2018年03月12日

信頼して頂けてる?

●H29/9 メルセデスベンツ E200 テクニカルグラスコートUプラスダイヤLevelA、メタルモールコート、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート

嬉しいな!2台目の施工も当店をご利用頂けるなんて・・・信頼して頂けてるのでしょうか?

お車はいわゆる新古車、登録済みのディーラー在庫車ってやつです。
ベンツe200傷前180309.JPG

少し展示されていた様なのでここはちょっとだけ傷はありますが問題ないレベルです。
全体的には目立つ傷は無かったので見落としやすいダメージですが下地作業を行う中で細かくチックしながら進めますのでこの様なところも見落とすことはありません・・・・恐らく(笑

ベンツe200傷後180309.JPG

塗装面全体はこんな感じでした。
ベンツe200前180309.JPG

薄らスケールと鉄粉が付いていましたがわずかなので・・・このままコーティングを・・・
なんてことをするとダメダメです。

ちゃんと汚れを落として軽く磨きを入れることで美観はまるっきり変わります。
ベンツe200後180309.JPG

ボディー以外もオプションで窓ガラス、アルミモール、アルミホイールも専用のコーティングを御依頼頂きました!
もちろんダメージはキッチリ除去してコーティングしてますよ!!
DSC05852.JPG

DSC05846.JPG

DSC05851.JPG

DSC05849.JPG

DSC05848.JPG

DSC05850.JPG

実は今回とは別にもう一台5月納車の新車の施工を御予約頂きました!!
前回施工のお車も健在です。で今回そしてもう一台・・・・・ちなみにお一人で3台ではありません
それぞれ役割のあるお車たちです。
前回も今回もそして次回も当店を行名頂きありがとうございます。

2018年03月11日

長く乗りたいので

●パサート 右クオーターのデントリペア&ボンネットの磨き+コーティング

お車はちょっと深めの傷を伴うヘコミです。
傷が許せればヘコミはデントリペアで何とかなりますので・・・・デントリペアを!!

<施工前>
パサート施工前180311.JPG

デントリペアを・・・ですが・・・ツールが確実にへこみをとらえる条件を満たすのは
こんなやり方で

パサート穴180311.JPG

クオーターのタイヤハウス内に一部小さな穴をあけてそこからツールをアクセスさせます。

無事にへこみの修理が終わって・・・穴の周りはタッチアップしてキャップします。
パサートキャップ180311.JPG

そしてライナー(タイヤハウスのカバー)を元に戻せば
パサートライナー180311.JPG

はい完成
<施工後>
パサート施工後180311.JPG

タッチアップペンはお持ちではなかったのですが同じような色でタッチアップし出来るだけ目立たなくしてますよ!!

そしてもう一つ気になることが・・・ボンネットの鳥のフン跡と雨ジミなどのダメージ・・・
パサートシミ180311.JPG

でしたのでボンネット部分だけ磨き直して再コーティングをさせて頂きました。

パサートシミ取り180311.JPG

長く乗りたいからまたメンテナンスをお願いしますと!
出来るだけ日頃のケアーを頑張って頂いて、リフレッシュしたいなと思った時期にはお任せくださいませ!!

パサート180311.JPG

本日はご利用ありがとうございました。

凹みは気になる

●ランサーエボリューション] 右リアドアのデントリペア

前から気になっていたというヘコミはこれ!

<施工前>
ランエボ凹み180311.JPG

割と深いヘコミで気になるよね・・・

ランエボ施工前180311.JPG

ライトを当てて見るとこんな感じです。

ドアの端っこの方なのでツールがすんなり入るか心配でしたが・・・・難なくミート
なのでさくさく作業を進め・・・

<施工後>
ランエボ施工後180311.JPG

はい完了!!周りにあった線傷も磨いてスッキリ!!

