2018年04月07日

意外と凹んでます

●レクサスIS300h 左フロントドアプレスライン部のデントリペア

当店を初めてご利用頂くお客様はおそらくブログを見られてご来店頂いてるのかな?
このオーナー様もデントリペアは初めてという事ですが・・・・仕上りを期待されてのご依頼感がひしひしと感じられます(プレッシャー)

<施工前>
is300施工前180407.JPG

ヘコミはいやらしい感じです。
鋭角なプレスラインに小さく凹む・・・・出来ればお会いしたくないヘコミです・・・・
ですが涼しい顔してお受けします・・・いや厄介そうだな〜と言った感じが顔に出てるかもしれません(汗

<施工後>
is300施工後180407.JPG

いい感じで直ってますが、正直衝撃点は残ってます・・・難しいだろうな思って事前にお話はしているのですが物理的に無理なのか私の技術が未熟なのか・・・物理的に無理と思いたいのですが無理と思うとそこから技術が向上することはないと思って頑張ってます。

is300 180407.JPG

いや直るんですね!と言って頂けたことに感謝です。

んっ?

●ミニクーパS デントリペア&汚れ落とし&磨き&コーティング

中古で購入したばかりでコーティングも施工したばかりで・・・・・ヘコミがある?

クーパS入庫180406.JPG

まあヘコミがあるのはしょうがないでしょう・・・・デントリペアで直しましょう!!
一言付け加えるとしたらコーティング前にデントリペアする方が良いですよ!!

と言うのはデントリペアで施工する部分は表面を触りますからね・・・・

デントリペア
<施工前>
クーパSデント前180406.JPG

給油口の前と後ろにそれぞれ2カ所合計4ヶ所のヘコミがあります。

クーパSヘコミ前180406.JPG

ツールアクセスはテールレンズを外して行いました。
クーパSアクセス180406.JPG

<施工後>
クーパSデント後180406.JPG

傷が残ってますがタッチアップ済みです。

クーパSヘコミ後180406.JPG

他にももう一ヶ所ヘコミがありましたのでデントリペアしました。

クーパS映り込み180406.JPG

・・・で問題なのはコーティングしているにもかかわらず・・・・

クーパS汚れ前180406.JPG

なにこれ?・・・・・どういう事?

このパネル一応コーティングされています・・・バッチリ撥水していますし・・・ただザラザラで水垢の様な曇りが・・・・

DSC06116.JPG

なるほど・・・下地処理が施されていません・・・忘れたか?
汚れ鉄粉除去してポリッシング・・・そして当店で使用しているコーティング剤でコート!!
本来なら同じコーティングをするのがベストですが・・・どうせ1年後当店に再コーティングをお願いするからだと(ありがとうございます)・・・・今回の部分的なコーティングはそのツナギです。

クーパS汚れ後180406.JPG

ここも気になるという事で
クーパSエンブレム前180406.JPG

エンブレム周りが曇ってますよね・・・水が乾いた跡ですね・・・・細かく下地処理&コーティングされていない証拠

クーパSエンブレム後180406.JPG

せっかく高いお金払ってコーティングしてもらったので粗探しはしたくないのでしょうが・・・・
粗だらけまあ1年も経てば汚れるからとひらきなおって次はもっと綺麗に仕上げましょう!!

DSC06120.JPG

2018年04月06日

ラッキーな穴

●アウディーQ3 左クオーターのデントリペア

この凹みを直すには穴を空けることになるのでしょうか?とご質問を・・・
その様な選択になるかもしれませんねと・・・・

でもジャッキアップしてタイヤを外しタイヤハウス内のカバーも外すと・・・

Q3アクセス180406.JPG

黒い丸いカバーが・・・ここからへこみ裏にデントツールが届きそうです。
本来なら他からツールのアクセスが出来なければこのフェンダー内の鉄板に穴あけをする必要があったのですが・・・ラッキーな穴があったんですね!!

