2019年06月23日

リピーター割引はお得!!

●CX-5 右リアドアのデントリペア

リピーターさんからのデントリペアのご依頼です。
お車は新型CX5に替わってますが大丈夫リピーター割引がございますので少しお得になります。

<施工前>
CX-5前190623.JPG

へこみは右のリアドア、少し筋っぽいですが何とかなりそうです。
お見積もりさせて頂き・・・そのまま施工させて頂くことに!オーナー様はそのままガレージでお待ちいただき・・・

<施工後>
CX-5後190623.JPG

直りましたよ!!きれいさっぱり!!

CX-5 190623.JPG

困ったときはデントリペアでリピーターさんにはなりたくないでしょうがその時は少しだけお安くできます!!

2019年06月22日

新規のお客様

本日は新規のお客様のデントリペアが3件
悩ましいへこみが無かったことに・・・・ありがとうございました。

●クラウン ドアのデントリペア

クラウン190622.JPG

<施工前>
クラウン前190622.JPG

13年が経過しているクラウンですが綺麗に維持されてますね・・・なのでこのへこみは気になりますよね!

<施工後>
クラウン後190622.JPG

ツールアクセスも良好綺麗に直りました!!

●ハリアー 左フロントドアのデントリペア

ハリアー190622.JPG

ちょっと大きめのドアパンチですが・・・

<施工前>
ハリアー前190622.JPG

アクセスは良好!!割と短時間で施工できました!!

<施工後>
ハリアー後190622.JPG

●イクリプスクロス 右フロントドアのデントリペア

イクリプス190622.JPG

こちらはまだ新車のにおいがするお車です。
そこにへこみを付けられ・・・ショックですよね・・・

<施工前>
イクリプス前190619.JPG

傷が少しついていますので傷を無くすには塗装しかないのですが・・・磨けば気にならないレベルかと?
それよりオリジナルの塗装を残すほうが良いかと思いデントリペアで修復することに!!

<施工後>
イクリプス後190622.JPG

へこみは直りました・・・傷もほとんど目立たないかと

イクリプス映り込み190622.JPG

と言うことで新規のお客様もデントリペアの仕上がりに満足していた抱けたと思います。

2019年06月21日

NAロードスター オールペイント その2

ロードスターのオールペイント・・・まずはボディーの状態を総チェック!!
そしてオールペイントの方向を決めていきます。

001 (1).jpg

予算はある程度決めてはいますが下限を決めそこからプラスの予算を・・・・
これからご自身のお車をリフレッシュ&ペイントしたい方は参考にしてくださいね。

001 (13).jpg

これは各パネルごとの塗装の膜厚です。
通常オリジナルの塗装が100〜120ミクロン程度だと思います。
右のクオーター、フロントの窓枠ピラー、トランクに前のパネル、ヘッドライトのカバーなどがそれに該当しますね・・・
他はそれ以上の膜厚があります。左のドア、フロントフェンダーに至っては膜厚計でも計測不能。

左ドアの内部を見てみると
001 (66).jpg

しっかり鈑金跡がしかも穴が開いてパテが出てます・・・そして鈑金跡は錆が・・・

左フェンダーは
026.jpg

表からも凸凹がわかりますよね・・・・裏側は
001 (47).jpg

ハハハハハッ凸凹です・・・しかも
001 (43).jpg

錆が出てます。

幸いフレーム側は
001 (41).jpg

錆もなく綺麗です!!

安くオールペイントするには今のボディー(塗装)をベースに足付けして塗装すればいいのですが・・・そもそもそもぱっと見は綺麗なボディーなのでそこは求めていません
やはり今の塗装をきっちり落として(剥離して)鉄板そのものを綺麗に整えて(鈑金して)しかもできるだけパテを使用しない仕上がりを求めていますので・・・・

そうなると・・・・そもそも再塗装されているパネルは何らかの損傷、事故等で補修されてます・・・
塗装を剥離して鈑金して塗装だと手間がかかりすぎます・・・
前にも少しお話ししましたがこのNA型のロードスターはまだ新品パネルがあります。
と言うことで前後バンパー、ボンネット、左右フェンダー、左右ドアパネル、リアガーニッシュをすべて新品に交換して塗装することにしました。
ええっっとこの時点でかなりプラス予算となってますが(笑

他にも樹脂クリップ、ゴム類、ウインドウガラス等々オールペイントにかかわる部品も新品に交換します。

左のクオーターパネルは・・・
024.jpg

ここもパテの厚塗りがすごくて交換したいところですが
この部分は交換するにはパネルを切断しないといけません切断後新品パネルを溶接して付けるのですが
後の錆が心配です・・・ドアパネルのような錆ね・・・
と言うことでとりあえずクオーターは何とか現状を鈑金で元の形に頑張ってもらいます・・・お願いします齊藤さ〜ん!!

それでは次回の経過のご報告をお楽しみに!!