ランエボ映り込み180311.JPG

ランサーエボリューションももう生産されていないのですね!
貴重なお車ですからこれからも大切にお乗りくださいね
本日はごご利用ありがとうございました。

ランエボ180311.JPG

2018年03月10日

よそで断られたヘコミ

●ボルボV60 ドアの端のデントリペア

あるところでここは鉄板が二重になっているのでデントリペアは無理です・・・と
断わられたこのヘコミ

<施工前>
ボルボV60施工前180310.JPG

二重なので?と言うのはこの事か?
ボルボ原因180310.JPG

ヒンジの手前はパネルの隙間が確かに狭くツールが入らない可能性がある場所のへこみですが・・・
何とかデントツール入りましたよ!!

<施工後>
ボルボV60施工後180310.JPG

よってデントリペア出来ましたと!!・・・ただ傷は残りましたが・・・・

でも
ボルボ映り込み180310.JPG

映り込みはこんな感じで許せる傷のレベルですし
何より塗らずに直せてよかったよねオーナー様!!

ボルボv60180310.JPG

諦めずご依頼頂きありがとうございました。

こりゃ大変

●ヴェルファイア スライドドアのデントリペア

こりゃ大変!!

<施工前>
ヴェルファイア凹み前180309.JPG

パールホワイトカラーで正面からはっきりわかるヘコミは・・・大変です!

ヴェルファイア施工前180310.JPG

ライトを当てると・・・うひゃ〜猛烈に凹んでいます!!
これ自転車が倒れたとか・・・・?
デントリペアでの修復は少々限界を超えていますが・・・だからと言って全部鈑金塗装も高額でもったいない!!

という事で何とかデントリペアしました。

ヴェルファイアアクセス180309.JPG

それはこのサービスホールがドンピシャで利用できたから!!

<施工後>
ヴェルファイア施工後180310.JPG

出来上がりはこんな感じ・・・少々荒れ気味ですが・・・精一杯頑張りました(汗

ヴェルファイア凹み後180309.JPG

普通目線ではわからないものかと・・・・ね、オーナー様

ヴェルファイア180309.JPG

御依頼ありがとうございました。

2018年03月06日

デントリペアとバンパー交換

●ヴォクシー リアゲートのデントリペア&バンパー新品交換

岐阜市からお越しのオーナー様
事前にメールで凹みの様子を写真も添付頂いていましたが・・・・
ぶつけた?ぶつけられた?凹みですのでデントリペアで直るか心配でしたが

<施工前>
ヴォクシー施工前180306.JPG

凹みはそんなに大きくないですが鋭く凹み中心部分は塗装がはがれています・・・
ですので完全に直すには塗装をする必要がありますが修理費用は8万円だとか!
デントリペアだと1/4以下で済みますし後は傷の部分が残るのをどう考えるかですね?

傷が残っててもへこみが直れば問題なしという事でデントリペアさせて頂くことに。
そしてバンパーはデントリペア出来ませんし傷ついていたのですが
リアゲートを開けて見ると新品のバンパーも購入してお持ち頂いていましたので・・・ついでに交換させて頂きました!!

<施工後>
ヴォクシー施工後180306.JPG

残った傷はこうしてライトを当てるとわかりますが通常の景色の映り込みで見る分にはほとんど気になりません・・・・下地まで影響してない傷ですのでタッチアップするよりはこのままでも問題なしです!!

ヴォクシー180306.JPG

残る傷の見え方が気になられていたようですが満足頂けて様で良かったです!!