<施工前>
Q3施工前180406.JPG

ヘコミはこの様に真ん中に深めのへこみその両サイドにも浅めですがヘコミがあります。
フェンダー内の穴が開いていたおかげでいろいろご心配を掛けましたが難なく施工できました!!

<施工後>
Q3施工後180406.JPG

施行後、他にもいろいろお手入れの話とかコーティングの話とかさせて頂きました。

アウディーQ3180406.JPG

またお車のお手入れリフレッシュでお手伝いできることがありましたら声を掛けて下さいませね!

2018年04月01日

結果オーライ!

●コペルボニート クオーターのデントリペアと磨き&コーティング再施工

2年と8か月前に当店でコーティングして頂いたお車です。
その間当店でのメンテナンスもなくこれまで綺麗な状態をキープされていましたが・・・・

如何です綺麗でしょ!!
コペルボニート180401.JPG

ただ今回クオーターに傷とヘコミそしてそれに伴う歪が・・・・

<施工前>
上から見て
コペルボニート施工前180401.JPG

横から見ると
コペルボニート歪前180401.JPG

これ右側のクオーターなんですが・・・コペルボニートと言うこのお車、私も詳しくは知らないのですが
日産マーチK11がベースのレプリカモデルです。
英国の旧車好きならご存知かと思うのですが「バンデンプラプリンセス」がモチーフになってるようです。
そのマーチのフェンダーにかぶせるように取りつけてあるパネル部分が凹まされてしまったようで・・・・
まったくツールアクセスが出来そうにありません・・・・
しかも元のパネルと新たなパネルがちょうど重なり合う部分でパテが入っている可能性も大です。
塗装の密着も未知数です・・・・歪も不自然に入っていますし・・・
あらゆるリスクを想定して一応お受けしましたが万が一塗装が割れたりはがれたりすると意味がないので
作業は超慎重に進めます・・・最悪デントリペアでは何もできない可能性もあります。

結局ツールアクセスは何処からも無理、穴あけも2重構造ですから無理、テールレンズも特殊なリベットで固定され強力に接着されている様な感じでバラシも無理・・・八方ふさがり

かなり緊張しますが最後の手段はプーリング・・・引っ張り作業ね!
でも塗装の密着、パテの影響、裏側のパネルの影響・・・心配事ばかりです。

それでも塗装に影響ない程度に引っ張ってみると・・・意外とパネルが動きます。
塗装もしっかり密着してる感じです。パテの影響もなさそう、裏側のパネルの影響もなさそう・・・

<施工後>
上から
コペルボニート施工後180401.JPG

傷部分はこれ以上責められませんので残ってますがいい感じで凹みは出ました。

横から
コペルボニート歪後180401.JPG

縦の歪もこれなら気にならないでしょう!!

触って分かったのですがこれ凄く良い塗装ですよ!!

コペルボニート映り込み180401.JPG

磨きも行いコーテイングも同じものを再施工しましたし塗り直すよりはいいと思いますよ
もし我慢できなければ・・・その時期が来れば塗装し直しましょう(笑

不安だらけのリペア&磨き&コーティングでしたが結果オーライでした!!



2018年03月31日

FD3Sリフレッシュ完成!!

●H10.6 FD3S RX-7 デントリペア38ヶ所、タッチアップ、部品交換、パーツ脱着洗浄、テクニカルディテールLevelC及びグラスコートU、ウインドウポリッシュ&コート

お預かり期間が2週間、新車からのオーナーさんで20年目にして?本格的なリフレッシュを?
リフレッシュにこれで良いはありません、私も正直毎日お手入れ&リフレッシュされている様なオーナー様には到底かないません、お預かりした期間2週間でオーナー様が満足頂けるように頑張ってはいますがね・・・

前回からの続きになりますが・・・今回劣化したパーツの交換も同時に行いました。
オーナー様に準備頂いたもの、新たに当店が準備させて頂き交換したもの・・・
その中で

リア周りのエンブレム
DSC06044.JPG

DSC06058.JPG

DSC06059.JPG

エンブレム周りも一旦剥して磨けますので仕上がりはバッチリです!!

