2018年02月24日

価格以上のクオリティーを

●H20.6 E51エルグランド デントリペア、タッチアップ、テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelB、ヘッドライトUVハードコートリペア、ウインドウポリッシュ&コート、ミラーポリッシュ

色々他のコーティング屋さんとその作業内容を比較した上で当店をご指名頂けたようです。
それが正解かどうかは私にはわかりませんが(笑・・・私に出来ることを精一杯やらしていただきましたよ!!

エルグランド入庫180224.JPG

ご相談はさかのぼる事昨年の夏・・・・お車は10年を経過したエルグランドです。
ですのでそれなりにエクボ、傷はありますし汚れの蓄積も細部までビッシリです・・・・オーナー様のご要望は長く乗りたいからとキッチリすべてのダメージをリセットして補修できるところは当店が得意とするデントリペアとタッチアップで目立たなくしてコーティングしたいと!
作業内容を金額にするとおそらくすぐ即決できなかったのでしょう、他店の作業内容と金額を比べても当店に任せていいものか商品と違い形が無いですから悩まれたのではないでしょうか・・・・
私としては価格以上のクオリティーにこだわってますよ!!

それでは作業内容をご覧ください

ヘコミは合計5ケ所とスライドドアには擦って出来たであろう歪が・・・これを全てデントリペアでリセットしました。
エルグランドデント施工前180224.JPG

不覚にも写真は撮っていたのですが・・・消してしまった!・・・これしか残っていません(汗
でも全て綺麗に直ってますよ!!

エルグランドデント施工後180224.JPG

飛び石傷などは比較的少ないのですがドア下周りなど擦った傷が少し錆が出ていましたがさび止め剤を塗ってタッチアップで補修し目立たなくして・・・・これも写真が無い・・・

このお車の美観を大きく損ねているのはヘッドライト・・・
エルグランドヘッドライト施工前180224.JPG

エルグランド左ヘッドライト前180224.JPG

ハードコートが劣化して曇っています・・・こうなるとヘッドライトコーティングしても役不足です。
なので根こそぎダメージを削り落とし
ハードコートを施工し直す必要があります!!

エルグランドヘッドライト施工後180224.JPG

綺麗でしょ!!

エルグランド左ヘッドライト後180224.JPG

窓ガラス、サイドミラーは・・・ウロコが付いていて見苦しい状態ですが
エルグランド窓前180224.JPG

エルグランドミラー前180224.JPG

専用のマシンとコンパウンドでリフレッシュ

エルグランドミラー後180224.JPG

窓ガラスはフッ素撥水加工まで行います。

エルグランド窓後180224.JPG

フロントウインドウは

エルグランドトップカウル前180224.JPG

特にガラスとカウルトップの際にスケール(白いゴリゴリ)が溜まって中古感ありありですが
特殊溶剤で綺麗に取り除きます・・・ここまでやるお店はそうはないはずですよ・・・リスクが高く超面倒ですからね(笑

エルグランドトップカウル後180224.JPG

細部の汚れ落としもここまで徹底的にやるには時間の計算が立てにくいですから当店ではゆったり目に頂きます

エルグランドモール前180224.JPG

ゴムまで綺麗でしょ!!

エルグランドモール後180224.JPG

そして

エルグランドゴム前180224.JPG

ドアを開けたところもゴムは一旦外して泥汚れを綺麗にお掃除して・・・ドアを開けた瞬間に感じて頂ければなんて思いながら手間を掛けます。

エルグランドゴム後180224.JPG

もちろんその前にここもね
エルグランドドアノブ前180224.JPG

これからはご自身の手垢を付けて下さい・・・なんてね!

エルグランドドアノブ後180224.JPG

メッキパーツも・・・少しメッキそのものの劣化が進行していますが取れる汚れ錆は一掃します。
エルグランドガーニッシュ前180224.JPG

まだまだ行けるね!!

エルグランドガーニッシュ後180224.JPG

メッキのフロントグリルとヘッドライトがリフレッシュされるとエルグランドの風格が一段と増しますよね

DSC05752.JPG

この様な普段気にしていない部分も綺麗にすると

エルグランドここも前180224.JPG

引き締まりますし今後の洗車で余計な傷を付けるリスクも少なくなりますからね!!

エルグランドここも後180224.JPG

見ることはないかもしれませんがステップの裏も綺麗にリフレッシュされてます!!

