2019年01月01日

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます.JPG

2日から営業いたします。
尚2日〜4日までの営業時間は10時〜17時
5日からは通常通り9時〜19時とさせて頂きます。
posted by DR-G at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2018年12月31日

2018ありがとうございました

2018年大晦日・・・今年も無事すべての作業が終了いたしました。

沢山のオーナー様との出会い・・・凹んでの出会いは出来れば無い方が良いのでしょうが・・・
ご利用頂き誠にありがとうございました。
またデントリペアのリピートも無い方が良いのでしょうが・・・わざわざ2回目以降もご用命いただき感謝です!!
リフレッシュ&コーティングの方もコーティングのお店が沢山ある中当店をお選びいただき本当に嬉しく思ってます。

2018年の最後のリペアはXトレイル当店ご利用頂いた息子さんからのご依頼です。

Xトレイル181231.JPG

気が付かないうちに凹まされるとほんとやりきれない怒りやら悲しみやら・・・

xトレイル前181231.JPG

そんなヘコミを塗装なしに低料金で修復するデントリペア!!

Xトレイル後181231.JPG

鈑金して塗るのではなく塗装はそのままにへこみを元に戻す「デントリペア」
ボディーの凹みもそうですが心の凹みもスッキリ無くなってくれればと思います。

本日はまったり大晦日営業でした・・・自分の車も綺麗に洗車しました!!

DSC08198.JPG

こちらは年越しで作業が続いてるBMW・・・・
DSC08197.JPG

2019年新年度には綺麗にリフレッシュされ御引き渡しさせて頂きます!!

〇新年度の営業は・・・・2日から営業いたします。
 尚 2日〜4日までの営業時間は10時〜17時までとさせて頂きます。

posted by DR-G at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮戦記録

2018年12月30日

今年も残りあと一日

昨日は名古屋でも初雪が降り今年の年末年始は寒そうですが・・・その後どうなんでしょうね?暖冬の予報ですからね!

DSC08179.JPG

今年を振り返ると・・・年初めから悪徳商法に引っかかりました、まあすべては私の無知な事で大損こくことになったのですが・・・ここで具体的な事を書くのはよしますが・・・ほんと悲しい思いをしたのです。
でもこの一件で、お客様に喜んで頂きその対価としてお金を頂くそれが改めて大切なことだと再確認させられた一件ではありますので逆にそれを糧に頑張ろうと思った1年ではありますけどね

さあ本日はデントリペアが一件

お車はアクアです。
オーナー様は以前一度当店をご利用頂いています・・・リピーターにはなりたくないでしょうが今年中に凹みを直したいと・・・リピートされました。

<施工前>
アクア施工前181230.JPG

ヘコミは右フロントドアですが下の方・・・アクセスが難しい場所です。

アクアドア裏181230.JPG

がへこみ裏ですが・・・ヘコミも深く芯がありどうにも施工性が悪いです。

アクアドア穴あけ181230.JPG

オーナー様は綺麗に直せるなら穴開けても良いよ!という事でここにツールをアクセスするための穴を空けさせてもらい作業いたしました。写真は穴あけしてへこみを直した後に蓋をしたところです。
車に詳しくない人が見れば違和感ない状態です。

で凹みの方は穴あけの場所からツールをアクセスし好条件で作業できましたので
<施工後>
アクア施工後181230.JPG

傷が残ってますが・・・綺麗に直りましたね!!

アクア映り込み181230.JPG

バッチリではないでしょうか

でもう一つの凹み
左フロントドア・・・これは上の方・・・

<施工前>
アクア上施工前181230.JPG

ツールアクセスは・・・・
アクア純正穴181230.JPG

今度は穴あけするのではなく・・・もともとの穴、ドアハンドル用のサービスホールの穴を利用します。
丸いフタがその部分です。

<施工後>
アクア上施工後181230.JPG

無事完了!!

そしてもう一つ・・・ご来店時は気が付いていなかったヘコミですが・・・今年の凹みは今年のうちに
という事でそれもリペア!!