ドアのベルトラインモール
DSC06050.JPG

ここも外して
RX7モール前180331.JPG

ガラスの汚れもモール際の汚れも見えないところまで完全リフレッシュ!!
これを見ると古い車をお乗りの方はやりたくなるのでは!!

RX7モール中180331.JPG

RX7モール後180331.JPG

フロントガラスはカウルトップまで外してリフレッシュ
DSC06004.JPG

因みにカウルトップは現状をコーティング・・・まだまだ綺麗です!!
DSC06056.JPG

そしてリアウイング周辺は
DSC05989.JPG

一旦外して・・・綺麗に汚れを落として磨いて・・・穴は水が漏れないように対策して・・・
DSC06073.JPG

傷部分のタッチアップ跡も
RX7タッチ前180331.JPG

消すことは出来ませんが目立たない様仕上げます。
RX7タッチ後180331.JPG

沢山あったヘコミも
RX7左ヘコミ180322.JPG

デントリペアで全てリフレッシュ!!
DSC06061.JPG

全てのリフレッシュそしてコーティング、20年を経過したFD3Sがようやく甦りました!!
DSC06076.JPG

DSC06066.JPG

DSC06069.JPG

DSC06074.JPG

RX7c施工後180331.JPG

DSC06082.JPG

DSC06085.JPG

2週間もの間お待たせいたしましたあと20年それ以上可愛がってあげて下さいませ!!

縦に長〜く2カ所凹む

●ベンツGLC200 左フロントドアに縦長に2カ所のへこみ

エクボのように見えていたヘコミですが良く見ると縦長に10p以上あるヘコミです。

<施工前>
glc200施工前180331.JPG

この様に透かして見ると縦長〜く歪んでいるのですね・・・しかも2カ所も
オーナー様は大変ショックを受けていたようですが大丈夫デントリペアで直せますよと!!

<施工後>
glc200施工後180331.JPG

ちょうどへこみ部分の下の方は補強に阻まれていましたがプーリングも併用しながら仕上げました!!

glc200映り込み180331.JPG

施行後仕上がりをご確認して頂きようやく笑顔に!!

glc200 180331.JPG

本日は当店をご利用頂きありがとうございました。

2018年03月30日

春が来たね!!

コーティング専用のガレージではRX7の仕上げ作業・・・明日オーナー様とご対面です!!

そして他にお預かりしてたプリウスは・・・
2月に中古でお買い得だったので購入されたのですがヘコミがあって・・・
当店にご相談頂いてチェックすると全部で9ヶ所の凹みが・・・・

お買い得だった分割り切って全部直してほしいと!!

でせっせとデントリペアを・・・・タッチアップも2ケ所・・・
DSC06051.JPG

写真は御引き渡し時に写したこの一枚のみ・・・施工の写真は撮る暇がなくてね
ブログに載せないのですかと言われて・・・何とかこの一枚です。



posted by DR-G at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 奮戦記録

2018年03月28日

FD3Sリフレッシュ その2

●FD3S RX-7 テクニカルディテール

先週からのRX-7のリフレッシュの続きです・・・・

スケールの溜まったフロントガラスはワイパーアーム、カウルトップまで外してリフレッシュします。
ゴリゴリですので洗車ではほとんど汚れは取れませんが・・・・
DSC06006.JPG

酸性ケミカルとガラス研磨剤専用マシンを使用してすべて取り除きました。
DSC06025.JPG

リアガラスも同様
DSC06008.JPG

スッキリ除去・・・その後フッ素コートで撥水させます!!
DSC06028.JPG

リアスポイラーもその周りが汚れが固着し、研磨の際スポイラーが邪魔で研磨できないので一旦外してます。
DSC06010.JPG

クッション材もボロボロですので新しいものを貼らないとね!

