2017年11月02日

はじめの一歩

●ポルシェカイエン 4か所のデントリペア

お車は中古で購入したばかりだと・・・ヘコミをしっかり直したいのでとオーナー様

カイエン171102.JPG

ヘコミは当初2ヶ所の予定でしたが・・・事前に洗車をしてきて頂いてたので全体をチェックしてほしいと、
すると・・・スイマセン全部で4ヶ所ありました。
思わぬ出費かもしれませんが、新たな気分で車を乗りたいですからね!!

<施工前>
カイエン前171102.JPG

これは傷を伴ったヘコミでしたが塗るよりはオリジナルの塗装を保ちたいという事です。
ドアの下の方ですし全体のバランスを考えれば「デントリペア」正解だったともいますよ!!

<施行後>
カイエン後171102.JPG

エンブレム周りの汚れが気になり落ちないですかね・・・という事で・・・お任せください落とせます!!

カイエンエンブレム171102.JPG

気になるヘコミ汚れがスッキリ綺麗になりましたね・・・これからも美観の維持のお手伝いよろしくお願いいたします。

2017年10月31日

最短でなくなる

●マセラッティー グランツーリズモ 左フェンダーヘコミのデントリペア

今大阪なので・・・これから行きます!!ってどんな距離感なんでしょうか(笑

お電話頂いて2時間で当店に到着!!
DSC04769.JPG

このお車なら大阪から名古屋の距離感も気楽に考えられるかも(笑
ああ、ちなみにオーナー様は名古屋の方ですよ!!

さて問題のヘコミですが
マセラッティーヘコミ171031.JPG

隣の車にやられたとの事ですが確証がないため自腹という事です。

ボンネットを開けて・・・ここからツールが入りそうです。
マセラッティーアクセス171031.JPG

<施工前>
マセラッティー前1701031.JPG

ツールアクセスが良かったので時短で作業完了!!

<施行後>
マセラッティー後171031.JPG

傷が残っていますが磨くとパッと見は気にならない感じに仕上がりました。

マセラッティー映り込み171031.JPG

大阪からお電話頂いてヘコミが直るまで掛かった時間は2時間半・・・・ある意味すごいことです。
次回は無いように祈ってます。気にされていたボディーの美観の復活もお任せくださいね!!

2017年10月30日

黒に打ちのめされる

●H26.2 ランドクルーザープラド デントリペア、ウインドウポリッシュ&コート、ヘッドライトコート、テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelB

以前もデントリペアをご利用頂いたオーナー様、今回はボディーコーティングを・・・と!!
その前に新たな凹みが一ヶ所

プラド施工前171029.JPG

こんな所からツールアクセス出来たので
DSC04668.JPG

サクサクっと修復完了
プラド施行後171029.JPG

続いて窓ガラスのウロコ取りと撥水加工
プラドガラス前171030.JPG

ウロコ完全除去!!そしてフッ素撥水加工!!・・・綺麗です。
プラドガラス後171030.JPG

お次は・・・汚れを徹底的に落しましょう
プラド裏前171029.JPG

DSC04731.JPG

タイヤハウスの汚れもね
プラドタイヤハウス前171029.JPG

一旦取り外しましょう
DSC04676.JPG

DSC04677.JPG

スッキリ
DSC04730.JPG

スケールも徹底除去・・・特に裏側ね!
プラド下前171029.JPG

プラド下後171029.JPG

細かい所も
プラドエンブレム前171029.JPG

プラドエンブレム後171029.JPG

樹脂部分も全てクリーニング&コーティング
プラドステップ前171029.JPG

プラドステップ後171029.JPG

ボディーの磨きは・・・・ソリッドのブラックはね・・・・もう当分いいです(笑
プラドボンネット前171029.JPG

予想以上に苦戦・・・実は何時も苦戦・・・・何とか磨き&コーティング完了!!
プラドボンネット後171029.JPG

ヘッドライトはハードコートのメンテナンスコート
DSC04727.JPG

サイドミラーにもウロコが少しありましたので研磨で除去
DSC04738.JPG

ボディーコーティングは『テクニカルグラスコートTプラスダイヤ』です。
圧倒的な超撥水で洗車を超楽しくさせてくれます!!

DSC04728.JPG

DSC04729.JPG

DSC04735.JPG

DSC04737.JPG

DSC04739.JPG

DSC04733.JPG

DSC04736.JPG

DSC04732.JPG

御引き渡しは台風一過の本日・・・・お待たせいたしました。

DSC04741.JPG

2017年10月29日

何とかなるか?