アクア181230.JPG

来年はヘコミの無い1年であります様に。
そして今年も1年当店をご利用、ご来店頂いたお客様本当にありがとうございました。
来年も良い年でありますように!!

って・・・・明日大晦日も当店は営業しています。
とは言っても明日大晦日の御予約は御座いません・・・マイカーの洗車、ガレージの清掃でもしようかな?
緊急のご来店、ボディケアーのご相談・・・ちょっとコーヒーを飲みたいなどなど・・・どうぞ遠慮なくお越し下さいませ

のんびりムードで年の瀬を楽しんでますので・・・・



2018年12月28日

準備万端

●H30/12 マツダCX-8 テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelA、アルミルーフレールコーティング

新車を買ったのでコーティングしてほしいと・・・
NDロードスターも所有されているオーナー様、以前デントリペアをご利用頂きましたが
今回は新たにファミリーカーを買い替えたので!

お車はマツダCX-8、カラーはマシングレー

DSC08156.JPG

すごく興味のあるカラーですが・・・磨くとどうなるのかな?

CX-8磨き前181228.JPG

そのままでも綺麗ですがファーストポリッシュすることでさらに塗装面の美しさが増します。

CX-8磨き後181228.JPG

どうやらオーナー様かなりの洗車好きみたいですよ
コーティング後の洗車&お手入れのお話をしてて・・・・・水道水による水滴の跡を付けない為には純水が良いと・・・その純水を創る為には純水器が必要なんですが・・・
すると実はもう購入しましたと!!

以前このブログでもご紹介したことがあるんですがここで購入されたと
 ⇒ https://www.beautifulcars.biz/

洗車好きで興味のある人はお勧めですよ!!

DSC08169.JPG

DSC08171.JPG

DSC08170.JPG

コーティングは完成!!綺麗さを維持する為純水器も購入、準備万端ですね!!

2018年12月25日

ラッピングシート上に凹み

●フィット ラッピングカラーシート上のデントリペア

施工例としては私もほとんど経験がありません・・・
そんな施工例のご紹介です・・・・車種はフィットですがその外装をキャンパスにデザインされたラッピングシートで超個性的なお車に変貌しています。
一応ナンバー隠そうがバレバレな外装ですのでオーナー様には念のため載せて良いかはお聞きいたしましたが
むしろ載せてほしい感じで「どうぞどうぞ」という事で・・・

<施工前>
フィット前181225.JPG

デザインされたラッピングシート・・・いわゆるシールです。
その上を扉を開けた時にコンクリート?の角にぶつけて出来たというヘコミです。

鈑金塗装だと・・・つまりラッピングシートは剥すことになります。

若いオーナーさん、実はお父様が当店をご利用頂いた事もあり当店にデントリペアで何とかならないかと
デントリペアでヘコミが直ればラッピングシートはそのまま残せますからね(傷ついた部分は残りますが)

問題はデントリペアの作業は裏からへこみを押し出すだけではなく表面を叩いて均す作業を伴います。

その状態がこれ↓
フィットポンチ跡前181225.JPG

塗装面であればこうはなりませんほとんど傷は付きませんが、ラッピングシートだと簡単にこんな風に打撃痕が付いてしまいます。

ですがラッピングシートの特性として「熱を加えれば元の張りのある状態に戻る!」を利用して
ヒートガンであぶります。・・・・すると

フィットポンチ跡後181225.JPG

叩いた打撃痕は完ぺきとはいきませんが元に戻りましたね!!(元の傷は残ってます)

今回ヘコミが少し深く中心部分をかなり叩いていますのでヒートガンであぶった後もわずかながら叩いた跡が分かりますが
軽度の凹みであれば叩く強さ数も軽く少なくもっとわからなくなるでしょう。

今回のご紹介ついでですが最近プロテクションフィルムと言って飛び石や傷から守る透明なフィルムシールを張ってる方もいらっしゃると思いますが
プロテクションフィルムはラッピングカラーシートよりも打撃痕の傷には強いので貼った状態でもデントリペア可能です。

<施工後>
フィット後181225.JPG

若干残った傷と施工跡は付くものの無事プロテクションフィルムを剥すことなくへこみをデントリペアで直せました!!