大体コーティングの施工例と言えば磨きがどうのこうのですが・・・当店はさほど作業内容で重視していません・・・もちろん綺麗な下地作りの中で磨きは腕の見せ所かもしれませんが
磨きの作業を行うまでに今回のエルグランドの作業の割合だと
デントリペアとタッチアップ作業に約1日、ヘッドライトと窓ガラスに1日半、洗車に約1日、汚れ落としに1日、ようやくここで磨きに2日、コーティングに1日仕上げの洗車に半日・・・・そして最終チェクでは塗装の欠けが新たにあればタッチアップの補修、汚れが落ち切れていない部分はここで最終的に落してと・・・磨けてない部分がもしあれば再度磨き直してコーティングを・・・と時間を掛けてますので・・・・

エルグランドボンネット前180224.JPG

磨きの前の余分な汚れ落としにいかに時間が掛かるか・・・・ここが中途半端だと磨いてもいまいち綺麗に仕上がらないんですね

エルグランドボンネット後180224.JPG

最適な状態で磨き過ぎず傷ダメージを出来るだけ残さず・・・そしてコーティングを!!

DSC05746.JPG

DSC05745.JPG

DSC05751.JPG

DSC05748.JPG

エルグランドフォグ後180224.JPG

DSC05750.JPG

そしてブログ作成に1時間・・・・・ここまでが当店のリフレッシュ&コーティング作業です。

エルグランド入庫後180224.JPG

その後はオーナー様によるケアーでエルグランドは何時も綺麗な状態であってほしいです。
もちろんアフターアドバイスは何時でもレクチャーいたしますよ!!

それにしてもボディーがデカい・・・・疲れたわ・・・・・

2018年02月23日

初めてかも

●100系ハイエース 4か所のデントリペア

岐阜県からお越しのオーナー様
100系のディーゼルハイエースは3台目とか・・・一時期は一旦手放されたようですがやはりこの車がお気に入りなのでと!!
17年が経過していますが綺麗なオリジナルを少しカスタムされて個性的ですね!!

ハイエース180223.JPG

私もデントリペアを初めて12年経ちますが・・・この仕事をする前この型のハイエースはオーディーやナビをよく取り付けていましたがコンソールを外すのが大変で触りたくない車でした(汗

もちろん今回はデントリペアのご依頼ですのでそんな心配はいりませんが
・・・・よ〜く考えて見るとデントリペアするのは初めてかも?

ヘコミは2ヶ所のご依頼でしたが追加でもう2ケ所合計4ヶ所となりました。

<施工前>
ハイエースリア前180223.JPG

これはリアゲート・・・ツールのアクセスが悪かったのですが

<施工後>
ハイエースリア後A180223.JPG

ギリギリセーフ・・・施工完了!!

<施工前>
ハイエースす前180223.JPG

ここは引きで写真を撮ってますがヘコミの大きさ的には3p一番ツールアクセスに問題があるかなと思いましたが写真にも写っているダクトのカバーを外せば難なく届きました
・・・・結果的に一番楽な施工でした(笑

<施工後>
ハイエースす後180223.JPG

そして新たに見つけてしまったヘコミです
<施工前>
ハイエースドア前180223.JPG

ドアに2ケ所・・・パールホワイトとゴールドのツートンカラーでゴールドの部位に比べ明るいのでヘコミに気付きにくいのですが・・・良く見ると凹んでる!・・という事で同時に施工させて頂きました。

<施工後>
ハイエースドア後180223.JPG

年齢と共に車も年を取りますが思い出も沢山あるのでしょうね・・・
これからも良い思い出をたくさん積み込んで下さいませ!!

2018年02月18日

沢山のご相談、依頼ありがとうございます

基本的にそんなに忙しくしてるわけではありませんが
土日にはやはりご相談ご依頼を沢山頂きますのでお困りのオーナー様にお役に立てるよう頑張っています!!