●ゴルフトゥーラン 右リアドアのデントリペア

ご相談頂いたヘコミは右リアドアの端の方にあるヘコミです。
ヘコミを見ると・・・・ああやばいね!!
中古のお車はもともとヘコミがあったのですが・・・お店ではデントリペアは無理だった様でそのまま昨日納車してもらい・・・
本日当店を頼って頂きました。

<施工前>
トゥーラン施工前171029.JPG

正直ドアの折り返しの折れ目もありますので完璧な作業は無理そうです。
見た目重視でどこまで直せるか・・・何となるかな〜?

<施行後>
トゥーラン施行後171029.JPG

結構手こずりましたが何とかいい感じで直りました!!

トゥーラン映り込み171029.JPG

普通に見るともうわかりませんね

トゥーラン映り込みA171029.JPG

景色を映りこませても違和感は感じません

トゥーラン171029.JPG

中古ですが高年式で綺麗なお車、でこのヘコミがあったわけですからね・・・これで新車気分でイケますね!!

2017年10月27日

カフェ巡り

S2000のオーナーku-roさんからツーリングのお誘いがあり・・・作業もひと段落したので急遽お店をお休みにして(すいませんね)ご一緒させて頂くことに!!
もともと当店のお客様としてのお付き合いが始まりですが、今では業界の裏事情までお話しさせて頂く関係です・・・・それがku-roさんのカーライフにお役にたつかどうかは?ですが・・・
でツーリングはどこに行くか・・・実はku-roさん、かなりのツーリングマニア?ご自身で仕切ってるメンバーは結構な人数で一声かけると簡単に十数台集まる様です。
みんカラもやってるのでその情報はこちらからどうぞ
http://minkara.carview.co.jp/userid/716594/profile/

でたまたま平日に休みが取れたので・・・平日に休みがとり易い私に声を掛けてくれたというわけです。
行先はツーリングルートはすべてお任せ・・・じゃあという事で「カフェ巡りを兼ねたツーリングをしましょう」と!

朝8時に当店を出発・・・・先ずはモーニングね!という事でここは小牧の北部

≪珈琲彩館 樹鸞 (ジュラン)≫
http://www.vm-c.com/juran/aboutus.html
DSC04689.JPG

ここのオーナーさんはロードスターNC、ポルシェボクスター、ホンダビートなどを所有されているらしいです。・・・全部オープンカーじゃん。
カフェの場所は通りすがりの方は絶対に辿り着けないようなところですが・・・好きな人が集まる!それがまたいい感じです。

DSC04690.JPG

モーニングはチーズトースト・・・・旨そうでしょ・・・・ご主人も話しやすい方ですよ

DSC04691.JPG

では次に行きましょう・・・・と
DSC04692.JPG

ここは私も何度か来たことのある道の駅 おばあちゃん市・山岡 
DSC04693.JPG

ここで休憩して・・・次のカフェは

≪cafe500≫
https://cafe500.jimdo.com/
DSC04694.JPG

向かって左側がオーナーさんのガレージハウス『月刊誌 ガレージハウス』の表紙も飾った事のあるガレージハウスです。
そのガレージを良〜く見て下さい、赤いチンクチェントが居ますよね!!
そしてカフェがまたすごいガレージの隣にある蔵がカフェです。店内は撮影禁止ですのでお見せできませんが・・・・近代的なガレージと旧車、蔵の中のカフェ空間・・・ギャップがすごい・・・薄暗い中で飲むコーヒーも絶品です。

DSC04696.JPG

明日からまた台風の影響で週末は雨模様ですすが今日は久々の晴天気持ちいいですね。

ランチはここ中津川にある
≪cafe adrenaline アドレナリン≫
http://cafeadrenaline.fc2web.com/
DSC04701.JPG

良く見て下さい・・・左の上の方・・・御嶽山?雪が積もってる?
DSC04699.JPG

週末ともなればスポーツカーマニアがわんさか来るとか!!

カフェの入り口を入ると
DSC04703.JPG

御主人の愛車みたいです。
DSC04702.JPG

愛車歴には私と同じロードスターの時期もあったそうで・・・壁にBowさんの絵があるしね。
車好きな人はどこかでロードスターをかじっているみたいですね。
因みに前のカフェ500のオーナー様もロードスター歴ありだとか・・・・

カフェの方は店内も広々パスタとピッツァが中心ですがそのランチが旨い!!また来よう!!