2019年06月20日

自転車が?

●ゴルフGTI 右リアドアのデントリペア

犯人は自転車か?
普段は仕事用に使ってる車があるそうで、このゴルフは何時もガレージにあるそうです。
にもかかわらず・・・・ありゃりゃ・・・凹んでるじゃん?

ひょっとしたら自転車かな?・・・・と

色々修理方法を調べられたということですが・・・なるほど「デントリペア」があるのか!!
しかも近いじゃん・・・と言うことで同じ北区からお越し頂きました。

<施工前>
ゴルフ前190620.JPG

なるほどね、これはやっぱり自転車かなぁ〜
・・・ドアの端っこの方ですからツールが入るか確かめて・・・ギリ入ることを確認!!

作業を入る前に・・・あれれもう一か所凹んでます・・・言いづらいですが一応報告、せっかくなので同時に施工させて頂くことに。

<施工後>
ゴルフ後190620.JPG

傷は残りましたがカラーが白なので言うほど目立ちません
もう一か所は傷は無かったのできれいさっぱり無かったことに

施工後ご確認いただき・・・・「えええっすごい全然わからない」
デントリペア初体験でしたのでどこまで直るのか実際見るまで分からないでしょうからね!!
鈑金塗装することなくリーズナブルに凹みが消えたことに感動していただけたみたいです。
ありがとうございました。

ゴルフ190620.JPG

お気に入りのゴルフGTI!これでますます愛着が増しますね!!

2019年06月19日

2回目の御依頼

●フーガ 左リアドア&ルーフのデントリペア

2回目のデントリペアご依頼となりましたフーガのオーナー様
場所は左リアドアと、ルーフです。

先ずはドアの施工から
<施工前>
フーガ前190619.JPG

ドアとガラスの隙間から工具を入れて押し出して施工完了!!

<施工後>
フーガ後190619.JPG

続いてルーフ
<施工前>
フーガルーフ前190619.JPG

浅いへこみなので表からプーリング(引っ張って)で直します。

<施工後>
フーガルーフ後190619.JPG

と言うことで2回目ご依頼の施工完了です!!

フーガ190619.JPG

2019年06月17日

おしゃべりしながらもリペアは集中

●R32 GT-R 左右クオーターのデントリペア

左のクオーターパネルに3ヶ所、右のクオーターパネルに1ヶ所へこみがあるからと・・・
ご来店頂いたのはR32GT-Rのオーナー様

R32GTR190617.JPG

H5年式のGT-Rのコンディションは非常によさそうですね!!
オーナー様によるとR32はこれで3台目だとか・・・・

さてへこみですが・・・クオーターパネルに出来ていますので後部座席と側面の内装を一旦外す必要がありますが・・・オーナーさん・・自分で外してもいいよと!
特にきれいな内装なのでもし破損させるとね・・・もうすでに廃盤ですし・・・でもオーナーさん手慣れたもので躊躇なくガシガシ内装をばらして頂きました!!もちろんその分の工賃は無料です。

R32内装190617.JPG

内装を外して頂いたおかげでこちらはリペアに集中・・・のはずが作業前からいろいろお話に夢中になり
・・・すいません、結局だらだら時間が過ぎてしまいました。

<施工前>
R32右前190617.JPG

でも施工に入れば集中して頑張りました!!

<施工後>
R32右後190617.JPG

結局施工の間中ガレージでお待ちいただきと言うか・・・またまた途中に、おしゃべりしながら・・

<施工前>
R32左前190617.JPG

気が付いたら結構な時間が経ってしまってました・・・・

<施工後>
R32左後190617.JPG

実は今回のリペア・・・結構苦戦したんです。
このころのパネルは固いと言うかGT-Rなので固いのかおまけにすごくやりにくい場所でして(汗
それとどうやら外装は塗り替えられていまして・・・その影響もあったり・・・レストアされているのかな?

いずれにしてもオーナー様のご希望通りにデントリペアできたので良かった良かった!!

2019年06月16日

グランピング

金土と2日間お休みを頂き「伊勢志摩」方面に家族で・・・この時期ですから雨覚悟でね!

DSC09409.JPG

伊勢のおかげ横丁でうちのわんこを記念撮影

DSC09411.JPG

平日でしかも梅雨時なのに結構観光客がいるのね・・・
お昼はここで伊勢うどんを

DSC09412.JPG

と言うところで雨が・・・・

DSC09413.JPG

土砂降りの「おかげ横丁」・・・これも楽し!!

そして伊勢志摩スカイラインにある朝熊山頂展望台へ雨もやみ意外でしたが伊勢湾をくっきり一望できました。
DSC09414.JPG

その後目的地の「伊勢志摩エバーグレイズ」へ
DSC09416.JPG

ここでグランピングを楽しみましたよ
DSC09418.JPG

予約したキャビンにはカヌーが装備されていてこれがまた楽しいのなんの・・・疲れたわ(笑

DSC09420.JPG

そんなこんなで初めてのグランピングを満喫!!