レガシー180218.JPG

かなり難しいデントリペアですが・・・
レガシー施工前180218.JPG

出来る事は精一杯頑張りました・・・
レガシー映り込み180218.JPG

今では女性オーナーさんだって「デントリペア」をご利用頂けています。
インプレッサ180218.JPG

ヘコミは厳しいですが・・・・
インプレッサ施工前180218.JPG

涼しい顔して・・・何も無かったかのように・・・
インプレッサ施工後180218.JPG

こちらも女性オーナー様・・・旦那様より綺麗好きみたいです。
BMW420i180218.JPG

ドアが〇〇にヒットしたとか・・・これも難しいヘコミですよ
BMW420i施工前180218.JPG

でも何とかしました・・・
BMW420i施行後180218.JPG

デントリペアは即日対応も可能ですから・・・
ボルボV40 180218.JPG

傷があるもののこれを鈑金塗装するよりはデントリペアの方が即作業できますし。
ボルボV40施工前180218.JPG

傷は出来るだけ磨いて目立たなくしました。
ボルボV40施工後180218.JPG

皆さん色々な原因で出来てしまったヘコミです。
我慢しようかどうしようか迷ってたけど・・・とか、何とかデントリペアで直らないかとか・・・
何とかお役に立てたのであれば私も嬉しいですね!!

他にもご来店お問い合わせ頂きありがとうございました。
posted by DR-G at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮戦記録

2018年02月15日

自転車で・・・

●ボルボV40 右フロントドア深く長いヘコミのデントリペア

自転車を倒して出来たというヘコミです。

ボルボV40ヘコミ180215.JPG

自転車が倒れて出来たヘコミの特徴としてこの様に一点が凹むのではなく上から下へ引きずって凹んでしまうケースが多いですね・・・・強く凹むと細く深く引きずるのでデントリペアでの施工も困難となりますが今回は如何でしょうか?

<施工前>
ボルボV40施工前180215.JPG

いや〜無理無理デントリペアは無理・・・って言うか優しいへこみ方ではないからね。
何とかは成るかもしれませんが何とか成らないかも・・・
一応試にツールをアクセスしてみて・・・・ツールアクセスは大丈夫!!

リスクの説明をしたうえで試すのはOKよと・・・・一旦オーナー様はお考えいただき本日施工となりました。

時間をたっぷりいただき結局朝から夕方まで・・・引きずった筋を一生懸命消す努力を致しました・・・へとへとです。

<施工後>
ボルボV40施工後180215.JPG

良く見ると筋が少し取り切れていませんが・・・限界です。

ボルボV40映り込み180215.JPG

それでも如何ですか!映り込みは良いんじゃないですか!!

ボルボV40180215.JPG

ああ楽に凹みを直したい・・・って楽な仕事はありませんよね。

2018年02月13日

ヘッドライトのひび割れ

●レクサスLS460 ヘッドライトUVハードコートリペア

2年半前にデントリペアを施行頂いたオーナー様からのご依頼でヘッドライトのひび割れを何とかできないかと・・・?
これまで色々と施工されたようですが・・・いまいち仕上がりとその効果に満足いかず
当店へご相談頂きました。

ヘッドライトの劣化は紫外線の影響で新品(新車)でも数年で白ボケたり黄ばんだりしてきます。
市販の物でも色々磨き剤やらコーティング剤やら出てますし、ディーラーさんや専門店でもその施工を実施されていますが劣化の状態に対して適切な施工を施さないと一時的に綺麗になっても劣化が今まで以上に早まったりそもそも期待する綺麗さが実現されなかったりします。

LS460施工前180213.JPG

今回のケースはその劣化が進み表層面のひび割れを起こしてしまっているようです。
こうなると市販のケミカル剤とか簡易的な磨きとコーティングでは期待される効果が得られません!

LS460大施工前180213.JPG

ですので表層面のひび割れを可能な限り削り落とし新しいハードコートを再施工する必要があります。
ヘッドライトはそもそも透明な樹脂にハードコート加工されていますそれが表面上から劣化して白ボケます
その時点で磨けば白ボケが取れハードコートは薄くはなりますが残ってるのでヘッドライト用コーティングで延命できます効果としては半年から1年位でしょうか
劣化が進むとハードコートがダメになり白ボケや黄ばみが目立つようになります
そうなると磨けばある程度綺麗にはなりますがヘッドライト用コーティングでは3ヶ月から半年程度で効果が無くなります。
ですのでダメになったハードコートはすべて削り落として新しいハードコートを再施工するのがベストです。

ハードコートは膜厚があるので万が一曇ってくればすぐにクリーナー等で除去すれば簡単にクリアーな状態に戻ります。耐久力は2年〜5年程度ありますよ(紫外線の浴びる量、ヘッドライトの樹脂の状態、お手入れ等で変わります)

LS460大施工後180213.JPG

どうしても取りきれないひび割れはありますがここまで回復できハードコートを再施工していますので耐久面でも安心できますね!!