DSC06043.JPG
塗装が浸食し傷もありましたので錆び止めを!その後スポイラーで隠れますので問題ないでしょう!!

汚れを落したらいよいよ研磨作業ですが・・・・・・・

クレーター状に塗装が浸食しています
DSC06031.JPG

クリアーの無いソリッドブラックですので闇雲に削ることは著しく塗装を薄くしますがこのまま磨いてもくぼみが残ります。

ですので適度にバフレックスで削り込み・・・・
DSC06034.JPG

磨いて綺麗にします。
DSC06039.JPG

右側半分を荒磨きしたところです。

DSC06042.JPG

バフは真っ黒・・・塗装は貴重なオリジナルです!!

DSC06040.JPG

磨きはもう少し続きます。・・・そしてコーティング
御引き渡しは土曜日を予定・・・・お楽しみに!!

2018年03月27日

デントリペアですぐ直ります

●スバルXV ドアのデントリペア

お電話頂いてご来店・・・先ずは御見積です。

<施工前>
XV施工前180326.JPG

なるほど・・・これならすぐ直るパターンのへこみ方!
御見積金額をご提示し、作業時間を少し長めに見て1時間程度ですかねと・・・

奥様がお車をお乗りになられてこられていたので・・・・旦那さんに相談してまた連絡しますと
ですので見積書をお渡しして・・・・でも気が変わったようで奥様の判断で「今からできますか?」と

「はい、出来ますよ」と
平日はコーティングなどの作業をお預かりして進めていますが短時間で施工可能なデントリペアの作業は大体何時でも対応できます。

という事で早速作業開始・・・その間近くのコメダ珈琲さんに・・・

<施工後>
XV施工後180326.JPG

お茶して頂いてる間に作業は完了・・・・お電話して仕上がりを確認してもらいます。

XV180326.JPG

わぁ〜ほんとに直ってる!!短時間でここまで綺麗になるなんてっ感じだったのでしょうか?
デントリペアは1カ所あたりエクボ程度でしたら1時間程度で直ります。
気になるヘコミはお気軽にお見せ下さいませ!!

2018年03月25日

ワンオーナー

●ホンダS2000 3ヶ所のデントリペア

安城市からS2000のヘコミのご相談でご来店頂いたオーナー様
新車からのワンオーナーという事でお車への愛情もお話をするとすぐに分かります。
大切にされているからこそデントリペアと言う無塗装で直せるメリットに魅力を感じてのご依頼です。

ただヘコミはツールの入らないクオーター部分の凹みが3ヶ所、特に写真のヘコミは深く・・・・
ツールが入らないという事は新たに穴を空けて通すか、表から引っ張って直すか・・・・
充分そのメリット、デメリットをお話しして作業手順を決めて取り掛かります。

<施工前>
S2000施工前180325.JPG

選択した施工方法はプーリング
DSC06016.JPG
※写真は別車種の物です

この方法で引っ張ったり叩いたり形を整えます。
深いヘコミはヘコミの芯が残り易くこれでダメなら穴開けて裏からの施工となりますが・・・・何とか綺麗に直りました!!

<施工後>
S2000施工後180325.JPG

三つのうちこのヘコミが一番深かったので他の二つはプーリングで楽勝でした!!

S2000 180325.JPG

オーナー様からはこんな質問も・・・この塗装の状態は如何ですか?と
綺麗に維持されているので、もし中古市場に有ったら上物じゃないですかと・・・
ただクリアー層は少し曇が掛かってくすんでいるのできちんと磨いてコーティングすれば極上車になるでしょう!!
という事で次回当店ご利用はボディー全体のテクニカルディテールとコーティングで決まりかな(笑
その時は頑張ってピカピカにしますね!!