2018年03月05日

フルリフレッシュ&コーティング

●H24.12 BRGレガシーツーリングワゴン デントリペア、タッチアップ、ヘッドライトハードコートリペア、ウインドウポリッシュ&コート、テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelC

5年が経過したBRGレガシーをフルにリフレッシュ&コーティングさせて頂きました。

レガシー入庫180304.JPG

微妙なヘコミですが・・・全部で・・・結構ありましたが全てきれいにデントリペアで直します。
レガシーフェンダー前180304.JPG

コーティング前にスッキリさせます。

レガシーフェンダー後180304.JPG

パールホワイトなので気にしない人にとっては気が付かないレベルのヘコミかもしれませんが・・・

レガシークオーター前180304.JPG

或いは気が付いていてもこの位なら我慢しようなんて思っている方も多いのではないでしょうか

レガシークオーター後180304.JPG

ひょっとしたらデントリペアそのものを御存じない方がまだまだ多いのかなとも思います。
当店をご利用頂く方はそもそもそれに気が付かれて或いはデントリペアを御存知な方なので経年車でヘコミがある場合はコーティングと一緒に施工されます!!
だってボディーがピカピカになってもへこみが残ってるようじゃあねえ・・・・・

そしてタッチアップ
これも経年車であれば飛び石の一つや二つはくらって傷ついているでしょうからコーティングのついでにそんな傷はタッチアップで目立たなくします。

こんな場合も
レガシーダクト前180304.JPG

これダクトの奥のパネルですが塗装が劣化で剥がれていました・・・・
本来だと部品を交換するか塗装をするかでしょうが目立つ場所ではないので今回はタッチアップで

レガシーダクト後180304.JPG

タッチアップはタッチペンをお持ち頂ければ5カ所程度まではサービスです。
デントリペアも同時施行で一ヶ所目から半額ですよ!!

ヘッドライトはこれまでコーティングで延命して来ましたが・・・より劣化してきていましたので今回はハードコートを再施工することに

レガシーヘッドライト前180304.JPG

コーティングとは違いハードコートそのものの塗り替えですので耐久力は新品並みです。

レガシーヘッドライト後180304.JPG

コーティングだと少し曇ってきて磨くとコーティングがはがれるのでまたコーティングする必要がありますが
ハードコートだと少しの曇り程度であれば軽く磨けば綺麗な面がまた現れます。

窓ガラスは綺麗さを維持されていましたがわずかですがウロコが付いていました。
又この場所はゴリゴリのスケールがどうしても溜まってしまっていますので

レガシーガラス前180304.JPG

スッキリさせて新たなフッ素撥水コートを施しました。

レガシーガラス後180304.JPG

ボディー全体のダメージは各部の隙間に水垢汚れ雨ジミが溜まっています。

例えば
レガシーバイザー前180304.JPG

サンバイザーのメタル部分

レガシーバイザー後180304.JPG

外せるところは外して
レガシーガード前180304.JPG

スッキリ
レガシーガード後180304.JPG

パーツ周りの隙間も
レガシーバンパー前180304.JPG

クッキリ
レガシーバンパー後180304.JPG

水垢で結構汚さが目立つこの部分も
レガシーピラー前180304.JPG

本来は艶が無い状態が正しいのかな?・・でも少し磨いて少し艶あり状態に!!

レガシーピラー後180304.JPG

ドアを開けた瞬間も
レガシーヒンジ前180304.JPG

気持ちよくなって頂きたいので
レガシーヒンジ後180304.JPG

因みに外側はグラスコーティングいたしますが内側は汚れが付きにくいようにフッ素コート致します。

ボディー塗装部分は・・・・結構きてます・・・
レガシーボンネット前180304.JPG

パールホワイトなので一見深刻なダメージには見えませんがこの状態は雨ジミが浸食しクレーター状(凹)になっています。

可能な限りクレーターの底を浅くして美観を取り戻しました。

レガシーボンネット後180304.JPG

雨ジミは水滴が乾いて残る残留物です。雨の水滴が乾いて出来ると思いがちですが実は雨そのものでは雨ジミは残りません冬場だとぬれた路面を走ると埃と融雪剤を巻き上げて付着したもので出来たり、春先だと黄砂、花粉をかぶったボディーに雨が降って乾いたり・・・・・一番の原因は洗車そのものだったりします。
そう洗車で使用する水道水には雨シミになるミネラル成分が含まれていて気が付かないうちに洗車後の水滴が拭き取る前に乾いて少しづつボディーに残ってしまいます。
でどんどんどんどん増えていき美観を損ねてしまいます。