そしてここは「東濃牧場」
DSC04705.JPG

DSC04706.JPG

DSC04707.JPG

DSC04709.JPG

DSC04711.JPG

DSC04712.JPG

DSC04714.JPG

DSC04713.JPG

DSC04715.JPG

DSC04716.JPG

もう一軒カフェに行く予定でしたがここでタイムオーバー、お腹もいっぱいですしね。
これで私のカフェアイテムも充実!
次回もお願いいたしますねku-roさん!!

2017年10月22日

雨染みの原因

●H27.3 ミニ5ドア トランク鈑金塗装、タッチアップ、ウインドウポリッシュ&コート、テクニカルグラスコートUプラスダイヤLevelB

新車から2年半雨染みに悩まされているミニのボディーコーティングと窓ガラスのコーティング等のご依頼を頂きました。
又いたずらによるトランクの傷を付けられたとの事でコーティング前に鈑金塗装も同時にお受けいたしました。
鈑金塗装の方は私が最も信頼するアッソガラージュの齋藤氏に委託します。その仕上りはオリジナルの状態に限りなく近づけて仕上がってきますのでほんと頼りになります。

DSC04631.JPG

エンブレムのあたりに横線上に釘でひっかいたような傷でしたがもうその存在もなく周のオリジナル塗装との違和感もまったくありませんね!!

※きちんと鈑金塗装で直したいと言う方はご相談くださいね。

そして雨染みの状態・・・・窓ガラスは・・・

ミニガラス前171021.JPG

新車から2年半にしてはウロコ付き過ぎじゃないの?
あっさり取れるかと思ったら結構な重研磨が必要でしたが・・・・・

ミニガラス後171021.JPG

隅々までウロコを除去してフッ素撥水コートして完成・・・・綺麗です!!

ボディーの方は・・・・もっと深刻な状態です。
何せまんべんなく雨染みが付いてます、ヘッドライトにも樹脂部分にも・・・ドアを開けた内側も・・・
これはもしやと思い御引き渡しの時に聞いてみようと!

ミニB前171021.JPG

ボンネットとルーフの上面はその水滴跡・・・クレーター状の輪ジミが無数に・・・・2年半でこの状態はやはり何かあります。

ミニB後171021.JPG

まだ新しいお車なので今回の作業で塗装を削ってまですべて消すよりもポリッシングで最適な状態に仕上げました。

ルーフはソリッドの黒なのでクレーターも深く成長しています・・・・
ミニルーフ前171021.JPG

これ以上深くクレーターが出来ない様にこれまでのケアー方法を改める必要もありそうです。

ミニルーフ後171021.JPG

コーティングは塗装部分も含めこの様な樹脂部分まで標準で行います。

ミニ樹脂コート比較171021.JPG

向かって右側が樹脂部分のコーティングをしたところです。

DSC04626.JPG

DSC04627.JPG

DSC04628.JPG

DSC04629.JPG

DSC04634.JPG

DSC04632.JPG

御引き渡し前に雨染みの原因を探ってみました・・・
オーナー様は洗車好き・・・ちょっとやり過ぎな感じは受けましたがここまでの雨染みが付くようなことはないでしょう・・・・でも・・・なるほど・・・どうやらオーナー様がお住まいの地域は井戸水を利用して水がが引き込まれているようです。で現在その地域ではその老朽化でそれを廃止し一般的な水道に切り替える予定だとか・・・
的中です。間違いありません・・・・洗車で使用していた水が井戸水ならシミも出来やすいでしょう。
という事で水道水に切り替わるまではお車の洗車は洗車場などをご利用頂いた方が良いかと!!