LS460施工後180213.JPG

因みに施工前の状態は・・・数か月前に〇〇〇ーでヘッドライトコーティングされた状態だったそうです・・・

LS460 180213.JPG

ボディーケアー、リペアー、メンテナンス・・・・お任せくださいませ!!

2018年02月11日

新車気分で

●H22/8 ボルボXC60 テクニカルグラスコートTプラスダイヤ、ウインドウポリッシュ&コート全面、ヘッドライトハードコートリペア、メタルモールポリッシュ&コート

ボルボ入庫180211.JPG

以前デントリペアなどご利用頂いて事のあるオーナー様からボディー全体のリフレッシュのご依頼です。
一般的には車が少し艶を失い撥水もしないそして洗車しても綺麗にならないそんなん時におそらく「コーティングをしよう」なんて思いつくわけで・・・・
そしてお店を探しいろいろ調べていくと3万円位からありますよね・・・で色々聞いて見たり比較してみたりすると20万円以上するものまで・・・で判らなくなって本来のご自分の車を綺麗にしてコーティングする目的を見失ってしまうことは良くある話です。
ただコーティングする・・・・それが目的になってしまわない様に状態を見極めて適切な作業をしたいものです!!

御依頼頂いたボルボXC60の状態は塗装部分、樹脂部分、金属モール、ヘッドライトなど全体的に雨ジミ、紫外線などからくる劣化が進み美観を損ねていますので、ボディー全体をリフレッシュしてコーティングさせて頂きました。
費用的にはモール磨き、ヘッドライト研磨、窓ガラスのウロコ取りなどのオプション作業がある分オーナー様にはそこのリフレッシュも同時にお勧めいたしましたのでおそらく思った以上の予算になってしまったかと思います。

それではご覧ください

先ずはヘッドライト・・・
ボルボヘッドライト前180211.JPG

ポリカーボネイト製の樹脂のヘッドライトはもともとハードコートで保護されていますが紫外線を浴びる量で少しずつ劣化が進みこのお車だと7年以上経過した状態でこの様に白ボケとひび割れ状態になってきます。
こうなると一番良い方法は・・・新品交換ですがこれが結構するんですよね・・・
簡単に磨いてコーティングすれば安価に良い状態になりますが持ちと言う面ではいまいちです。
ですので今回はハードコートを削り落として新たなハードコートを再施工致しました。

ボルボヘッドライト後180211.JPG

ハードコートの再施工はコーティングと違い膜厚と耐久力が断然すぐれますので長期に渡りクリアーな状態をキープできます。

続いて窓ガラスです
ボルボガラス前180211.JPG

比較的綺麗ですが全体的にこの様にウロコが付いていますので研磨して落とし撥水加工しました

ボルボガラスA後180211.JPG

綺麗にしても写真を撮る頃には埃が付いてます(笑

そして欧州車の大敵アルミモールのシミ・・・・
ボルボモール前180211.JPG

そもそもアルミの地のままだとすぐに腐食しますのでアルマイト加工がなされていますが・・・・
正直日本の気候には合ってないのでしょうか?欧州車のすべてのアルミモールは数年で目で見てすぐに分かるくらいに白い斑点模様が付いてきて気になるころにはちょっとやそっとでは落とせなくなります。

この状態はお世辞にも良いとは言えませんね!どちらかと言うとかなりシミが進行した状態です。
一本のモールを専用の研磨剤で執念深く磨いて落すのですが正直大変です・・・・1本1時間くらいかかります。合計このお車は6本ありますので6時間・・・ざっくりやればその半分くらいの時間でそれなりにはなりますが・・・・一本のモールがアルマイトの加工部分を突き抜けて腐食していましたので交換するしかありませんが他はご覧の様に何とか新品に近い状態まで戻りました。

ボルボモール後180211.JPG

この後専用のコーティング剤でシミが付きにくく処理しますが大事なのは日頃のメンテナンスです!
初期の張り付きであれば簡単に落すことが出来ますのでよ〜く面倒見て上げて下さいませ!!