これはルーフです。
レガシールーフ前180304.JPG

浸食してるのが分かるでしょうか・・・

磨いてリセット・・・コーティングで保護完了!!
レガシールーフ後180304.JPG

コーティングはトップコートにダイヤモンドコートを施工しましたので汚れ水滴は弾き飛び洗車も非常に楽になり、水滴はスパッと拭き上げできます。つまり塗装(コーティング)の上に何も残らない状態を簡単に戻せるという事ね!!

DSC05814.JPG

綺麗さを維持するためには汚れが固着する前に綺麗に洗ってキチンと水滴は拭き取る
万が一取れない汚れは適切な溶剤を利用して正しいケアー&メンテナンスを行う。

DSC05819.JPG

必要であればメンテナンスも行います。

DSC05810.JPG

DSC05813.JPG

DSC05809.JPG

DSC05807.JPG

2018年03月04日

中古で購入後

●マークX 9ヶ所のエクボのデントリペア

お車は13年経過したマークXで状態も良く購入したばかりという事でしたが、エクボがある事に気付きお店に相談したのですが・・・・・・
鈑金塗装では費用が掛かるし・・・という事で当店にご相談を頂きました。
お見積もり時には2ケ所でしたが本日施工でお持ち頂いた時には「実は他にもへこみを発見して・・・」と
中古車ですが初めてのお車ですしスッキリ綺麗な状態で乗りたいですからね。
ご一緒に他にもへこみが無いか探すと・・・・結局合計で9ヶ所・・・・
少し落胆されたご様子ですが「大丈夫」まとめて直せば割安に出来ますしすべて直せるヘコミですからと!!

これから中古車を購入される方も気に入ったお車に凹みを発見してもあきらめないで下さいね。

<施工前>
マークXフェンダー施工前180304.JPG

これはフェンダーのヘコミです。出来れば販売前に綺麗にしておけばよいのにな〜なんて思いますが・・・

<施工後>
マークXフェンダー施工後180304.JPG

ある意味格安鈑金塗装で直してなくて良かったと思いましょう素人目に直ってるようで酷い塗装の状態を良く見ます・・・それをきちんと塗り直すとなると結構高額な出費です!!
このパネルはオリジナルなのでデントリペアがベストですからね。

<施工前>
マークXドア施工前180304.JPG

これはドアの凹み・・プレスライン上なので直るのか心配されていましたが問題なく直せます!!

<施工後>
マークXドア施工後180304.JPG

追加で施工のヘコミはこんな感じ
<施工前>
マークXクオーター施工前180304.JPG

このパネルに3ヶ所テープの上の方ね・・・わかるかな?

<施工後>
マークXクオーター施工後180304.JPG

他にも反対のパネル、ルーフにそれぞれ2ヶ所全てヘコミの修復は完了しました。

お車は購入時にグラスコーティングまでしてあるという事です。
デントリペアした部分はポンチングなどで施工跡が付いているので全て磨いて痕跡を消し去りますが・・・wせっかくのコーティングも無くなってしまう可能性があります。ですので施工した部分のみですが同じ撥水系のグラスコーティングをまで施工させて頂きました。

マークX映り込み180304.JPG

当店ではデントリペアだけではなく磨きコーティングを組み合わせた施工が可能なのも強みです!!
ただヘコミを直すのではなく綺麗な状態を取り戻す為に磨きもコーティングにもこだわっていますので安心してお任せください。

マークX180304.JPG

マークXとのカーライフはまだ始まったばかり・・・これからもボディーのトラブル、さらなる美観の向上とお手伝いできることがありましたらご用命くださいませ。
本日はありがとうございました。

2018年03月03日

同じようなプレスラインの凹み

●レクサスNX200 右リアドアプレスラインのヘコミのデントリペア

レクサスNX200180303.JPG

プレスラインのヘコミですがデントリペアで直るのでしょうか?とご相談のオーナー様

<施工前>
レクサスNX200施工前180303.JPG

リアフェンダーへと続くプレスラインは鋭角で出っ張ってますのでここにドアパンチされたのでしょうか?
傷も付いていますが何とか塗らずにへこみだけでも直したいところですよね!