DSC04633.JPG

今回施工させて頂いたテクニカルグラスコートUプラスダイヤは雨染みなども付きにくい性能を持ち合わせていますが無敵ではありませんこれまでのコーティングに比較して良いかもしれませんがやはり少しづつその性能も落ちてきます。それ以上に美観を維持するためにはやはり正しいケアーを続ける必要もあり、ダメージがある場合はメンテナンスも必要です。
ですのでそのようなことでお悩みがあれば遠慮なくご連絡くださいませ。

生まれ変わったロードスター

●H11.2 NB8ロードスター デントリペア、タッチアップ、ヘッドライトUVハードコート、テクニカルディテールLevelC&グラスコートTプラスダイヤ

先週御引き渡し予定だったNBロードスターですが雨にため今週に延期・・・・・でしたが雨続き・・・
そして台風も接近
でも生まれ変わったこの美貌は誰もが笑顔になれるはずです・・・・台風が去った後はきっと眩しい輝きでオーナー様を笑顔にすることでしょう!!
という事で雨の降りしきる本日御引き渡しです。
それでは前回までご紹介した続きを比較写真でご覧くださいませ・・・

入庫時です。
DSC04523.JPG

ヘコミは全部で25か所
DSC04531.JPG

全てデントリペアで修復完了!!

例 デントリペア施工前
nb左R前171011.JPG

例 デントリペア施行後
nb左R後171011.JPG

残った傷は後でもっと目立たなくなるように磨きます。

ヘッドライトのくもりは
ロードスターヘッドライト左前171021.JPG

根こそぎダメージ部分をそぎ落としハードコートを厚塗りします。
これで保護性能は新品のハードコートを上回る性能です。今後の紫外線の当たり方にもよりますが平均最高値としては5年程度の耐久持続性です。

ロードスターヘッドライト左後171021.JPG

テクニカルウオッシュでたまった汚れは洗い流します。
ロードスターえ汚れ前171021.JPG

ついでに艶出しも
ロードスターえ汚れ後171021.JPG

これももう必要なし
ロードスターアンテナ前171021.JPG

ただ結構手こずります・・・
ロードスターアンテナ中171021.JPG

磨いてコーティングすると
ロードスターアンテナ後171021.JPG

ドアを開けた時ガッカリしない様に
ロードスタードア汚れ前171021.JPG

日頃出来ない所こそお任せください
ロードスタードア汚れ後171021.JPG

でもこんな所は日頃出来ると思うので
ロードスタートランク汚れ前171021.JPG

時々頑張ってお掃除してね(笑
ロードスタートランク汚れ後171021.JPG

汚れを根こそぎ落としテクニカルポリッシュ・・・そしてコーティング
今回はかなりハードな磨きとなりますのでコーティングの役割も大事です。
『テクニカルグラスコートTプラスダイヤ』グラスコートを施工した後ダイヤモンドコートの2重コートです。
※HPにはまだ載せていない裏メニューです。

前回もご紹介した劣化した塗装は・・・・
ロードスターボンネット小前171021.JPG

クレーター状に陥没した状態です・・・・写真は汚れをすべて落とし(デポジット、鉄粉等)た塗装の現状です。

少し拡大して見ましょう
ロードスターボンネット前171021.JPG

さらに拡大して見ましょう
ロードスターボンネット大前171021.JPG

これの輝きを取り戻す為には・・・・磨く前に削る
ロードスターボンネット大中171021.JPG

3000番のペーパーでクリアーの生きている部分を削り出します・・・・リスクは削りすぎるとクリアーが無くなります・・・ちなみに膜厚計でもわかりません・・・頼りは表面の塗装肌・・・・削るにつれて肌が無くなります・・・・猛烈に緊張する作業です・・・・高層ビルからビルに綱渡りする感覚かな?

ロードスター削り171021.JPG

綱を渡りきると見えてくるこの光景
ロードスターボンネット小後171021.JPG

拡大して見ましょう
ロードスターボンネット後171021.JPG

さらに拡大
ロードスターボンネット大後171021.JPG

僅かにクレーターの深い部分が残ってますが・・・・このレベルで良しとしましょう・・・悪い意味で妥協です、もっと言うとこれ以上削る勇気はありません・・・・
良い意味ではオリジナルのクリアーが残せまだ磨ける余地がある事かな・・・そう思いたいだけかも・・・

もちろん外して磨きたい箇所はこの様に
ロードスターB前171021.JPG

外して仕上げます。
ロードスターB後171021.JPG

部品はすでに18年が経過・・・それなりに傷んでいますが残すことでオリジナルであることの証となります。
ロードスターエンブレム後171021.JPG

ここも何回扉を開け閉めしたのでしょうか・・・
ロードスタードアハンドル前171021.JPG

綺麗になればドアハンドルを触るときも優しくなるでしょう
ロードスタードアハンドル後171021.JPG

よくドアハンドル周辺に保護シールを張って傷つかない様にしたのを見ますが傷つかない様にしっかり優しく扱うことが出来れば保護シールは不要ですしそんなオーナーはかっこいいと思いますね。

