jpg

エンジンまで下ろしませんのでその周りのみを再塗装

036.jpg

037.jpg

043.jpg

050.jpg

048.jpg

そして見える部分のボルトは新調

01 (84).jpg

044.jpg

052.jpg

次はダメージのあったサイドシル&クオーターパネルの下塗り処理です・・・

01 (37).jpg

01 (38).jpg

01 (40).jpg

01 (50).jpg

01 (53).jpg

01 (58).jpg

本日はここまで、いよいよ各パネルの塗装が出来上がってるとのことなので・・・・またのお楽しみを!!

2019年07月21日

一台丸ごとへこみを直す

●レクサスGS350 複数のへこみを丸ごとリペア

気になるヘコミは4ヶ所でしたが他のも3か所・・・・
お見積もりの結果、全部直してもその金額ならと言うことで一台丸ごと全部のへこみを直すことに!!

レクサスGSフェンダーへこみ190721.JPG

黒いボディーなので必然的に目立ちます。

レクサスドアへこみ190721.JPG

凹みは全部で7ヶ所・・・・それでも施工時間は今回3時間程度です。

レクサスGS3500190721.JPG

黒いボディーのお手入れは大変ですが綺麗に維持されていますね!!
BBSのホイールも決まってます。
そしてへこみも全部なくなりすっきりしましたね!!

凹んだらデントリペア

●ハリアー 左クオーターパネルのデントリペア

凹んだらデントリペア!!
車好きで綺麗好きな方なら当たり前の修復方法ですが・・・まだまだご存じない方もいらっしゃいます。
ハリアーのオーナー様はこれまでもデントリペアの修理の経験があり今回は当店をご指名頂きました!!
ありがとうございます。

<施工前>
ハリアーへこみ190721.JPG

凹みはクオーターパネルに出来てます・・・しかもプレスライン上・・・
厄介なパターンですが、まあこれまでも同じようなケースは多々ありますので大丈夫!!

<施工後>
ハリアー映り込み190721.JPG

凹みは小さくても気になりますからね、でも鈑金塗装は費用も高くなりますし塗り替えるのは抵抗ありますし
なのであきらめる・・・・・いやいや凹んだらデントリペア!!・・・ね!!

ハリアー190721.JPG

2019年07月20日

いたずら?

●アウトバック ドア、フェンダーのへこみ&傷のリペア

遠いところからわざわざ・・・豊橋のご来店頂きました。
半年前に被害にあわれたそうですが・・・ブログを見続けて頂いたみたいで決断されたとか?!
当店をお選びいただきありがとうございます感謝です!!

早速凹みを見せて頂くと・・・・こりゃ普通の凹み方ではなさそうです・・・・

<施工前>
左フロントドアへこみ傷
アウトバックドア前190720.JPG

上のドアの凹みもそうですが下のフェンダーの凹みにもへこみができた際に出来た傷の付き方がなんか変です。
どちらかと言うと傷つけた際に凹んでしまった感じです。
ひょっとしたらいたずらかもしれません・・・・わかりませんが・・・

左フロントフェンダーへこみ傷
アウトバックフェンダー前190720.JPG

傷は磨いても残りそうです。ある程度磨けば目立たなくはなりそうです。
タッチアップもご持参いただけてるみたいなのでデントリペアでへこみを直しある程度磨いて傷を消しそれでも残った傷はタッチアップするか・・・・思い切って鈑金塗装するか・・・
金額的にはデントリペアに大きなメリットがあります。ただ残った傷が気になるなら鈑金塗装が良いかと
車に傷はつきもの・・・これからまたつくかもしれないしと言うことでデントリペア&磨き&タッチアップでリペアを選択いただきました。

少し時間がかかるケースですので多めに時間を頂き作業開始・・・

<施工後>
左フロントドア
アウトバックドア後190720.JPG

凹みは補強の間でしたがツールも問題なく届いたので思ったより短時間でへこみは直りました!!
傷は・・・磨いて・・・タッチアップするまでもなく目立たなくなりましたね!!

アウトバックフェンダー後190720.JPG

フェンダーはさらにひどい凹み方で傷も深くて多いのです。
凹みは難なく直り・・・・傷は磨いて・・・・

アウトバック映り込み190720.JPG

ドアよりも残ってしまっていますが・・・これならタッチアップするよりも黒い顔料入りの磨き剤で磨きこむ方が目立たなくなりそうなのでそうしてみましたら・・・・良いんじゃないですか!!

結果塗装を残すデントリペアの施工がベストだったと思います!!
オーナー様も想像よりも綺麗ななったと喜んでいただきました。

アウトバック190720.JPG

お車はちょっと濃いめのカラーなので雨染みが張り付いていて少し全体の美観が損なわれていて
オーナー様も少し手入れに苦労されてるみたいで・・・その辺のメンテナンスのお話も少し
車を綺麗に維持するのはコーティングではありません、オーナー様自身のケアー方法を正しい知識をもって正しくできるかどうかです。そのケアーを手助けしてくれるのがコーティングです。
ちなみにコーティングが汚れて普段の洗車お手入れで綺麗にならないようであればやはりメンテナンスが必要です!!・・・てな話をね!!
次回機会があればまたメンテナンス&リフレッシュ&コーティング等もご依頼くださいませ。