<施工後>
レクサスNX200施工後180303.JPG

傷部分が少し残っていますが良く見なければわからない位デントリペアと磨きで復活しましたね

レクサスNX200映り込み180303.JPG

●ハリアー 左フロントフェンダーのプレスライン上のヘコミのデントリペア


続いてハリアーのオーナー様は当店が2回目のご依頼となりました・・・

ハリアー180303.JPG

こちらも同じような鋭角なプレスラインのヘコミですね!

<施工前>
ハリアー施工前180303.JPG

先ほどのレクサスほどのへこみではありませんがやはり傷は少しついていますね!

<施工後>
ハリアー施工後180303.JPG

アクセスも良好なので施工は難なく完了、磨きで傷もほぼわからない位に!!

同じような凹みが重なりましたが実はアプローチの方向も施工する体勢ツールもそれぞれ異なります。
一つ一つのヘコミはすべて別物です。
どの様なケースでも出来る限りクオリティーの高い精度で直したい思いは同じです。

当店をご利用頂きありがとうございました。

2018年02月26日

看板息子完成!!

新しく代車兼デモカーとして購入したスバルR2・・・代車としては後ろの座席スペースが狭いR1からのグレードアップをと考えて選んだR2なんですが・・・・

DSC05506.JPG

窓ジミ前.JPG

磨き前.JPG

車をじっくり見る余裕もなくネットで写真と評価点だけで決めたのですが・・・これが悲しいくらい酷い状態でって言っても冷静に考えるとこんなもんなんのかな?

合間を見てリフレッシュ&パーツ交換そしてコーティング

ボンネットだけは先端部分が折れて亀裂が入っていましたのでアッソガラージュさんで鈑金塗装することに!

R2ボンネットひび割れ180224.JPG

これホント予定外ですよ・・・でも許せないので直しましょう!!

その前にボンネットにはヘコミもあります。
R2ボンネット施工前180226.JPG

普通であれば先端の亀裂と共にこのヘコミも鈑金すれば良いのでしょうが意外と鈑金で直すのも難しいはず・・・・なので予めデントリペアで無くしておきます。

R2ボンネット施工後180226.JPG

他にも飛び石等の傷もありましたし、塗装そのものも結構劣化していたので鈑金塗装に割と手間が掛かったようですが綺麗に仕上げて頂き・・・・その後私の方で最高の状態に磨き上げてコーティングして

はい完成!!
DSC05758.JPG

アッソさんいい仕事何時もしますね・・・・新品見たいです!!

これまでR2には
デントリペア沢山、タッチアップ無数、ヘッドライトハードコートリペア、ウインドウポリッシュ&コート、バンパーリテーナー交換、ドアプロテクターモール交換、ボンネット鈑金塗装、そしてテクニカルグラスコートTプラスダイヤを施工しました。


DSC05759.JPG

DSC05760.JPG

DSC05763.JPG

看板息子を見に来て下さいませ・・・・と言いながら代車ですので
看板息子が居ない時でも大丈夫・・・もう一台看板娘?が居ますので!!

DSC01277.JPG

ちょっと古い車をピカピカにする・・・良いね!!
因みにR2はH18年式、ロードスターはH4年式です。

あっ忘れてはいけません私の相棒を

DSC_0175.JPG

ワゴンRはH10年式・・・4年前アッソさんでオールペイントして同時にテクニカルグラスコートUを施工しています。

全部古い車だわ(笑
posted by DR-G at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ガレージ