フィット映り込み181225.JPG

で・・・お車のお披露目です・・・良いですかオーナーさん・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フィット181225.JPG

新車から大事に乗られてる愛車です・・・・いや楽しい!!

2018年12月24日

絶好のオープン日和

本日はクリスマスイブ
晴れそうな予報が出てたので・・・・数日前から仕事の予定入れず直前で一緒に走りませんか?
とお誘いするも皆さん予定が組まれているようで・・・当たり前ですよね。

という事で一人でドライブすることに!!
昨日はあまり天気が良くなかったので今日は如何かな?曇りならやめておこうと
で朝起きて見ると今年一番の晴天じゃないでしょうか・・・これだけでテンションが上がりますよね。

夏に海なんでしょうが・・・私は冬こそ海が見たいです。
という事で伊良湖岬へ!!

DSC08141.JPG

DSC08144.JPG

いや〜それにしても気持ちいい、今日オープンでドライブしたかったのは少し暖かかったから
オープンでちょうど良い寒さです・・・あっちょうど良い気温?

DSC08146.JPG

DSC08149.JPG

DSC08148.JPG

DSC08152.JPG

DSC08153.JPG

一人で走るのも悪くないね・・・今度は良い天気の日を狙って富士山が見たいな!!

DSC08155.JPG

さあ今年もあとわずか・・・年末年始のお休みは何しよう・・ってその前に休みを決めなければ(笑

2018年12月23日

隅から隅までリフレッシュ

●H24/7 メルセデスベンツC250クーペ テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelC、メタルモールポリッシュ&コート、ウインドウポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート

約2年前かな・・・デントリペアの施工をさせた頂いたオーナー様から今回リフレッシュ&コーティングのご依頼を頂きました。

窓ガラスはウロコが蓄積、黒い樹脂部分は艶を失いスケール&傷が目立ちます。
Cクーペルーフ前181222.JPG

アルミ製のモールは白い染みで美観を損ね・・・モールとパネルの隙間は汚れが蓄積
Cクーペモール前181222.JPG

塗装パネルの面は比較的綺麗さをキープされていますが隙間隙間は6年分の汚れがビッシリ
Cクーペ隙間前181222.JPG

トランクなど扉の裏は・・・・
Cクーペトランク前181222.JPG

これらを全てリフレッシュ
Cクーペルーフ後181222.JPG

Cクーペモール後181222.JPG

Cクーペ隙間後181222.JPG

Cクーペトランク後181222.JPG

素材ごとにクリーニング&ポリッシュにて隅々までリフレッシュいたします。

ドアノブ周り、ドアステップ周りは傷除けの保護シートが張ってありましたが周りの汚れが残る為

Cクーペドアハンドル前181222.JPG

今回すべて剥してクリーニング・・・そもそもお車を大切に扱うのであれば保護シートは必要なしという事ですね

Cクーペドアハンドル後181222.JPG

必要であればまた貼ればいいのでね!!

でなぜか艶が無くなっているフロントバンパーの一部分
Cクーペ傷前181222.JPG

詳しくはお聞きしませんでしたが・・・擦った感じで艶消し状態ですね。

Cクーペ傷後181222.JPG

傷は深追いせず艶感が正常に戻ったところで良しとしましょう!!