ボディー塗装部分は特にボンネットなど上面が傷んでいますね

ボルボボンネット前180211.JPG

白なので傷は対して目立ちませんが汚れとシミは気になります。

ボルボウオッシャー前180211.JPG

ウオッシャーノズルはその周りをスッキリさせたいので一旦外して磨きます。

ボルボウオッシャー後180211.JPG

車を綺麗に復活させるのは一つ一つの積み重ねです。
パネルをどんだけ磨いたかが勝負ではありませんよ

ボルボボンネット後180211.JPG

ピラーも美観を損ねている部分です

ボルボピラー前180211.JPG

この素材は塗装面同様磨けますのでご安心を

ボルボピラー後180211.JPG

小傷が目立つパーツですので日頃から雑な扱いはしない様にするのが一番です。

SUV車は輸入車、国産車共にこの様に素地の樹脂パーツが多様されていますがどうしても劣化してくると白ボケたりシミが目立ったりしますよね

ボルボ小バンパー前180211.JPG

ここも汚れを落として樹脂専用のコーティングを施すことで

ボルボ小バンパー後180211.JPG

新車時に近い状態に戻すことが出来ます。マフラーの出口も綺麗にしてますよ!!

ボルボトランク前180211.JPG

劣化が進んでいくとコーティングの効果も薄れてきますので・・・

ボルボトランク後180211.JPG

こまめなコーティング再施工が必要かもしれません
・・・それでもだめなら新品交換かな・・・・・

コーティングはタイヤホイールを除いてすべて行いました!!
7年以上経過したお車ですが新車を新たに購入された気分になって頂けたものと思います。

DSC05647.JPG

DSC05653.JPG

DSC05655.JPG

DSC05652.JPG

DSC05656.JPG

DSC05654.JPG

DSC05657.JPG

そもそもこの作業をお受けする前に車を買い替える予算よりはるかに安く新車気分になれますからとお約束しましたからね!!奥様には車を買い替えたよって言って下さいねと(笑

2018年02月09日

一ヶ所のつもりが

●コペン ドア3ヶ所のデントリペア
御見積で御予約頂いたコペンのオーナー様がご来店
施行中はそのままガレージで見学がてら待ちますよと!!

御依頼頂いたデントリペアは左ドアに出来たこのヘコミ
コペンへこみ180209.JPG

<施工前>
コペン施工前180209.JPG

ライトを当てるとこんな感じです!・・・ヘコミに位置はフロント寄りの下の方ですからアクセスが難しいのですがちょうどドアの下の水抜き穴が利用できたので短時間で修復できそうです・・・

で・・・作業の途中・・・何やら新たな凹みを発見したと!?
反対のドアに2ヶ所ある見たいと・・・・私も反対のドアは確認してなかったので・・・
一瞬直そうかどうか悩まれましたが2ヶ所目以降は半額ですのでついでに直そうという事に!!

<施工後>
コペン施工後180209.JPG

左のドアは直りましたよ!!

コペン映り込み180209.JPG

傷が磨きで消えないのは少し残念ですがそれでもこうして映り込みを見ても気にならないかと!

そして反対のドアも・・・ヘコミはアクセスの良い場所でしたので瞬殺です。

コペン180209.JPG

このフロントスポイラーはポルシェちっくビートルちっくでかっこかわいいですね!!
またコーティングする機会が来ましたら頑張らせて頂きますね!!

2018年02月06日

食事のついでに

●フィット 右Rドアプレスライン上のデントリペア

デントリペア2回目のご利用となりましたフィットでお越しのオーナー様
ちょうどお昼時でしたので近くのうどん屋さんに食事に・・・・

<施工前>
フィット施工前180206.JPG

その間私はデントリペアを・・・
少し傷も伴っていましたがヘコミは綺麗に直りましたよ!!

<施工後>
フィット施工後180206.JPG

残った傷はライトで少しわかりますが・・・

景色の映り込みではわかりませんね!!
フィット映り込み180206.JPG

他人にやられたのは気になってしょうがない・・・そりゃ気になりますよね
でも食事中にでも直せるデントリペアですから・・・3回目は無い方が良いですが・・・

フィット180206.JPG

とりあえず今回もこれにてスッキリ!!

2018年02月05日

デントリペアが出来る事

●アバルト595 左フロントフェンダーのビックデントのデントリペア

昨日夕方御入庫頂いたアバルト595・・・・お電話でのご相談だと???判断不能・・・
というこで先ずはヘコミをお見せ頂いて・・・・
ん〜っんデントリペアの可能性は十分ありますが仕上がりは完ぺきとはいかないかな?
ですのでオリジナル塗装を残すことに重きを置くならばありかなと!
ここまでのへこみだと鈑金塗装も元のラインを出すには高い技術は必要かなと
無難なのは新品パネルに塗装をして・・・でも塗装もピタリ同じカラー塗装肌を合わせるのも難しいのね!

