2022年02月06日

真っ赤なポルシェ

●1991/8 ポルシェ911 ボディーコーティング(テクニカルディテールLevelC テクニカルグラスコートTプラスダイヤ、ホイールクリーニング&コート

真っ赤なポルシェ911 ボディーのリフレッシュ&コーティングでご入庫いただきました。

ポルシェ入庫220129.JPG

31年経過してるとは思えない良いコンディションです。
以前にデントリペアもご利用頂いてますし・・・


ポルシェレンズ前220129.JPG

レンズの奥など日頃手入れしずらいヶ所こそお任せください

ポルシェレンズ後220129.JPG


ポルシェダクト前220129.JPG

ここも掃除して・・・

ポルシェダクト後220129.JPG

ソリッドの赤はクリアー塗装の無いカラーです。

ポルシェ傷前220129.JPG

磨けば次の新しい赤い塗装が現れます。

ポルシェ傷後220129.JPG

オーナー様が気になってたっておっしゃてたボンネット

ポルシェボンネット前220129.JPG

深い傷、飛び石など消せないダメージもありますので・・・バランスを取った磨きで綺麗さを引き出します!!

ポルシェボンネット後220129.JPG

ホイールもいつ以来?裏側、キャリパーもクリーニング

DSC05608.JPG

ホイール専用のガラスコーティングでお手入れが楽になりますよ!!

DSC05610.JPG

ここもしっかりコーティング

DSC05611.JPG

DSC05613.JPG

DSC05609.JPG

DSC05615.JPG


DSC05614.JPG


DSC05617.JPG

2022年02月05日

酷い当て逃げ?

●クロスビー 左フェンダーのデントリペア

年末にデントリペアの施工をして頂いたオーナー様その時は相手の保険で修理できたのですが・・・
あれから1ヶ月今度も同じ場所に止めてて今度はフェンダーを凹まされてと・・・ご相談

<施工前>
クロスビー前220131.JPG


なるほど・・・これは酷い当て逃げですね、相手の車か?フェンダーにぶつかって凹んでます。
プレスラインがひどくつぶれ、エンブレムも傷つきその周りも凹んでます。
・・・・ですのでデントリペアでの修復はかなり厳しいのですが、塗るよりはデントリペアでとの
ご要望でしたので出来る限り目立たなくなるよう頑張ってみました!!

<施工後>
クロスビー後220131.JPG


エンブレムは一旦剥がしての作業です。

ぶつけられて出来たプレスラインの凹みは固くこんな感じで修復

オーナー様にも確認、目立たなくなり満足いただけました!!
エンブレムは少し傷ついてましたがとりあえずそのまま貼り直しました。


クロスビー220131.JPG

このままだとまずいので駐車場所は変えられるとか・・・
今度は無いことを祈ってます。
続きを読む

2022年02月03日

コーティングメンテナンス

●2020/11 ハリアー ボディーコーティングメンテナンス

新車から1年ちょっと・・・新車時にコーティングされています。

オーナー様からのリクエストは小傷を何とかしたい
・・・お見せ頂くとなるほど磨けば何とかなりそうです・・・がそこだけコーティングが無くなってしまうので補充が必要です。
傷は3ヶ所それぞれ異なるパネルで磨いてコーティングコーティングする必要があります。
ボディー全体を見て見ると・・・・デポジット(雨染み)が上面を中心に付着してます。そしてわずかながら洗車傷も・・・

と言うことで傷の研磨に加え全体のコーティングメンテナンスをさせて頂きました。

作業内容は小傷部分の研磨による傷消しとボディー全体のデポジット除去及び軽研磨による塗装表面の最適化
そして研磨することで元のコーティング表面が無くなりますので新しくコーティングを施工し直します。
コーティング剤はダイヤモンドコートでを再施工いたしました。


気になる小傷はこんな感じです。

リアバンパー部分です。
ハリアーリアバンパー前220130.JPG

研磨でほとんど消えました。

ハリアーリアバンパー後220130.JPG

これは左フロントフェンダーの小傷です。
ハリアーフェンダー前220130.JPG

これも研磨で綺麗に消えました。

ハリアーフェンダー後220130.JPG

これは右のフロントフェンダーです。
ハリアー右フロント前220130.JPG

一部深い線傷が残りましたがほとんどわからない感じに!

ハリアー右フロント後220130.JPG


ボディーのデポジット(雨染み)はこんな感じです。

DSC05547.JPG

DSC05546.JPG


デポジット除去は専用ケミカルで溶かして除去します。
溶かしきれないデポジットはこの後の磨きで除去されます。

DSC05558.JPG

トップコートのコーティング(ダイヤモンドコート)を再施工してメンテナンス完成です。

DSC05561.JPG

DSC05557.JPG

DSC05559.JPG

DSC05562.JPG

2022年02月01日

ぶつけられた凹みは直せるのか

●ポロ 左フロントドアの複数凹みにデントリペア

三重県からのご来店です。ドアをぶつけられたそうです・・・・デントリペアは厳しいぞ・・・
とりあえず見て見ましょう

<施工前>
ポロ上前220130.JPG

上の方はプレスラインがガッツリ凹んでます。

ポロ中前220130.JPG

真ん中の方はインパクトビームと干渉してベコベコに歪んでます。

下の方のプレスラインも(写真は撮ってません)凹んでます。

・・・普通はディーラーならドア交換+塗装、鈑金屋さんなら腕次第で鈑金塗装

当店に出来ること・・・ぶつけた或いはぶつけられた凹みはデントリペアで完璧に直すのは難しいのですが
今回のケースだと、完璧には直りませんがある程度形を戻すことは出来そうです。作業の方も1日あれば作業できますし塗装を残すこともできます。費用も塗装するより抑えられます。

と言うことでデントリペアで何とか直しましょうと!!