クリーニングはこんなパーツも
Cクーペナンバー前181222.JPG

日頃ナンバープレートは個人情報ですのでいつも写真では隠していますのでわからないでしょうが
ここもボディーコーティング作業の中でも重要な部分です、白と緑の色を落とすことなく汚れを一掃し
コーティングしています。

Cクーペナンバー後181222.JPG

そしてこんな部品もね
Cクーペワイパー前181222.JPG

艶消しのワイパーアームは雨染みで汚れてますよね、その下のカウルは艶消しの樹脂・・・ここも白ボケてますよね

Cクーペワイパー後181222.JPG

クリーニングとコーティングで新品同様になりました。もちろんボディーコーティングの標準作業です。

これクリーニング後の樹脂用コーティングをしたものと元の劣化した状態の比較です。
Cクーペ樹脂比較181222.JPG

左が未施工右が施行後です。

塗装部分はピンホール状のシミ痕が・・・目立ちはしないのですが劣化がやや進行しています。
Cクーペボンネット前181222.JPG

テクニカルウオッシュ⇒キッチリテクニカルポリッシュ⇒テクニカルグレイジング⇒を経てグラスコートTプラスダイヤをコーティング

Cクーペボンネット後181222.JPG

DSC08136.JPG

ホイールも専用コートを

DSC08135.JPG

グリルもコーティング

ボディー全部をフルリフレッシュ&コーティング
DSC08139.JPG

新車気分・・・いやそれ以上の状態をお楽しみくださいませ!!

Cクーペ入庫後181222.JPG

2018年12月22日

クアドリフォリオ

●H30/11 ジュリア クアドリフォリオ テクニカルグラスコートTプラスダイヤLevelA、ウインドウポリッシュ&コート、黒メタルモールポリッシュ&コート、ホイールクリーニング&コート

イタリア車大好きオーナー様が当店で何台目?のコーティングのご依頼です。
ジュリエッタからジュリア最上級のクアドリフォリオの新車に御乗換えという事です!!

御入庫時
ジュリア前181215.JPG

わくわくしながらさて始めますか・・・新車だし楽勝・・・と思いきや

結果から申しますと鉄粉、ブレーキダストの付着、雨染みの付着がすごい「あわわ・・・・わ」
先ずホイール・・・

DSC08025.JPG

紫に溶けているのがブレーキダスト・・・なぜでしょう?
今回表も裏もコーティングさせて頂きましたが特に裏側はザラザラ・・・ですがご安心ください想定外ですがキッチリスベスベにして専用コーティングさせて頂きました!!

DSC08045.JPG

そして黒モールは・・・これすでに洗車では取れないシミです。
オーナー様は安心して当店にご依頼頂いてますが・・・このまま納車ではたぶん困るよね。
ジュリアモール前181215.JPG

黒モールはアルミの黒アルマイト処理された高品位パーツですが雨染みが良く付く事で悩みの種です。
専用の磨き剤で念入りに磨いて落してコーティングして・・・これが本来の姿です。
ジュリアモール後181215.JPG

ここは樹脂パーツ
ジュリアピラー前181215.JPG

黒アルミの素材と違って柔らかいので傷つきやすくシミも目立ちます。
磨きやすいのですがその後傷も付きやすく黒いので傷もシミも目立ちます。
ジュリアピラー後181215.JPG

同じ黒いパーツですが素材が違うので傷み方も違いますね・・・艶黒の樹脂は優しくケアーしましょう!!

そしてボディーは・・・・・想定内ですがここまで鉄粉が付いてるのも・・・イタリア車らしいとしときましょう(笑

DSC08028.JPG

3層コートのパールカラーが見事に鉄粉だらけ・・・・これをキッチリ落して
ファーストポリッシュにて本来以上の艶を引き出してからコーティングします。
参考になればと思い公表しますが新車も新車なりに傷んでます・・・国産車は納車までの品質管理は高いですがそれでも条件はばらばらです。鉄粉乗ってたり、想定以上に拭き傷がついていたり、花粉が付いていたり色々です。海を渡ってくる輸入車はそりゃー想像すればね・・・お国柄にもよりますが・・・
それらを管理&リセットするのがメーカー&ディーラーさんなのですが正直コーティングをするための品質は
コーティングする前の下地処理をするときにしか出来ません
新車こそわずかなダメージを見逃さず綺麗にリセットするのが大切ですよ!!