DSC09421.JPG

えっなんで梅雨時に予約すんの?って・・・人気のグランピングで・・・この時期ならペット連れのこのサイトが唯一空いてたんですよ・・・それとオフシーズンは半額並みに安いのでね(笑
posted by DR-G at 22:15| Comment(2) | TrackBack(0) | その他

2台目の施工

●ラグーナ 左フロントドアのデントリペア

先週デントリペアの施工をさせて頂いたオーナー様のもう一台のお車を本日ご依頼いただきました。
お車は・・・初めてかな?ラグーナって車名です。

ラグーナ190616.JPG

へこみは左ドア前方部分でプレスライン上・・・ツールがすんなり届きましたので
そのままガレージでお待ちいただきました。

<施工前>
ラグーナ前190616.JPG

パネルは癖もなく素直な動き傷も少しついていたのですが磨けば綺麗になりました!!

<施工後>
ラグーナ後190616.JPG

施工後は少しお時間もありましたのでリフレッシュを兼ねたコーティングのお話もさせて頂きました。
ぜひリフレッシュ&コーティングもお任せくださいませ!!

3度目で

●C-HR ボンネットプレスラインのデントリペア

最初のご相談で・・・ご来店頂いて

このへこみ
C-HR前190616.JPG

かなり条件も悪く・・・綺麗に仕上げるには困難なケースですよと!!

2回目のご相談はお電話で・・・何とかデントリペアでと・・・お車は買って間もない新車ですし

何とかしてあげたいのですがやはり鈑金塗装の方が綺麗に直りますのでと・・・

そして3度目・・・ご家族の方ともいろいろお話させて頂いて・・・・
私もできれば塗装せずにデントリペアできるところまでと言う気持ちはよくわかりますので
お聞き受けすることに・・・・いや〜どこまでできるか少し心配ですが、頑張りましょうと!!

包み隠さずお見せいたしますが・・・へこみ中心部分周辺は少し凸凹の仕上がりです。
C-HR後190616.JPG

景色の映り込みが少ない白色ですのでその分違和感は少ない仕上がりです。

C-HR完成190616.JPG

この目線でこの映り込みではへこみはわかりませんよね・・・・

完成したのでご本人さんに確認していただきご家族にも確認いただき
結果的にこれならわからない気にならないと・・・喜んでいただきました!!

完璧を求められるとこの施工はお勧めできないというか通常施工をお受けすることはございませんが
お話ししたうえで完全になおらないケースでもメリットを感じて頂けるならと言うことで進めた作業です。

C-HR190616.JPG

結果的にデントリペアで気にならないレベルになり、塗装はそのまま残せた、費用も鈑金塗装に比べればはるかに安価に・・・
でも一歩間違えれば残った部分は気になるは費用は掛かるは・・・頼むんじゃなかったと!!
こんなケースはオーナー様のお考えの中で何の修理方法がベストなのかほんと悩みます。
オーナー様があきらめた時点で今回の施工は無かったわけで・・・
ご心配をかけたと思いますがご依頼いただきありがとうございました。

2019年06月13日

シミ傷をリセットしてコーティングを

●2019/1 フィット ボディーコーティング(テクニカルグラスコートTプラスダイヤ テクニカルディテールlevelB)ウインドウポリッシュ&コート、タッチアップ

ご依頼いただいた赤いフィット、新車からの・・・5ヶ月経過です。

その状態は・・・まず窓ガラスをチェック
DSC09380.JPG

DSC09381.JPG

んん・・ん、シミが全体的に付着していますね!!

ボディーは・・・・
DSC09384.JPG

同じようにシミの付着がまんべんなく・・・・

当然こんなところも
フィットグリル前190613.JPG

先ずは洗車・・・洗車だけで3回 汚れ、雨染み、鉄粉をそれぞれ専用のケミカルを使い分けて他にもシリコンオフ等も使いながら・・・細かいところまでね、キレイキレイ!!

綺麗になったところでボンネットを見てみましょう
フィット傷前190613.JPG

傷が少しついてますねでも問題なし・・・軽く磨きこむことで最適な状態に仕上がります。
仕上がったところでグレイジングコート⇒グラスコート⇒ダイヤモンドコートと仕上げます。
窓ガラスはウロコを磨いて落とし下地処理してフッ素コートします。

飛び石が少しありましたがタッチアップも同時施工

さあ出来上がりました!!

フィット傷後190613.JPG

フィットグリル後190613.JPG

DSC09403.JPG

DSC09406.JPG

DSC09405.JPG

DSC09404.JPG

DSC09401.JPG

お引渡し前にケアーの方法をお話しして・・・そのためのケミカル剤をすべてお買い求めいただきました。
これからのお手入れを楽しんでくださいませ!!