当店の磨き&コーティングでのタッチアップは標準作業です。(新車は不要です)
ロードスタータッチアップ前171021.JPG

但しタッチペンはオーナー様の方で準備して下さいね!!
ロードスタータッチアップ後171021.JPG

マフラーもオリジナルのまま
ロードスターマフラー前171021.JPG

輝きを取り戻します
ロードスターマフラー後171021.JPG

限られた時間での美観復活のお手伝いです。この先はオーナー様自身でこれ以上にもこれ以下にもなるわけで・・・・手を加えるにつれ御引き渡しをするのが惜しくなったりします(笑
でもその時が来たようです。

DSC04656.JPG

DSC04663.JPG

DSC04654.JPG

DSC04659.JPG

DSC04660.JPG

DSC04662.JPG

DSC04661.JPG

DSC04658.JPG

御引き渡しの10月21日土曜日は雨・・・・・

DSC04637.JPG

雨の日はその水滴がロードスターの上で喜び踊り転げ落ちます。

DSC04638.JPG

オーナー様・・・何かあれば遠慮なく頼って下さいませ。

2017年10月21日

信じる人は救われる

●ハイエース リアゲートへこみのデントリペア

見た瞬間まずいな・・・と思うヘコミは
私も自信満々に「直るよ」とは言えません・・・心の中では何とかなりそうと思っても
綺麗に直らない確率が高くなるにつれ「直る確率が低いけど本当にデントリペアのメリットを感じてくれるのか」オーナー様のお考えを聞きます。

今回のケースも難易度の高いヘコミですので完全修復は難しい・・・それでもデントリペアで直すのか
当然一定以上の仕上がりにならないのなら作業を受けることはありませんし、万が一仕上がらない場合は費用は頂きません。
オーナー様にとっては直るか直らないかわからないようなヘコミの修復に私を信じて任せるのかそれともあきらめるのか・・・・・

<施工前>
ハイエースヘコミ171021.JPG

デントリペアの可能性を信じてお任せいただきました!!
お任せいただいたからには精一杯頑張ります。事前に説明した仕上がり予想以上の状態に仕上げます。
裏を返せば事前の説明は結構最悪な状態を想定して仕上がり予想をお伝えします(笑

<施行後>
ハイエース映り込み171021.JPG

信じる人は救われる・・・・仕上り予想を見て頂き!!
予想以上の仕上がりに私の技術もまた一つ階段を上がれるのです!!

2017年10月18日

2台まとめて

●レンジオーバーヴォーグ/マークXジオのデントリペア

守山区のオーナー様より2台まとめての「デントリペア」のご依頼です。

先ずはレンジローバーヴォーグのヘコミは・・・

ヴォーグ171018.JPG

<施工前>
ヴォーグ前171018.JPG

ヴォーグのドアパネルはアルミですね・・・そこに小さめのシャープデント!
ツールを入れて見ると・・・ちょうど補強の中?かな?それでも薄いツールで隙間に入れることが出来たのでラッキーってとこでしょうか!!

<施行後>
ヴォーグ後171018.JPG

ヘコミに芯がありすべてフラットとはいきませんでしたが・・・・数ミリ未満の傷の残りですので
普通に見れば気が付かないレベルかと!!

ヴォーグ映り込み171018.JPG

ヴォーグが終わり次に修理する車はマークXジオです。

ジオ171018.JPG

<施工前>
ジオ前171018.JPG

こちらはヘコミと言うか・・・・バンパーとの隙間が・・・・原因は不明?当て逃げか?
良く見るとへこみと言うよりは歪・・・傷もないし・・・何とかしてみましょう!!

<施行後>
ジオ後1018.JPG

如何でしょういい感じに戻りましたよ!!

ジオ映り込み171018.JPG

歪も自然な仕上がりじゃないでしょうか!!

2台まとめてのご依頼ありがとうございました。

2017年10月15日

御引き渡し延期

本日予定していたリフレッシュされたNBロードスターですが・・・・
雨が・・・・止みません予報を見るとこの1週間ずっと雨マーク・・・

オーナー様とご相談して御引き渡しは来週の土曜日に延期することにしましたが・・・
ちょっと不安

という事で出来上がりをチラ見せしますね!!

DSC04591.JPG

来週末までこの場所でお休みいただきます。

DSC04592.JPG

お楽しみに!!