DSC08047.JPG
寝そべりながらアンダーパネルの奥の縁までキッチリコーティングしています・・・・

DSC08046.JPG
グリルもナンバープレートもスポイラーもコーティングしてます。
因みにスポイラーは高速で自動で下に動くようです・・・

DSC08049.JPG

DSC08055.JPG
カウルトップもワイパーアームもコーティングしています。

DSC08060.JPG

DSC08054.JPG

ジュリア後181215.JPG

ボンネットルーフは何とカーボン製
DSC08058.JPG

DSC08057.JPG

DSC08056.JPG

チャレンジ

●ヴェルファイア ルーフのデントリペア

ズバリ、デントリペアは無理なケースですが・・・

ヴェルファイア181222.JPG

ルーフの凹みの原因は・・・・低い駐車場?にぶら下がっている空調機の様な出っ張りにルーフが挟まった!!
幸いにもその空調機の周りはクッション材が巻かれていたので傷はほとんどないようだったのでデントリペアで直らないかと・・・・

電話ではお見せ下さいって言ったものの正直無理っぽいなぁなんて思いながら本日ご来店頂きました。

<施工前>
ヴェルファイア前181222.JPG

なるほどね・・・ルーフの上をローリングしてペシャンと凹んでいます。
角のプレスラインが約50p少しですが低くプレスされています・・・・
つまりデントリペアでは完全修復は無理!!
なので鈑金塗装で修理するのが良いですよと・・・・ただその費用は・・・・高いよね。

デントリペアでは完全には直りませんがオリジナルの塗装を残し出来るだけ目立たなくする、結果的に費用は抑えられる・・・・そこに少しでもメリットを感じて頂けるのであればチャレンジしてみましょうか?と

言う事でデントリペアで修復してみることに!!

<施工後>
ヴェルファイア後181222.JPG

思った以上にパネルは柔らかくお伝えした仕上がり予想よりはいい感じで仕上がりました。
厳密に見ればやはり元のパネルの位置には戻ってないので歪はどうしても残っていますがそれ以上に塗装がそのまま残せたのはメリット大だと思います・・・結果的に費用も抑えられましたからね。

2018年12月21日

勘違いで

●メルセデスベンツC250 右クオータープレスライン上のデントリペア

本日13時半御予約のオーナー様がご来店・・・その時私は出先で・・・携帯に掛かってきた電話を取り
「マ・サ・カ」ガレージに向かって帰ってた途中でしたが・・・・
わっ勘違い・・13時と3時を勘違いしてました。
ほんとに申し訳ございません、予定の管理は手帳にきっちり付けてます、時間が少し空いたし次は3時半かと
で少し離れたホームセンターに・・・・
御予約のオーナー様は当店をこれまでもご利用頂いてる方で良い人です「待ってるからゆっくり帰ってきて」って
ほんとスイマセン。
一般道から急いで高速に乗り・・・・それでも20分近く遅刻、嫌な気分にさせてしまいました。

この失態を取り返すべくデントリペアを頑張らねばと・・・・

<施工前>
C250前181221.JPG

ヘコミはリアクオーター、小さいですがプレスラインが凹んでいます。
へこみの位置がリアドア寄りでプレスラインが強く凹んでいるため確実なツールアクセスが必要と判断
・・・ですのでインナーライナーを外した鉄板部分にご相談の上施工用の小さな穴を空けさせて頂きました。
写真は穴を空けて作業した後に蓋を付けた状態です。ここにインナーライナーが付くと見えなくなります。
C250アクセス181221.JPG

<施工後>
C250語181221.JPG

ヘコミが直りました。へこみの中心に付いてた傷は残ってますが普通に見る分にはほとんどわかりません
この後少し磨いてさらに目立たなくさせて頂きました。

c250 181221.JPG

この度は私の勘違いでお待たせしてしまい本当に申し訳ございませんでした。
「私の事は嫌いになっても、デントリペアの事は嫌いにならないで下さい」ませ。