ワンオーナーBMW320iのリフレッシュ前編

●2001/7BMW320i デントリペア、アルミモールポリッシュ&コート

新車から18年所有されているBMW320iです。

DSC09618.JPG

大事にされていますね!ボディーの状態が少しダメージが目立っているので今回当店でリフレッシュ&コーティングをさせて頂くことになりました。
丁度お仕事で3週間ほど出張と言うことでその間を利用して作業させて頂きます。

先ずは凹みの修理・・・デントリペアから
これくらいの年式となると凹みも多そうですがチェクすると気にならないものも含めて3カ所

<施工前>
BMWピラー前190720.JPG

リアのピラー部分の凹みです・・・ここは工具が入らないのでプーリング(引っ張り)で直しました。

<施工後>
BMWピラー後190720.JPG

<施工前>
BMWボンネットへこみ190720.JPG

ここはボンネットの凹みです・・・オーナー様的には気になってないようでしたが・・・
磨きてより綺麗になると気になるかもしれませんし・・・直しておきます。

<施工後>
BMWボンネットデントリペア190720.JPG

他にもドアに1cm以内のへこみがありましたので綺麗に直しておきます。

続いてアルミモールの腐食をリフレッシュします。

<リフレッシュ前>
BMWモール前190720.JPG

BMWモール@前190720.JPG

現行のBMWも・・・と言うか欧州車のほとんどの金属モールはアルミ製です。この年式以前も欧州車はリサイクルの関係などでモールなどの金属はアルミが使われています。
ちなみに日本ではステンレス製が多いのかな!ステンレスの方が耐久力は断然上です・・・

アルミの質感は高級感を演出しますが・・・・こうなると台無しです。
アルミの素材はそのままだとすぐに白く腐食します。なので新車の状態でアルマイト(酸化被膜)加工をされています。ヨーロッパは気候的にそれで充分だと・・・ただ日本だと高温多湿の影響で早期に腐食するらしいです。一番よくないのは黄砂と雨の関係かな?いわゆるアルカリ錆!!一撃でダメージを負ってしまう可能性があり新車でも1シーズン(1年も)すぎればそのダメージから腐食が進み2年目あたりから目立ってきて3年目であきらめるみたいな感じですかね。
これの綺麗さを維持するためにはまめな手入れとは必須ですが専用のコーティングがお勧めです。
まめな手入れが嫌な方はプロテクションフィルムを貼るのが良いでしょう。
すでにダメージを負ったものは磨けば輝きは取り戻せます。
ただこの磨きが超大変・・・・・・そこは当店にお任せくださいませ!!
と言うことでとりあえず磨きで復活しました。

<リフレッシュ後>
BMWモール後190720.JPG

BMWモールA後190720.JPG

この後ボディーの磨きを行い最後にモールも専用コーティングで仕上げる予定です!!

2019年07月17日

NAロードスター オールペイント その5

私のNAロードスタオールペイントの続きですよ〜

新品パネルを仮組みして各パネルのチリを確認します。

01 (29).jpg

01 (39).jpg

特にこのバンパーとフェンダーの合わせ目の部分

01 (33).jpg

NAロドの気になる部分ですね!!
古くなるとバンパーが歪んだりしてますから必ずと言っていいほど段差ができてますし、フェンダーなど鈑金してればうまく帳尻を合わすにも難しいかもです。

一応新品同士ですがこうして合わせてみるまでは不安でしたが・・・・新車並みとは行きませんが
ここまで合ってれば良しとしましょう!!

01 (11).jpg

そしてパテが大盛りだったクオーターパネルを新品のドアパネルを合わせて板金修理していただきます。

01 (45).jpg

塗装をはがした状態です。・・・・・やっつけ鈑金のパテ大盛りです(笑
短時間低料金で修理すると中身は悲惨です。

裏も悲惨です・・・・
01 (58).jpg

穴が開いて錆まで出てます・・・・
ここは後で錆止めしてもらいましょう!!

01 (48).jpg

パテを取るとほら・・・穴が開いてる・・・・

01 (56).jpg

空いた穴はハンダで埋めて鈑金でならしドアパネルとの帳尻もばっちりです!!

01 (61).jpg

プライマーで仕上げこれで一旦完了です。

01 (68).jpg

そしてバンパーの塗装です。

01 (94).jpg

01 (92).jpg

下塗りをピンクで・・・・塗るらしいです!!

01 (101).jpg

01 (99).jpg

そしてクラシックレッドを・・・
DSC09608.JPG

クラシックレッドのカラーデーターは2種類あるらしいです。
つまりどちらもクラシックレッドで使用する側がこの色を基準に塗装するパネルの色に合わせて使用するらしいのですがデーター上のカラーが現車のカラーに近づけるためにはここからさらに微調整をするらしいのですが・・・・難しいらしいです

右側の方が少し明るいですよね・・・・採用したのは右側のクラシックレッドで!!
もともとの色は赤が抜けた感じらしいので、明るい方でも濃い感じだそうです!!

01 (109).jpg

01 (106).jpg

オリジナルはソリッドの赤でクリアーが無いのですが、耐久性を考えてクリアー塗装までして仕上げて頂いてます。

オリジナルのクラシックレッドの最高の艶が今回のテーマです!!

と言うことで本日はここまで・・・次回をお楽しみに!!