<施工後>
ポロ上後220130.JPG

ポロ中後220130.JPG

どうでしょうか?オーナー様にも喜んでいただけました。

ポロ220130.JPG

デントリペアで無かったことに

●ベンツA180 左フロントドアのデントリペア

これぞデントリペアが最適な凹みですよ!

<施工前>
ベンツA180前220129.JPG

左のフロントドアに2cm弱のエクボです。
直ぐに直りましからね!

<施工後>
ベンツA180後220129.JPG

はい、直りましたよ・・・・「早っ」
もうできたのですか・・・・「はい」

小さなエクボはデントリペアで無かったことに

ベンツA180 220129.JPG

2022年01月30日

少しずつ少しずつ

●キューブ ドアプレスラインのデントリペア

これはキツイ一発ですね・・・・気が重い・・・けど頑張りましょう!!

<施工前>
キューブ前220129.JPG

少しずつ少しずつ・・・直すというよりも新たに元の形を作る感じですかね・・・
少しずつ少しずつ・・・もとの形に近づけていく感じですが・・・悪戦苦闘
少しずつ少しずつ・・・目が疲れるので休憩しながら焦らずに

何とかこんな感じで復活しました!!

<施工後>
キューブ後220129.JPG

映り込みはこんな感じです。

キューブ映り込み220129.JPG

ほんと目立つ凹みでしたが・・・キューブの綺麗さに負けないよう頑張りました!!

キューブ220129.JPG

気になる凹みは直ぐデントリペア

●ハスラー フェンダーのデントリペア

ハスラーに出来たエクボはデントリペアで直すしかないでしょう

<施工前>
ハスラー@前220123.JPG

この位置の凹みです・・・拡大して見ます

ハスラーA前220123.JPG

ツールのアクセスはこんな感じで
通常フロントフェンダーの凹みはタイヤハウスのカバーを外してタイヤハウス側からアクセスるるケースが多いのですが

ハスラーアクセス220123.JPG

ハスラーはご覧のようにボンネット側からの隙間を利用できました。
タイヤ外してカバー外して・・・その手間が無くラッキー!!

<施工後>
ハスラーA後220123.JPG

綺麗に直りました。

ハスラー@後220123.JPG

気になる凹みは直ぐにデントリペアで解決ですね!!

ハスラー220123.JPG

2022年01月29日

凹み傷消し去る

●スバルR1 左クオーターのデントリペア&ポリッシュ

そんなに深くないへこみですが擦った跡の傷が付いてます。黒いボディーカラーで目立ってますね!

<施工前>
R1傷前220129.JPG

凹みは裏から押して直しましょう
傷は磨いて消しましょう!!

先ずはへこみを直すために・・・内装をばらして・・・・軽自動車だと舐めてたら
側面のパネルを外すために後部座席のシートを外さなきゃいけないのね・・・
ちょっと時間が掛かりましたよ脱着に・・・
凹み直しは脱着の半分以下の時間で完了、磨いて傷を消してハイ完成です!!

<施工後>
R1傷後220129.JPG

別角度から凹みが良く見える状態で・・・
R1施工前220129.JPG

これが⇒こうなります。

R1施工後220129.JPG


少しお時間が掛かりましたがバッチリ凹み傷は無くなりましたね!!
ありがとうございました。

R1 220129.JPG

速攻解決

●ボルボv90 フロントドアのデントリペア

ボルボV90のドアに出来た凹みです大きさは縦に約7pとやや大きめ
ですが問題ありませんすぐに直せます。

<施工前>
ボルボV90前220123.JPG

目立ってしょうがない凹みですが速攻解決できるのがデントリペアです!!

<施工後>
ボルボV90後220123.JPG

きれいさっぱりへこみは無かったことに!!

ボルボV90220123.JPG

これで気持ちよくコーティングできますね!!

2022年01月27日

3年半ぶりのリフレッシュ

●2019/5 アウトバック デントリペア4ヶ所、ボディーコーティング(テクニカルディテールLevelC、テクニカルグラスコートU)

3年半ぶりのリフレッシュです・・・先ずはデントリペアからわずかな凹み歪ですが気になりますよね!!

これはオーナーさんが見つけた凹みです。
<施工前>
アウトバック右リアドア前220116.JPG


これ右のリアドアわずかに凹んでます・・・

<施工後>
アウトバック右リアドア後220116.JPG


無事直りました。

そしてこれは私が見つけた凹みです。
左のリアドア3ヶ所凹んでます

<施工前>
アウトバック左リアドアA前220116.JPG

直します?はい直してください・・・

<施工後>
アウトバック左リアドアA後220116.JPG

そしてもう一つ
<施工前>
アウトバック左リアへこみ前220116.JPG


わずかですよわずか

<施工後>
アウトバック左リアドアへこみ後220116.JPG
でもこれでスッキリ

それではボディー全体のリフレッシュをしましょう

アウトバックボンネット前220116.JPG


ボンネットのダメージです。
シミと洗車傷をリセットします。

アウトバックボンネット後220116.JPG


アウトバックバイザー前220116.JPG

バイザーも磨いてコーティングしてリフレッシュします。

アウトバックバイザー後220116.JPG


アウトバックカウルトップ前220116.JPG

ガラスの際のスケール除去とカウルトップをコーティングでリフレッシュ

アウトバックカウルトップ後220116.JPG


DSC05543.JPG


磨いてスッキリ細部までコーティングしてクッキリ

DSC05539.JPG


コーティングはグラスコートUを施工
これからもお手入れを楽しんで下さいませ!!

DSC05537.JPG

DSC05540.JPG

DSC05542.JPG