オーナー様はお話しすると修理に関しても関心がお持ちですので先ずはデントリペアでと選択頂きました!!

仕上り予想は広い範囲のヘコミですので元のラインからは若干ずれる予想と塗装肌が少し乱れるかなと言った感じ最終的には出来上がりで判断して頂くしかないのですが万が一に場合は自ら白旗上げるかもよと(笑

アバルト595へこみ180205.JPG

<施工前>
アバルト595施工前180205.JPG

なかなかよく凹んでますよね・・・・デントリペアの想定する大きさをはるかに超えています(笑
昨日のうちに白黒つけたかったので触ってみましたが比較的やわらかいパネルで凹みは戻るが肌が荒れやすい感じです。
注意した部分はAピラー付け根部分のフェンダー端(へこみの一番上の部分)は固定されていないので
裏から押したり表から引っ張ったりするとそのライン(Aピラーとフェンダーの隙間)が開いてしまう事・・・そうなるとリカバリーできないので
そうならない様にしたことかな・・・一応出来上がりは想定以上になりそうなので仕上げは次の日に

<施工後>
アバルト595施工後180205.JPG

そして本日仕上げを
私自身は満足とは行きませんが一定以上の仕上がりにはなったと思いますよ!!

アバルト595映り込み180205.JPG

オーナー様にも満足して頂けたと思います。

アバルト595 180205 .JPG

デントリペアが出来る事・・・塗装をそのままにへこみを元に戻す!!
その限界にチャレンジいたします。
他店で断られたヘコミでも、もちろんチャレンジいたしますよ!!

2018年02月04日

本当に頼んで良かったと思って頂くには・・・

デントリペアも磨きもコーティングも価格戦略に巻き込まれ結局オーナー様に満足いく仕上りにならないケースは意外と多いいものです・・・・
リペア&補修&修理の世界は結局個人の技術とその取り組み方で仕上がりが決まってきます。
私自身にも当然技術の限界、取り組み方へのまずい対応といつまでたっても反省する毎日です。
ただこの個人技術で仕上がりを提供する世界は商品を販売するのとはわけが違います。
でも当たり前の様に価格競争はなされてるわけでそれに惑わされ結果失敗した・・・・なんてことの無いように私自身が出来る事は常にチャレンジしようとする姿勢は貫きたいのです。

さてガレージでは・・・・
お正月休みにデントリペアを施工させて頂いたオーナー様からのリピートで
ドア3ヶ所のデントリペアです。
実はこの3ヶ所は前回悩まれた結果見送られたのですが・・・やっぱり直したいとという依頼でした。

RX8施工前180204.JPG

どれも小っちゃいヘコミですけど・・・侮れません・・・・写真手前の一ヶ所がアクセスが悪く・・・

RX8アクセス180204.JPG

でもこんな所から辛うじてアクセスできました・・・・

RX8施行後180204.JPG

もし価格訴求していたら・・・すぐあきらめたかもしれません!

そしてテクニカルディテール専用ガレージでは・・・
ボディー全体のリフレッシュとコーティングを約10日間お預かりして作業を進めていますが
価格訴求してしまうと絶対やりたくない作業てんこ盛りです。
その中でもこのアルミモールの腐食は・・・磨き屋さんでも絶対やりたくない作業でしょう(笑
適当に作業するなら別ですが・・・そう裕結果の仕上がりもいやと言うほど見て来ていますが・・・

DSC05608.JPG

まだ作業の途中ですが・・・・御引き渡しの時には感動して頂きたいですからね!!

DSC05613.JPG

夕方御預かりしたお車のへこみは・・・・他店でお断りされた言うへこみ・・・
私も断りたいですが(笑
オリジナルの塗装を残したいとオーナー様は・・・これ当て逃げだとか「さぞかし悔しいでしょう」

DSC05615.JPG

何処までデントリペアで直せるか・・・明日御引き渡しです。とりあえず今は8割方直ってますよ、
私の中ではもう出来上がりはイメージできてます!!
posted by DR-G at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 奮戦記録